人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

朝日新聞もリストラ中?

今日の朝日の夕刊を飾った2枚の写真を見てびっくりした。

一面に掲載された大阪市内で初積雪の記事の写真は午前の大阪・ミナミの風景で撮影は川村直子。

社会面の私立高校入試の記事の写真は東淀川区の大阪高校の試験会場の模様で、これも撮影は午前でやはりカメラマンは川村直子。

まず、高校の入試風景を撮影した後でナンバヘ移動したのだろうが、1人のカメラマンが“大活躍”である。

中小企業ならカメラマン1人ということで十分普通の話だが、大新聞も発行部数の減少から台所は苦しいのか?

そんなことを象徴するのがこんな話。

知り合いの女性社長が朝日新聞から取材を受けた。

新しい企画で2月17日の日曜日からスタートする。おそらく日曜日版の別刷りの方だと思うのだが、元気な女性を紹介するコーナーでその1回目を飾る。

事前の電話ではカメラマンも同行するということだったが、取材当日は記者1人。カメラマンの姿はなかった。

しかも写真は記者のコンデジ。

これにはさすがにがっかりしていた。

プロフィール写真は照明の当て加減で相当実年齢が隠せるのだが、コンデジでは見たまんまにしか写らない。

そのことを恐れていた。

新聞社の取材といえば記者とカメラマンはセットのはずなのに、朝日ですらこの有様。

ま、たいした取材でもないのカメラマンを同行させて新聞社の威厳を誇示することに無駄をやっと感じ始めたのか。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-02-09 22:46 | 社会ネタ

朝日がTBSを名指しで非難

亀田問題で朝日がTBSを非難した。

スポーツ欄ではなく社説だ。

あおったものの責任として、メディアではTBSが槍玉に挙がった。

TBSはプロデビューする前から親子鷹でボクシングに取り組む亀田一家を取りあげていた。その関係で亀田の試合の独占中継権を得ていた。

低迷するボクシング界にあって、ヒールタイプのヒーローをTBSが特別番組やサンジャポを使って、亀田人気をあおった。

視聴率最優先。視聴率至上主義!昨年8月の世界タイトルマッチで疑惑判定のチャンピオンに就いたことから、形勢が逆転。これまでの無礼な態度と併せて亀田批判が一斉に吹き出した。TBSに対してはその時も非難が集中した。どんなに社会批判を浴びようとも、TBSはその姿勢を崩すことなく、視聴率に走った。

テレビの世界ては最終的には視聴率を取ったものの勝ち、といわんばかりだ。

サンジャポは爆笑問題を緩衝剤に番組内でも亀田批判のそぶりを見せて、亀田一家を持ち上げ、亀田一家をテングにさせた。

視聴率が取れたらテレビ局もひざまづく、と大いに勘違いさせた。

朝日の非難も当然だか、放送免許の剥奪まで踏み込んでもらいたかった。

亀田一家が処分されて、TBSが無傷というのでは、世間も納得しない。1週間放送を自粛するぐらいの、反省の態度が欲しいところだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-10-17 08:46 | 社会ネタ
今日の朝日新聞の一面トップ記事を見て、この記事を書いた松川敦志記者は、当ブログのファン?と思ってみたりした。

日曜日の新聞は土曜日に大きな事件が起きないため、一面トップ記事はつまらないことが多い。そんなときは調査報道でしのぐようだが、今日のトップは耐震偽装問題で建築基準法が改正されて、審査が厳しくなって着工が激減している、という内容だった。

b0017844_15403681.jpg


これ、10月10日付の当ブログで書いていることをヒントにした、と思えるような内容だった。

以下はその一部。

姉歯建築士の耐震偽装問題発覚から2年が経過しようとしている。この問題を受けて改正建築基準法が6月から施行された。

「まったく仕事にならない」とぼやくのは設計士。これまで建築確認申請を出した場合、民間なら2週間、役所なら1カ月かかっていたものが、6月以降は3カ月もかかるようになったようだ。こと細かくチェックするようになったためだ。

申請書類にミスがあった場合は、やり直しではなく、取り下げになる。そのためまた申請をやり直すので、また3カ月かかってしまうため、案件がなかなか前に進まない、ということだ。

姉歯建築士の不正のツケがこんな形で現場に影響を投げ落としている。


まるでこの記事をヒントに取材して書いたとしか思えないような絶妙のタイミング。

こんなことを書いていたら横から息子が「おとうさん、自意識過剰ちゃうか」と突っ込みを入れてきた。

自意識過剰ついでに当ブログの10月分の検索ワードのアクセス順位は以下の通り。

1位 花田勝 529
2位 亀田兄弟 378
3位 神田うの 結婚式 352
4位 かきなぐりプレス 301
5位 佐々木恭子 167
6位 神田うの 結婚式 161
7位 復讐サイト 157
8位 亀田 掲示板 152
9位 たむけん 焼肉 141
10位 美恵子夫人 141

