人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2013年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧

仕事場探しの喫茶店開拓

4日間、スケジュールが空いた。

こういう時はもっぱら原稿書きに専念しているのだが、昼間はクーラーを我慢する習性があるので、避暑地を求めて近所の喫茶店へ行くことを思い立った。

クドカンが週刊誌で連載しているページで、自らの仕事のパターンを書いていたのだが、昼間、脚本や原稿を執筆するのはもっぱら、近所の喫茶店やファミレスらしい。

これがいつものパターンのようだ。

それに触発されてこともあって、4日連続で午後から喫茶店で書いてみた。

実は、家の近所には昔からやっている喫茶店がけっこうある。同じ店に行っても面白くないので、自分で一番居心地のいい喫茶店探しの旅に出た。

と、いってもチャリで5分圏内である。最初に行ったのが家から一番近い店。
仕事場探しの喫茶店開拓_b0017844_9485826.jpg

2時ごろから行って2時間で3本の原稿を書く。
客は2~3人。おっさんばかり。
仕事場探しの喫茶店開拓_b0017844_9492441.jpg

ここはおばちゃんがママ。客層はおばちゃん集団が6人ほど。これだけ集まると五月蝿いことこのうえない。
途中、おっさんも3人来て賑わっている。4人テーブルを1人で占領しているのが悪くなる。
集中できずに原稿は1本。
仕事場探しの喫茶店開拓_b0017844_949373.jpg

ここもおばちゃんママ。客はゼロ。その後子供が通っていたバレー教室の先生3人がやってくる。その人たちが帰った後に、おばちゃんが一人。原稿は1本。
仕事場探しの喫茶店開拓_b0017844_9495173.jpg

ここもおばちゃんママ。孫が店の中で遊んでいる。客はおじいちゃんが2人。カウンターしかない店。テーブル席のないのはダメ。原稿1本。

昔から地元にある喫茶店が潰れずにやっているのは、地元の仕事をリタイヤしたおっさんやおばちゃんに支えられていることが分かった。

もう少し新規開拓して、自分と相性のいい店を見つけたらそこを根城にする。
by tetorayade | 2013-08-12 00:01 | 私的ネタ
地元の夏祭りに国会議員があいさつがてらに顔を出すことはよくあることだ。

東京・府中市にある大国魂神社の夏祭りに顔を出したのが、地元選出の菅直人元首相だ。

昨年暮れの総選挙では、首相経験者でありながら選挙区で前代未聞の落選。比例で何とか復活した。地元でもまったく人気がないことを堂々と証明してくれた。この時点で議員を辞めるべきだった。

この祭りには自衛隊のブースもあった。

そこから聞こえてきた会話が凄かった。

菅直人がSPを引き連れて神社にやってきた。その姿を確認すると…

「お~、菅来た、菅来た」と元最高司令官のことを呼び捨てである。

彼らには福島原発の爆発事故の時の対応の記憶が蘇ってきているのであろう。その時の指揮・命令に不満があったからだろう。呼び捨てである。

それだけではなかった。

「あいつのせいで苦労させられた」

「あいつのせいで給料が下がった」

愚痴がこぼれる。

市民の反応はもっと冷ややかだった。

普通なら、菅直人を囲むように輪ができるものだが、みんな無視。

握手を求める者もいなければ、一緒に写真を撮る人もいない。

こういう洗礼が一番本人にはダメージになるはずだ。

民主党からは離党勧告が出される直前まで行ったが、大甘な処分で勘弁してもらった。

民主党のイメージをことさら悪くしたA級戦犯は地元でもシカトされ、ここらで議員辞職する腹をくくったらどうだ。

晩節をこれ以上けがさないために。
by tetorayade | 2013-08-11 08:57 | 社会ネタ
産経新聞がマルハンが新世界にオープンさせる韓流テーマパークについて懐疑的な意見の記事を掲載した。
産経も懐疑的なマルハンの韓流テーマパーク_b0017844_11281754.jpg

「逆風でも…」
この…の見出しにすべてが表れている。

日韓関係は李明博前大統領が1年前、突如、竹島へ上陸したことで冷え込み、朴槿恵大統領になって関係が改善されるどころか、「被害者は1000年経っても恨み続ける」的な発言で、日韓の溝をさらに深めることになった。

中国の属国だった朝鮮半島の歴史から、本来、韓国人と中国人は非常に仲が悪いにも関わらず、反日感情だけで共闘を結んでいるから、竹島や尖閣諸島問題で揺さぶりをかけてくる。

この影響で日本人の韓国旅行客が激減して、旅行業者やソウル・プサンの商店は悲鳴を上げている。

大阪・天満には韓国料理の店が3~4軒あるが、以前は賑わっていた店が閑古鳥が鳴いている。

いくら日本人がおとなしいといっても、嫌韓感情が韓国料理店へ行かないことである。

韓流ブームは完全に下火になっている時期での100億円の大型投資である。

産経の記者でなくとも誰もが怪訝に思っている投資であるが、なぜ、新世界に韓流テーマパークなのか?

