人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:石川遼 ( 2 ) タグの人気記事

石川遼今期2勝目は完全V

石川遼が今期2度目の優勝となる小樽で行われた「サン・クロレラ クラシック」は、まるで映画の1シーンを見ているかのようだった。

ゴルフファンでもないので普段はゴルフ番組は見ないのだが、テレビをつけたらちょうど17番ホールのティーショットから始まった。

予選からトップを快走していたが、最終日はブレンダン・ジョーンズの猛追を受けて、ここまで互いに16アンダー。

17番は互いにパーセーブで、決戦は18番ホールへ持ち越された。

先に打ったのはB・ジョーンズで、バンカーに打ち込む。

石川もティーショットは右にそれて、これまたバンカーへつかまる。

2打目は石川から。

リカバリーショットは見事グリーンへ。バーデーが狙える位置につける。まさにピンチをチャンスに変えるショットだ。

ジョーンズもバンカーからのショットを見事にグリーンに乗せるが、石川のボールよりもやや遠め。

ピンから遠いということでジョーンズが先にパット。これがややそれてバーディーならず。ここで観客から思わず拍手が沸き起こる。観客のマナー違反が17番、18番と続く。

これで優勝の目が大きく近づいてきた石川遼。

バーディーパットは静かにカップにめがけて進むが、勢いを殺した緩いボールはカップの右端をかすめるながらカップに吸い込まれていく。

ゴルフの神様が石川に微笑んだ瞬間である。

これで今期2勝目をマーク。

下からこぶしを高々と宙に舞い上げ、喜びを爆発させる。

まさに映画のラストシーンである。

勝利者インタビューで石川はB.Jの存在を「B・Jがいたからきょうはここまで戦えた。ブレンダン・ジョーンズはすばらしい選手です」と称え目を赤くした。

何から何まで映画を観ているようだ。

優勝賞金は3000万円。

親孝行な17歳である。

人気ランキング
by tetorayade | 2009-08-03 05:24 | スポーツネタ

石川遼のマスターズ初日

マスターズゴルフなんか見たこともないのに、朝5時から始まったTBSの生中継を「聴いて」いた。ゴルフに興味がなくとも17歳で夢の大舞台に挑む石川遼の試合展開は気になる。

才能と環境がうまく回転すると夢は実現させるものであることを教えられる。

16番ホールを終って2オーバーは、初出場の緊張感の中で健闘している。1番ホールはボギースタート。一時は4オーバーまでスコアを落としていたが、緊張感もほぐれてきたのか、バーディーも取れるようになった。

3歳からゴルフを始めた石川遼の当時の姿が家庭用ビデオに修められている。

その頃の夢は父親に勝つことだった。

小学4年生でプロになることを決意した。プロを目指すためには用具のほか、地方の遠征費など金がかかる。

そこで、用具の提供をお願いに行った先がヨネックスだった。

本人面接の後で用具の提供が決まったが、小学生とスポンサー契約は結べないため、用具のモニターという形を取った。

ジュニアの大会でも優勝するようになる。

高校に進学してプロのトーナメントに挑戦したか、若干16歳で優勝。用具を提供しているヨネックスがプロの大会での優勝に耳を疑った。

そして、プロ宣言。

小学生の時から世話になっているヨネックスとも正式にプロ契約を結んだ。

だから、クラブだけではなく、サンバイザーやウエアに至るまでヨネックスのロゴマークが光っているわけだ。

今となっては、用具提供の申し出を断らなかった担当者は殊勲賞ものだ。

ヨネックスといえば、どうしてもバドミントンのイメージが強い。ゴルフもやっているんだ、ということをゴルフやらない人にも浸透させてきた。

マスターズにはヨネックスの最新石川遼モデルで挑んでいる。

人気ランキング
by tetorayade | 2009-04-10 07:44 | スポーツネタ