人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

タグ:中国 ( 106 ) タグの人気記事

独立総合研究所の青山繁晴が、5月6日来日する胡錦濤主席と福田首相の首脳会談内容についてテレビで“告白”した。

テレビや新聞で報道される会談内容は真実ではない。さらに中国で報道される内容は日本の報道とは間逆に近い内容であることを。

中でも毒餃子事件は「日本側の問題」で、チベット問題は「内政問題なので干渉しない」と福田首相は語った、と中国では報道されるのではないかと推測した。

ここまで中国が強攻策に出るのは、外交がしたたかであるからだ。外交がしたたかな国というのは歴史的に戦争が弱い民族が身に着けた処世術でもある。

中国4000年の歴史の中で万里の長城がある。

これは漢民族が外敵から身を守るために築き上げてきたもので、過去の歴史においては侵略され続けていた、ということでもある。いわば、恐怖の象徴でもある。

中国を取り巻く自治区であるウイグルやモンゴルは戦争が強い民族だった。その中で仏教国であるチベットは戦争に弱かった国で、そんなチベットの独立を認めてしまうと、ウイグルやチベットも黙ってはいない。

だから、最も組みしやすいチベットの独立を認めることは、アリの一穴状態となり多民族国家としての中国が崩壊してしまうことを意味している。

だから、どんなに世界が騒ごうともダライ・ラマとの対話さえも持とうとしないわけだ。

オリンピックが終われば、いつしかチベット問題も記憶の彼方から少しずつ消え去っていくだろう。しかし、中国国内の貧富の格差には加速度が付いている。

中国人の平均年収は20万円といわれているのに、5万円もするオリンピックのチケット争奪戦が始まっている。

中国国内でも格差社会に不満が充満しているところに持ってきて、自治区の独立の気運が高まるばかり。

自己中心主義の中国人をまとめるには中国共産党による一党独裁しかなかった。中国共産党は共産圏諸国の崩壊・凋落を目の当たりにして、改革解放路線という経済自由化の政策に乗り出した。

農村部では農作物の自由処分を部分的に認め、決められた生産分以上のものは自分で商売ができるようになった。

沿岸部では経済特区を設置し、自由経済を認めた。これにより、中国の安い労働力を求めて日本を始めとする外国企業が一斉に進出。中国は世界の工場といわれるまでの急激な経済発展を遂げた。

つまり共産主義の限界を自らが感じたから改革開放路線へと突っ走ったのだが、これが中国の格差社会を生むことになる。

いずれにしても中国はソ連と同様に崩壊することは間違いないはずだ。

そのとき自治区もやがて独立することとなるのだろう。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-04-19 23:14 | 海外ネタ
勝谷誠彦が13日のそこまで言って委員会で「今回初めて発表しますが」と前置きして「善光寺の若手僧侶も動き出していますからね。同じ仏教徒として立ち上がりますよ」と聖火リレー地の辞退を申し出ることを示唆した。

この番組は毎週金曜日に収録されているので、それから1週間で日本の仏教界が立ち上がり、具体的行動に出たことになる。

昨日、善光寺は正式にJOCに出発地の辞退を申し入れ、受け入れられた。

理由は文化財や信者を守ることに加え、同じ仏教徒のチベット人が中国政府から人権弾圧を受けていることを挙げた。

なかなかやるではないか。中国にNOといえない福田政府より頼もしい。

日本での聖火リレーは26日に行われる長野市内だけ。

当初の予定では出発地を善光寺として、長野駅~長野運動公園~エムウェーブ~ビッグハット~若里公園を終着地とする18.5キロ。観光地や長野オリンピックのときの施設を回るコースだった。

聖火ランナーのメンバーがすごい。豪華な顔ぶれだ。

有森裕子、大野豊、岡崎朋美、荻原健司、北島康介、末続慎吾、千葉真子、萩本欽一、橋本聖子、福原愛、星野仙一、松岡修三、吉田沙保里らトップアスリートをはじめ、一般公募のランナーら総勢80人が聖火をつなぐ。

1人が走る距離は200~300メートル。

午前8時半に出発して、終着点へは午後12時15分に到着する予定。

善光寺がだめでルート変更を最小限に留めるということは、長野県庁が有力か。

ランナーの中には北京オリンピックへ出場選手も含まれているので、けがでもさせられたら大変とばかり出場を辞退する者も現れる?

