人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:福田首相 ( 4 ) タグの人気記事

「福田総理は腹黒いところがないので人気がない」と言い放ったのは柔道金メダリストの石井慧選手。たかだか21歳の若造の発言が全国の茶の間に繰り返し流れた。

福田首相もこのシーンは「うふっ」とシニカルな笑いを浮かべ、苦々しい思いで見たことだろう。

福田首相擁護なのか批判なのか。

北京オリンピックでスタンディングオベーションで日本選手団を迎え入れなかったのは、福田首相だけ、とリーダーシップ論が再燃した。

辞任を決意したのは先週末だという。

この石井発言が引導を渡した、と勝手に思っているのだが、1日午後9時半から、福田首相が突然の辞任会見を行った。

安倍前首相に引き続きわずか1年足らずで政権を途中で投げ出す結果になった。

自公政権の限界でもある。

公明党の太田代表も「熟慮した結果の判断。明日から対処する」と言葉少なく答えるのがやっと。

突然の辞任理由は自己の能力を鑑みるものだった。

支持率も20%台では政権担当能力がないことを自覚している。

臨時国会が始まって国会が空転するよりも、今のタイミングを選んだ、ということ。それよりも新しい布陣でのぞむほうが間違いなく国益につながる、と判断した。

なってはならない人が首相になっただけのこと。

二世議員の悪い習性。

苦労して掴んだポジションではない。だから簡単に投げ出すことができる。

1年で毎年のように首相が変わるようでは世界の笑いもの。国際的信用力も急降下だ。

それ以前に国民が不安になるばかりで、この国の将来にますます希望が持てない。

次期首相は麻生が既定路線なのだろうが、毒餃子問題で中国にガツンといえる人物になってもらいたい。

しかし、ここんところ2世議員ばっかり。

ひ弱で打たれ弱い。

人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-09-02 00:38 | 社会ネタ
政治とは「国民を守り、国益を追求すること」。

櫻井よしこ女史のことばが改めて思い起こされる。

「安全実現内閣」「国民目線」を謳った福田2次内閣の看板が早くも揺らいでいる。新しい組閣でご祝儀相場で支持率は上がったが反落することは必至。

高村外務大臣は、毒餃子事件で1ヵ月近くも公表しなかったことに対して「中国側の要請」であったことを認めた。

今、発表すると「捜査に支障をきたす」というのがその理由だが、福田内閣は日本国民の安全よりも中国の要請を優先したことになる。

どっちを向いて政治をしてる。

何が「国民目線」かと突っ込みどころ満載内閣だ。

福田首相の父親である赳夫氏は、康夫に政治家としての素質がないことを見抜いてサラリーマンにさせたほど。

首相には一番なってはいけない人物が日本丸の舵を取っているわけだから危なっかしい。

北京オリンピックの開会式に出席するために、訪中する福田首相は胡錦濤主席との首脳会談の席で餃子問題について「いうと思いますよ」と他人事のよう。

「思いますよ」とはなんだ。

「びしっと釘を刺しておきますから安心してください」ぐらいのことがいえないのか。

「中国側の努力を期待します」
これでは外交はできない。

実に弱々しく、頼りない。

こんなことで「安全内閣実現」ができるわけもない。

ところで、毒を仕込んだのは中国側であることが明かになった背景が面白い。

笑い話しになる。

中国人は会社のものも自分のもの、とばかりに平気で会社のものを盗む。

知り合いの社長が上海に事務所を構えている。出張用にアパートをかりているのだが、たまに行くと部屋の蛍光灯がなくなっている、という。

蛍光灯とは実にばれやすいものまで平気で盗む。メイドが自宅に持ち帰るらしい。

今回、回収された毒餃子がなぜ市場に出回ったのか不思議だったが、勝手になんでも盗む国民性からすればなんら不思議ではない。

この工場でも肉を従業員が無断で持ち帰ることはこれまでにもあったようだし。

オリンピックが終われば再び中国は居直りそうだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-08-08 07:54 | 社会ネタ
押せば引く。

中国は日本外交の攻略方法をよく研究している。

天洋食品の毒餃子事件でも「中国側で混入した形跡はない」と強くいわれると日本はこの事件をうやむやにしてしまった。

胡錦涛中国国家主席の訪日を熱烈歓迎するために。

やはり、櫻井よしこ女史が指摘しているように福田首相は「お父さんの代から中国が大好き」のようだ。

まさに、中国外交の弱腰ぶりの象徴ともいえる事件が、北京オリンピックを2日後に控え明かとなった。

読売新聞のスクープだ。

中国国内で回収した天洋食品の毒入り餃子を食べた中国人が、6月にメタミドホスの中毒症状にかかっていることが明かとなった。

これで、中国国内で毒が混入したことが確定したようなもの。

しかも、この件は洞爺湖サミットの首脳会談の直前に中国側から伝えられている、というのに日本政府からは何の発表もなし。

サミットを平穏に終わらせたい?

外務省、福田政権の弱腰ぶりが丸裸になった。

選手村の食事を美味しい、美味しい、とぱくついている北島康介は注意したほうがいい。

中国は信用ならない国であることを再認識させられたわけで、テロの危険に加え、前からいわれていた食の安全も考えるとやっぱり、中国へは近寄らないことが一番安全だ。

地対空ミサイルまで配備しなければならないオリンピックはオリンピックではない。

平和の祭典ではなく、テロの祭典だ。

福田首相が中国に気を遣って靖国神社に参拝しないのは昔からのようだが、ここは思想を変えて、神社に参拝して骨のあるところを示したらどうだ。

中国の国益ばかりを考える政治家は政治家の資格なし。

売国奴の烙印を押されることになる。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-08-06 07:48 | 社会ネタ
アメリカ産牛肉の輸入再開を巡って、韓国では李明博政権が危うくなるほどの大規模な反対デモも繰り広げられている。デモの中心は大学生や高校生らで10万人規模に膨れ上がる、というのだから日本ではまず考えられないパワーがそこにある。

それが1カ月以上も続けば、政権だって揺らぐ。

その責任を取って16人の全閣僚が辞任するという事態に陥っている。

それに比べて、日本人の平和なこと。子羊以上におとなしい。こんなことだから、大事な国民の血税が政治家や官僚に食いものにされ続ける。

民主党をはじめとする3党が福田首相の問責決議案を参院に提出して、可決した。しかし、衆議院のように内閣不信任による解散や総辞職があるでもない。法的拘束力や罰則規定があるわけでもなく、福田首相ら自民党は無視する構え。

民主党は衆院解散・総選挙の流れを作りたいようだが、そんな民主党の意気込みに国民が呼応することもないだろう。

そういう意味では韓国人の団結力は政権を倒す力にもなりそうで、うらやましく思える一面もある。

日本人がこれだけおとなしいのは過去の歴史において、中国や朝鮮のように他国に侵略されたことがないからだろう。

ここで日本人の琴線にふれるヒットラーのような政治家でも登場したら、日本人の大半がそっちに流される。

小泉旋風のように。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-06-11 22:29 | 社会ネタ