人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:中国 ( 106 ) タグの人気記事

チベットの抗議行動のおかげで、普段は関心のない台湾の総統選の行方まで気になる。

関心といっても中国からの独立派が勝つのか、反独立派が勝つのか。この一点だったが野次馬からすれば、残念な結果になった。

劣勢が伝えられていた中国からの独立を推し進める民進党が、今回のチベット問題でどこまで追い上げるかが、注目された。

いざふたを開けてみると200万票の大差で国民党の馬英九氏が当選した。

民進党の謝氏はチベット騒動に絡めて台湾を中国の一部とする「一つの中国」の原則を認める国民党を批判したが及ばなかった。

台湾人は非常に冷静だったというか、8年続いた民進党・陳水扁政権の汚職や経済政策の不振でヘキヘキしていたのか。

世論調査では台湾人は早急な独立も統一も求めておらず、中国とは付かず離れずの現状維持を望む声が多いという。

ここが中国から長年虐げ続けられているチベットと大きく違う点だ。

理想は独立だが、現実的には現状維持。下手に独立を宣言すると中国からの武力侵攻が起こることを懸念するからだ。

現実主義で安定を求める台湾人の姿が浮き彫りになる。

台湾独立派の民進党政権が続いたからといって、チベット問題に影響を与えることだけはなさそうだった、ということか。

追記

新総統に選ばれた馬英九氏は記者会見でモンゴル問題に触れ、「チベットでの事態が悪化すれば、われわれは五輪に選手を派遣しない可能性も検討する」と述べた。

親中派だと思っていたのに意外な答えだ。

世論調査をした上での条件付だが、ボイコットを表明した時点で台湾海峡に緊張が走りそう。それはそれで国際的な非難を浴びることになり、台湾としてもまたとないチャンスである。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-03-23 09:37 | 海外ネタ
こんなオリンピックがかつてあっただろうか。北京オリンピックのボイコット問題は、ついに公式スポンサーにも影を落とし始めている。

世界的な宣伝になる予定だったのに、世界的な不買運動へと発展する可能性を秘めてきたからだ。

ワールドワイドスポンサーは12社。1社当たり100億円は払っている、という。この中で唯一の日本企業はパナソニック。

身近で不買運動の対象になりやすいのは、コカコーラとマクドナルド。

もともとハンバーガーは食わないが、コーラーはペプシにしよう。

そのほか、有名なところではコダック、オメガ、VISA、サムスン、ジョンソン&ジョンソン。

レノボ、GE、アトスオリジン、マニュライフは聞いたこともないが、コンピュータや生命保険会社なので未知数。

そのほかのスポンサーは大半が中国企業なので不買運動にはならない。

不買運動にならなくともワールドワイドスポンサーはイメージダウンにつながることは必至。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-03-22 20:04 | 海外ネタ
ブログのエントリーにタグを貼る作業に半日かかった。

それで分かったのが中国がらみのネタがダントツだったこと。

以下、安倍、亀田、ホリエモンとその時代を賑わせた人物が続くが、中国は絶えずネタを提供してくれて興味の対象になっている。

ブログの時系列で中国問題を振り返ってみた。

2004年

2004年9月からブログを初めて最初の中国ネタが、2004年12月23日の中国の裁判で勝訴したHONDA

パチモノ天国の中国にあって、HONDAのロゴやスタイルを真似た中国のバイクメーカーを本家が訴えていたのだが、これが認められるという画期的な判決から中国ネタはスタートした。

2005年

しかし、画期的な判決の後で、日本企業をがっかりさせる判決が、2005年2月21日の最終の敵は中国
中国でも人気のクレヨンしんちゃんのキャラクター商品。中国の偽コピー商品が先に登録商標を済ませていた、ということで、本物が売り場から排除される、という異常事態が起こった。

他人のものも自分のもの。盗人天国の中国人批判から4月には、愛国教育の延長線上で起こった反日運動に切り込んだ。当時の小泉総理の靖国参拝などを巡って上海では反日デモが週末ごとに拡大・暴徒化し、日本領事館が襲撃されたり、日本食レストランが日本車が破壊された。
4月17日反日デモは政府のヤラセ?
世情不安から広島の高校が予定していた上海の修学旅行を中止したり、ゴールデンウィークに予定していた5700人が中国旅行をキャンセルした。

