人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2019年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

予め石川県民を敵に回すことになることを断っておく。

秘密のケンミンショーで紹介された金沢カレーの「チャンピオンカレー」まで5時間かけて行ってきた。

金沢カレーの特徴はドロドロのルーの上にカツが乗り、付け合わせのキャベツが盛られていること。


b0017844_00183380.jpg

実はテレビで見た時に味の想像はできていた。恐らくスパイシー系ではない、と。家庭のカレーに近いのではないか、と。

その予想はものの見事に的中する。

注文したのは一番人気のLカツ。

半分食べたころにはギブアップ気味。それでも拷問の如く、口の中に放り込む。

というぐらい普通以下の味。二度と行かない。金沢カレーはここ以外もあるが、金沢カレーは二度と食べない。

金沢市民のソールフードとも言われているように、午後1時半でも店内はほぼ満員。神戸ナンバーのバイクもあったように、テレビを見て来ている人も少なからずいるはずだが、えらい人気だ。

1日おきにカレーを食べている自分としては、このレベルの味で金沢市民は満足しているのか、と舌を疑いたくなる。

バカ舌じゃないのか?

帰り道は胸やけを抑えながらバイクを運転していた。




by tetorayade | 2019-08-25 00:37 | 社会ネタ
8月22日、韓国から5世帯13人がお忍びで日本にやってきた。


b0017844_10434211.jpg

この日本旅行は3カ月以上前から決まっていたが、日本が輸出管理の厳格化を発表した7月ごろから日本製品の不買運動と共に、日本旅行のボイコット運動まで始まってしまった。

近所や職場には3カ月以上前に日本へ行くことを伝えていた。

ここからが韓国社会の怖いところ。

「まさか、日本には行かないよな!」という空気がある。
「行かない」と答えると、証拠を見せろということになった。

ツアーのチケットをキャンセルしたことを証明しろ、と言うことで申し込んでいたツアーはキャンセルした。

そこまでしないと信じてもらえない。

しかし、日程は前から決まっていたので、周りには国内旅行に切り替えたことにして、個人チケットで予定通り日本にやってきた。

国内旅行へ切り替えた証拠として地元の土産まで手配して、日本にやってきた。

韓国って改めて恐ろしい国だと感じさせられる。

by tetorayade | 2019-08-24 00:01 | 社会ネタ
在日ホールオーナーとその知り合いが神田駅構内の蕎麦屋に入った時のことだ。


b0017844_16550364.jpg


韓国語が喋れるオーナーは、韓国語が聞こえてきたので、そのグループの方に目をやった。

20代と思われる男性4人組がそばを美味しそうに食べていた。

オーナーは思わず、韓国語で喋りかけた。

秋葉原へ行った帰りにこの蕎麦屋に立ち寄っているが、日本フリークで何度も東京に来ているので、この蕎麦屋は馴染みになっていた。

「この時期に日本に来て大丈夫なのか?」

「周りに言わなければいいこと。SNSにも上げなければ分からない。日本に行きたい若い人は周りに一杯いる。ただ、北と一緒で韓国も密告社会なので注意しなければならない。親にも内緒で来ている。日本は本当に楽しい。日本のアニメも日本料理も繊細で多彩なので大好き」

今は往復1万5000円で来られるが、ウォン安で高くなることが心配とも。

「文大統領は来年の選挙のことしか考えていない。一番アホ。これでは韓国が困っても日本は助けてくれなくなる。韓国に帰ると反日の顔をしている。会社の社長は文大統領支持者なので日本に行ったことは言えない。そもそも昇進に響く」

若者の本音と日本が大好きなことを聞いてオーナーは安心した。

年4~5回は来日している。

別れ際に名刺を渡し「今度来たときは連絡してくれ。一緒に食事でもしよう」と再会を約束した。







by tetorayade | 2019-08-23 00:01 | 社会ネタ

高齢者で増える包茎手術

あるドクターによると、最近、60~70歳で包茎傾手術をする人が増えている、という。

包茎手術は若いうちにするものだが、なぜ、初老を迎える時期になって、という疑問が浮かぶ。

「独り者でいずれ施設に入る時に、包茎だと恥かしいのと、皮を剥いてきれいに洗ってもらえない、という心理が働いているようです」(医者)

