日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
「世界の山根明は…」

日本ボクシング連盟の山根明終身会長は、自分のことを「山根明」とフルネームで呼ぶ。

よほど自己顕示欲が強いのだと思っていたが、自分のことを名字で呼ぶ人は、それにプラスして非常にメンタルが強いという。

例えば、矢沢永吉は自分のことを「矢沢」と呼び、サッカーの本田も自分のことを「本田圭佑」とフルネームで呼ぶ。二人ともビッグマウスとして有名である。

山根会長のメンタルの強さは各局の単独インタビューを見ても分かるように、告発内容を「全部ウソ」と全否定して見せるメンタルの強さは折り紙付きだ。

山根会長は自分が若いときヤクザとも親交があったことをカミングアウトしているが、杯は交わしていないのでセーフだと思っている。

他人から言われての辞任はない、とキッパリ。

山根明の引き際の美学は任侠に求めた方がいい。





[PR]
# by tetorayade | 2018-08-06 00:01 | 社会ネタ | Comments(2)
鈴愛は映画バカの夫と離婚して、岐阜の田舎へ帰って来た。

今や食堂は弟の考えたカツ丼が大ヒットして行列ができるまでになっていた。

両親は何の前触れもなく帰ってきたことに驚くが、娘の「パパに振られちゃった」という天真爛漫な発言にさらに驚く。

ここで客として来ていたブッチャーと再会するが、子供の頃のことを思い出して、店の中で取っ組み合いのけんかを始める。


b0017844_14093036.jpg

この演出に異議あり!

小学生でもあるまいし、大の大人がたくさんのお客さんがいる前で、取っ組み合いのけんかをするか?

基地外でもあるまいし、しないやろ。

これは律が突然店に現れるための演出と思われるが、お互いに子供を持つ親が、子供の前でこんなことはしない。



[PR]
# by tetorayade | 2018-08-05 00:01 | テレビネタ | Comments(0)
ホールは嫌だけどメーカーならパチンコ業界でもいい。

新卒にはそんな風潮が20年前からあった。

儲かっているメーカーなら高卒の夏のボーナスでも100万円なんてこともあった。

遊技人口が減り、ホールも淘汰され、ホールの購買意欲も薄れる中、メーカーもピンチに立たされている。

上場メーカーの関係者の息子は、父親の仕事に憧れ、高校生の時から進路はパチンコメーカーと決めていた。

早稲田大学の理工学部を卒業して、パチンコメーカーに就職しようとしたが、父親は全力で止めた。

上場メーカーに勤務しながらも、息子をメーカーに入れさせたくない、という人は少なくない。

それほど、先がない業界と言うことだ。

メーカーがそんな弱気では業界は終わる。

せめて、スロットの強いメーカーなら、しかたない的雰囲気は残している。

[PR]
# by tetorayade | 2018-08-04 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)
レスリングの伊調薫選手を擁護する内部告発に端を発し、日大のアメフト問題で指導者の横暴ぶりが明らかになったが、ボクシング問題はそれらをはるかに凌駕する。

ヤクザまがいのボクシング界のドン山根は、アマチュアボクシング界を牛耳る癌以外の何物でもない。

子供3人がボクシングを習っている知り合いは「山根はヤクザ以下。みんなで抹殺する」と憤る。

大学生時代に将来を嘱望された息子は、山根案件で何度も煮え湯を飲まされている。

「奈良の選手とは リオ五輪アジア予選の日本代表選考会で対戦しました。間違いなく勝っていたのに引き分けとか意味不明な裁定を受け代表選考から漏れました。東京五輪に大きく影響する昨年度の全日本選手権でも決勝戦で問答無用で負けにされました」と悔しさをにじませる。

審判でこれだけの不正が横行されていたわけだが、一連の内部告発がなかったら、まだ闇の世界が続いていたと思うとぞっとする。


[PR]
# by tetorayade | 2018-08-03 00:01 | スポーツネタ | Comments(5)

誰がオファーすんねん

パチンコ業界を舐めてるのか?と思わずいいたくなるのが、吉本芸人を使ったセミナーだ。

b0017844_08585346.png


これは日時と場所を決めて開催するセミナーではなく、出張型セミナーかと思われる。

業界では無料セミナーが多い中、おためし価格で40万円という値段設定。お試しと言うことはその倍?