反日運動が一段落すると次に起こったのが6月4日の中国の健康食品事情
中国製のダイエット食品「天天素」で10代の女性が死亡したほか、85人が健康被害を受けている、という。おまけに製造元は1カ月前から会社ごと失踪している。

再び日本企業の版権が無視される事態が起こった。
8月7日の国際基準を中国に教える方法
ウルトラマンの円谷プロが著作権を巡って中国企業と争っていた。偽物のウルトラマンを販売していたデパートも無罪。デパート側は「製品は合法的に仕入れた物」と反論。それが認められた。日本のデパートが偽物を販売すること自体が考えられないこと。

9月15日は香港ディズニーランドで論争
大陸から来た中国人のマナーの悪さが問題になった。

2006年

何でも平気で盗む中国人の国民性を何度も取り上げてきたが2006年5月3日の企業ごと偽造した中国企業の蛮行
では日本企業のNECと偽って、家庭用オーディオ機器やビデオ、DVDプレーヤー、MP3などを製造や販売。部品調達業務まで「NEC」として活動していたというのだから本当にタチが悪い。

この年はサッカーのワールドカップ・ドイツ大会があった。
5月31日には中国ルートでW杯のチケット入手できず旅行中止なんて事態も。チケット入手先である中国の旅行代理店「中国国際体育旅遊公司」からチケットが届いていないことが最大の原因だった。

2007年

パチモノ天国中国については嫌というほど取り上げてきたが、5月4日の中国の恥「石景山遊楽園」ではディズニーランドをぱくってしまった。

この映像が全世界に配信されたため、あわてて疑わしいものは取り壊したり、ペンキで消したり。中国にしては珍しくすぐに対応した。

偽物・著作権侵害もここまで行くと呆れるしかない。5月11日の給料を偽札で払う中国企業の見識
では工場労働者20人分の給料を偽札で払っていた。抗議した労働者は首になった。すごい世界だ。

このころになると北京オリンピックボイコット問題も。5月13日には北京オリンピックボイコットという脅しも必要悪

アメリカの下院議員がスーダンのダルフールの虐殺グループに中国が支援を続けるのなら、北京オリンピックのボイコットも辞さないという書簡を中国の主席に送った。

中国人の民度の低さを物語るエピソードが5月19日の新幹線の備品を盗む中国人の民度
笑うしかない。

このころから中国の食の安全が騒がれるようになった。
5月21日には朝日が一面トップで中国の食の危険を取り上げる
中国製の風邪薬を飲んでパナマで死亡者が出てほか、アメリカではペットフードで犬やネコが犠牲になっている。

5月27日にはたかじんの番組も懸念する北京オリンピックでパネラーが中国を叩く叩く。

7月8日には中国・食の危険の歴史 でおさらいしてみた。

ダンボール肉まんが問題になったのは7月16日の中国産に頼らないためにも食料自給率アップがのころ。

オリンピック開催が1年後となった8月9日のエントリーでは大気汚染オリンピック

IOCの会長も大気汚染が改善されなければ、日程の変更があるような発言をしている。

オリンピック開催まで1年を切ったところでオリンピック関連のエントリーが増える。
8月12日には北京オリンピック3つの不安の乗り切り方

を。

忘れたころに危険な中国食がポッと出てくる。
12月6日にはインスタントラーメンで死ぬチャイナクオリティ

2008年

中国製冷凍餃子で日本人が犠牲になる。
1月30日の揺らぐコープの信頼by中国製餃子 に端を発し、毒餃子事件が日本中を震撼させた。
日中双方が捜査したが、中国側は最終的に2月28日には毒餃子はやはり「没問題」に出た中国政府


毒餃子事件も中国側には非はないと逃げようとしたタイミングで、3月15日に北京オリンピックボイコットへ一歩前進

とチベット自治区でチベットの独立を求める抗議行動が起こる。

チベット問題に対しても力づくでねじ伏せて、没問題で逃げようとする中国。

選手のことを考えたら北京オリンピックボイコットは現実的ではないが、折衷案とし開会式をボイコットする案がある。

これまで中国がやってきた蛮行に対して、これぐらいの抗議行動ならOKだろう。


人気ブログランキング
by tetorayade | 2008-03-20 18:57 | 海外ネタ
三浦和義がコンビニで万引きした時、犯行の一部始終が防犯カメラに撮られていた。

