日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
NHK職員は終盤戦に入った「半分、青い」に怒っている。

週末の居酒屋で話題は律の管理能力がない、という話になった。

「大事な試作品を置いている部屋に鍵もかけないのはあり得ない!」「パスワードも簡単に盗まれ過ぎ」「盗んだ試作品を大手メーカーに持って行くわけがない」「北川悦吏子は社会の仕組みを知らない」と口角泡を飛ばす。

それも津曲が投資家を集めるための新製品発表会へとつながるのだが、NHK職員の間ではすこぶる評判が悪い。


b0017844_08330867.jpg

上京して、漫画家のタマゴ時代が面白過ぎたために、後半のグダグダ展開が気に入らないようだ。

しかも、北川悦吏子はドラマの中で3人の盗人を出した。

最初はボクテ、次に元住吉監督、最後は津曲。朝ドラに盗人出し過ぎというのも気に入らないようだ。



[PR]
# by tetorayade | 2018-09-23 00:01 | テレビネタ | Comments(0)

妊活中の剛力彩芽

剛力彩芽の結婚が大きく前進している、という。

理由は社交界にデビューするにはやはり奥さんの存在が非常に大きくなる。いるといないでは評価が違う。

しかも、剛力彩芽は女優なので利用価値も高い。

剛力彩芽は前澤社長との結婚に向けて、いいお嫁さんになれるように、料理なども相当勉強しているようだ。

一番の努力は妊娠だ。

子供さえできれば、もうこっちのもの。

妊娠が早いか、結婚発表が早いか。

ただ、籍を入れない前澤社長。

フランス流に事実婚か?



[PR]
# by tetorayade | 2018-09-22 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)
香取慎吾が初の個展をフランスで開いて話題になっている。

その模様が現地フランスに住む日本人から送られてきた。



b0017844_11242901.jpg


ニュース映像でもこのアングルの写真が使われているが、来場者の大半は日本人だという。

まだまだフランスでは香取慎吾の知名度は低いが、初の個展をフランスで開催したことに意味があるのだろう。

フランス人は、世界は香取慎吾の才能をどう評価するのか?


b0017844_11243035.jpg

[PR]
# by tetorayade | 2018-09-21 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)
アメリカと中国の貿易戦争が始まろうとしている。

アメリカの輸出額は中国の半分もないので、勝利したようなもの。

なぜ、トランプ大統領は貿易戦争を仕掛けたかというと、中国の元が基軸通貨の仲間入りをしようとしていることが、気に入らないようだ。基軸通貨はあくまでもアメリカ$だと。

そこで貿易戦争を仕掛けて中国元を大暴落させることが狙いである。

これに危機感を持っているのが韓国ウォンだ。

トランプ大統領は北朝鮮にすり寄っている韓国が気に入らないようだ。今回の南北首脳会談に韓国財閥経営者を帯同させて、北朝鮮に投資するジェスチャーもトランプはおかんむり。

「文、経済制裁はどないすんねん!」

中国元に引きずられるように韓国ウォンも暴落させる魂胆のようだ。

これに危機感を持っているのが在日ホール経営者。

韓国へ投資している経営者も少なくなく、日本のホール経営もダメ、韓国投資もダメとなればWで影響は大きい。

通貨危機を感じている韓国は日本にスワップを求めているが、慰安婦問題ではあれだけ日本のことを無視し続けてきた安倍政権は、これに応じるつもりはない。

それでよし。





[PR]
# by tetorayade | 2018-09-20 00:01 | 海外ネタ | Comments(0)
御坊のせち焼きを食べる目的で向かった和歌山ツーリング。食後の後半戦は十津川を目指す長旅となった。


