人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2013年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

このアイデアを思いついたとき発案者は天にも昇る思いだった。

「スーパーにすれば、パチンコ店の一部が売り場にもなる。スーパーにしてもメリットがある。ホールには安くいいものを提供できる」と胸を張った。

システムはこうだ。

ホールの店内に55インチの大型液晶タッチモニターを設置。ここに近隣のスーパーのチラシを流し、それを見た客がパチンコが終わって近隣の店に流れる、というのが謳い文句だった。

最近は新聞の購読数が落ちているので、スーパーのチラシを見る機会のない人を対象にパチンコ店で情報を流す。

人が集まるホールを情報の発信基地にする、と意気込んだ。

将来的にはタッチパネルから商品を注文して、それをホールに届けてもらい、それを持って帰るところまで描いていた。

スーパーの月額利用料は3万円を設定していた。

企画書を持ってスーパー周りを始めた。

反応はどこもすこぶる悪かった。心が折れそうになりながらもそれでも周ったが、この一言で折れかかっていた心がついに折れた。

「うちは社員にパチンコ禁止令を出しているぐらいです。以前、社員同士でパチンコ代の貸し借りがあってトラブルになったことがあるので、それ以降、社員にはパチンコ禁止令を出しています」

パチンコ業界を見る目がこれほど厳しいとは思ってもみなかった。

そういえば、思い当たる節がある。

高級雑貨店の景品コーナーを作ろうとしたホールがあった。

全国的に知名度があるホールだが、会社のブランドイメージが損なわれるのを嫌ってやんわりと断った。

他業界からパチンコ業界を見る目は全然変わっていないことを認識させられる。
by tetorayade | 2013-10-11 00:01 | 業界ネタ
大阪市内への移動がバイクになって4年が過ぎた。

バイクになって気になるのは毎日の天気だ。

雨脚が強ければ、電車、冬以外で小雨ならカッパ着用、という選択をしなければならないからだ。

出かける日は天気予報をいくつかチェックする。

きょう9日も出かける日だった。

バイクでの移動時間は1時間半の距離。しかも台風24号が日本海側にいる。長丁場だけに天気はいつも以上に気になった。
b0017844_22592438.jpg

朝刊の天気予報は夜まで傘マークで降水確率は60%。

テレビの天気予報でも降水確率は50%。

朝8時ごろだった。

急に雨脚が強くなり、登校する小学生を雨が襲った。

かなり強い。

カッパ着用を覚悟した。

これが台風の影響かと思ったが、30分も経つと小降りに。さらに、10時ごろには薄日が差し始めた。

家を出る11時半には晴れ間が出てきて、市内に到着する頃には台風一過のピーカン。

まったく天気予報が当たっていない。

時間帯的に雨が降ったのは午前8時ごろ。以降は止んで晴れた。体感的降水確率は、5%ぐらい。

特に台風24号は勢力も大型だといっていた。

それだけではない。日本海側に抜けたが、日本海の海水温が高いため、ここでさらにパワーが注入され、威力を増す、といっていた予報士もいた。

ところが日本海に抜けてしばらくすると熱帯低気圧になって消滅していった。

なぜ、これほど天気予報が当たらないのか?

それだけ、予測不能な異常気象になっている、ということだろうが、最近の気象予報士はレベルが低い。

TBSのひるおびのお天気キャスターの森朗は外しすぎて、ついに降板。

その後釜に座った森田正光に至っては、「プロ野球選手でも3割バッターなら一流。気象予報も3割当たればいいほうだ」と外れることが当たり前のようにのたまう。

野球選手と気象予報を同じ土俵で語ることがそもそも間違っている。

ま、どこの天気予報も当たらないので、森田ばかりが悪いわけではないが、気象予報は気象レーダーや気圧配置、雲の動き、天気図を基にコンピュータで分析しながら予測するのだから、8割バッターでなければならない。