確固たる証拠があるにも三浦和義はシラを切った。前日、クスリを飲んでいたので「意識が朦朧としていた」といい逃れ、裁判に持ち込んだ。

その裁判の前日に三浦和義はサイパンで拘束された。

これとまったく同じことがチベット自治区でも起こった。チベット人の抗議行動に対して、武力で制圧し、死者まで出ているというのに「われわれの部隊は路面清掃する市民を手伝っていた。武力で鎮圧するようなことはやっていない」といけシャアシャアとのたまうのはチベット自治区のシャンパプンツォク主席。

清掃活動を手伝うのに、どうして戦車がいるのか。

さらに、ラサはすでに「沈静化した」と発表。その証拠として市内の平穏なスーパーの映像を流した。明らかに漢人の顔つきをした買い物客に「もう町は落ち着いている」。テレビ局がもっとも得意としている仕込み、あるいは演出という技だ。

これが自らの非を認めない中国人の本性だ。これだけリアルな映像や旅行客の発砲していたという証言があっても武力行使を認めない。

弱腰の日本政府相手では毒餃子事件を「没問題」にすることなんか、赤子の手をひねるようなもの。

イタリアが今回のチベット自治区問題で世論調査したところ9割以上がオリンピックボイコットに賛成した、という。すごいパーセンテージだ。

毒餃子事件の被害者でもないイタリアでさえもこんな結果が出ている。イタリアの外務省にはチャイナスクール出身者はいないのだろう。

こうやって中国の発表がいかに出鱈目なものなのかを全世界に知らしめる絶好のチャンスだ。

世界の衆目が中国に集まっているこの機会に、東シナ海の油田開発が中国の盗掘であること知ってもらえる千載一遇のチャンスと捉えよう。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-03-18 08:53 | 海外ネタ
チベット人の抗議デモはチベット自治区に隣接する四川省や青海省にも飛び火し、鎮圧する中国公安などにより、数名の死者が出た模様。

蜂起するチベット人に対して俳優のリチャード・ギアが世界的な北京オリンピックボイコットを呼び掛けている、というから面白くなってきた。

第一報は去年9月のこと。チベット仏教の熱心な信者であるギアはロイターの取材に対して「中国政府がチベットで行っている人権侵害を終わらせ、自治を認めることを促す良い機会である」とコメント。大会のボイコットについて「たぶん現実的ではないが、感情的にはまさに意味のある行為」と述べている。
その呼びかけが現実味を帯びてきた。

スピルバーグ監督が中国の人権問題を理由に開会式の演出監督を辞退したり、マラソンの世界記録保持者のハイレ・ゲブレセラシェ選手が北京の大気汚染と健康を理由に出場を辞退した。

チベットとしては北京オリンピック開催と引き替えに、チベット独立を勝ち取りたいはず。

チベット固有の領土に入り込み、チベット人は二級市民と虐げられてきた。この窮状を世界に訴えるために北京オリンピックは、またとない絶好のチャンスだ。この時期を逃したら再び世界から見放されてしまう。

世界が動かなければ、抗議行動はやがてテロへと進む。新疆ウイグル自治区でも独立の気運が高まっており、北京オリンピックの阻止を企てる飛行機テロが未遂に終わっている。

日本の外務省は中国の機嫌を損ねないことが出世への道。従って、毒入りギョーザー事件でも中国側が「没問題」と発表して終わり。3年前は反日運動の広がりで日本人が経営する商店が襲撃をされたことももう忘れている。

毒入りギョーザー事件の解明を切り札に北京オリンピックを使ってもいいのに、そんなことはしない。

国は動きそうもないから、NPOは橋下知事に噛みついた女子職員のようなプロ市民の力を集結させて、チベットで抗議活動でもやってみるか?

