日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

めちゃ久しぶりにラジオを聴いていた。チャンネルは定番のABCラジオ。

流れているのは「上沼恵美子のこころ晴天」。

2時過ぎに突如上沼が怒り始めた。

理由はスタジオに見学者が入ってきたことに対してだった。

「事前に聞いていない。ラジオはスッピンでやっている!」

スタジオの外の見学者は主婦数名のようだが、ディレクターに対して上沼の怒りが収まらない。

b0017844_08350298.jpg

怒りの沸点はスッピンを見られてしまったことだが、「急にドタドタ入ってきた」などと言い訳にならない言い訳を10分ぐらいやっただろうか。

スタジオ見学に事前連絡がなかっただけで上沼が吠える。

凍り付くスタジオ。

一旦、CMを入れて上沼も冷静さを取り戻した。

熱がある上に老犬の介護で疲れていたので怒りを爆発させてしまったことを「プロじゃなくてごめんなさい」と最後は謝ったが、ラジオであろうが外に出るときは化粧しろ、とは言わない。化粧しても気持ち悪い。スッピンは世間に出せるものではない。









[PR]
by tetorayade | 2018-01-31 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)
仮想通貨市場最大の580億円分のネムがハッキングされたコインチェック問題をしょうもないことばかり延々と取り上げるテレビ各局のワイドショーが、申し合わせたかのようにスルーだ。

時事ネタを深堀りするフジテレビのバイキングは29日放送分では大相撲問題をトップに取り上げる始末。視聴者が知りたいのはそんな問題ではない。

コインチェックは顧客に対して日本円で返済するというが、できたばかりの会社にそんな資産があるのか、不安で仕方ない。返済日もいついつまでと区切らない。資産があるなら、せめて日付を切らないと顧客も不安だ。

そういうところを深堀すると共に、仮想通貨のイロハを取り上げるべきなのに一切ほっかむり。

ま、想像は付く。

コインチェックはテレビ各局とも大事な大スポンサーだった。あれだけ、出川のスポットCMをガンガン打ってくれるクライアントはそうそういない。さらにコインチェック以外にも仮想通貨の取引場は、今後とも大事なクライアントで、仮想通貨の不安を煽るようなことは、営業部からストップがかかっていることぐらい素人でも分かる。

営業からストップがかかって今一番知りたいことを取り上げないテレビは、ますます視聴者から見放されて行く。

経済の専門家はメガバンクが独自に仮想通貨を発行したら、いずれ仮想通貨は暴落するというが、メガは銀行と利用者との間での取引のみなので、そんなことも起こりそうもない。

利用者としては仮想通貨なので100万円以上でも送金できるだけでなく、安い手数料で送金できることだろう。

コインチェックは手数料は高いがそれでもメリットがあるから利用者が多いようだが、年間1兆円の取扱高があれば、0.01%でも100億円。恐ろしい数字だ。






[PR]
by tetorayade | 2018-01-30 00:01 | 社会ネタ | Comments(1)
ビットコインなどの仮想通貨は全く興味はなかったが、19日の飲み会で集まった4人中2人がやっていた。

ちんぷんかんの話についていけず、出川のCMで一躍有名になったコインチェックを取引先として使っていることぐらいは分かった。

そんな矢先、コインチェックがハッキングで460億円が流出してしまった。

これで相当な被害者が出て、会社は倒産と思っていたら、なんと利用者26万人に対して日本円で返金すると発表した。

返金する原資は会社の資産だというが…

この発表に安堵していることだろうが、実際に返金されるまで安心はできない。

芸人のトキは貯金全額をやられた、と相当落ち込んでいたが、ハラハラドキドキも精神上よくない。

ま、手を出さない人にすれば、しょせん他人事。

[PR]
by tetorayade | 2018-01-29 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)
週刊文春に桂文枝が二度目の不倫を暴かれたのは年明け早々のことだった。

不倫相手から恥ずかしいやり取りを暴露されては、上方落語協会会長の面目もない。

さらに、新開地に誕生する演芸場の名称を愛人を使って応募させたことまで発覚するに至り、会長辞任も辞さなくなった。

今は世間に顔出ししたくないのに、運悪く30日放送のわろてんかに、柳々亭燕団治の役名で出演する。

b0017844_14071529.jpg


NHKとしてはほんまに困惑しているはず。

放送と共にNHKには抗議の電話も入る事だろう。

新婚さんいらっしゃいも、不倫さんいらっしゃいに変更するしかない。

[PR]
by tetorayade | 2018-01-28 00:01 | テレビネタ | Comments(0)

オムロンにアドバイス

オムロン製品で愛用しているものと言えば電動歯ブラシだ。かれこれ10年以上は同社のものを使っている。選んだポイントは替えブラシのコスパが一番高いからだ。ブラウンは替えブラシで安い電動歯ブラシの本体が買えるほど高い。

電動歯ブラシではオムロンを使い続けているが、そのオムロンが意外なところでつながっていた。

もう一つのサイトをオムロンの人が毎日読んでいるらしいのだが、なぜ、毎日読んでいるか、といえば製品開発のヒントを探すためだ。

つまり、ホールの困りごとをもう一つのサイトから探し続けているとのこと。

過去記事を遡ればかなりのヒントがあったりする。

まずは過去記事から洗い直せ!



