人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2019年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

大手証券会社で働くAさん(41)は、独身でいわゆるキャリアウーマンだ。

美人ながら適齢期を遠の昔に過ぎ、親は娘の結婚を諦めていたが、妊娠したことを告げられ親は腰を抜かした。

結婚相手はいないのだ。

未婚の母といえばそうだが、事情は全然違った。

何とアメリカに渡り、アングロサクソンの精子で人工授精していたのだ。

100人ほどのプロフィールから選んだ精子とはこうだ。

身長181センチ、体重68キロ、目の色はブルー、髪の毛はブロンド…

大学はオックスフォード卒で現在33歳。

家系を含めた病歴などがないことがプロフィールには書かれている。

精子と受精手術で800万円、これに諸々の経費を加えると総額1200万円。万一、流産した場合は次回は格安で受精できる。

娘から聞かされたのは25日。とんだクリスマスプレゼントとなった。

未婚の母でも子供を産みたい。どうせ産むならハーフがいい。絶対にかわいい子が産まれることは間違いない。

現在妊娠5カ月。お腹が膨らみ会社に妊娠がバレルと会社は辞めるつもりだ。



by tetorayade | 2019-12-31 00:52 | 社会ネタ | Trackback | Comments(0)
北海道札幌のホール事情が厳しい。

その理由を地元関係者はこう分析する。

「札幌に日ハムが本拠地を移し、サッカーではコンサドーレもある。パチンコよりも興味がそっちに向かってしまった。特に新庄が日ハムに来た時、ファンが急増した。野球に興味がなかった人までファンにさせた。パチンコ以外にカネをかけるところができてしまった」

そんな見方があったか。

北海道の事情はよく分からないが、敗因理由が新鮮だ。

by tetorayade | 2019-12-30 01:44 | 業界ネタ | Trackback | Comments(0)
食品スーパーで困った客がいる。

迷惑客の年恰好は70代の婆さん。

そのスーパーは夜9時が閉店時間だ。

迷惑婆さんが店に姿を見せるのは決まって夜の7時半。この時間帯は弁当や総菜が3割引きになる。この時間帯を狙ってカゴ一杯になるまで3割引きの商品を入れていく。

それだけならさほどでもないが、この婆さんは獲物をカゴに入れると店内で1時間次の瞬間を待つ。

8時半になると3割引きで売れ残った総菜などがさらに半額になる。

すると婆さんはカゴ一杯に入れた3割引きの商品に対して、半額シールを張るように店員に要求する。

一度や二度ならともかく、数カ月に亘り、客からも苦情が来るようになった。

それで3割引きの時にカゴに詰め込み、5割の時にシールを張り替えることを要求することを止めるように注意したが、顔の面が厚いので何度注意しても我関せず。

困ったスーパーはアドバイザーに意見を求めた。

アドバイザーが下した結論は5割引きをしばらく止めてしまうこと。

3割引きで商品が売れた場合は5割引きをやらない日もあったが、このアドバイスを聞き入れ実行した。

8時半になってもスーパーはシールを貼らない。

婆さんは15分ほど待ったが、店がシールを貼らないのでカゴの中の商品を置いたまま帰って行った。

婆さんが一人暮らしならそんなに大量に毎日買い込む必要もないわけで、これは大家族なのか?

婆さんの生活が気になってくる。



by tetorayade | 2019-12-29 00:34 | 社会ネタ | Trackback(16) | Comments(0)
ホールの社長が新規事業として、「いきなりステーキ」のフランチャイズを始めることを検討した。自分の目で行列ができているのを確かめて手応えを感じたためだ。

これに対して息子の専務は反対した。

ホール以外に焼肉店を2店舗経営しているが、日本人は年がら年中ステーキを食べる習慣がない。焼肉とステーキの二者択一なら断然焼肉をチョイスするからだ。

さらに、焼肉はドリンクで売り上げが上がるが、ステーキではドリンクの売り上げも期待できない。立ち食いで回転率を上げるために、酒でも飲もうかという気にもなれない。

反対する気持ちながらフランチャイズの説明会に参加したが、反対の気持ちは確信へと変わった。

ここ2年間、既存店の業績が振るわず赤字に陥っていて44店舗を閉店する。

社長であるオヤジの方は、将来有望と踏んで投資を決めていたが、結果的に自分の見る目がなかったことに意気消沈している。

息子は言う。

「日本人は焼肉が大好きだ。焼肉店は個人の店でも独自のタレがうまければ勝負できる」

オヤジとしては焼肉だけでなく、もう少し違った角度から勝負しようとしたが、いきなりステーキを選択する時点で経営センスがない。





by tetorayade | 2019-12-28 00:36 | 業界ネタ | Trackback(10) | Comments(0)
日本のオリンピックマラソン選手を決めるMGCで大迫傑らトップ選手がこぞって愛用していることで、今やダントツ人気はナイキのズームXヴェウパーフライネクスト%一色といってもいい。

そう、ピンクの厚底ランニングシューズだ。


高校生駅伝でもナイキのピンク旋風_b0017844_11280877.jpg



値段は3万250円。

ちょっと高いが無理すれば買える値段だが、これを高校生も愛用しているのが分かったのが、全国高校駅伝だ。



高校生駅伝でもナイキのピンク旋風_b0017844_11070509.jpeg

トップ集団の選手の足元はピンク一色=ナイキズームXヴェウパーフライネクスト%と言っても過言ではないぐらい。高校生でもトップクラスはこぞってナイキになってしまった。

さすがに後続のタイムが低い選手は履いていない。タイムが遅いのにナイキズームXヴェウパーフライネクスト%を履くのは憚られるんだろう。

今やトップ選手の証である。

年が明けると全国都道府県対抗駅伝、さらには東京オリンピックのマラソンでもピンク旋風は続くのだろう。

頑張れ、アシックス!
頑張れ、ランバード!