追記

アメリカのライス国務長官は中国政府に対してチベット文化の政策に関する修正を求めるとともに、拘束している僧侶の釈放を要請した。

天安門事件のときとは違い、インターネットの普及でCNNの映像は個人のパソコンでも見ることができるとともに、意見を発信できる媒体を持ってしまったので、子供だましのような収め方はできない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-03-17 08:43 | 海外ネタ
北京オリンピックの開催に対してチベット自治区のラサで僧侶やチベット人数100人が抗議行動を起こした。

これを鎮圧しようとした中国・公安はデモ隊に発砲して死者も出ている模様。

中国人の商店や警察車両に放火したり抗議行動は過激になってきているが、目的は北京オリンピックを中止させるこではなく、全世界の目をチベットに向けること。これまで中国がどれだけひどいことを行っているかを知らしめるために最も有効な手段が北京オリンピックだということだ。

チベット問題にはまったく詳しくない。
調べてみるとこんなことが問題だった。

中国の占領と弾圧の政策は、チベットの国家としての独立、文化、宗教性、自然環境の破壊を引き起こし、人々は基本的な人権まで奪われている。再三再四、国際法を犯す中国のこれらの破壊行為は、注目はされているが、未だに罰されることなく繰り返されている。

チベット自治区といいながら、中国政府が入植を奨励。中国の大多数を占める漢民族が入り込み、結婚などによる合法的な方法で名実ともに中国同化政策をどんどん推し進めている。

今回の動乱にアメリカも注視している。

中国政府が発表する数字が低いために、衛星写真を使って死者の数を数えている、という。

さらには、中国政府に対してチベット動乱でインドへ亡命したダライ・ラマ14世との対話を呼びかけている。

今回の動乱には巡り合わせもある。

1989年3月、ラサでチベット独立、反中国の大規模な抗議行動が起こった時、戒厳令を敷いて力ずく抑えつけたのが、胡錦濤だった。これが高く評価されて国家主席への階段を駆け上がっていった。

そして、中国の威信をかけて成功させなければならない北京オリンピック。時の国家主席が胡錦濤。チベット人には申し分のない相手だ。

抗議活動はオリンピックが始まっても続くことは考えられる。

アテネオリンピックでは対テロ対策オリンピックともいわれ、空前の厳戒態勢を敷きながら男子マラソンでは、トップを走るランナーを基地外のような観客が押さえ込んでしまった。
これはテロではなかったが、テロリストが沿道の観衆に紛れ込むことはたやすい。

42・195キロの沿道を警戒することは事実上不可能であることが分かった。

チベット騒動がどこまで広がるかでアメリカも介入のチャンスを狙っている?

対話もなく中国が態度を硬化させれば、アメリカが正義を振りかざしてモスクワオリンピックのようにボイコットを起こし、日本もアメリカに同調…。

オリンピックとチベット問題。

すごいテーマを天秤にかけられた。

大気汚染や食の安全は国内の問題なので乗り切れても、チベット問題は根が深い。

中止になることはないだろうが、ボイコットの可能性は出てきた。

オリンピック開催までは海外からの誹謗中傷も我慢するが、終われば世界の嫌われ者として君臨するんだろうな。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-03-15 15:38 | 海外ネタ
チャイナスクールということばがある。

中国語会話の学校ではなく、外務省内に中国語を専門に研修し、中国関連のキャリアを経験した外交官を指す外務省用語で、親中派を指すことばでもある。

チャイナスクール出身者とは、外務省や政界で中国寄りの人たちのことをいう。

で、再び青山繁晴の登場だ。

毒餃子事件をこう解説した。

先月21日に来日した唐家璇国務委員は高村正彦外相と福田総理と相次いで会見している。

来日目的は4月に来日する胡錦涛主席の露払いのようなもので、高村外相との会見では餃子問題も話し合われている。

その席で、唐国務委員は「小さく解決した」と要望したという。つまり、政治決着しよう、というお願いだ。

そのことを福田総理との会談でも引き出したら、福田総理はニコニコしながらうん、うん、と頷いたという。

外務省や政治家の中にはチャイナスクール出身者が存在しているわけで、唐国務委員は政治決着のために来日した、と青山繁晴は示唆する。

この手土産を持って帰った唐国務委員によって中国公安当局は、製造過程で混入した可能性を「極めて低い」と結論づけた。

これに激怒したのが警察関係者。

中国公安当局の話では犯人とおぼしき退職者を4~6人拘束しているということになっていたのに、「話が違う!」

ただ、100%否定されたわけではなく、退職者のことには触れていない。

いざとなれば、退職者を犯人として発表する可能性はあるが、なりたくてなった総理職ではないだけにやはり福田爺さんでは荷が重いようだ。

もっとちゃんと日本の舵取りができるリーダーよ、出て来い!


