日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

キスいやの限界

紳助が司会の「キスいや」を降板後初めて見た。
誰が、スタジオで出演者をいじるのか、と期待して見ていたのだが、最後まで出演者のビデオ紹介で終始。完全に構成を変えていた。

元々は深夜帯でスタート。
紳助の素人いじりの面白さでゴールデンへ昇格した番組だけに、紳助の復帰のメドがたたない今、次の番組改編では確実に終わる番組、という印象を受けた。

こうして、紳助のレギュラー番組は改編のたびごとに消えていく運命になるのだろうか。やっさんのようにブチ切れ暴力キャラで売っていたら、謹慎後の復帰もスムーズだが、弱いものいじめを笑いにしていた紳助のキャラでは、復帰はそう簡単にはいかない。
[PR]
# by tetorayade | 2004-11-22 22:00 | 社会ネタ | Comments(0)

弟よ

5夜連続の最終日。ところどころ観てきた。
裕次郎が52歳で亡くなったいたことを再認識する最終回でもある。

若い。

大スターといわれても、裕次郎世代ではないのでピンとこなかったが、裕次郎が亡くなった、その年まで手の届くところへ来たことに時の歳月を感じる。

早死にはやはり、働きすぎ、不摂生な生活に加え、酒の飲みすぎだろうか。

豪快な遊びをした分、命と引き換えにしていたんだろうな。
[PR]
# by tetorayade | 2004-11-21 22:11 | 社会ネタ | Comments(0)

千葉真子、まさかの4位

去年の東京国際女子マラソンを再生しているかのようなレース展開だった。

日本人で注目を浴びているのは千葉1人。前半は期待に応える走りで、折り返し地点では観衆に手を振り、笑顔を見せる余裕を感じさせた。

30キロ過ぎてからは去年の覇者アレムとの一騎打ち。去年高橋が抜き去られた39キロ地点の上り坂でも一進一退の攻防を見せ、優勝の予感すら感じさせた。

それもつかの間。40キロ手前でアレムに引き離される。後ろからはイタリアのブルーナ・ジェノベーゼがものすごい勢いで追い上げてくる。

あっという間に抜き去られる。その勢いでアレムもパス。

それでもスピードの落ちてきたアレムを追走。競技場入り口で捉えたものの、さらに4番手で追い上げてきた嶋原清子に並ばれ、競技場のトラックでこの3人の2位争いとなったが、猛追してきた嶋原がそのまま逃げ切り2位に入り込む健闘を見せた。

トラックでのスピードがある千葉だが、余力はどこにも残っていなかった。疲れているアレムをそれ以上追い上げることはできず、まさかの4位。

日本人1位は確実で来年の国際陸上の切符を楽勝モノで手に入れたかに思えたが、ゴールテープを切るまでは何が起こるか分からない、ということを今日のレースが教えてくれた。

小出監督門下生、東京女子でまさかの2連敗、となった。

優勝候補最右翼、国際陸上も確実視。
千葉は今頃去年の高橋と同じ気持ちをかみしめていることだろう。
[PR]
# by tetorayade | 2004-11-21 15:21 | スポーツネタ | Comments(0)
ペースメーカーがいきなりの飛び出しで、ペースメーカーになっていない。

国内の女子マラソンでは初のペースメーカーの採用だが、ペースメーカーに引っ張られることもなく、有力選手は一団となってペースを刻んでいる。

意味ないじゃん。

とここまで書いたら、ペースを落として集団の先頭を走ってはいるが。

また、飛び出している。

解説の増田も「下手ですね」とバッサリ。

ペースメーカーは記録狙いが目的のはずだが、ラップタイムが変わりすぎで、これでは選手が走りにくい。
[PR]
# by tetorayade | 2004-11-21 12:28 | スポーツネタ | Comments(0)

曙の6連敗決定!?