何やらTBSドラマの陸王を見ているようだ。





by tetorayade | 2019-12-27 00:06 | 社会ネタ | Trackback | Comments(0)
日本の親せきを頼って韓国から大学生がやってきた。

韓国で反日運動の一環として行われている日本製品のボイコット運動につくづく辟易しているので、日本に来るのも周りには内緒でやってきた。

ボイコットジャパンも長引くと、韓国は民主国家ではないことを普通の韓国人なら感じるようになってきた。

「自分の好きなものが買えない。選択の自由がないのは民主国家ではない。日本に来て驚いたのは、日本では韓国製品のボイコット運動がない。自分の好きなものが買える日本はやっぱりいい国だ。韓国は普通の国ではないことに高校生から大人までが気づき始めている」(韓国人大学生)

韓国人ビジネスマンもしかり。

大韓航空と競合している路線でも、サービスでJALやANAに乗りたくても乗れない。乗ると後ろ指を指される。

で、ボイコットジャパンで一番答えているのは日本製のビールが飲めないこと。

やはり、日本製のビールのほうが韓国製よりも味がいい、ときている。

サントリーがビールを作り始めたころは、まずかったのでほとんど売れなかった暗黒時代があった。

いうなれば、草創期のサントリービールを飲まされている感覚か。

韓国国内から好きなものが自由に買えない不満がいつか爆発しそうだ。



by tetorayade | 2019-12-26 00:42 | 社会ネタ | Trackback | Comments(0)
立憲民主と国民民主の合流が浮上しているが、そんなことをしても旧民主党が国民から支持されることはない。むしろ拒絶反応を起こしている、といった方が近い。

そこで烏合の衆が何を考えているかというと新たな党名だ。

「NHKをぶっ壊すはインパクトがあった。れいわ新選組も既成政党とは違うことが支持を得た。じゃ新たな党名もインパクトが必要」

「インパクトでいうならパチンコをぶっ壊すはどうか?」

「カジノをぶっ壊すでもいいね。この2つのフレーズで票が取れる」

「脱ギャンブルなら国民からも賛同を得られるよ」

「カジノができて依存症が増えると自民党は足元をすくわれるね」

「カジノホテルで自殺者でもでれば大騒ぎだ」

「でもカジノがオープンするのは早くても7年後。そこまで党は持たないよ」

「在日参政権で旧民主党はパチンコ業界から支持を得ていたしな」

「うちの先生も帰化はしているけど、毎年50万円の献金を受けている」

ということでパチンコをぶっ壊すもギャンブルをぶっ壊すも党名としては使えない、ということでチャンチャン。



by tetorayade | 2019-12-25 00:06 | 社会ネタ | Trackback | Comments(0)
秋田のホールに勤務する人が今年の有馬記念で3連単を的中させ570万円を手中に収めた。

大本命はアーモンドアイ。

この人の買い方は一番人気は必ず外すこと。実際、今回も着外だった。

3連単が5万7000円ついた。これを1万円も買っていたから570万円となった。

有馬記念は冬のボーナスをゲットすることを目的としているが、こんな大勝ちしたのは始めて。

会社の人にもボーナスとしておすそ分けしたが、ここで気になり始めたのがどれぐらい税金がかかるか。

それを考えたら喜びも半減した。

by tetorayade | 2019-12-24 00:42 | 業界ネタ | Trackback | Comments(0)

不誠実なDynabookの対応

バッテリーの持ちが19時間を謳いながら6時間ほどしか持たないので、買って1カ月でDynabookを修理に出した。3週間経って帰ってきた回答は「省電力設定で12時間駆動を確認した」という内容。

つまり異常はなし。

一切、何も触っていない。

しかし、この省電力設定がミソ。省電力設定がどういう内容か書いていない。さらに、12時間駆動させるために何をしたのかも書かれていない。

あまりにも不親切な対応だ。

要はスイッチを入れて何もすることなく、液晶画面を薄暗くして12時間持った、というように読み取れる。

すでに東芝の手を離れたDynabookだが、東芝OBならこの対応をどう思うか。



by tetorayade | 2019-12-23 00:46 | 私的ネタ | Trackback | Comments(0)
ちょっとは売れていたAV女優(29)が引退した。

引退後は結婚して床屋の奥さんになった。

店を手伝うために理容師の免許も取った。

ただ、相手は66歳と高齢者だ。どういう出会いで結婚することになったかは語らないが、理容師免許まで取って結婚に臨んだのに、幸せな新婚生活は長くは続かなかった。

歳の差が開きすぎているのは結婚する前から分かっているのに、原因は夜の営みだった。

最初はバイアグラを飲んでいたが、それも効かなくなり、病院で注射を打ってもらったりしたが歳には勝てなかった。

で、インポになった旦那が取った行動が破天荒だった。

奥さんが他の男に抱かれているのを見たいと言い出し、男のデリヘルを90分2万円で呼び出したことがきっかけで、離婚に至ってしまった。

これが66歳の旦那に近い、長年連れ添ってきた夫婦なら倦怠期を打破するのには、アリかも知れないが、いくら元AV嬢といえども受け入れられなかった。

自分の尊厳を傷つけられてしまった思いだろう。



by tetorayade | 2019-12-22 00:15 | 社会ネタ | Trackback | Comments(0)