会社へ来てもらってスクール形式。30人が受講すれば1人1万3000円。それでも高い。

M1準優勝は微妙なポジション。そもそも講師を知らんし。

プロのコミュニケーション術というコピーもそそられない。



[PR]
# by tetorayade | 2018-08-02 00:01 | 業界ネタ | Comments(1)

これも剛力彩芽

先日、剛力彩芽ネタを書いたら、こんな写真が送られてきた。


b0017844_09110478.jpg

何歳ぐらいの時の写真かは分からないが、随分、化粧が上手になったものだ。

そんなに目がパッチリしている方ではないが、目もいじったのかな?

前澤社長は紗栄子の時もそうだが整った美人は嫌いなのだろう。

[PR]
# by tetorayade | 2018-08-01 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)
日本予防医薬のテレビCMに小林旭が出演している。


b0017844_15204912.png

で、この写真を見て?????が付いた。

何かおかしい。

ギターを持った渡り鳥。

ギターのストラップのかけ方が変だ。

若いときは普通に首からかけているのに。


b0017844_15311935.jpg

なぜ、首ではなく肩からかけているのか?

お腹が出過ぎで首から掛けられなかった、ということか。





[PR]
# by tetorayade | 2018-07-31 00:01 | テレビネタ | Comments(0)
このまえナンバーズで当たったばかりなのに、まらまた的中!


b0017844_09123630.jpg

強運としかいいようがない。


b0017844_09123696.jpg

ナンバーズ3で見事にストレートで9万4900円をゲッチュー。

200円で1枚だけ買ったものとか。

金額的には前回を下回るが、それ以上に本人が驚いたのが自分のスマホ。当選したその日の数字である。


b0017844_09123600.jpg

何とメールの未読数がナンバーズ3と一致。

この偶然の一致は、単に偶然の一致なのか? それとも次に起こることの暗示なのか?

[PR]
# by tetorayade | 2018-07-30 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)

30年近く通い続けた散髪屋が突然の廃業。


b0017844_16470755.jpg


茨木市内で一番流行っていた散髪屋と言っても過言ではない。

平日でもいつも客で満員。町の散髪屋といえば、客待ちが多い中、カトウだけは異色だった。

創業当時からずっと1500円で丁寧な仕事をやってきたからだ。

3ヶ月ほど前に足を悪くして、リハビリを続けていた。

その間は2人の従業員と奥さんで店を回していた。

自分の頭はマスター自らがずっと担当してくれた。他のスタッフには絶対に刈らせることはなかった。

お互いの子供が学年が一緒だったこともあり、子供の話から親しくなった。

行きつけの散髪屋が突然なくなる寂しさ。

ま、すぐに新しい散髪屋は見つけたが、カトウの客は皆、行き場を失っているはずだ。

茨木市内の散髪屋はカトウ閉店で、新規客開拓のチャンスだ。相当数の顧客を抱えていたからな。

自分が新規開拓した散髪屋は、値上げして、1600円になったカトウより100円高いだけ。

シニア価格適応で1700円。


b0017844_16470773.jpg

b0017844_16470702.jpg


自分より、いち早くカトウから流れて来た客もいたようだ。


[PR]
# by tetorayade | 2018-07-29 00:01 | 私的ネタ | Comments(0)
連日に亘って38度以上の気温が続く。

34度だと涼しく感じるほど異常な気象である。

水道を捻っても水が出てくることはない。

出るのは湯だ。

例年なら最初は湯が出ても暫くすると水が出てくるのだが、今年は一向に水にならない。

天気予報士は「寝苦しい夜が続きますが」と必ず付け加える。

ところが、1日中エアコンはつけっ放しで室温は26度ぐらいに保たれているので、寝苦しい、と思ったことは一度もない。

ま、エアコンを付けないお年寄り向けに言っているのだろうが。

今夏からエアコンをつけっ放しにする習慣が日本人にはついてしまった。

[PR]
# by tetorayade | 2018-07-28 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)