人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2013年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

テレビ大阪の実録警察モノで京都・福知山にある雀荘の摘発を取り上げていた。

かなり期待して見ていたのだが、何のことはない。

無許可の雀荘だった。

京都だったのでてっきり営業許可を取っている店の摘発だとワクワクしていたのに肩透かしもいいところだ。

こんな無許可も摘発しなければいけないにせよ、許可を取っているのに摘発したケースを取り上げて欲しかった。

ナレーションで「いにしえの京都」というくだりがあったが、福知山をいにしえの京都ということ自体、制作したテレビ東京のスタッフは福知山がどういう町か知らないこと丸出し。

京都市内に福知山という町がある、と絶対勘違いしている。

地理に弱いスタッフが制作している。
by tetorayade | 2013-02-18 00:13 | テレビネタ
自費出版の打ち合わせ帰り、出版社の社長のオススメで遅そ目の昼飯に行ったのが天神橋3丁目の鉄板ビュッフェグリーンズケー。

平日と土日では料金が違う。

今日は土曜日なので1人950円で食べ放題、飲み放題、という激安価格。

これまで、食べ放題の店には何度か行ったが、ここの特徴はテーブルに鉄板が付いているので、お好み焼き、焼きソバ、鍋ができるのが最大の特徴。
b0017844_23124260.jpg

この日食ったのは、ぶっかけうどん、高菜チャーハン、てんぷら、サラダ、焼きソバ、肉団子、鶏肝煮。デザートはオレンジムース。ウーロン茶2杯。

ビュッフェメニューのの半分ぐらいしか食べていないが、これだけ、食べるとさすがに夜になっても腹がまったく減らない。

平日は770円だったかな?

流行らないはずがないが、これでやっていけるのか不思議だ。

追記

オープンしたのは2年ほど前か?

オープン当時から値段が何度か値上がりしたり、メニュー変更も度々。今回行った時は握りずしはなかったが、以前はあったようだ。すしは散らし寿司になっていた。

てんぷらもえびが見当たらなかった。

こういうスタイルの店、最初は話題になるが、話題になりすぎて原価割れするような食い方をされ、結局撤退する店もある。
by tetorayade | 2013-02-17 00:01

2冊目の自費出版編集

昨年出版した人の紹介で自費出版の本を手がけることになった。

年齢は80を超えている。

聞き書きになるのか、先方があるていど書き溜めているものをリライトするのかは、明日の打ち合わせ次第。

大手商社に勤務したのちに、独立。どんな人生を送ってきたのか。成功者の話を聴くだけでも面白い。

SMの世界では第一人者という人の出版話もあったのだが、断ち切れになっている。
by tetorayade | 2013-02-16 00:49 | 私的ネタ
NHK職員の平均年収が1780万円で、一般サラリーマンの4倍も取っていると問題になっている。

これ、本当に平均だとしたらべらぼうに高い。

平成23年度版の給与体系を見ると、大卒モデルが30歳で年収が約590万円、35歳で733万円。
課長や部長などの管理職の年収は年俸制となり、課長で年収が1015万円、部長で1314万円、局長で1586万円となっている。

民放キー局は給料が高いことは有名で、フジが約1400万、朝日が1300万後半、TBSが1300万前半、となっている。

広告収入が頼りの民放は景気によって売上高が左右する。今はCM収入が各社とも落ち込んでいるが、NHKは受信料なので左右されない。

そんな高給批判を政府からも追及されないように、NHKは今放映中の大河ドラマ「八重の桜」に、小泉孝太郎を起用している。これなら、舌鋒鋭い弟の進次郎もNHK批判はできない?

職員の給料はともかく、潤沢な受信料のお陰で、民放に比べたらNHKのドラマはよく作りこまれている。

その代表例が今、TBSで放映されている「とんび」だ。

NHKでも1年前の1月に放送されていたので、非常に比較し易い。

舞台は昭和30年代後半の広島だった。

NHKは時代背景から広島という場所にも拘ったものを作り上げていた。

昭和30~40年~50年代と移りゆくストーリーの中で、その当時の車を小道具に使っていた。

広島が舞台なので出演者も広島弁で喋った。

感情移入がし易かった。

ところが、制作費が限られているTBSのとんびは、初回を見て、見る気が失せた。

最初のシーンこそオート3輪が出たが、時代背景はほぼ無視。

役者は標準語に切り替わり、場所がどこなのかも分からず、興ざめ。

学芸会を見せられているようで、特に財政悪化のTBSの台所事情がこのドラマににじみ出ている。

職員の給料が高すぎるという批判にもめげずに、これからもNHKには質の高い番組を作り続けてもらいたいものだ。
by tetorayade | 2013-02-15 00:01 | テレビネタ
NHKのクローズアップ現代でユーチューブなどの動画サイトに投稿して、それを収入にしている人を取り上げていた。

それが女性なら「動ガール」と呼ぶらしい。

人気動画になると何十万人ものアクセスがある。そういう人気動画には広告スポンサーが付く、というのだ。

その広告収入がサラリーマンの給料よりも高くなれば、会社を辞めて動画作り一本で生計を立てている人もいるようだ。

ただ、日本ではそれで食えるような人は極、極一握り。

動画に付く広告で食って行こうと思えば、毎回、毎回、より注目されそうな動画を作り続けなければいけない。所詮は素人が趣味で始めたもので、やがてはスランプに陥り、ノイローゼにもなる。