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-03-01 18:53 | 海外ネタ
毒入り餃子事件から1カ月あまりが経過した。

中国公安当局は28日、北京で記者会見を開き、メタミドホスは袋の上からも中に浸透する実験結果を示し、製造過程で混入した可能性を「極めて低い」と示唆した。

従業員55人を調べたがシロ。

つまり北朝鮮風にいえば、毒入り餃子事件は、わが国を陥れるための捏造報道であり、北京オリンピックを妨害するための反日分子による犯行で、わが国は最大の被害者である、といいたげである。

すごい結論を出した。

袋の上からメタミドホスをふりかけても、中の具材にまで浸透するので、流通過程で起こったもので、それは日本国内の問題で、中国は濡れ衣を着せられた、ということだ。

北朝鮮と軍事同盟を結んでいるだけのことはある。同じ思考回路だ。

日本政府はこんな回答を寄こされてどう対応するつもりなのだ。

この問題が起こったときに、コープ製品から検出されたことで、コープ製品の信頼性が崩れたことを真っ先に指摘した。

組合員からは中国製品を不安視する声が日増しに高まり、主原料と加工がともに中国の商品については原則取り扱わない方針を打ち出したコープもある。

民間企業は中国製品を扱わない、と態度を明にした。民間企業による国交断絶だ。

メタミドホス混入は日本で起こった、といいたげな中国に対して日本政府はどう対応するのか。

民間企業同様に日本政府としては北京オリンピックボイコットをちらつかせるぐらいの強い態度で臨まなければ、このまま没問題で逃げ切ることは明白だ。

最後のカードを切らなければこの問題は解決しないのか?

ことばも礼儀も正しいが、存在するだけで威圧感のある人に今日出会った。

日本にはその威圧感がないから舐められるのだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-02-28 23:17 | 社会ネタ

次は魚からジクロルボス

好きな魚の中で3本の指に入るのがサバだ。サバは煮ても焼いても、〆てもうまい。

その好物のサバで大変なことが起こっている。

デンマークで獲って、中国で加工した冷凍シメサバから微量のジクロルボスが検出された、と騒がれている。

痛手を被るのが外食チェーンや回転寿司。

魚の切身からどうして殺虫剤が混入したのかと不思議がられている。

それを心配するならアメリカ産のオレンジなんかも大いに警戒した方がいい。

船便で長期間かかるので、その間虫が付かないように殺虫剤がタップリ振りかけられているような記事を読んだ記憶がある。

要は中国産だけでなく、輸入している食材はなんらかの危険性が潜んでいるということ。

中国産をストップしたら、安価で提供している回転寿司や居酒屋、外食チェーンのビジネスモデルそのものが崩壊してしまう。

後は中国人をいかに教育していくかだけど、これが一番難しい。

中国共産党を解体したら、それこそ国がバラバラになって統制が取れなくなる。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-02-19 08:37 | 社会ネタ
北京オリンピックについては前々からボイコット論を展開してきたが、開会式の芸術顧問だったスピルバーグ監督が、顧問を辞退した。

理由は人道問題。

内戦が続くスーダンに対して武器の輸出をしている中国。これを止めるようにいっていたが、聞きいれられなかったことから顧問を降りた。

イギリスのチャールズ皇太子も中国のチベット政策を理由に開会式には出席しないそうだ。

これらは人道問題だが、マラソンの世界記録を持つ選手も北京の大気汚染を理由に出場を見送る、という話もある。

こちらは環境と健康問題。

真夏のマラソンを大気汚染の北京で走るのだから自殺行為にも近い。

そこへ持ってきて毒入り餃子事件で中国政府は、中国国内での混入を否定する見解を発表した。

日本の自作自演とでもいいたいのだろう。

食の安全を担保できないということでもある。

中国がそういう態度に出るなら、日本は北京オリンピックボイコットのカードを切るのもよし。

影響力のあるスピルバーグ監督の行動は、どこまで波紋を広げるか、注目されるところだ。

北京オリンピックをボイコットして喜ぶのは、出場が極めて危なくなった井上康生ぐらいか。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-02-14 13:45 | 海外ネタ