気象予報が3割当たれば一流なんて、冗談でも言って欲しくない。
by tetorayade | 2013-10-10 00:01 | 社会ネタ

美奈子人気は今年一杯か

貧乏大家族を売りにすっかりブランドとなった「ビッグダディ」。その版権はこの家族をずっと追っかけているテレ朝がしっかり握っている。

そこへ突如振って沸いた再婚と離婚。

新婚早々ずっと喧嘩ばかり。元ヤン・鬼嫁キャラでビッグダディをひれ伏させる迫力。俄然、茶の間の関心を集め、放送回数が増すほど第二の主役に成長したのが美奈子だった。

ビッグダディは視聴率が取れる大家族ものになった。喧嘩シーンもさることながら、子供が素直に育ち、貧乏なりに工夫したビッグダディの料理が茶の間の共感を呼んだ。

大家族もので視聴率が取れない他局にすれば面白くないが、離婚で風向きが変わった。番組そのものの存続も霧の中。

離婚すれば、ビッグダディやテレ朝に気兼ねすることなく、第二の主役になった美奈子を単独で使うことができる。

そこに注目したのが講談社だった。

フライデーではグラビアを披露。自叙伝ハダカの美奈子は、23万部も売れ、印税が4000万円ほど入る。

今や芸能事務所に所属するタレントだ。
b0017844_23155570.jpg

本人も「旬は今だけ。芸があるわけでもない。すぐに飽きられる」と自覚しているが、テレビから呼ばれるうちにできるだけ出ようというのが、事務所と本人の合意だろう。

今回はテレビで自身の東京での私生活から、お見合いパーティーに参加したところを撮らせ、何と将来の再婚相手が登場するサービス振り。

相手は28歳のファイナンシャルプランナー。年収は1000万円。6人の子供を受け入れてくれているところが決め手となった。

女手一つで6人の子供を育てなければいけないのだから、時給800円のパートでは生活もできない。

美奈子が再婚を果たしたら、どこかの局が追っかけるのか?

素人を食い物にする芸能界やマスコミ。

芸もない素人の人気はせいぜい年内。

4000万も印税が入れば、半分近くもって行かれる税金の大変さは本人も自覚している。
by tetorayade | 2013-10-09 00:01 | 芸能ネタ
あまちゃんが終わってから2週間が経った。

笑っていいともにゲストで能年玲奈が出演していたが、やっぱりトーク番組では使えないことを印象づけた。
b0017844_17583451.jpg

これまでに能年が出演したトーク番組といえば、NHKのあさイチだった。そのときも受け答えに微妙な間があり、トークもそんなに面白くない。

何といってもテンポが悪い。

最初は温かい目で見守っていた。

慣れないトーク番組で緊張しているのだろうと思っていた。

NHKの時は渡辺えりが助け舟を出してくれたが、笑っていいともは単独出演。
b0017844_17585148.jpg

これまで何千人にも及ぶゲストを迎えた百戦錬磨のタモリもこの日は勝手が違っていた。

話題を振ってもなかなかその答えが返ってこない。

笑顔で笑って返すだけ。

トーク番組になっていない。

こんな具合だから、あまちゃんの撮影が始まった当初、共演者も主役を張れるのか心配したそうだ。

ところが、役に入ると別人に変わる。

でも、素はおとなしい不思議トークの猫背の少女だ。

中学生のころはロングヘアーで大人びていたが、今のショートカットはむしろ中学生にも見えなくもない。

手相でタレント運はあるので、今後10年間は運気がいいようだ。

女優としてさらに開花するのか、お笑いを目指していた時期もあったように、トークに磨きをかけるのか、バンドではギターを担当してというように音楽の道でも開花するのか。

そんなこんなの才能を発揮すれば、笑わせて、歌って、演技ができるマルチタレントになるということか。

とりあえず、テンポよく、はきはきしゃべろう。
by tetorayade | 2013-10-08 00:01 | 芸能ネタ
その超人気店ハンバーグ屋は博多・天神のパルコの地下にあった。

開店は11時。到着したのは11時10分ごろ。すでに店内は満席で列に並ぶことになった。
b0017844_9271934.jpg

案内してくれた人は、「全国で色々食べ歩いていますが、日本一うまいハンバーグです」と絶賛するように、開店と同時に行列ができている。

列は4組目だった。

これが全然進まない。

並んで30分経っても1組も店から出てこないので、行列が進むわけがない。逆に行列はどんどん伸びる。

嫌が上でも期待感が高まる。

40分すると列が進み始めた。最初に入った客が食べ終わってどんどん店を出始めたからだ。

店内の席に着いたのは50分が過ぎていた。

待ちに待った伊万里牛のハンバーグがこれだ。
b0017844_9273880.jpg

表は焦げ目が付いているが、中は生だ。

こんなハンバーグが何故大人気なのか?