大晦日の格闘技番組で曙がホイス・グレイシーと対戦することになった。

興味は大いにそそられるが、グレーシー相手に試合になるのか? と心配になる。
K1では5連敗中。いつの間にそんなに試合してたのか。

今回はK1ルールではないので、これまで禁手となっていた相撲技が使えるので、勝算がこれまでよりもあるという。

張り手や突っ張り、四股にテッポウ。
グレーシーにどこまで通用するやら。

負けが分かっていても視聴率が稼げる曙は、格闘界の客寄せパンダで終わってしまうのだろうな。
[PR]
# by tetorayade | 2004-11-21 11:38 | スポーツネタ | Comments(0)

高橋尚子の賞味期限

来年1月の大阪か3月の名古屋で走る予定だった高橋尚子が、骨折で出場できなくなった。全治6~8週間。間に合いそうもない。

来年8月の世界選手権の出場権を獲得するためには、どっちかで走って勝たないと出られないわけで、世界選手権は絶望視されている。

32歳の高橋はアテネ五輪を逃して以来、つきに見放された感がある。去年の東京の走りは高橋の限界を印象付けた。女子ランナーは男子に比べるといささか寿命は長いかもしれないが、次の北京では36歳。

走りすぎによる疲労骨折で肋骨を折ったこともあった。

2000年のシドニーがやはりピークだったのか?

それなら賞味期限はとっくに過ぎている。

野口みずき、というニューヒロインも登場して、日本のマラソン陣の選手層は厚い。スポーツ選手なら誰もが避けては通れない「引退」の2文字。

北京まで体が持つのか心配だ。
[PR]
# by tetorayade | 2004-11-21 09:00 | スポーツネタ | Comments(0)

キムチ焼きそば

お好み焼きの分で手一杯。焼きそば分のキャベツを切り忘れて、材料は豚肉ともやし。これでは野菜が足りないので、冷蔵庫の中にあったキムチを入れてみることにした。

豚肉を炒め、次にもやしとキムチを入れる。こりゃ、完全に豚キムチ状態である。
ここでそばを入れ、オタフクソースを絡める。

キムチとソースのコラボレートやいかに?

恐る恐る口に運ぶ。

これが、旨い。

キムチの味はソースでかなり殺されているものの、違和感はまるでない。キムチの味がソースをさらに濃厚な味に変える。カプサイシンパワーか、お好み焼きを2枚食べた後だったが、焼きそばWを完食してしまった。
[PR]
# by tetorayade | 2004-11-20 22:22 | 私的ネタ | Comments(0)

カツノリの存在価値

野村監督の息子、という程度の知名度しかないカツノリが、巨人を戦力外になって楽天入りしたそうな。

監督が阪神時代に阪神にいたことはなんとなく知っていたが、巨人に移籍していたことは記憶のかなたからも消えていた。

トライアウトでホームランをかっ飛ばしたことが、合格の決め手になったとはいえ、各球団のお払い箱組ばかりではないか。

かといって高校出のルーキーを育てていく余裕もなく、優勝戦線に加われるようになるのは何年後か?

それまでに東北県民に見捨てられないこと。

岩隈が希望通りに来れれば、投手陣の厚みが増すのだが。
[PR]
# by tetorayade | 2004-11-20 21:34 | スポーツネタ | Comments(8)
日ハムが札幌へ移転したことで経済効果を試算していたが、当初の予測を大幅に上回っている。例えば全体の効果を138億と弾いていたが、いざ、フタを開けてみると200億に跳ね上がったそうな。

それを新庄効果、と呼ぶ。

新庄だけで40億のお金を生み出した、と試算している。

観客動員はもちろんのこと、新庄が「旨い」といっただけで北海しゃぶしゃぶは、1日の売上が50万から100万へ倍増。ススキノのホストクラブのホストは新庄ヘアを真似して1万8000円のパーマヘアが流行っている。

ダルビッシュも華のある男に新庄に憧れて日ハム入団を決めたともいわれている。

年俸8000万。野球選手としてはそんなに高額ではない。
野球の成績も今年は大活躍。球団は野球成績以外に特別ボーナスとして、10億ぐらい出してもいいぐらいだ。

新庄ならその金の使い道で、世間を絶対アッ、と言わせるようなことをするはずだ。


日ハムはさらに観客動員を伸ばすことは間違いない。
[PR]
# by tetorayade | 2004-11-20 11:08 | スポーツネタ | Comments(0)

ANAとマクド

1年ぶりに飛行機に乗った。色々気づくことが多かった。まず、搭乗検査。いつも以上に長蛇の列。財布やパソコンはかばんから出せ、という。ゲートに引っかかった人は靴まで脱いで検査させられている。

次にJALの尾翼のマークが変わっているではないか。鶴から日の丸の赤丸のデフォルメへ?

乗るのはいつもANA。
うれしいサービスをやってくれている。搭乗券の半券2枚でビッグマックと交換してくれる。シートのポケットに入れている専用台紙に貼り付けるのだが、それを持ち帰る人がほとんどいないように見えた。
[PR]
# by tetorayade | 2004-11-20 08:34 | 私的ネタ | Comments(2)