日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
知り合いの女性社長が取材商法の食い物にされている。

本人はそれに全く気付いていない。

フェイスブックで最近立て続けに取材の申し込みが続いている、と嬉しい悲鳴を記していたが、後日、その実態が分かった。

俳優の野村将希との対談だったことを報告していたが、これでピンときた。


b0017844_09180296.png


昔からカネを持っていそうな社長が狙い撃ちされていた。

取材される側なのに、取材協力費という名目かなんかでおカネを支払わなければいけないのだ。

で、確信に変わったのが、「覚悟の瞬間」というテレビ番組のようなインタビュー取材を受けたことを嬉々として報告していたこと。

「覚悟の瞬間」で検索するとやはり、黒い噂が上がっていた。

起業家を食い物にする取材商法、と。


b0017844_09183236.png


そのことを本人は知らないが、知らせると本人の落胆ぶりも想像できるので、言い出せない。

[PR]
# by tetorayade | 2018-10-07 00:01 | 社会ネタ | Comments(1)
ビトンの留め金修理の続報である。

正規のルートで出すと留め金修理だけで9000円という超高額なために、躊躇していた。

町のカバン修理屋へ行くと3000円という店舗もあった。

もうちょっと当たってみたのがこの店。


b0017844_08483387.jpg

ビトンというだけで、「うちでは出来ません」と即答。

専用パーツは求めていないのに、不可解。

正規ルートの特徴は以下の通り。

  • ・純正パーツで修理できる
  • ・修理料金は高額になる場合が多い
  • ・見積もりまでに通常1~2週間かかる
  • ・修理納期は長いので注意が必要


一方カバン修理専門店は

  • ・純正パーツではなく似寄りのパーツでの修理になる
  • ・修理料金はメーカー修理よりもかなり安い
  • ・修理納期は約3週間と早い
  • ・メーカー修理で断られた修理も対応可能な場合が多い
  • ・パーツカスタムも対応が可能

留め金は高くても200円まで。

これにブランド正規品となると付加価値で値段が何十倍にも跳ね上がる。

これがブランド商法の神髄。



[PR]
# by tetorayade | 2018-10-06 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
55歳で自然妊娠、初産で無事出産したら日本最高齢出産記録になるはずだった例のカップル。

悲しみは突然に訪れた。

「流産した」という知らせが届いた。

女性の方は羊水検査で異常があっても産む覚悟を決めていた、というように落胆ぶりは計り知れない。

同窓会で再開して、離婚した者同士と言うことでその夜に関係を持ち、これまでに数十回はやっていた、というからそれだけでも驚かされる。

その時点では結婚なんか考えていなかったが、妊娠したことで籍を入れることを考えていた男の方は、流産したことで冷静になってきた様子。

続報が入るかどうか分からないが、まずは、最高齢出産がなくなった、というお知らせでした。



[PR]
# by tetorayade | 2018-10-05 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
西日本各地をツーリングしていると、山の上の方に巨大風車を設置している光景をよく見かける。

先日、青山高原へ行ったときも、1基もプロペラが回っていない。回っているのを見かけることは稀だ。

プロペラが巨大すぎて少々の風では回らないのだろうが、なんか風力発電の無駄を常々感じていた。

ところが、鳥取・北条砂丘発電は違った。

日本海から吹き荒れるような風を受けて、9基のプロペラが元気よく回っているではないか。


b0017844_10421704.jpg
感動すら覚え、思わずバイクを止めて撮影したほどだ。

ただ、動画ではないので回っている様子は分からないのが残念。

で、気になって調べてみると、風力発電のプロペラが回らないことが問題視されていた。

風力発電を設置するのは自治体が多く、国からの補助金が出るのと、観光のモニュメント的に設置したケースが少なくなかった。

やっぱりというか、風力発電装置を売りたい業者が一番得をした、ということ。

多くの自治体が赤字で、故障も多く、撤去するにも費用がかかりうまく行っていないケースの方が多かった。

風力発電詐欺ビジネスだった。

[PR]
# by tetorayade | 2018-10-04 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
ライダースカフェは経営が難しい。よほどおカネに余裕があって趣味程度でやるぐらいの覚悟が必要だという。

