人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

タグ:中国 ( 106 ) タグの人気記事

花火、LED、ワイヤーアクション、人海戦術。

北京オリンピックの開会式で感じた単語だ。

地対空ミサイルの代わりに打ち上げられる花火、花火、花火。

鳥の巣の中で演出の陰の主役はLEDだった。世界のLEDの生産は中国がNo1のことだけはある。

カウントダウンはLEDと2008人の人海戦術による人文字で幕開け。

幾重にも打ち上げる花火。暗闇の中で赤く輝くばちもLED。まず度肝を抜く。

五輪の輪もLED。平面に置かれていたものがせり上がる。不思議な光景。ワイヤーで吊り上げられているのだがそれを感じさせない。手品を見ているかのよう。

演出の総監督はチャン・イーモウ。

中国国旗の掲揚。てっぺんまで上がると旗がたなびく。その位置だけ風を吹かせている。

フィールドの中央に登場した巨大な巻き絵。これもLED。

中央の紙の上で人間が体を使って墨絵を描く。

書き終えるとワイヤーで宙に浮かび上がる。

孔子の弟子3000人が竹の管を持って登場。紙が発明されるまでは竹管に文字を書いていた。

活版印刷とコンピューターのキーボードをイメージした演出(897人)は人海戦術。桃の花を咲かせた後は、中から人が出てきて観客に手を振る。

京劇を表したシーンでも人海戦術。ここでも800人。

天女が巻き絵に舞い降りる。

航海をイメージした場面では928人が巨大なオールを持って出てくる。そのオールによって絵が描かれる。ここでは中国の発明品の一つ羅針盤を紹介するため。

12メートルの柱がニョキニョキと地中からせり出してくる。
花火が上がって暗転。

白いグランドピアノが登場。

周りを緑の服を着た1000人が取り囲む。体にLEDを付けている。動くことによってさまざま形を描き、最後は平和のシンボルハトを描く。

ハトが最後には鳥の巣になり、ワイヤーでつられた女の子が凧を揚げる。

鳥の巣から四方にLEDを消灯しながら散っていく。

こうして第一部が終了かと思えば、まだまだ続く。

太極拳のバックの映像はLEDではなく、スクリーンに投影。

子供の授業風景のひとコマ。

周りを2008人の白装束の太極拳士が巨大な円で取り囲む。

子供たちが描いた絵がまた宙吊りに。

2人の宇宙飛行士が空から降りてきた。

巻き絵の中央部の口か開き、下から地球が出てきた。周りを54人がワイヤーを付けて地球の周りを走り回る。

地球儀のてっぺんでは中国を代表する男性歌手とソプラノ歌手が登場。「ユーアンドミー」を熱唱。

グランドでは子供たちの笑顔の傘が一斉に開く。

そして、とんでもない数の花火が打ち上がる。

これで、やっと第一部の終了。

入場行進は204カ国、過去最多の参加国があったため、これが時間がかかる、かかる。

入場順は漢字の画数の少ない順。

ここで、気になったのがトラックを取り囲む、小川ローザの「OH、モーレツ」を思い出させる白いミニのワンピースに白いキャップ、白いブーツの女の子たち。北朝鮮の喜び組みのようにずっと踊り続けている。

入場するだけで2時間近くかかったが、その間、手を振りステップを刻みながら踊り続けている。蒸し暑い中、汗だくでさぞかし疲れたことだろう。

東京オリンピック当時のような整然とした行進をする国はどこにもない。ダラダラ歩く。ケータイをかけながら登場する選手も。リラックスしすぎだろう。

ブッシュ大統領はスーツ姿で自国選手に手を振る。その後ろにはワイシャツ姿の福田首相の姿。

金正日がサプライズ登場することはなかった。

クライマックスは最後まで極秘だった聖火点灯。

最終ランナーはランナーでも宙吊りとなった。鳥の巣の屋根部分の円周に取り付けられてLED部分を走るような形で1周して、導火線から点火。あまり印象深い点火とはいえなかった。

4時間に亘る開会式をライブで見ていたが、さすがに4時間は長い。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-08-09 08:24 | スポーツネタ
政治とは「国民を守り、国益を追求すること」。