趣味の世界でやっているほうが、よほど気が楽。あえて、広告を断っている人も中にはいる。

ネットの世界ではアクセス数が多いことが、広告媒体としての価値が出る。

ところで、人気ブログランキングがきのうから変なことになっている。クリックすると〓〓〓 無効なリンクコードです 〓〓〓という表示が出る。

それで昨日は新たに登録しなおして作り直した。

テストしたら、ちょうんと人気ブログランキングに飛んだのに、今朝、やってみるとまたもや〓〓〓 無効なリンクコードです 〓〓〓という表示が出る。

これは何か作為的なものを感じる。

誰かが人気ブログランキングに登録させたくないのだろう。

人気ブログランキングへ
by tetorayade | 2013-02-14 00:01 | 社会ネタ
12日、北朝鮮が3度目の核実験を強行したことで、朝鮮半島に緊張が高まった。折りしも韓国では朴槿恵新大統領の就任式が2月25日に行われる。

その日に向けて4度目の実験が行われる可能性だって捨てきれない。

中国は中国で、尖閣諸島を警備する日本の自衛艦にレーザーをロックオンして、交戦一歩手前だ。

自衛隊内部ではいつ戦争が起こってもおかしくない、という噂が流れている、という。

佐世保の海上自衛隊に勤務する息子を持つ母親は、それを聞いて「戦争が始まるからすぐに辞めて戻ってこい」と泣いて懇願している、という。

フリーター状態でだらだらした生活を送っていた子供を鍛えるために、自衛隊に入れたが、そんな息子も気がつけば32歳、独身。

安倍首相はああ見えてタカ派。

やるときはやる。

戦争が起こってからでは遅い、と今日も母は泣く。



人気ブログランキングへ
by tetorayade | 2013-02-13 00:01 | 社会ネタ
人気ブログランキングのコードが無効という表示が出ると共に、ランキングから消えてしまった。

2004年からコツコツ積み重ねてきた結果が一瞬のうちに消えた。

この頃はやっとベスト10圏内に復帰した、というのに脱力感で一杯だ。

本日からまた1からの再スタートだ。

このトラブル、結構あるようだ。

これはまだランキングだからいいものの、ブログの書いた記事が消えることを思うとぞっとする。

人気ブログランキングへ
by tetorayade | 2013-02-12 23:47 | 私的ネタ
パチンコ好きの江坂のMさんがまたまた面白い情報を提供してくれた。

Mさんはマンションから近くにある2軒ほどのホールを根城にしている。従って顔なじみで、店で会え世間話をする客も数多い。

ホールの近くの喫茶店にいると、Mさんを見て新聞を片手に近づいてきた常連客がいた。

「Mさん、パソコンで遠隔ができるんですね。Mさんなら何でも知っていると思うのでやり方を教えてくださいよ」

40前のその男は、普段新聞を読むような人間ではなかった。

遠隔操作とは遠隔操作ウィルス事件のことで、犯人が逮捕された新聞記事を手にしていたのだが、新聞やニュースを見るタイプではないので、この遠隔操作のことをパチンコの遠隔操作と完全に勘違いしている、ということがすぐに分かった。

つまり、大見出しの「遠隔操作」を見ただけで、記事も読まずにパチンコの遠隔操作がパソコンでできるものと思い込んで、Mさんに教えを請おうとしたようだ。

パチンコファンの間では遠隔操作は神のごとく信じ込まれている。

業界自らがやっていないことをアピールしない限り、この都市伝説は永久に信じ込まれる。

100%シロといえる業界になる日はいつのことやら。

そのためには、不正に関与するようなホールは、まず淘汰されたほうがいい。


人気ブログランキングへ
by tetorayade | 2013-02-12 00:01 | 社会ネタ
捕まえてみればアキバにゴロゴロしているオタクチックな男だった。

自分のイメージとは真逆だった。細身で頭が切れて、冷徹そうな男を想像していたのだが。

デブで頭髪が薄くなり、チェック柄好き。絵に描いたようなオタク像だ。

そう、遠隔操作ウィルス事件の真犯人とされる片山祐輔容疑者のことだ。

片山容疑者のオタク振りを示すのが、ゲームオーバーで首吊り自殺を予告した時、フィギユアを使っていたこと。

逮捕される直前には猫と戯れることができる猫カフェでまどろんでいた、という。

逮捕される直接のきっかけは、ネット社会から現実社会に出てきて、江ノ島で猫の首輪に記録媒体を取り付けたことだ。これで墓穴を掘った。

警視庁お得意の防犯カメラ捜査から片山容疑者を割り出した。

サイバー犯罪には弱い警察も、こういう地道な捜査から犯人を割り出すのはお手の物だった。

ネットでは警察をあざ笑っていたが、捕まるために江ノ島まで出かけたとしか思えない。


人気ブログランキングへ
by tetorayade | 2013-02-11 00:04 | 社会ネタ

意外な展開が続く純と愛

金曜日は1時に京橋の取材が終わり、次は4時、日本橋だった。

あまりにもたっぷり時間があるので、歩いて、大阪城経由でNHKへ。

きょうは純と愛の収録をやっているのではないかと思って向かったのだが、予想は見事に的中して、撮影現場を見ることができた。

NHKの朝ドラとは思えないストーリー展開で、純の父親が病死してしまう。

脚本家の遊川さんは、ことごとく視聴者の予想を裏切ってくれる。愛の力で息を吹き返すのかと思われたが、結局は死なせてしまう。

で、8日に収録していたのは、次の展開に移っていた。

恐らく舞台は宮古島だと思われる。

純の夢であった魔法の国が実現しているような風景だったが、この日の撮影で新たな新事実が分かった。

遊川さんらしいといえば、そうだが、ここまでするのか、と思った。

さすがに、見たことを全部書くのは、憚れるが、誰も想像できない展開だ。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2013-02-10 00:08 | テレビネタ