日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

韓国では愛犬が死んでもクローン技術で蘇らせる、というサービスを提供している。

実際にこうした技術が確立していることを応用して、ミニチュアライオンの技術開発の投資話が韓国から日本のホール社長の下へ届いた。

犬でも実際にミニチュアダックスフンド、豆しばなどに人気があるように、ミニチュアにすることはそれなりの需要が見込める。一般家庭では飼うことが困難なライオンのミニチュアができたら、世界中の金持ちが買っていきそうだ。

b0017844_15500453.jpg


このミニチュアライオンの投資話に乗ったホールの社長は4000万円を投資した。

ミニチュアライオンが完成したら、次はミニチュアパンダの話まであった。

ところが、この話は全くの詐欺話だった。

パンダで気づけよ、ということ。

[PR]
by tetorayade | 2018-01-21 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
看板付きの社用車でサボるかっこ悪い。

ネット社会では写真を撮られて拡散される恐れもある。

そんな心配でもしているのか、サボリーマンの常習者ともなると、車体にマグネット式のボードを張り付けて社名を隠したりする。


b0017844_08214649.jpg

ここは東京でも有数のサボリーマンの聖地。

墓場が見えるように往来も少ない。



[PR]
by tetorayade | 2018-01-20 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
大半はアマゾンだが、ネットショッピングでこれまで失敗したことはない。

ところが、Facebookに出てくる広告でまんまと引っかかってしまった。

注文したのはこのジャケット。


b0017844_23333362.png

以下の文章はサイトの広告文章だ。


「Facdbook直営」「最後の八時間+8割引キャンペン」「NTD1 本革手袋を秒殺」プーチン、キャメロン、ベッカムが御用達の3イン1機能ウェア、防寒保温・防水・防風アウトドアスポーツパーカー

プラスカシミアで暖かく保つ防風防水のアウトドアメンズの登山服。なお、スクリーンにタッチでき、暖かく保つグローブを送りいたします!
注文方法:
右下のすぐ注文>商品のサイズを選択>カートに入れる>お届け情報を入力>送料無料>代金引換


まず、Facebookではなく、Facdbookからして怪しい。著名人も愛用していて、めっちゃ防寒性能をアピールしている。

怪しさはあったので、クレジットカード決済ではなく、代引きにした。おまけでついてくる本革手袋欲しさもあり、つい注文した。

そもそも本革手袋を秒殺が日本語になっていないのだが。

12月27日に注文して、届くまでに20日。

で、届いた品は著名人が愛用しているような品質ではない。写真の商品は本物だろう。タグもついている。ところが、現品にはタグが真っ黒。何も書かれていない。

で、欲しかった手袋は完全にビニール。どこが本革だ!

まだ、防寒性能は試していないが、これも不安。

Facebookの広告にはブランド品が安く売りだされているが、偽物ばかりだろう。






[PR]
by tetorayade | 2018-01-19 00:01 | Comments(6)
TBSのお見合い大作戦にデビ夫人が特別顧問として登場した。

男性宅にデビ夫人がお邪魔して女性陣に歯に衣着せぬ辛口コメントをぶつける。


b0017844_22585168.jpg

このシーンを見ていて、違和感を感じたのがデビ夫人の照明だけがより明るいことだった。

松尾伴内に照明が当たっていないことがはっきり分かる。

b0017844_22585064.jpg

皺を気にする大女優には特別のライトが当てられることは、たまにあるが、民家のロケ先でデビライトとは恐れ入った。

強いライトで皺を完璧に飛ばしている。

これはデビ夫人のわがままをTBSが受け入れた、ということだろうが、素人の参加者はさぞかしテレビの裏側を見て驚いたことだろう。



[PR]
by tetorayade | 2018-01-18 00:01 | テレビネタ | Comments(0)
ランチタイムの中華料理店での出来事。

奥の個室にじいちゃん3人が陣取っていた。

b0017844_22341747.jpg


いずれも80代でやがて介護の話になった頃からじいちゃんたちの会話が気になり始めた。

介護の話は切実で、やがて下の話になった。

笑っただけでションベンをちびるという話から、「お前もおもらしするのか」とちびり話に花が咲く。

すると今度はウンコをちびるという話になってきた。

さすがに、食べている時にウンコの話は聞きたくない。

従業員は全員中国人で、話の内容には無頓着だった。

この情報を提供してくれた人と相席していた人が「誰か注意してくれないかな」と聞こえよがしに言ってきた。

それで意を決しておじいちゃんたちに「すいません。ウンチの話はもう少し静かに話してもらえませんか」と申し出た。

「えっ? えっ?」

おじいちゃんたちはつんぼだから余計声がでかかったわけだ。





[PR]
by tetorayade | 2018-01-17 00:01 | Comments(0)
岩手県で単店での出来事。

年末に従業員がインフルエンザに罹ってしまった。

一つのシフトに2組の夫婦が入っていたのだが、旦那が最初に罹り、奥さんに移した。こんな図式で4人が全員インフルエンザに罹ってしまった。

5人で回していたシフトに4人分の穴が空いた。

インフルエンザは最低でも1週間は療養しなければならない。

これではホールが回らない。

では、1週間をどうやって乗り切ったか、というとオーナー家族をフル動員した。

オーナー自ら店内清掃に励んだ。

ところが、フル動員して凌いだのだが、全員制服が着られないほど太っていた、という。







[PR]
by tetorayade | 2018-01-16 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)
普段、パチンコ業界を取材することのない経済紙の記者がスロットメーカーを取材したようだ。