櫻井よしこ女史のことばが改めて思い起こされる。

「安全実現内閣」「国民目線」を謳った福田2次内閣の看板が早くも揺らいでいる。新しい組閣でご祝儀相場で支持率は上がったが反落することは必至。

高村外務大臣は、毒餃子事件で1ヵ月近くも公表しなかったことに対して「中国側の要請」であったことを認めた。

今、発表すると「捜査に支障をきたす」というのがその理由だが、福田内閣は日本国民の安全よりも中国の要請を優先したことになる。

どっちを向いて政治をしてる。

何が「国民目線」かと突っ込みどころ満載内閣だ。

福田首相の父親である赳夫氏は、康夫に政治家としての素質がないことを見抜いてサラリーマンにさせたほど。

首相には一番なってはいけない人物が日本丸の舵を取っているわけだから危なっかしい。

北京オリンピックの開会式に出席するために、訪中する福田首相は胡錦濤主席との首脳会談の席で餃子問題について「いうと思いますよ」と他人事のよう。

「思いますよ」とはなんだ。

「びしっと釘を刺しておきますから安心してください」ぐらいのことがいえないのか。

「中国側の努力を期待します」
これでは外交はできない。

実に弱々しく、頼りない。

こんなことで「安全内閣実現」ができるわけもない。

ところで、毒を仕込んだのは中国側であることが明かになった背景が面白い。

笑い話しになる。

中国人は会社のものも自分のもの、とばかりに平気で会社のものを盗む。

知り合いの社長が上海に事務所を構えている。出張用にアパートをかりているのだが、たまに行くと部屋の蛍光灯がなくなっている、という。

蛍光灯とは実にばれやすいものまで平気で盗む。メイドが自宅に持ち帰るらしい。

今回、回収された毒餃子がなぜ市場に出回ったのか不思議だったが、勝手になんでも盗む国民性からすればなんら不思議ではない。

この工場でも肉を従業員が無断で持ち帰ることはこれまでにもあったようだし。

オリンピックが終われば再び中国は居直りそうだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-08-08 07:54 | 社会ネタ
押せば引く。

中国は日本外交の攻略方法をよく研究している。

天洋食品の毒餃子事件でも「中国側で混入した形跡はない」と強くいわれると日本はこの事件をうやむやにしてしまった。

胡錦涛中国国家主席の訪日を熱烈歓迎するために。

やはり、櫻井よしこ女史が指摘しているように福田首相は「お父さんの代から中国が大好き」のようだ。

まさに、中国外交の弱腰ぶりの象徴ともいえる事件が、北京オリンピックを2日後に控え明かとなった。

読売新聞のスクープだ。

中国国内で回収した天洋食品の毒入り餃子を食べた中国人が、6月にメタミドホスの中毒症状にかかっていることが明かとなった。

これで、中国国内で毒が混入したことが確定したようなもの。

しかも、この件は洞爺湖サミットの首脳会談の直前に中国側から伝えられている、というのに日本政府からは何の発表もなし。

サミットを平穏に終わらせたい?

外務省、福田政権の弱腰ぶりが丸裸になった。

選手村の食事を美味しい、美味しい、とぱくついている北島康介は注意したほうがいい。

中国は信用ならない国であることを再認識させられたわけで、テロの危険に加え、前からいわれていた食の安全も考えるとやっぱり、中国へは近寄らないことが一番安全だ。

地対空ミサイルまで配備しなければならないオリンピックはオリンピックではない。

平和の祭典ではなく、テロの祭典だ。

福田首相が中国に気を遣って靖国神社に参拝しないのは昔からのようだが、ここは思想を変えて、神社に参拝して骨のあるところを示したらどうだ。

中国の国益ばかりを考える政治家は政治家の資格なし。

売国奴の烙印を押されることになる。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-08-06 07:48 | 社会ネタ
中国・昆明で起こった連続バス爆破テロは予想通り、ウイグル人系イスラム過激派による犯行だった。

中国とアメリカがテロ組織として認定している「東トルキスタン・イスラム運動」と同一組織と思われる「トルキスタン・イスラム党」が犯行に関与していた声明を出した。

チベットと同じく中国からの独立を訴え続けている東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)。中国政府が一番警戒しているのは、実は仏教徒のチベット族ではなくイスラム教徒のウイグル族だ。

新中国が成立される前に、東トルキスタン共和国として独立宣言したこともあったが、鎮圧されてきた歴史がある。

中国共産党支配下でイスラム教が弾圧されたり、自治区といいながらも実質漢民族支配したり計画育成の元に強制中絶が行われたり、中国国内の核実験の大半は当地で行われており、その数は44回にも及ぶ。周辺地域では放射能汚染で多数の犠牲者が出ている。

アメリカの9.11同時多発テロを契機に中国政府は「東トルキスタン・イスラム運動」をアルカイーダとつながっているテロ組織と認定するとともに、イスラム教徒の独立運動を警戒している。

これに対して「東トルキスタン・イスラム運動」は、2005年、トルコで北京オリンピックと上海万博阻止を表明している。

両民族とも全世界が注目する北京オリンピックを独立運動を世界にアピールする千載一遇のチャンスと捉えているが、過激さではチベットの比ではない。

こうして今まで独立問題をまったく知らなかった自分までが関心を示した、ということでも効果があった、ということだ。

トルキスタン・イスラム党にすれば、バス爆破はほんの前菜で、メインディッシュはオリンピックの主要施設を爆破することが最終目的のようだ。

中国政府もこれを脅しとは取っていない。

過去のオリンピックでテロなどを警戒して、最高の警備体制を敷いたのが先のアテネオリンピックでその数は8万人だったが、北京は50万人だという。

イスラム過激派はジハードという名の下にそれを実行するから恐ろしい。

9.11を彷彿とさせるかのように、旅客機が鳥の巣に突っ込むとでもいうのか?

