人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2016年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

突如、スマホの位置情報取得ができなくなった。

位置情報が取得できないため、現在地の地図が使えない。

auショップへ行き、とりあえず、シムカードを新しいものと入れ替えるが、それでも反応せず。

auショップでできるのはここまで。appleへ修理に持ち込みを覚悟するが、その前にappleのテクニカルサポートセンターへ電話。

4つの方法を教わる。

まず一番簡単な強制終了でも、解決せず。

次なる手段はリセット。これでも直らず。さらにはサインアウトや最終手段は初期化と説明を受けていた。

リセットで心がが折れかけていたが、次に進む前に強制終了をかけたら、何と直った!

やれやれだ。


by tetorayade | 2016-03-11 00:01 | 私的ネタ

お得な中国東方航空

フランスから日本へ帰ろうとしたときに、意外に安全で安い航空会社があった、という話。

日本人なので全日空の直行便で帰ろうとしたところ、900ユーロ(約10万円)だった。

これがモスクワ経由のアエロフロートなら850ユーロ。

さらに遅れることはあるが安全性などの総合評価では7点の中国東方航空なら、北京経由の羽田着で460ユーロ。
b0017844_18251716.jpg
約5万円も違うことから中国東方で帰ってきた。

日本人ならJALか全日空を選択してしまうが、安く行ける方法は調べればいくらでもある、ということだ。




by tetorayade | 2016-03-10 00:01 | 社会ネタ
年を取ると1年が経つのが非常に早く感じるようになる。

10代の10年間、10歳から20歳までがすごく長く感じたのは対照的だ。

心理学者によると年を取ってからの1年間は思春期の5倍早い、という。

若い時は楽しかった、悲しかったなどの感情の振り子の揺れる幅が非常に大きく振れる。ところが大人になると利口にになり、狡猾になり、振れ幅が少ししか振れなくなる。

振れ幅が小さいから時が経つのが早く感じられる、という。

そうだったのか。

なるほどね。





by tetorayade | 2016-03-09 00:01 | 社会ネタ
大ヒットしたセブンコーヒーで調子に乗ったセブンイレブンだが、ブラック企業大賞にノミネートされるようになり、世間の見方が少しずつ変わってきた。

セブンを応援したくない。

セブンドーナツが見事に大ゴケした。

味を変えて再スタートを切ったが、改めてミスドが見直される、という皮肉な結果になった。

しかし、ドーナツが大ゴケしたことやセブンのブラック企業大賞を書く週刊誌はいない。

何故なら、売り上げを支えるコンビニに置いてもらえなくなるからだ。

ワタミが不振に陥っているように、居酒屋の代わりはいくらでもある。セブンだって代わりはいくらでもある。

ワタミの後をセブンは追っかけることになるのか?

by tetorayade | 2016-03-08 00:01 | 社会ネタ
「清原は腐っても鯛」と話すのは週刊誌ライター。

それだけ大物ということだが、覚せい剤で逮捕された酒井法子がパチンコ営業で仕事を再開したように、清原もそのチャンスがある、という。

「男気ジャンケンのようなイベントではなく、ホールの駐車場でもいいからそこで覚せい剤撲滅の講演をやらせる。相当人が集まりますよ。その受け皿になるのがパチンコ屋さんだと思う」

元々ホール営業で日銭を稼いでいた清原だから、ホールで講演することに違和感もない。

覚せい剤撲滅というテーマがあれば、社会性もある。



by tetorayade | 2016-03-07 00:01 | 社会ネタ
契約社員の女性スタッフがある噂が立った。

「身内にヤクザの幹部がいるよ」

それは常連客からもたらされたものだった。

ホール側は困った。近親者に暴力団員がいるものを雇用していいのか、と。

暴力団員の親族を雇っている、と噂を立てられても困る。

それで弁護士に相談した。

「同居していたら問題があるかも知れない」

本人を呼んで確認したところあっさり認めた。

「心配かけてすみませんでした」と自分の方から身を引いてくれた。

警察は女性と付き合う場合、報告しなければならない、という。

理由は相手が暴力団員の娘だったら困るからだ。

芸能界でも親族が暴力団員であるケースもある。

暴力団の子供たちは生まれた時から大変だ。



by tetorayade | 2016-03-06 00:01 | 社会ネタ
清原の覚せい剤ルートを捜査する過程で浮かび上がって来たのが、政財界のフィクサーの子息。

清原とは遊び仲間を通じて面識があったようだが、鶴の一声で幕引きとなった、という。

いつもの流れだ。

警察に顔が効く政治家といえば、あれしかいない。

どら息子は社内でもハイの時と鬱の時があり、覚せい剤をやっているのではないか、と噂になっていたらしい。





by tetorayade | 2016-03-05 00:01 | 社会ネタ
アベノミクスもマイナス金利を実施したことで、すっかりメッキが剥げつつある中、拉致問題解決も一気に遠のいた。

自民党からも「(首相は)拉致問題はさじを投げた」との声が漏れ伝わるほどに、持久戦で行かれると家族会も高齢化しているので、拉致問題そのものが風化して行く恐れがある。

八方塞の安倍首相が狙っている次の一手は、北方領土の返還にシフトしつつある。

GWにプーチンの別荘で話を付け、4島返還は無理としても、2島返還で安倍首相の手柄を立てなければ、次の選挙だって危うくなる。

ただ、安倍首相に変わる人材がいないことも事実。

安倍首相の肝いりでやる予定だったIRカジノもすっかり頓挫感が充満している。

カジノ推進派からの支持をもらっているだけに、早く法案を通さなければいけないのに、そのタイミングがなかなか図れない。

すっかりトーンダウンしてしまったカジノ法案を通すには、W選挙で圧勝することが前提条件となる。





by tetorayade | 2016-03-04 00:01 | 社会ネタ
「リオ決定だべ~」
b0017844_08310197.jpg
この発言さえしていなければ、福士佳代子のリオの内定はすんなり出ていたものと思われる。

陸連関係者はあの一言がカチンと来て内定を出さなかったのかもしれない。

何故なら、人間は感情の動物である。

リオの選考記録を突破して、しかも、1位でゴールしているのだから、文句の付けどころがない。にも関わらず、リオの内定が出ない。

早々にリオ内定が出た伊藤舞に関しては、誰もが「え~?」と首をかしげたくなる。

世界陸上で入賞が基準だったが、7位入賞の伊藤の記録は夏場だったが、2:29:48と決して褒められるタイムでもない。

むしろ、伊藤に内定を出したことに疑問を感じる。

口は禍の元。

この格言を福士佳代子へ捧げたい。

内定が出ないからと名古屋へ強硬的に出場しようとしたが、これで陸連の心証はますます悪くなった。

出場は辞退することになったものの、しこりが残る。



by tetorayade | 2016-03-03 00:01 | スポーツネタ
小学校低学年の野球少年の名前は、和博。

清原ファンの父親が清原のように野球で大成して欲しいという願いからこの名前を付けた。

今となっては和博という名前が、少年の心を傷つけている。

「名前を変えて欲しい。野球も止める」と父親に泣いて嘆願した。

有名人の名前を頂いた場合、何が災いするか分からない。

全国の野球少年の和博くんたちは、何人ぐらいいるのやら。

ヤクルトの荒木大輔の場合は、相当増えた。

松阪大輔も荒木からあやかったことは有名な話。

それに比べたら、和博はマイナーか。

by tetorayade | 2016-03-02 00:01 | 社会ネタ