そこから得た情報とはこうだ。

スロットは萌えキャラを使ってアニメ好き、二次元好きの拡大を図ろうとしている。

彼らは独身で趣味に使うカネは持っている。フィギアなどにもおカネをつぎ込む。

スロットは一人でできる。彼らは人との付き合いが少ないので、親和性が非常に高い。

これらのことは、10年以上前からスロットメーカーがやっていることで、業界人にすれば珍しいことでも何でもないが、初めて取材して聞けば非常に新鮮な話に映る。

ここまでは目新しい内容ではなかったが、波の荒い台ほど萌えキャラが合う、という話。これから出玉がショボくなる。派手にバトルして出玉のショボさをカバーしてくれるのが萌えキャラだとか。

話は唐突に変わる。

TBS・NEWS23のキャスターで、朝日新聞出身の星浩が慰安婦日韓合意で文大統領が日本に自主的な謝罪を求める発言したことを、菅官房長官が「(日韓合意を)1ミリも動かさない」と発言した。

これに対して星は「政権が変ればよくある事。日本と韓国は一緒に考える大人の対応が必要である」と韓国側の要求を擁護するを発言した。

たちまちネットでは星を含めTBSまでフェイクニュースを流すな、と叩かれまくっている。

日本人の感情としては菅官房長官を支持する。朝日出身者は反政権で歪んで育っている。

朝日は慰安婦をねつ造し日本を貶めながらも責任を一切取らないだけのことはある。

ネットのない時代なら新聞社が書くことが全部正しい、と情報脆弱者はそう信じてきた。だから洗脳するのも簡単だった。

ネットが一般的になって20年は経つ。後は何をかいわんや。

一番時代の流れに追いついていないのがメディアだったりする。




[PR]
by tetorayade | 2018-01-15 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
業界で禁煙運動が盛り上がらないのは、業界人の喫煙率の高さがある。

大規模なセミナーが行われると、それがよく分かる。

セミナーの休憩時間ともなると一斉に喫煙場所に大勢が駆け込み、たちまち煙でもうもうとする。

日本人の喫煙率は20%を切っている。ま、男は28.2%となっているが、感覚的に業界人の喫煙率は40~50%だろうか。

この喫煙率の高さが、ホールの禁煙問題に対して腰が重い原因かもしれない。

年末に地元にグランドオープンした店舗は、居ぬきで四国の法人が営業を再開したが、空気清浄機の性能が悪いのか、店に入ってすぐに煙を感じる。もやっている。

とてもじゃないが、こんな店に長居はできない。



[PR]
by tetorayade | 2018-01-14 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)
要介護3。80代の認知症の母を介護する50代の息子の話だ。

母親は服を着替えたり、トイレに行ったり、食事は1人でも何とかできる。

ある晩、自分の寝室で寝ていた息子に異変が起こった。

下半身をまさぐられ、パジャマをずりおろし、息子の下半身を咥えようとしている母親の行動に目が覚めた。

ビックリした息子は「何してる!」と思わず母親の頬を引っぱたいた。

母親が夜になると息子の寝室にやってくるのは、この日だけではなかった。

暫く続いた後、息子は鍵を取り付けて母親の侵入を防いだ。

男のケアマネージャーに恥ずかしながらこのことを打ち明けた。

頭はボケても昔の習慣は思わぬところに出てくるものだ。

母親は父親に同じことをやっていたのだろう、と思った。

ケアマネージャーの研修会の席でこの話が出てきた。ケアマネの世界でも性的処理介護は問題になっているようだが、あまり表に出てくる問題ではない。

やはり認知症のおじいちゃんは、男色家だった。

男のケアマネが風呂に入れると、75歳だがあそこがいきり立つ。

女性のケアマネが入れるとすごく嫌が、という。

認知症になってもあっちの方は昔のことが蘇ってくるようだ。


[PR]
by tetorayade | 2018-01-13 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)

オーブン料理復活!

引っ越してから3年半。家にはオーブンがなかったため、この間、オーブン料理を封印していた。

そんなに必要性を感じなかったが、オーブントースター生活を開始したので、オーブン料理が復活した。


b0017844_09294281.jpg

一発目は4年近く作っていなかったグラタン。

やっぱり、焼き立て熱々はうまい。

当分、オーブン料理バカが発動しそうだ。






[PR]
by tetorayade | 2018-01-12 00:01 | 私的ネタ | Comments(0)