選手も命がけのオリンピックの様相を呈してきた。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-07-27 10:11 | 海外ネタ
中国・雲南省昆明市。

まず、思い浮かぶのが女子マラソン選手が高地合宿に使っている町。当地で朝の通勤バス2台に仕掛けられた爆弾が相次いで爆発し、乗客2名が死亡した。

連続バス爆発テロだ。

北京から昆明までは2200キロも離れている。

日本でいえば、北海道が北京とすれば、昆明は沖縄ぐらい離れている。

中国政府が最も恐れているのは、チベット人ではない。彼らは 元々仏教徒なので過激な破壊活動は行わない。

北京オリンピックをテロによって妨害しようとしているウイグル人だ。

彼らは闘うイルラム教徒で、これまでにも多数のウイグル人が拘束されているようだ。

これまでにも、飛行機を爆破しようとしたウイグル人の実行犯が逮捕されている。

北京オリンピックに関して、大気汚染や食の安全が懸念されていたが、本番を控えて遂にテロの脅威が実行されてしまった。

テロなんていつどんな形で起こるかは、一般人には予測もつかない。

危ないところには近づかないのが賢明。

君子危うきに近寄らず。

これで、海外からの観光客も多少は減るものと思われる。

競技でテロに狙われるとしたら、可能性が高いのはマラソン。

中国ならお得意の人海戦術で沿道すべてを人民解放軍で人の壁を二重三重に作ってしまいそうだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-07-22 07:45 | 海外ネタ
人間は忘れることができるからいい面もあるのかも知れないが、チベット問題は怒りの記憶からも忘れ去られてしまった。

チベット暴動が何月で、四川大地震が何月だったかも忘れている。

アメリカのブッシュ大統領が北京オリンピックの開会式へ出席することを表明するや、福田首相も追従するかのように出席することを正式に表明した。

それを聞いて「どうぞご自由に」。

チベット動乱の最中ならば、中国にオリンピックを開催する資格はない!福田首相は開会式はボイコットすべきだ、といきりたっていた。

その後につづく四川大地震。

世界の批判をかわし同情を集めるために、人工的に地震を起こしたのではないかと思われるほど絶妙のタイミングだったが、北京オリンピックボイコット運動熱が急速に冷めて行ったことは確かだ。

それよりも、自分達の足元が揺らいでいる。

原油の高騰によりガソリンの値段は跳ね上がり、リッター200円時代もすぐそこまで来ている。

元々車を利用する頻度は少なかった。

子供3人が相次いで自動車免許を取ったために、車を維持していたが、最近の子供は車にあまり興味がないようで、しばらくすると乗らなくなった。

そんなこともあって、ガソリン代の高騰も手伝って、20年以上所持していた車をついに手放した。

原油高のために運搬コストが上がりあらゆるもにの値上げラッシュ。

中国を叩いている場合ではなくなった。

人の噂も75日。

そして、北京オリンピックは何もなかったように開幕?


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-07-07 07:55 | 海外ネタ

中国人と日本人気質

中国は賄賂の世界でもある。

法律を犯してもカネで大抵のことはかたが付くともいわれているほど、中国の役人は腐敗している。

原因は給料が安いため、賄賂が貴重な収入源になっている、という説もあるほど。中国人は賄賂で片を付ける役人に対して日頃から不満を抱えている。

それが一気に爆発したのが、中国貴州省甕安県で起こった市民数万人による暴動だろう。公安局の建物や車両などが焼き討ちにあい、警官が発砲して住民一人が死亡した。

発端は15歳の少女が強姦されて殺された事件で、容疑者を逮捕しながら翌日に保釈。そのうちの一人が公安幹部の息子が含まれていたことがネットで広まったことから大規模な抗議活動となった。

それに控え、日本人はおとなしい。

またしても、年金記録問題が浮上。86年に手書き台帳からコンピュータに入力する時の転記ミスで500~600万件が原本と一致しないという。当時のニュース映像が流れていたが、コンピュータに不慣れな中年のおやじがキーボードと格闘していた。