元々、マルハンがフェスティバルゲート跡地を落札した時、ボーリング場やカラオケなどの複合施設ツーテンゲートを建設する予定で、本来なら去年にはオープンしているはずだった。

ところが、こんなどこにでもあるような施設では集客はできない、と急きょ路線変更したのが韓流テーマパークだった。
産経も懐疑的なマルハンの韓流テーマパーク_b0017844_1204714.jpg

恐らく、韓会長の鶴の一声で決まったものと思われる。

日韓関係が最悪の中で文化を通じて、改善させようとの狙いがある。

皆が賛成するものはヒットしないが、皆が反対するものの中にヒットすることの方が多く含まれている。それならば、ヒットするかも知れない。

韓会長は「日本と韓国とは水と魚の存在になるべきだ」としているが、どっちが水でどっちが魚かということでも揉めそうだ。

韓国は国策で芸能人を日本に輸出している。それに熱狂することは韓国におカネを落とすことだ。日本人が受け入れたとしても、朴大統領から「1000年経っても忘れない」といわれ、日本人の感情としてどうなのか。

いずれにしても、今さら韓流テーマパークでもない。
by tetorayade | 2013-08-11 00:01 | 社会ネタ

初めての花火撮影

デジ一を買って初めての花火撮影だ。

三脚を立て、0.8秒ぐらいのスローシャッターを切りながら何百枚撮影しただろうか。

帰ってパソコンに取り込んで初めて大失敗に気づいた。全部写真の下の方のピントがアウトフォーカスになっている。

カメラが壊れたのかレンズがおかしくなったのかと思った。

初めての花火撮影_b0017844_074116.jpg

初めての花火撮影_b0017844_0104572.jpg

初めての花火撮影_b0017844_0135659.jpg

初めての花火撮影_b0017844_0121763.jpg

初めての花火撮影_b0017844_0164958.jpg

初めての花火撮影_b0017844_0181468.jpg

初めての花火撮影_b0017844_0203120.jpg

初めての花火撮影_b0017844_011657.jpg

初めての花火撮影_b0017844_0231197.jpg

初めての花火撮影_b0017844_23583681.jpg


はたと気づいた。

設定をミニチャライズのままにしていたので、天地がアウトフォーカスで全部ボケることになってしまった。

ま、それはけがの功名で普通のきれいな花火写真とは違って、一番下の写真なんか幻想的な作品に仕上がった、と自分に言い聞かせるしかないが、そうも簡単には心は静まらない。

悔しい。

リベンジは淀川の花火大会か。
by tetorayade | 2013-08-10 00:01 | カメラネタ
クドカンはいつも原稿や脚本を書くのは近所の飲食店で、書き終える夕方になると蕎麦屋で日本酒を飲んでいる、と週刊誌の連載コーナーで紹介していた。

他人の目があった方が原稿がはかどるのかも知れないが、たまに外で原稿を書くのは気分転換にもなる。

あまちゃんの脚本もいつもの店で書いていたのだが、どういう感じで「猫背の盛りのついたサル」というセリフを思いついたのだろう。

アイドルとしてブレイクし始めたアキは、予備校のCM契約で1年間は恋愛がご法度になった。もうすぐ二十歳のアキには当然健康な人に備わっている性欲もある。

さすがにNHKなので「性欲」という言葉は避けたが、クドカンはそれを「欲求不満」という言葉に置き換えた。

1年間恋愛禁止となったアキにすれば、ますます性欲は溜まる一方で、種市先輩と関係を持ちたいが悶々とするばかり。
アキは盛りのついた猫背のメスのサル状態だった_b0017844_9172188.jpg

そのアキの気持ちを「盛りのついた猫背のメスのサルだ」とアキにいわせてしまったのだ。

実際の能年玲奈が猫背で体が硬い、という特徴から、「猫背」を使ったのだろうが、盛りのついた犬ではなく、サルにしたところがクドカンだ。

あまちゃんの後番組のあさイチのオープニングトークでは、この「猫背の盛りのついたサル」でイノッチが突っ込みを入れてきたはずなのに、高校野球で番組はお休み。

残念。
by tetorayade | 2013-08-09 09:36 | テレビネタ
NHKの仕事は実に細かくて丁寧だ。

特に小道具にはこだわる。

春子が昔のコネをフルに使って取ってきた仕事の台本がそれだ。なんと10パターンも用意している。

いくらコネがあるからといって、一挙に10個も仕事を取ってくるところがすごいわけだが、これを親の七光りではないが、自分の実力ではないからと言ってアキはこれらの仕事を「やりたくない」とだだをこねる。
台本にまでこだわりを感じるNHK・あまちゃんの小道具仕事_b0017844_18131323.jpg