日本側はそんな事態を想定してか、町村官房長官は中国側の聖火を守る“青い軍団”の伴走を断っている。

毒餃子事件は日本国内の問題と中国政府から没問題にされている状況で、日本の警察は怒っている。そういう状況で主権侵害するような聖火防衛隊を受け入れられるわけがない。

追記

中国の聖火防衛隊については、妥協案として2名の青い軍団の伴走を認めた、という。そのときの条件として、妨害する人を排除したり、命令しないことを約束させているようだが。

聖火は日本の機動隊員によって、片側40人ずつ、計80人によって警備されるので沿道から聖火を見ることはできないようだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-04-19 09:30 | 社会ネタ

何のための聖火リレー

サンフランシスコの聖火リレーの様子を見て、IOCは今後の国際リレーをどうするか判断する、といわれていたが、続行することが決まったようだ。

サンフランシスコの聖火リレーを大した混乱もなかったことを受けて大成功と喜んでいるようだが、そもそも市民から聖火を完全隔離。コースも大幅に変更して成功もあったもんではない。

そもそも、何のための聖火リレーなのか分からなくなってきている。今や抗議デモから聖火を守るために極秘で各国を回る気配だ。

本末転倒も甚だしい。

インドからアメリカへ行く途中、トランジットで成田に立ち寄ったダライ・ラマ14世は改めて北京オリンピック支持を表明するとともに、チベット人に非暴力を呼び掛けた。

さらにチベットの独立を求めているのではなく、完全な自治を求めていることを強調した。

その一方で中国当局はウイグル自治区でテロ活動を企てていた40人あまりを拘束したと発表した。やっぱりイスラム過激派はテロで訴える模様だ。世界の目はチベットに向きがちだが、本当に怖いのはテロ活動だ。

飛行機爆破を計画していたとも伝えられる。関係のない民間人まで巻き添えを食ったら大変だ。

今回、イスラムの敵は中国だが、ここに世界の警察を自認するアメリカがしゃしゃり出てきたら、非常に話しがややこしくなる。イスラムと中国の共通の敵はアメリカだ。

こういう時、世界平和のためにカップヌードルが出てくる。

フリーダム。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-04-11 08:36 | 海外ネタ
厳戒体制が敷かれる中、さらにコース変更しての聖火リレーがサンフランシスコでスターした。

約10キロのコースを90人が聖火をつないでいく。

リレーの集団を妨害する映像はまだ流れていない。

ルートを変更しても、ヘリが上空から狙っているので、リレー集団がどの辺りにいるかは検討がつく。

IOCはサンフランシスコの騒動によって、今後の世界リレーを中止するかどうかの判断材料にするようだが、IOC内の意見も続行派と中止派に別れているようだ。

いずれにせよ、聖火が世界を回るということは、チベットの人権問題だけをクローズアップすることとなり、中国には不利な状況が続くだけ。

お祭りムードに水を差す。もはや放水状態だ。

自分の蒔いた種だからしかたない。北京オリンピックは中国がこれまでどんな酷いことをしてきたかを世界がおさらいできる画期的なオリンピックだ。

おりしも、日本人が手塩にかけて育ててきたブランドの名称を中国で商標登録する蛮行に出ている。松阪牛や九谷焼、鳴門金時などが狙われている。

日本固有のブランド名を盗すみ、中国製のニセモノにそのブランドを冠して高く売ろうという魂胆のようだ。

日本人としてはチベットの人権問題以上に怒りがこみあげてくる。東シナ海の油田開発なんかまさにこの手法。他人のものも自分のもの。

恐るべし中華思想。

北京オリンピック後でもいい。

ナゼこんな資格のない国で開催することになったのかIOCは糾弾されなければならない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-04-10 08:36 | 海外ネタ

火に油を注ぐ聖火リレー

ヨーロッパの嫌中ぶりは、半端ではなかった。人権に対して熱かった、とでもいっておこうか。

ロンドンからパリに入った聖火リレー。
かつてこんな物々しい聖火リレーの光景があっただろうか。聖火ランナーを妨害から守るために幾重にも警備の人垣ができて、観衆から聖火ランナーを見ることもできない物々しさだ。

抗議行動を起こしているのはチベット人だけではない。国境なき記者団のメンバーが消火器で聖火を消そうとして、身柄を拘束されている。

パリでは安全を考慮して途中の移動をバスに切り替えるとともに、一時的に聖火の灯が消される事態も。

平和の祭典を知らせる聖火リレーは、いまや完全に世界の嫌中を意思表示するための政治的道具になっている。

これからアメリカに渡り、南米、アフリカを経由してインドに入る。

日本は長野を通過する。

アメリカでも相当な抗議デモが予想されるし、昔から中国とは仲の悪いインドでもどんな展開になるか想像もつかない。

抗議行動は野次馬も加わりエスカレートすることだけは間違いない。

聖火リレーですらこれだから、後は会期中のテロが心配される。イスラム過激派も要注意。

警備が手薄になるマラソンコースは、中国13億人のマンパワーを動員して、人垣で警備するのか?