この検索ワードをヤフーで検索してみると

花田勝 17番目
亀田兄弟 11番目
神田うの 結婚式 9番目
佐々木恭子 7番目
亀田 掲示板 3番目
たむけん 焼肉 3番目
美恵子夫人 5番目

という具合に当ブログのエントリーが出てくる。

息子に「それがどうしたの」といわれそうであるが。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-10-14 15:48 | 社会ネタ
日曜日でネタがなかったのか、今朝の朝日が一面トップで中国の食品について「危険食品」という文字が踊った。

中国製の風邪薬を服用した患者がパナマで死亡。同じく中国製のペットフードでアメリカで犬や猫が死亡。これに対して中国政府は国としての責任を取る気配すらない。

薬やペットフードですらこんな状況であるわけだから、中国産の野菜の安全はどうなのか、と問題提起している。

中華料理やラーメンに欠かせない食感を楽しむきくらげ。安物のきくらげは別のきのこに硫酸マグネシウムや鉄くずなどの薬品を混ぜて本物そっくりに見せている、という。

偽きくらげを食べると下痢や嘔吐がもれなく付いてくる。

以前から中国産の野菜の残留農薬が問題になっていたが、中国人からすれば、そんなことは「モーマンタイ」ということになるのだろうが、朝日にしては初めて共感できる内容である。

中国人の富裕層も自国の食品は怖くて食べられない、といっているぐらいだから事態は深刻だ。

北京オリンピックが近づくにつれ、ありとあらゆる中国の膿がマスコミによって一気に噴出されてきた感がある。

あたかも中国オリンピックをボイコットしようという世論を喚起するためような感じもしないでもないが、ボイコットを引き換えに中国人の中華思想を改めさせるには有効な手段だと思われる。

中国人が国際化するためにも、「お前らの中華思想は間違っている反中国キャンペーン」はガンガンやってよろしい。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-05-21 22:56 | 社会ネタ
執拗なまでに関テレのあるある大事典問題を追及する朝日。これは偏向報道以外の何物でもない。もっと国民にとって大事な事件を追及するのが大新聞の役目だろうに。

自社カメラマンの記事盗作問題で、ジャーナリスト宣言の広告を自粛したようだが、遅い。

アパ問題を完全にスルーしておいてジャーナリスト宣言のCMが虚しい、と書いたのは1月25日のことだった。

国土交通省が京都市内でアパグループのホテル2棟が耐震偽装があった旨の発表を行ったことでようやくマスコミが取り上げることにはなったが、アパに関してはその後の追及の手がゆるい。関テレ問題よりもアパの方がよほど人間の生命に関わる問題ではないか。

あるある問題よりもアパ問題。

アパの手抜きマンションを買わされた人はどういう思いでいま暮らしているのか、そっちのほうが気になる。

現在建築中で、竣工間近の淀屋橋の高層タワーマンションの売れ行きがどうなのか、そっちのほうが気になる。

工事を中止しているマンションもある。補強工事して再開するのか、取り壊すのか、そっちのほうが気になる。

系列の週刊朝日があるある問題を追及し始めたためか、異様なまでの執念だ。捏造は朝日のお家芸でもあるわけだが、それを他人がやると俄然許せないのが朝日の体質なのか。本当に執念を燃やす事件を履き違えている。

ジャーナリスト宣言のCMを流さないのは正解ではある。

もはやジャーナリストではないから。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-02-10 10:09 | 社会ネタ
ウイニーの開発者に有罪判決が下ったことに対して、朝日の社説が不当判決と擁護した。

この中で引っかかったのが幇助、という点だ。

こんなことでいちいち有罪判決を食らったのでは、開発者が萎縮してしまう、という論調だ。

よく使われる例えで、包丁で殺人を起こした場合、刺した犯人だけでなく、作った人の責任も問われる、というのはおかしい、ということだ。

有罪判決になった背景にはウイニーを介して、機密事項までがジャジャ漏れになっているネット社会の怖さが背景にある。

で、幇助、という点では朝日にも汚点がある。

近未来通信問題では朝日をはじめとする大手新聞が揃って、新聞に大量の広告を出稿してもらい、NO審査で詐欺の幇助をしていた。

幇助で有罪判決を受けるということは、やがては新聞社にも火の粉が降りかかる。

で、肩を持つわけだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-12-14 16:28 | 社会ネタ
ソフトバンクモバイルの一連のゴタゴタを朝日新聞は社説でこそ取り上げたが、それ以外に、システム障害の問題だとか、公取委が調査に入ったとかの問題を一切報じていない。