春子に頭をはたかれ、思い直した仕事が、NHKの教育テレビをオマージュした「見つけてこわそう」だった。
台本にまでこだわりを感じるNHK・あまちゃんの小道具仕事_b0017844_18232970.jpg

ちなみにこれはミズタクが仕事を取ってきた。

そして、さかなくんの冠番組だったわけだが、本人が実名で登場するのはこれだけではなかった。

黒川は個人タクシーの運転手をしているが、きょうのシーンではみのもんたを乗せたことがあるといっていた。そのほか、名前が思い出せない「どんだけ~」のイッコウも乗せたことが自慢だった。
台本にまでこだわりを感じるNHK・あまちゃんの小道具仕事_b0017844_18134692.jpg

子供番組で人気に火が付くアキに、すぐにCM話が舞い込むこのスピーディーな展開。

今は2010年。

震災は間もなくやってくる。
by tetorayade | 2013-08-09 00:01 | テレビネタ
北三陸の場末のスナックで働いているときはブティック今野の洋服を着ていた春子が、芸能事務所スリーJプロダクションを立ち上げるや否やファッションがスーツに変わった。
スリーJプロダクションの社長になった途端、スーツ姿になった春子_b0017844_13421282.jpg
スリーJプロダクションの社長になった途端、スーツ姿になった春子_b0017844_13422678.jpg

事務所の社長なんだからスーツでびしっと決めることに異議はない。

元旦那のマンションを芸能事務所として使うことのいい。
スリーJプロダクションの社長になった途端、スーツ姿になった春子_b0017844_1344822.jpg

ドラマの展開が速いのはテンポがあって小気味いい。

ところが、疑問に思うことがいくつかある。

黒川は個人タクシーの運転手だ。

いつから独立したかわ分からないが、都内に随分広いマンションを購入している。

東京は特殊かもしれないが、タクシー業界は大変で、そんなに水揚げはないはずなのに、立派なマンションに住んでいることに違和感を覚える。

芸能事務所もスタートしたばかりで、収入はゼロなのに、春子のスーツは新調している。

ミズタクなんか収入がないからGMTと一緒に行ったいつもの寿司屋では、メンバーの方から「水口は2000円でいいよ。後は5000円オールの割り勘で」と懐事情を察してもらっている。

春子にいくら貯金があるかは分からないが、ミズタクに合わせて、もう少し貧乏くさい演出の方が良かったのではないか?
by tetorayade | 2013-08-08 00:01 | テレビネタ
音声通話専用に使っているウィルコムのWX01Kだ。この秋で1年になる。
異常があったから修理に出したのに、異常なしで帰ってきたがまた異常あり_b0017844_23224165.jpg

調子がおかしくなったのは1カ月半ほど前だ。

着信があって電話を取ろうと着信ボタンを押せども押せども反応しない。

6~7回ほど押してようやく反応する、という症状だった。

それ以外にもすべてのボタンの反応が極めて鈍くなる。

すぐにショップへもって行って修理に出す。

その間の代替機がピンクのハニービーだった。

修理から帰ってきたのは3週間後だった。

「検査した結果、何も異常はなかったので、何もしていません」と淡々と状況を説明するショップ店員。

修理に出したときもその症状は出ていたので、受け付けたショップ店員は確認している。

ところが、受け取りに行った時の店員は別の人なので、サポートセンターから帰ってきたレポートを読み上げるだけ。

腑に落ちないが、症状が出ないのならそれで由とするしかない。

修理はしていないので、修理から帰ってきて3週間という言い方はおかしいが、また同じ症状が出た。

また、修理に出しても「異常なし」で帰ってくるのかと思うと、持っていくだけ手間。

ピンクのハニービーは持ちたくない。

サポートセンターは「たまに安物のSDカードが原因でそういう症状が起こることがあります」という回答だったので、いま、SDカードを外した。

これでまた同じ症状が出たら、修理に出すしかない。

異常があるから修理に出したのに、異常がない、とはどういうことや。

次、出したら基板交換か?
by tetorayade | 2013-08-07 00:01 | ウィルコムネタ

肩車スリは新手のスリ?