なぜ、ライダースカフェは難しいのかというと、ライダースカフェを謳うと一般のお客が寄り付かなくなる。店としたら大勢のお客が来た方がいいが一般客は雰囲気を嫌がる。

ここからは弱点。

ライダーは雨の日は来ない。

ライダーは夏の暑い日は来ない。

ライダーは冬の寒い日は来ない。

さらに、ライダースカフェの泣き所は、アルコールが提供できないので客単価が想いの他上がらないこと。

よほど食事を充実させないことには、コーヒー1杯ではどれだけ客が来てもたいした儲けにならない。

1日30人来て、客単価500円なら1万5000円。

むしろ、秘境の地でラーメン屋をやっているほうが、よっぽどまし。

話題になれば、ライダーはツーリングがてらに全国から来るだけでなく、車客も来る。

限定50食で1000円のラーメンなら開店から1~2時間で売り切れになる。毎日5万円は確実に売り上げられる。

行ったことのあるライダースカフェが2軒も相次いで潰れた。





[PR]
# by tetorayade | 2018-10-03 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
ビトンは高級ブランドだが、修理代もお高級という話だ。


写真のビトンのサイドの留め金が壊れた。


b0017844_13275023.jpg

b0017844_13291622.jpg

b0017844_13290191.jpg
で、高島屋のビトンへ修理を依頼するために持って行った。

値段を聞いてたまげた!

留め金1個付けるだけで9000円也。

しかも、修理に要する期間は2カ月と聞いて二度ビックリ。

何をどうしたらそんな値段になる。

留め金はマークは入っているにせよ、数百円のものだろう。

手間賃もそんなにかかるような修理でもない。

10万円で買ったバッグの留め金修理が価格の1割もすることに納得いかない様子だった。

それを考えたらバイクのステップ交換修理が1万円もした時は高いと思ったが、留め金の修理に比べたら妥当に思えてきた。

[PR]
# by tetorayade | 2018-10-02 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
前半と後半が全く別物。後半になればなるほどグダグダだった「半分、青い」。やはり視聴者が釘付けになったのは秋風ハウスまでだった。

スピンオフドラマは秋風ハウス物語で決定だろう。

なぜなら、秋風羽織役の豊川悦治が「この5人とまたやりたい」とスピンオフには非常に意欲的だった、という話が伝わって来た。


b0017844_08522658.jpg
秋風ハウスには後2人、中年の男女がいたが、その辺も出てくるかもしれない。

秋風ハウスから皆が旅立つときのシーンがこれだが、ここにもその思い入れがある。


b0017844_08522682.jpg

台本にはなかったが、豊悦の発案でこの絵に涙と旅立つ鳥を3羽描いた。

この時描いた3羽の鳥が最終回のシーンで出てきた。

それほど、思い入れがあった秋風ハウス編だった。

視聴者も秋もっちゃんが出てくることを期待している。

[PR]
# by tetorayade | 2018-10-01 00:01 | テレビネタ | Comments(0)
車の後ろのワイパーにゴミ袋を引っかけているケースを稀に見かけることがある。

そこでこんなこんな質問が来た。

「あのゴミ袋の中身はなんでしょう?」

ゴミ袋だからゴミに決まっているじゃないか、と思うがこれでは正解とはならない。

たまに左のミラーにゴミ袋を引っかけてこともあるようだが、ヒントは「ペット」。

そう、あれは、ペットのウンコ。車の中に入れるのが嫌で、ワイパーに引っかけたりする。

後のワイパーにゴミ袋を引っかけて走っていた車を不審に思った白バイが止めた。

当然、ゴミ袋の中身のことを聞かれ、白バイ隊員は犬のウンコを拝んだ、とさ。

[PR]
# by tetorayade | 2018-09-30 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
カジノを誘致した自治体は10年、15年後には後悔する、という。

理由は依存症が増えるからで、特に大阪はその傾向が強い。税収以上にそっちの方が問題になる、というのだが、にわかには信じられない。

海外オペレーターは日本人をカジノ依存症にしようと様々な方策を練っている。

競馬、競艇客を奪うために、リアルな競馬、ボートレースを巨大な装置によって再現しようとしている。パチンコ客どころか、公営競技の客まで根こそぎかっさらうつもりだ。

ギャンブル依存症が増えれば犯罪も増える。大阪は治安の悪い町として、世界に発信される…。

でも、日本人はマイナンバーカードによって入場規制がかけられるので、依存症はそんなに増えないと思うが、甘いか?



[PR]
# by tetorayade | 2018-09-29 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
50を過ぎても売れない漫画家がいた。

漫画家だから絵が上手なのは当たり前だが、絵がうまいだけでは漫画は売れない。

起死回生を狙って考えたのが自分のアイデアをパチンコメーカーに売る事だった。

テーマは大相撲。貴乃花部屋をモチーフにした漫画のストーリーを考え、それをパチンコに採用してもらおうと考えた。

力士が8人いるので、それぞれに数字をつけたり、弟子が横綱になって行くストーリーだった。

自分の漫画が採用されたパチンコ台のデビューを夢見て胸を膨らませた。

その矢先に、貴乃花が引退を発表して、夢は木っ端みじんに砕け散った。



[PR]
# by tetorayade | 2018-09-28 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)