[PR]
by tetorayade | 2018-01-27 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)
朝食を食べる習慣はなかった。

それが今年に入って食べるようになった。

オーブン料理が作りたくなってオーブントースターを買ったことがきっかけになった。引っ越して3年半、オーブントースターがなかったために、オーブン料理は封印していた。

オーブン料理も堪能した。次のトースターの使い道がこれだった。

それまで食パンは家にあっても見向きもしなかった。もっぱら食べるのは調理パンだった。

b0017844_08402013.jpg


食パンを食べる習慣もなかったが、トースターでピザトーストを作るようになって、初めて自分で食パンを買うようになった。

ピザトーストには抹茶プレッソで作る抹茶オーレが合う。

1年間ほったらかしていた抹茶っプレッソも大忙しだ。

[PR]
by tetorayade | 2018-01-26 00:01 | 私的ネタ | Comments(0)
ライザップに挑戦中の梅沢富雄がバイキングの生放送に出演していた。


b0017844_14521795.jpg

顔がほっそりしてきただけでなく、腹も減っ込んでいる。

大金をかけてトレーナーの指示に従えば、誰だって痩せられる。それはライザップ自身がこれまでに実証してきたことだ。

ところが、契約期間を過ぎて、トレーニングを止めたとたんにリバンドしてしまうケースが後を絶たない。それぐらい過酷ということだろう。

ライザップに入って痩せるには、一生ライザップと付き合わなければならないことになる。

一度痩せた体が止めても戻らないというのであれば、ライザップの価値も上がるというもの。

[PR]
by tetorayade | 2018-01-25 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)

パチンコは尻すぼみ

大手ゲームソフトメーカーはフラットな目線で業界を見ている。

で、そこの社長が「もうパチンコはダメだ」と宣う。

理由は1パチに若者がいないことを挙げる。

各年代層を調査したところ、20代前半が4%、20代後半が5%で、20代は10%にも満たない。

その一方で50~70代が半数以上を占めている。

従ってパチンコは尻すぼみだろう。

だから、力を入れているのはスロットだ、と。

何か当たり前すぎて…



[PR]
by tetorayade | 2018-01-24 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)
週刊文春の不倫報道を受けて小室哲哉が突然の引退表明を行った。

本人は年齢的に男性機能が衰えて、男女の関係はなかった、と否定しているが、この件で週刊誌記者から「コンクリートマイク」情報がもたらされた。

彼らは取材道具の一つとして、コンクリートマイクを携帯してようだ。

コンクリートマイクとは読んで字のごとく、コンクリートの壁があっても隣室の音を拾う高性能マイクのこと。これを使って隣室の様子をうかがう。

壁にコップを当てて隣の話声を盗み聞きするのと同じ原理で、それを機械的に隣室の会話を増幅させるものだ。

こうした決定的証拠を掴みながら週刊誌は記事にしていく。

アマゾンでは1500円から販売されているが、さすがに1500円ではおもちゃレベル。値段が高くなればなるほどノイズが消え、よりクリアに隣室の会話を盗み聞きできる。

ただ、決定的証拠を押さえるには芸能人のマンションなら隣人の協力が必要になる。

ホテルはそうそう隣の部屋は取れなさそうだ。

チェックインした部屋番号を確認して、隣の部屋は空いていないか、掛け合うのだろうか?




[PR]
by tetorayade | 2018-01-23 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)
小室哲哉の不倫を伝えた文春砲によって、小室が芸能界引退を発表した。

「文春が一人の天才を殺した」と批判的なコメントに象徴されるように、文春砲に世間の目も冷たくなってきた。

今回の不倫報道では潮目が変わった。

文芸春秋の営業局に勤める社員の中学生の娘が今回の件でイジメを受けている、という。

近所やPTAの間で文芸春秋に勤務していることは知られていた。

小室ファンの一人が社員の娘に対して「あんたとはもう口を聞かない」と面と向かって言われた。

娘は「パパは週刊文春じゃなくて、営業の方で関係ない」と反論したが、「そんなの関係ない」とぴしゃり。

週刊文春憎しが、文芸春秋憎しにすり替わってしまった。

芸能人・政治家の不倫報道もそろそろ飽きられてきたか?

ま、衝撃的な報道をしても買わなければいいだけだ。

文春殺すには刃物はいらぬ。

不倫記事には無反応で雑誌を買わない、見ないことだ。

[PR]
by tetorayade | 2018-01-22 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)