ヨーロッパ以上に日本は中国から辛酸を舐めさせられ続けている。

毒餃子事件も未解決のまま中国のペースで没問題に進んでいる。日本の数々の著作権・特許・実用新案を侵害しても反省するどころか、偽物が先に登録されて本物になりすます厚かましさ。

中国で起こっている格差社会。人民のたまりにたまった欝憤、不満を反日運動を使ってガス抜きさせる中国政府。

長野を通過するときに、反共で北京オリンピックボイコットを訴える右翼がどう出るか。この時ばかりは拍手喝采ものだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-04-08 08:46 | 海外ネタ
IOCは「スポーツの政治利用はけしからん」とモスクワやロサンゼルスオリンピックのように東西の陣営がオリンピックをボイコットした過去を引き合いにけん制するが、海外で聖火リレーが始まり開会式ボイコット運動は日増しに高まる。

チベットの人権問題ですでにポーランド、チェコ、エストニア、ドイツ、ブラジルの首脳らが北京オリンピック開会式に出席しないことを明らかにしている。

EUの動きの中で、フランスのサルコジ大統領は中国政府がダライ・ラマ14世の対話などを行わなかった場合は、開会式に出席しない可能性を示唆している。

アメリカの下院議員がブッシュ大統領に北京オリンピックの開会式出席を禁止する法案を提出した。

いつも他人事の福田首相は「日本と中国は近い関係にある。総合的に冷静に判断しなければならない」と相変わらず自分の意見がない。

ま、福田総理は出席するだろうが、皇族の出席は見送る方針を固めている。中国でギョーザを召し上がって腹痛でも起こされたら一大事。

ここにきてIOCのロゲ会長の心が揺れ動いている。

ボイコット運動に関しては「喜ばしくはないが、私たちは言論と表現の自由を認めており、暴力的でない限り抗議活動を尊重する」と条件付きで容認する立場を取った。

聖火リレーの一つの山場は6月20~21日。聖火ランナーはチベット自治区のラサを通過する。中国政府は厳戒態勢の中、意地でも強行するだろう。このとき何が起きるのか。

中国人民解放軍が露払いする中、最悪の事態が…

そして開会式は…


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-04-06 10:08 | 海外ネタ

四最の危機

アメリカンジョークならぬチャイニーズジョーク。

農薬を飲んで自殺を図った農民。農薬がニセモノだったために一命を取り留めた。運ばれた救急病院で点滴を受けたが、点滴がニセモノだったために死んでしまった。

ニセモノ天国・中国の現実。笑うに笑えないブラックジョークだ。

中国には「四最の危機」ということばがある。

人口最多、資源最小、欲望最大、道徳最低。この4つだ。

民度の低い国民がいくらいても何の役にも立たない。枯渇した資源で13億の人口を食わすことができないので、一人っ子政策なんて考えられないようなことを平気でやる。

所詮、今の中国の景気にしたって砂上の楼閣。

中国一の大富豪となった楊恵妍氏の資産が、サブプライムローン問題で、わずか1年で約1兆9000億円から、9520億円と半減したという。

不動産会社が株を公開して膨らんだまでの資産。

オリンピックが終わったら次にバブルが弾けるのが、玉ブーム。中国では昔からお守り代わりに身につける勾玉のようなものだが、こんな石っころが投機の対象となり、金以上の値段に膨れ上がっている。

欲望最大、道徳最低。

中国人以外がこの玉ブームに絶対手を出さないこと。

ニセモノ天国。玉を見分けることのできない日本人なんかニセモノをつかまされて終わり。

飛行機と原爆以外は何でもニセモノを作るのが中国人なんだから。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-04-03 22:34 | 海外ネタ