入力ミスはよくあることだが、おそらく校正していないからこんなことになる。

一人の少女の死因究明を巡って数万人の暴動になる中国に対して、今回の転記ミスについても日本人は笑ってしょうがないね、とあきれるだけ。

いつから日本人は怒ることを忘れてしまったんだろう。

団塊の世代の学生運動までか。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-06-30 07:49 | 海外ネタ
北京オリンピックのマスコットと中国で起こっている数々の事件を「福娃の呪い」との風評が中国国内で流れている。

b0017844_7275534.jpg


おさらいすると、こうだ。

中国情報局より。
青海省やチベット自治区に住むチベットカモシカをモチーフにした迎迎(インイン)は、チベットの動乱を、パンダをモチーフにした晶晶(ジンジン)は四川大地震を、敦煌の壁画の炎をモチーフにした迎迎(インイン)は聖火リレーでの混乱を暗示するという。また、燕をイメージする〓〓(ニイニイ、〓は女へんに「尼」)は、山東省ウェイ坊市(ウェイはさんずいに「維」)が鳶都と呼ばれることから、同省で4月28日に発生して70人以上が死亡した列車の衝突事故と関係しているという。
残る「貝貝(ベイベイ)」は、公式には伝統的なデザインにみられる魚をモチーフにしているとされるが、長江に住み絶滅が危惧されているカラチョウザメにヒントを得たとの見方があることから「次は、長江流域で何かが起こる」とささやく人もいる。


コラムニストの勝谷誠彦は魚から関連して水に関することが起きる、と指摘すると共に、胡錦涛国家首席の失脚を予想した。

理由は名前にサンズイ偏がついているから。

その予想とは違った形で、水にまつわる災害が実際に起こってしまった。5月末から降り続いた大雨により、広東省辺りの地域で、大規模な洪水が発生。死者、行方不明者は200人以上、被災者は3800万人に達している、という。まさに、これが貝貝の呪いか。

マスコットの呪いが一巡したところで、これで終結するのか、はたまた最後は大ドンデン返しが待っているのか、いずれにしても北京オリンピックは、始まりから終りまで目が離せない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-06-17 07:42 | 海外ネタ
四川大地震の復興に向け、自衛隊機が毛布やテントなどの物資運搬用に中国へ飛ぶことになりそうだ。

中国側の要請を受けたものだが、自力では復旧が極めて困難。本来はオリンピックどころではない事態の深刻さが伺える。

今は土砂崩れによって川がせき止められ、ダム湖の決壊が問題視されているが、最も重要な核施設の破壊に関しては「安全宣言」を出しているが、中国当局の発表ほど信頼できないものはない。

加えてチベットの被害もまったく報道されない。

2人の未来予言者が北京オリンピックは中止になると予言している。

中止へのトリガーは核施設の崩壊による放射能汚染の深刻化というのはどうだ。

大気汚染や食の安全の比ではない。

逆に自衛隊に放射能漏れを調査させて、第三者の目で安全宣言を出すぐらいのことをした方が、開かれた中国をアピールできるというもの。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-05-29 07:47 | 海外ネタ
中国・四川大地震の映像の中で、日本人には非常にショッキングなシーンが流れた。

ビニールにくるまれた大量の遺体が、深く掘られた穴に埋葬されて行く。人という感覚がない。海岸に打ち上げられた大量のイルカの死体を海岸に穴を掘って埋めていたニュース映像を見たことがあるが、それと同じ感覚だ。

中国4000年の歴史で土葬信仰がある中国では、これが普通のことのようだ。毛東沢の時代から火葬を推進しているが、それでも火葬は30%ぐらいに止まっているともいわれている。

チベットやインドでは遺体を野に置いて鳥についばませる鳥葬があったり、シベリアでは山林や樹上にさらしておく風葬などがあるようだが、今回のように災害で大量に遺体が出た場合は土葬が効率的といえば、効率的。

それは、さておき、四川大地震のエントリーで、地震発生から24時間も経っていないうちに、死者の数を1万人近く把握していたことに疑問を呈していたが、その回答を朝日が今朝の2面で「被災者の数どう把握?」と取り上げていた。

それによると、被災者の数は省内の対策本部で各地からの報告を集計している。
分類は、
①死者
②生き埋め
③行方不明
④救出され治療中
の4つ。

日本でいえば町内会で家族数や勤務先、学校などをすべて把握しているために、そのデータから割り出しているようだ。

死者数は遺体を数えるので間違いないようだが、学校や工場の生き埋めに関しては、在校生や勤務している人数から生存数を差し引いて、推計している。

行方不明はそのほかの場所にいて連絡が取れない人。

中国からの要請を受けて、日本から災害救援隊が派遣されたが、30人ほどの人数で72時間以上も経過した後では何の役にもたたない。

強いていえば、最新のファイバースコープを使った捜索などの実地訓練になるぐらいで人命救助にはほど遠い。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-05-17 08:34 | 海外ネタ