発行部数が減少する朝日新聞。

購読収入が減る中で、財源確保は広告、ということになる。

MNP制度がスタートするに際して、ドコモ、auが全面広告掲載する中で、ソフトバンクはなんと全面広告を3ページに亘って出稿してくれた。

営業部にすれば大事な大事なクライアント様。

普通に考えれば、営業部から編集部に対して「ソフトバンクモバイルが不利になることは絶対に書くな」と圧力をかけてくる。

朝日社内の営業と編集のせめぎあいの中で落としどころが社説だった、ということか。

それどころか、ビックリ仰天。朝日はソフトバンクを擁護するかのようなこんな記事を書いている。

番号持ち運びで端末販売台数急増 ドコモはシェア落とす

10月24日に番号持ち運び制度を開始した後、携帯電話端末の販売台数が連日、6~7割増えていることが分かった。制度をスタートしてから最初の週末となった29日までの累計では、NTTドコモが販売台数シェアを5%下げたのに対し、KDDI(au)は2%、ソフトバンクモバイルは3%上げた。

市場調査会社GfKジャパンが、家電量販店から毎日集めている販売データを基に集計した。

開始前までの10月の累計シェアはドコモ51%、au34%、ソフトバンク15%だったが、開始後はそれぞれ46%、36%、18%に変化した。システム障害を起こしたソフトバンクがシェアを増やしたのは、新料金サービス開始に伴い、自社間の機種変更が増えた分も含まれているためとみられる。


こんな記事を書いているようだから、どんどん読者が離れていくのだ。

マスコミは編集部より営業部が強くなると信頼を失う。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-11-02 21:30 | 社会ネタ
そりゃ、そうだ。

いつもは処分が手ぬるいと舌鋒鋭く、公務員の飲酒運転不祥事を叩いておきながら、自社の記者が飲酒運転で捕まると、人事異動で茶を濁そうとした。

アホか。

そんなことをすれば、当然、非難が来ることは予見できただろうに。それをあえてするのは大新聞の驕り以外の何ものでもない。

自分たちは第三の権力という特権意識がある。

それを伝える記事もまるで他人事。

新聞社にとって訂正記事を書かされることは屈辱の一つだが、この記事にもそんな文脈だ。

人事異動でお茶を濁そうとしたことには一切触れていない。つまり、その辺の弁明をしたくない、という表れ。

訂正記事でも自分たちの非は絶対認めない。

朝日新聞にとってはさんご礁事件に匹敵するぐらいの汚点だが、それに気づくのが遅い。

百歩譲って、記者が二日酔いを理由にしたために、人事異動にしたとしたら、第三の権力を自ら放棄したことになる。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-09-21 21:51 | 社会ネタ
産経新聞の現役記者62人によるブログによるニュースサイト「iza」がスタートした、という記事を朝日新聞が紹介しているのに驚いた。

なんでライバル紙の宣伝をわざわざやってらるのか、と。

朝日でも同じようにやって欲しい、と社内営業でもしているのか?

産経側は読者との意見交換を直接したい、というのが狙いのようだが、ブログを書くには会員登録が必要だ。

ただ、本名や住所、電話番号などの個人情報を入力しなくても会員登録は簡単にできる。

記者個人が思いつくままに、取材の舞台裏や身辺雑記を書いているブログをザッピングしてみた。

ベテラン記者、佐藤好美氏は入社当時はまだ手書きの原稿用紙時代。しばらくして記者にワープロが支給された、というから年がバレル。そんなベテランが若き頃の上司の悪口を書いている。

題して「諦めの悪い記者」。シリーズで3回目まで書いている。当然その上司は定年退職しているのだろうが、上司批判ができる役職者になっている、ということか。

当ブログでもたびたび取り上げている、秋田の事件とシンドラー問題にはTBを送ってみた。

記者ブログ。スポーツ新聞ではやっているところもあるが、大手がここまで本格的にやったのは初めて。これに追従する新聞社が続出するのか?

少なくても朝日新聞の会員情報サイト、アスパラよりは面白い。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-06-16 09:22
木曜日は週刊文春と新潮の発売日。
朝日新聞にはいつも文春と新潮の広告が隣り合わせで掲載されているので、似たもの雑誌が先週起こった事件をどう取り上げているか比較する上で、楽しみにしている。

で、今朝の朝日を見ていて、?

何か足りない。

そう、文春の隣に新潮の広告がない。

ページをめくれどもどこにも新潮の広告がない。さては、また、ケンカでもしたのか、と思っていたらやっぱりやっていた。

「朝日『1面スクープ』は誤報だらけ! 『愛子さま』『義務教育費』『普天間』みーんな間違いでした」と題する記事を書いているのだから、そりゃ、朝日としては面白いわけがない。

本当のことを指摘されているのだから。

朝日は謝罪と訂正を求めたが、新潮がそれに応じなかったために広告掲載が中止されたようだ。

当ブログも予想が外れたり、自分の考え方に対して批判も時にはある。

そういうことも全部受け入れながら、自分の意見を発信し続けているわけだが、朝日も大人の対応で太っ腹なところを見せるべきだっただろう。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2005-12-15 17:49 | 社会ネタ