野菜洗濯機

上海出身の知り合いと電話で長話しをしていた。

いつしか、「中国はまったく信じられない」という話しになった。

現在も上海で作らせてものを日本に輸入しているのだが、オーダー通りのものを作ってこない。それでぼやくことぼやくこと。

上海人の彼でさえも「口にするものは怖くて食べられない」という。最近も上海の実家に帰ったそうだが、この頃は必ず下痢するらしい。

日本生活が長く、中国の免疫が薄まったのだろうか。

「日本なら生野菜も食べられるけど、中国では絶対無理。野菜専用洗剤で洗わなければ野菜は食べられない」

ここまではテレビでも報道されているので驚くこともなかったが、驚愕の事実が明らかになる。

「この前、実家に帰ったら、野菜を洗う卓上型の洗濯機があったんですよ。今、これが中国ですごく売れてる。ボクもびっくりしたよ」

b0017844_2045833.jpg
b0017844_206342.jpg


必要は発明の母とはいうが、野菜洗濯機とは驚きだ。中国人には残留農薬のない野菜を作る発想はないようだ。

中国の食の危険性は中国人が一番よく知っているはず。これからも食の危険から身を守る製品が出てくるのだろうか?

土鍋から出てくる鉛をすくう装置とか。

ちなみに、野菜洗濯機の画像を探してみたが、見つけることはできなかった。

中国の洗濯機を作っている家電メーカーのホームページには該当するものはなかった。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-03-31 19:23 | 海外ネタ

中国、玉バブル加熱中

TBSの報道特集より。

中国4000年の歴史で、中国人は縁起担ぎや厄神よけに玉=石を身につける習慣がある。

玉の種類には白玉、黄玉、青玉、墨玉、紅玉、紫玉などがあり、とりわけ白玉のなかの羊脂玉は、羊の脂のように白く艶があり、玉の中では最高品とされている。今や金よりも高い。

日本人からすればただの石にしか見えないのだが、中国では玉が投資対象となり、加熱気味の玉バブルの様相を呈している。

拍車をかけたのが、北京オリンピックのメダルに玉が採用されたこと。金メダルには白玉、銀メダルには青白玉、銅メダルには青玉がそれぞれはめこまれている。

今では和田アキ子の親指大の玉に1500万円の値がつく。

玉はウイグル自治区のホータンの河原で採掘する。

採掘権を買って、玉を探すのは地元の農民。彼らの年収が2000元。珍しい色の玉に2万5000元の値がついた。農民の12年分の年収に相当する。

一発、探し当てれば、若者は家が建ち、結婚もできる。一時はジュウキを持ち込み河原を掘り返したが、レンタル料が払えずに自殺者が増えたことから重機の使用は禁止されている。

農業では貧しい生活しかおくれない。一攫千金を求め60万人が玉探しに従事している。

原石は仲買人を通じて玉業者に転売。彫刻などの加工を施して5倍から10倍の値段で売却される。

転売、転売で値段は羽上がる一方だ。

中国人はオリンピックで、世界から玉の価値が注目され、値段はさらに高騰するものと期待する。

17世紀、オランダで起こったチューリップの球根バブルを彷彿とさせる。

高騰しすぎると最後には買い手がつかず、値段が暴落する。

中国人は玉は生涯値段が上がり続けるものと信じ込んでいるだろう。

人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-03-31 08:52 | 海外ネタ
新たな火種か。なるほど。聖火リレーの火だねとチベット問題の火種をかけているわけか。

昨日、アテネで聖火リレー用の採火式が開催され、国境なき記者団のメンバーが乱入して、人権を弾圧する中国にオリンピックを開催する資格はない、と抗議活動を展開した。

聖火は一旦、北京に入り、4月になって世界各地を回る。

聖火リレーが北京オリンピックボイコットの新たな火種になりそうな気配になってきた。

オリンピックを知らせるのではなく、ボイコット運動を広める役割を果たしてしまうかも知れない。

いま、世界の目はチベットに向いているが、同じく中国からの独立を求めている新疆ウイグル自治区の動向も目が離せない。

現に3月7日には飛行機爆破テロが未遂に終わっている。ウルムチを離陸した中国南方航空の旅客機を甘粛省蘭州に緊急着陸させ、テロ容疑者2人を緊急逮捕した。

王楽泉・共産党委書記は「容疑者は北京五輪を妨害し、米同時多発テロのような飛行機爆破を企てようとした」と会見している。

ウイグル人はイスラム教徒が多いので、イスラム過激派が今後も応援する可能性は高い。

中国が抱える火種はチベットやウイグルだけではないということ。中国国内に少数民族は55集団ある。民族区域自治の単位は、大きい規模から順に自治区、自治州、自治県、自治郷と続く。

日本の捕鯨に反対するグリーンピースやシーシェパードは、クジラより中国の人権弾圧問題を訴えた方が、世界が味方する。

いますぐ、船を乗り捨てて中国へ向かへ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-03-25 08:37 | 海外ネタ