食べ方は、丸い小さなプレートで生の部分を焼きながら食べる。
b0017844_9275320.jpg

「たれをつけなくても美味しいですから」

言われたとおりに何もつけないで食べてみた。

肉本来の旨味が凝縮されていて、肉質の良さが舌に伝わる。

こんなハンバーグは生まれて初めて食べた。

行列ができるのはうなずけるが、行列が進まない理由が分かった。

ちょっとずつ焼きながら食べるので、1個のハンバーグを食べるために時間が3~4倍はかかるためだ。

では、生で食べたらどうなるか?

刺身は生で食べても美味しいが、ミンチ状のハンバーグの生はそんなに美味しいものではない。やはり焼いて食べるのが美味しい。

焼きながら食べるので、回転率は悪いが、ハンバーグを美味しく食べる最高の方法だ。
by tetorayade | 2013-10-07 09:47 | 私的ネタ
国税OBで脱税を指南していた税理士の事件は、現職の国税職員がその税理士に情報漏えいしていた事件へと発展している。

この脱税指南税理士と付き合いのある会社は、すべて大阪地検特捜部に呼び出しを食らっていると思われるが、ある社長もその一人だった。

取引を始めたのは10年ほど前。知り合いからの紹介だった、という。

この社長の会社は脱税するほど儲かっていないので、その手の指南を受けているわけではないが、地検特捜部から呼び出しを食らって、2度も事情聴取を受けてたそうだ。

要はその税理士からカネを借りたかどうか、ということが問題になっている。

税理士は闇金もやっていて、その調べもやっていて、裏取りのために呼ばれたもようだ。

悪いことをしていなくても、地検特捜部に呼び出されると緊張してしまいそうだが、大阪地検は証拠改ざんで大汚点を残している。

大阪地検が地検なら大阪国税局も国税局らしくない。

カネをもらって情報を流しているというのだから、何をかいわんや。

地検にしても国税にしても職員のモラルが低すぎる。

日本の中枢が内部から腐って行っている。
by tetorayade | 2013-10-06 00:01
9月16日、セガ・サミーホールディングスの里見治会長の娘の結婚式に安倍首相が新婦側の来賓として出席した。相手は経産省のキャリア官僚だという。

スロットメーカーの重鎮と一国の首相との蜜月は今に始まったことではない。

元々里見会長は父親の安倍晋太郎の時代から付き合いを始め、当時晋三は学生で、食事や飲みに連れて行っていた仲だという。

まだまだ政治家になるだいぶ前からの付き合いで、それがやがては一国の首相に上り詰めたということだ。

セガとサミーが経営統合して持ち株会社セガ・サミーホールディングスが設立した時も安倍は来賓と出席している。この時は国会議員が15人ほど招かれ、里見会長の政治家とのパイプの太さと深さを業界内に見せ付けた。

その流れの中で娘の結婚式に安倍首相が来賓で出席したのだから、いくらカネをばら撒いているのかと思ってしまう。

カジノ解禁でシーガイアでカジノをやりたい大富豪の娘と経産省のキャリア官僚という組み合わせは、政略結婚のようにも見えてくる。

カジノの監督官庁は経産省で決まりということか?

そして、安倍首相はカジノ解禁に向けた超党派のカジノ議連の最高顧問を務めている。

スロットで儲けたマネーが政治家にどれだけ回っているのか。

それは秋の臨時国会で分かる。
by tetorayade | 2013-10-05 00:01 | 社会ネタ
ベトナムには政府が認可した外国人専用のカジノがホテルに隣接しているという。

ただし、ラスベガスのようなスケールのものではなく、ゲームセンターといった風情のこじんまりとしたものだ。

ディーラーは基本的にはいないらしく、ほとんどが機械式で、マシン相手の勝負となる。

規模も小さければ、客も少ない。中国、韓国、日本人の観光客がチラホラというところか。わざわざカジノをするためにベトナムへ行く人もいない。

最初から勝負するなら、近場の韓国かあるいはマカオかラスベガスあたりが楽しそうだ。

これなら日本でパチンコ店をやっているほうがよっぽど儲かる、というもの。

ところが、ベトナム政府が国内のカジノ経営に関する法整備に乗り出した。観光振興の目玉として期待されるカジノ産業をもり立てて、低迷する経済を活性化する狙いのようだ。

地元紙が伝えたところによると、カジノ経営に関する政府指針の草案には、今後、同国のカジノに参入する企業に対する条件が明記された。投資額は40億ドル(約3980億円)以上、また10年以上のカジノ経営歴が必要で、ベトナムではカジノを含む複合型娯楽施設として運営しなければならないとしている。