ちなみに、真性包茎だと保険が適応されるようだ。



by tetorayade | 2019-08-22 00:01 | 社会ネタ
韓国大好きのOL4人組がこの盆休みに韓国旅行に行った。

毎年、年3回は韓国へ行くほど。今年はGWにも行っていたが、反日感情がすごくて「しばらく行くのは止めよう」と這う這うの体で韓国を後にした。

4人組の1人が在日で韓国語も喋れる。韓国フリークなので日本人観光客が行くような場所には行かない。

2日目はレンタカーを借りてソウル郊外のレストランに行った。

会話は当然日本語なので、一人のおやじが「日本人は出ていけ!」と叫び始めた。

韓国語のできる一人がおやじとやり取りした。

在日と分かると「パンチョッパリ!」と激しく罵られた。

そこへ店主が割って入った。

「日本人もうちのお客さんなので文句を言わないでくれ」

店主は彼女らに「今日は食事代はただにするから食べて行ってください」とおやじの非礼を詫びた。

食事が終わって外に出ると、件のおやじが待ち伏せていて再び騒ぎ始めた。

ホワイト国を外したことに文句を言いだした。

「今までホワイト国にしてもらっていたことを韓国はむしろ感謝すべき」と反論すると唾を吐きかけられた。

翌日、市内での移動にタクシーに乗った。

日本語で話していたら「日本語は聞きたくない」と途中で下ろされた。

この二つの出来事であれだけ好きだった韓国が全然楽しくない4日間だった。

滞在中は日本人と分かると何をされるか分からないので、小声でしゃべった。



by tetorayade | 2019-08-21 00:01 | 社会ネタ
30を過ぎた娘を持つ両親の心配の種は、結婚問題だった。

典型的なデブ・ブスで親は「絶対に貰い手はいない」と内心諦めていた。

そんな娘がある日突然男を連れてきて「結婚します」。

青天の霹靂とはまさにこのことだった。

娘の職場は札幌のホールで、そこで知り合った19歳の契約社員が結婚相手だった。

歳の差は10歳。

入社1年足らずで手取り12万円。

経済力はなかった。

しかし、そんな頼りない男でも、親は娘が結婚できるだけで、手放しの喜びようで反対する理由がなかった。

すぐに結婚を快諾した。

親にすれば1回でも娘が結婚できることに大満足だった。

で、結婚の理由はデキ婚だった。

男は東京出身。

両親の承諾は受けているのか、と聞いたところ、勘当されているので承諾なくするという。

男の親は東京で開業医をしている。男は医者になる地頭がないため、高校もバカ学校で、親とけんかして東京を飛び出し、北海道に来たようだ。

実際、話をしてみるとバカは初対面でも分かったが、娘が結婚できる喜びがすべてを帳消しにした。

たとえ、この先離婚しても、1回結婚できたことで満足だった。

しかも孫までできたのだから嬉しさ倍増。

娘の親は自分が勤めている建築会社に入社させることを画策中である。12万円じゃ将来性もない。

by tetorayade | 2019-08-20 00:01 | 社会ネタ

なつぞらの脚本崩壊中

なつぞらは惰性で見ているだけ。

ドラマも後半に入り面白くなってのが普通なのに、全然面白くない。本来のアニメーターのシーンが少なく、周りの人にスポットを当てすぎて、ドラマが散漫になっている。

NHKの職員の間でも最近の脚本は評判が悪い。

「あやみが咲太郎に恋をしていた、という設定が気持ち悪い。なぜ、おかあちゃんと呼ばせていたのにそんな終わり方をさせるbのか。ゆみと雪次郎の結婚もグダグダすぎる」と酷評されている。