悲劇は豊中まつりの会場で起こった。

ことしのメインイベントは沖縄音舞台。沖縄の民族舞踊や音楽で会場は、ボルテージが高まっていった。

カチャーシータイムに入ると観客も踊りの輪に入って会場が一つになった。

夫婦で会場に訪れた尼崎在住のHさんは、会場でビールをかなり飲んで、いい気分になっていた。酔いに任せてカチャーシーの輪に入っていた。

すると20代前半の若い女の子の3~4人のグループから「すいません、肩車してもらえますか?」と声をかけられた。

素面なら躊躇するところだが、酔っていたし、若い女の子なのですんなり肩車をしてやった。

女の子は白いGパンを履いていた。

Hさんは肩車をすると女の子の足を両手で持って神経は肩から上に集中していた。

時間にすれば3分ほどのことだった。

カチャーシータイムが終わりエイサーに移った。

ここで会場の観客は一旦、はけて、エイサーの演舞を見入った。

それが終わると最後のカチャーシータイムに移った。

Hさんはまた踊りに輪に入ってと、先ほどの女の子が「また肩車してもらえませんか」と声をかけてきた。

また肩車をしてカチャーシーの輪に入った。

若い女の子を50過ぎたおっさんが肩車して、鼻の下を伸ばしていた。

悲劇に気づいたのは翌日だった。

ズボンの右前ポケットにはだかで折りたたんでいた現金1万8000円がなくなっていた。

ビールを飲んでからは帰るまでお金を使っていないので、途中で落とすようなことはない。

酔いが覚めて冷静に考えたときに、若い女を肩車している時にスられたことに気づいた。

それも2度目の肩車の時にスられた、と思うようになった。

神経は肩から上に集中しているので、下半身は無防備だった。

前ポケットから抜くというのは相当な高等技術だが、Hさんは肩車スリであることに間違いない、と確信している。

普段、大金を持ち歩くようなHさんではなかっただけに、悔しくてしかたがない。

夏祭り会場を狙った新手の肩車スリが流行るかもしれないので、見知らぬ女の子から肩車をせがめれた時は注意しなければならないが、スリグループも結構、酔っているおっさんを狙っている、と思われるのでご用心。
by tetorayade | 2013-08-06 00:01 | 社会ネタ
毎度のことであるが、フジテレビの27時間テレビは実にくだらない。よくぞこんな番組を27時間も垂れ流したもんだ。

番組の始まりでは加藤家が復活。AKB相手に猛獣加藤お父さんが大暴れ。見せパンは丸見えにするのは序の口で、大島優子の顔をおもちゃに。顔面を踏んづけられたメンバーも一人や二人ではなかった。

つかみは加藤家だった。

AKB相手に好き加藤を放題にさせたフジテレビには拍手を贈りたいが、フジ系列の地方放送局の「惚れただろう」コーナーは企画倒れもいいところ。

といいながら結構長い時間チャンネルを合わせていた。

フジテレビは視聴率も首位から陥落して久しく、新聞でいうところの発行部数によって広告料金が変わるように、視聴率が悪ければ、当然広告収入に影響してくる。

制作費がよほど抑えられているのか、今年のテーマは「女子力全開2013」。メインパーソナリティーが女芸人11人とその親たちまで引っ張り出してきた。

人数こそ賑やかだがギャラは知れている。

そんなことよりも、放送局の事情で、女芸人として頑張ってきた森三中がフィナーレを迎える1時間前から姿を消した。

3人の替わりとばかりに大島の母親と黒沢が作ったゆるキャラと村上似のカピパラがスタジオに残った。
テレビ局の不文律で27時間テレビのエンディンから消えた森三中_b0017844_23121423.jpg

午後8時からは裏番組の日テレの世界の果てまでイッテQにレギュラー出演しているために、放送局の不文律で画面から消えざるを得なかった。

日テレは収録だが同じ時間帯に同じタレントが違う番組に出ることはできない。
テレビ局の不文律で27時間テレビのエンディンから消えた森三中_b0017844_23124712.jpg

この不文律は東進ハイスクールの林先生には文化人ということもあってか適応されなかったことがある。

本当はスタジオの中にいたのだろうが、最後のエンディングに最後まで森三中が姿を出すことはなかった。
テレビ局の不文律で27時間テレビのエンディンから消えた森三中_b0017844_23112689.jpg


女芸人で小物感、低予算感を象徴したのが最後の打ち上げ花火だ。

番組同様小さい花火を数で誤魔化していた。
by tetorayade | 2013-08-05 00:01 | テレビネタ