そうなる前に、日本からカジノ経営をやる動きがある。

施工図面もできあがり、来年1月から開業に向けて本格的に動き出す。

今のレベルならライセンスも比較的簡単に取れたのだろうか?

業界第1号というところに意味があるのかもしれない。
by tetorayade | 2013-10-04 00:01 | 業界ネタ
業界では当たり前のことも他業界から見れば非常識に見えることはよくあるもの。

そんなことをクイズにしたのが、笑っていいともの銀行の当たり前。
b0017844_15274647.jpg

さて、どんなことが銀行員の間では当たり前なのか?

①銀行は役職が上がれば椅子に肘掛が付く
まず、係長から肘掛け椅子になり、支店長ともなると肘掛の幅も倍ぐらいになる。

②地下の金庫室で愛が芽生える
金庫室は密室でいい雰囲気になる。ましてや周りには大金があるのでついつい気が大きくなる。そこから食事に誘い、結婚にいたるケースも。

③倍返しはない
銀行員は意外と日曜日には半沢直樹を見ていなかった。日曜日に見ると嫌な気分になって月曜日の出勤が嫌になるため。リアルに嫌な上司が出ている。嫌な上司に倍返しをしようものなら、即効で飛ばされる。

④抜き打ちでカバンが検査される
これは法律に基づいた調査らしい。顧客の情報を持ち出していないかをチェックする。あさひ銀行では寮にも抜き打ちで調査が入った。

⑤暗算ができない
電卓で計算することが当たり前になっているので、まったく暗算ができない。逆に暗算をすると怒られる。1円の間違いもないようにするには電卓が必需品。

⑥倒産したことをイクという
一種の隠語だろうが倒産のことはイクと呼ぶ。あの会社いっちゃった。

⑦営業は疲れた時休憩させてくれるお客さんを持っている
これは銀行の営業に限ったことではないだろう。どんな業種の営業でもそんな融通が利く得意先はもっているもんだ。

たいして驚くネタはなかったが、異常なのは持ち物検査だ。銀行も不正はあるものだが、これは表に出ないようにすべてもみ消している。

銀行の支店長経験者は不正に関することは墓場まで持っていく。
by tetorayade | 2013-10-03 00:01 | テレビネタ
みのもんたの次男が再逮捕された。

酔っ払いのカバンを盗んだ容疑は否認していたが、監視カメラにカバンを持ち去る次男の映像が残っていたことと、複数の目撃者の証人が決め手となった。

これで再び絶体絶命のピンチに立たされたのがTBSの朝ズバだ。

10月は番組改変時期だがみのが正式に降板を表明していないため、みのもんたの朝ズバの冠はついたまま。
b0017844_8513545.jpg

しかし、いつでもみのが降板してもいいように、少しずつコーナーを変えてきた。

そもそも番組中にみのが吉田アナの尻を触ろうとしたことが、降板騒動の発端だった。一時は手を払われて恥をかかされてみのが激怒して、吉田アナの降板説が流れたが、そんな処遇をすれば、TBSには非難の集中砲火が浴びせられるので、そんなことはできない。

みのがいなくなって吉田アナと高畑アナの満面の笑みが、すべてを物語っている。

一生番組に帰ってくるな、と。
b0017844_8534839.jpg

ゲストコメンテーターが話題のニュースを解説したり、とみのが降板した時のことを想定しながら、番組内容を少しずつ変えている。
b0017844_854840.jpg

TBSはみのが自ら降板を申し出ない限り、クビをきることはない、という。

いれば、いあたでうるさい存在だったが、みのがいない朝ズバは、普通の番組に成り下がってきた。

次男の再逮捕でますます復帰が遠のいたが、1日も早く番組に戻ってくることを願う日々だ。
by tetorayade | 2013-10-02 09:03 | テレビネタ