とにかく、カップルを作りすぎる。

アニメーターの話からかけ離れすぎ、最後の関心ごとは妹のちはるがどのように戻って来るか。

その一点だけだ。



by tetorayade | 2019-08-19 00:01 | テレビネタ
東京人が東京で東京の女性と結婚後、憧れの北海道に移住した。

齢50代半ば。人生も終盤戦を迎える中、離婚して東京に戻って来る。

理由は奥さんの浮気だった。

2人の間に子供はいなかった。

40代後半の奥さんが、30代半ばの酪農家と知り合い、奥さんの方が一目惚れしてしまった。一回り以上年下の相手はイケメンでもなんでもなく、不男だった。

なんでそんな男に惚れたのかは分からないが、大酪農家で大資産家だった。

奥さんの不貞が離婚原因なので、旦那の方には相手から慰謝料が取れる。

弁護士を入れて離婚調停が始まった。

不貞理由の離婚での慰謝料の相場は、180万円だが、酪農家は奮発して500万円を提示した。

しかし、意地があったので、NOと突っぱねたところ、即刻離婚して欲しい相手は、一挙に倍の1000万円を提示してきたので、この条件を受け入れて離婚が成立した。

憧れで移住した北海道だが、冬を一人で乗り切るのは辛いので東京に帰る決心をした、とさ。






by tetorayade | 2019-08-18 00:01 | 社会ネタ
韓国の光復節の日の15日、大方の予想では文大統領は対日批判のボルテージをさらに上げると思われたが、かなりトーンダウンして上から目線で対話をしてもいい、と言ってきた。

韓国人の気質は後先を考えずにすぐに激高する。分かりやすく言えば煽り運転するドライバーのようなもの。今もテレビで煽り運転する悪質ドライバーが高速道路で車を停止させ、ドライバーの顔面を5発も流れる動画がテレビニュースで何度も報じられている。

代車でも借りた人間は分かっている上、ドライブレコーダーでは顔も映っている。警察も傷害容疑で捜査に乗り出したので、逮捕されるのも時間の問題だろう。

結局、最後は逮捕され裁判にかけられる。一時の感情に任せて行動することに対する当然の罰だ。

あの悪質ドライバーの姿と韓国人の姿がダブる。

韓国人は輸出管理された怒りのままに日本製品の不買運動を展開中である。なぜ、そうなったか理由を考えず、とにかく日本が悪い! 追い越し車線をトロトロ走っているお前が悪い!と決めつける。

文大統領の声明がトーンダウンしたのは、不買運動が韓国にブーメランになって返ってきたことに遅ればせながら気づいたからに他ならない。

顕著な例が不買運動の一環で日本への旅行禁止を求める措置だ。

そこで韓国のLCC会社はドル箱路線だった日本便を大幅に減便した。減便した分は中国方面に代替えを求めたが、中国にはあっさり蹴られた。

行き場を失った飛行機と乗務員は仕事がない。文大統領が給料の補填でもしてやるのか? 不買運動は自分たちの首を絞めることだと気づけよ。

日本製品をボイコットすれば日系の会社で働いている韓国人の仕事が奪われる。日本製品を扱っている韓国人の店は売り上げが激減する。

韓国では日本製品の不買運動は今に始まったことでもなく、過去何度も繰り返されてきた歴史があるが、いずれも長続きしない。いつものパターンで不買運動を起こして最終的に悲鳴を上げるのは韓国人の方だ。

そりゃ、日本製品がなければ韓国の経済が成り立たないからだ。

そんなことは分かっていながら、一時の感情に任せて同じことを繰り返す。低迷する韓国経済で反日運動でガス抜きするのが常態化しているからだろう。

ガスが抜けたら自分たちがやった愚かさに改めて気づく。

「二度と日本には負けない!」と反日感情を煽って支持率を上げたところで、文政権の末路は目に見えている。韓国経済を破壊させたという理由で逮捕されるのが落ちだろう。

こうしてみると日本はほっとくのが何よりもの薬だ。持久戦になればなるほど自滅するのは韓国だ。








by tetorayade | 2019-08-17 00:01 | 社会ネタ
滝川クリステルと突如結婚した小泉進次郎の評判が自民党内でがた落ちだという。


b0017844_08494747.jpg

理由はデキ婚。

計画性がない、というのがその理由。

さらには妊娠していなかったら結婚もしていないのではないかとの憶測まで飛ぶ始末。

これで総理の目はなくなった、ともで言われる始末。

地方の遊説で聴衆を掴む演説はうまいが、政治的な実績はない。総理も若くてイケメンという理由で一般大衆は望んでいるだけ。

純一郎も郵政民営化を断行したが、決して優秀な政治家ではなかった。

by tetorayade | 2019-08-16 00:01 | 社会ネタ