人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:野口みずき ( 4 ) タグの人気記事

女子柔道の谷本歩実選手が連覇で金メダルを取ったことを帳消しにするかのような、ショッキングなニュースが飛び込んできた。

出場の動向が注目されていた野口みずき選手が欠場することになった。

医者の所見では快方に向かっている、ということだったが快復には至らなかった。肉離れがそんなに早く完治するわけもない。

「無理して出なくてもいい、選手生命に関わる問題だから」という声もあるが、そんな問題ではない。

出場できないというよりも「痛くて走られない」ということだろう。

10日に記者会見した時に「ここ2~3日のうちに結論を出す」といった時点で無理だった。

野口みずき本人はオリンピックのために4年間、苦しい練習に耐え抜いてきたわけだけに一番悔しいのは野口みずき本人だ。「走りたい気持ちが消えることはない」というが痛くて走れないのだから「現状を認識するしかない」とのコメントを出している。

日本中が谷本の金で歓喜した後、野口の欠場で落胆した1日だった。

これでNHKスペシャルのジンクスがまた一つ当たった。男子体操団体も銀メダルこそ取ったが金を逃した。

これからも活躍した人はNHKスペシャルの取材は受けないこと。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-08-13 06:37 | スポーツネタ
野口みずきのけがは、大腿二頭筋あたりの肉離れだった。医者の所見では快方に向かっている、というが残された1週間を切った。

本人は「出たがっている」というがここ13日までに結論を出さなければいけない状況。

出場を決めたい上は現地に行ってから欠場することはないようだが、いずれにしてもこの2~3日間はやきもきさせられる。

肉離れは回復するまでに6週間はかかるようだ。

今月はじめに肉離れを起こしたとしたら、通常でいえば、治るのは9月中旬、ということになる。

疲労がたまっていたことが原因とされているが、はてさて出場はできるのか?

スポーツジャーナリストの増田明美は出場の可能性についてこう分析する。

●痛みが取れれば出場は可能

●2週間の練習不足は心配ない
(この期間は走りこみをしない)

●あとはレースの展開次第
(前半スローペースで入れば)

痛み止めがドーピングに引っかからないかなどの問題点は残されているが、本人ではないので出場の可能性は五部五部というところか。

ボクシングの内藤大助は国民の期待という代名詞があるが、野口みずきこそが国民の期待である。

こうした期待が野口選手の選手生命を縮めることになるが、7月に30歳になったばかりだが、年齢的にいえば北京が最後のオリンピックになる。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-08-11 09:54 | スポーツネタ

野口みずき出場ピンチ!

NHKスペシャルのジンクスがこんな形で現れるとは予想だにしていなかった。

金メダル連覇の期待がかかる野口みずき選手に赤信号が灯り始めている。疲労蓄積という理由でスイス・サンモリッツでの高地合宿を早めに切り上げて帰国していたが、原因はどうやら腰痛のよう。

最悪の場合、出場そのものができない可能性も出てきた。

今日、藤田監督が記者会見して経過と今後の見込みについて説明するようだ。女子マラソンは1週間後の17日に開かれる。

時間がない。

今現在、練習もできない状況だとすれば、出場できてもメダルの期待には応えられないかもしれない。

A型は心配性なので物事を悪い方へ悪い方へと考えてしまう傾向がある。

Nスペのジンクスでいうならば、連覇の期待がかかる男子体操も「栄光への架け橋ふたたび」と題して野口選手と同様に密着取材を放送している。

女子マラソンの方だが、出場するのは土佐礼子、中村友梨香。補欠で森本友が選ばれているが、日本陸連は人数の関係で森本の登録は抹消しているので、仮に野口が出場できなくても森本の出場はなく、日本は2人の選手で北京のスモッグと戦わなければならない。

無事、野口みずきが北京のスタートラインにつけることを祈るしかない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-08-10 09:25 | スポーツネタ
オリンピック直前特集のつもりだろうが、NHKスペシャルが金メダル連覇の期待がかかる野口みずき選手を取り上げた。

NHKはどうやら野口選手に金メダルを取らせたくないようだ。

何故なら、NHKスペシャルで取り上げられると“終り”を意味するからだ。

大事な時期にNHKは余計なことをしてくれたものだ。

最近ではディープインパクトや浜のおじさんこと横浜の工藤投手がそう。Nスペで取り上げられて潰れている。

で、野口選手。

北京のマラソンコースには意外な難敵が潜んでいた。

コースの途中に石畳があるだけでなく、アスファルト自体が日本に比べると固いことが分かった。

野口選手のようにストライド走法は、地面が固いと後半足に疲れがたまってくるため、不利になる。ライバルの中国選手はピッチ走法で、こっちの方が足の負担が軽い。

その対策のために、急遽、直前合宿地を国内に変え、土が柔らかい山道を走ることで、脚の筋力を鍛えた。

野口選手のイメージトレーニングは35キロ過ぎの並木道を一人で走っていることだ。

それは、もちろん独走態勢を意味するものである。

Nスペのジンクスが当たらないことを祈るしかない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-08-05 07:44 | テレビネタ