b0017844_17181260.jpg

十津川に向かうには和歌山の本宮を目指さなければならない。山道をひたすら走り続けていると目に飛び込んできたのが赤いつり橋。急きょバイクを止め渡ってみることに。


b0017844_17170188.jpg
b0017844_17183714.jpg
b0017844_17180286.jpg

b0017844_17170179.jpg
ヤッホーポイントが気になったが行っている時間はないので、渡って次を急いだ。


b0017844_17183592.jpg

本宮を目指して十津川に向かう途中、熊野大社を通過。観光はパス。そのまま走り続けていると滝を発見。


b0017844_17171639.jpg
ここで簡単に撮影して、さらに十津川へと北上する。


目指したのはもちろん、谷瀬のつり橋。

b0017844_17173164.jpg
これがいつもい以上に揺れ、日本一怖いつり橋である。


b0017844_17183698.jpg
3連休の谷間。ツーリング日和で駐輪場もご覧の通り満車状態。


b0017844_17175116.jpg
走行距離400キロのソローツーだった。

[PR]
# by tetorayade | 2018-09-19 00:01 | 私的ネタ | Comments(0)
御坊市にあるせち焼きの山下へ。


b0017844_09321476.jpg

到着したのは11時半過ぎ。

すでに店内は満席。


b0017844_09321430.jpg

ここのお好みの焼き方が変わっている。まず、焼きそば状態にしてから、つなぎのタマゴを入れてお好み焼きの形にしていく。


b0017844_09321584.jpg
まず、肉や魚介と野菜を炒める。


そこに焼きそばを落とす。


b0017844_09322641.jpg
ソースをかけて焼きそばに。


b0017844_09322655.jpg

ここからがせち焼きの真骨頂が始まる。


b0017844_09322698.jpg
一人前なのでタマゴは2個。これを3人前、4人前作る時はタマゴが6個、8個となる。

タマゴを焼きそばで混ぜる。小麦粉の代わりにタマゴがつなぎの役目を果たす。


b0017844_09322665.jpg

待つこと7~8分。形になってきた。


b0017844_09322745.jpg

b0017844_09322737.jpg
これで出来上がり。

タマゴのインパクトでインスタなどで拡散されているのか、お客さんの多くは大阪などからの県外客。

で、味は「やっぱり広島が好き」という評価で。



[PR]
# by tetorayade | 2018-09-18 00:01 | 私的ネタ | Comments(0)

黒人好きで会社を辞める

黒人好きの全国大手勤務のホールスタッフがいる。

スマホの待ち受け画面にはセリーナ・ウィリアムを使うほどだった。


b0017844_11233522.jpg

でも、黒人好きということは誰にも言うことはなかったが、ある日の飲み会の席で、上司にセリーナの写真を見られ、酔った勢いも手伝って、黒人好きであることをカミングアウトした。

それは、大坂なおみ選手が全米オープンで優勝したことが、彼を勇気づけた。

今は大坂なおみ選手の写真を待ち受けにしている。


b0017844_15352015.jpg

上司は黒人のどこがいいのかと聞くと、「子供の頃からで黒人にしか目が行かなかった」。マイケルジャクソンがどんどん白くなったことに失望したほど。

無類の黒人好きの彼に千載一遇のチャンスが訪れる。

客として来店した黒人女性といつしか付き合う関係にまで発展した。真剣に結婚を考えている。

上司に会社で禁止されている客と付き合っていることを理由に「退職」を申し出た。

実家の両親のも結婚のことを伝えるために、黒人の彼女の写真を見せたところ、母親は気を失うぐらいのショックを受けた。

大坂なおみ選手の母親も根室で黒人と知り合い、結婚することを猛反対され大阪に移住した。孫ができてからは和解している。

一方の父親は息子にそっと知らせた。

「お前は俺の遺伝子を受け継いでいる。俺も黒人好きで若いときにはバングラディシュやインドによく行っていた」

そう、黒人好きは父親の血を引いていたのであった。

[PR]
# by tetorayade | 2018-09-17 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)
ホールの清掃スタッフを28年間勤めた70代のおばあちゃんが、このほど仕事に終止符を打つことになった。

理由は体力の限界ではない。

実家の熊本が地震で被災し、蔵を整理している時に、竹久夢二の肉筆の掛け軸が出てきたことがきっかけだった。

まず、真贋を見極めるために、10万円の鑑定料を支払い見てもらったところ、本物で未発表作品というおまけまで付いた。

で、未発表、肉筆画に付いた相場値段は2000万円。

夢二を専門に扱う古美術商へ持って行くと半値ぐらいに買いたたかれるので、ここはサザビーズのオークションに出すことを勧められた。

台湾では夢二人気が高く4000~5000万円の値が付くのではないかと言われている。

今までの蓄えと夢二を売ることで、仕事を辞めることにした。

アドバイスを受けたことが一つ。

美術館は「皆さんに見ていただきましょう」と言って遠回しに寄贈を勧めてくる。





[PR]
# by tetorayade | 2018-09-16 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)
14日放送の「おはよう日本」で気象予報士の福岡良子が、朝から茶の間を恐怖に陥れた、と話題になっている。

それは、福岡良子の描いた絵にあった。


b0017844_14141667.jpg

満面の笑みで持っているのが自分が描いたもので、絵の恐ろしさに天気予報が全然頭に入らなかった、とスタジオ。


b0017844_14141663.jpg

で、ひょっこりはんポーズの主は、誰かといえば、高瀬アナらしい。


b0017844_14141607.jpg
生で見れていないのが残念。

[PR]
# by tetorayade | 2018-09-15 00:01 | テレビネタ | Comments(0)
連日、体操の宮川選手問題がワイドショーで取り上げられることで、今や体育会系で暴力による指導は完全御法度という空気が流れている。

特にバイキングの坂上忍は「暴力は絶対にあってはならない」と断言。多少の暴力容認派には容赦ない批判を浴びせる。

宮川選手問題ですっかりイメージダウンに陥っているのが朝日生命である。

朝日生命=塚原夫妻=パワハラの図式が出来上がっていて、このままでは業務委託=スポンサーを降りることが懸念されるところだ。

暴力反対の中で、惜しまれて死んだ星野仙一は、早く逝って良かった、とつくづく思う。

星野と言えば燃える闘将=鉄拳制裁である。

今年になってスポーツ界の闇の部分が次々に炙り出されているが、共通するのはパワハラである。

星野だってパワハラ=暴力=鉄拳制裁=罵声=怒声=恐怖政治で、存命なら今頃は楽天の役員を辞任する羽目になっていたかもしれない。

スポーツ界の暴力指導がここまで社会問題化する前に死んで良かった、と思う。

鉄拳制裁は元々美談ではない。



[PR]
# by tetorayade | 2018-09-14 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)