人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2012年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

安倍元首相に承認された

フェイスブックの新たな可能性を感じる出来事があった。

それは安倍元首相に友達申請したところ、あっさり承認してもらったこと。

それで分かったことは安倍さんがフェイスブックを始めたのはついこの間の2月17日の金曜日から。そのとき友達の数をみたら1970人台だった。現在は2400人台。

偶然だった。

友達申請があった神奈川県の設計事務所の社長を承認したら、その人の友達の中に安倍元首相を発見したのがきっかけだった。

ダメもとで承認申請を送ったところ、簡単に承認されて驚いている。

で、ふと思った。

これは本文は本人が書いているのだろうが、承認申請は秘書がやっているのではないか、と。フェイスブックを始めたばかりで大量の承認申請が来ていると思われるがそれを本人がいちいちやっているとは思えない。

で、承認申請があったものはすべて承認している、という印象だ。

鳩山ポッポは現職の首相時代にツイッターとブログをやっていた。ツイッターは互いにフォローしあっていたが、このところツイッターにはまったく興味がなくて開くこともない。

ツイッターやミクシーは匿名性が高いが、フェイスブックは違う。これがフェイスブックの面白いところで素性が分かっているから、ビジネスにも展開できる。

で、安倍さんの件だが、政治家にとっては自分の考え方をダイレクトに知ってもらえる有効な手段だと思う。なによりも有権者との距離を埋めるには最高の媒体でもある。

安倍さん以外にもたくさんの政治家がすでにフェイスブックを使っていると思われるが、ブログとは一味もふた味も違うので、活用する政治家が増えること間違いなし。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2012-02-19 00:56 | 社会ネタ
芦田愛菜ちゃんに強力なライバルが現れる。

家政婦のミタに出ていた本田望結ちゃんだ。きのうぴったんこカンカンに出ていたが、女優業だけでなく、スケートでも一流選手になれる素質を持っている。将来はオリンピックスケーターにもなれそうで、子役ブームが終われば、スケートに専念しそうだ。

芦田愛菜ちゃんはちょっと出すぎた。おなか一杯。食傷気味になってきている。20年後にあの時のスターは?という手の番組にも登場確実。

最近でいえば、子供店長の加藤清史郎くんがいい例で、子役のブームの寿命は短い。

そんなことは先刻承知なのか、ブームで稼げるときに稼ぐ。そんな貪欲さを感じるほどの露出度だった。

たかの友梨ビューティクリニックのCMに、子供の愛菜ちゃんが出た時点で人気の終盤を感じた。野球でいえば8回裏。

ことしは芦田愛菜ちゃんにとって代わって本田望結ちゃんの露出が増えることになりそうだ。


人気ブログランキング
by tetorayade | 2012-02-18 10:36 | 芸能ネタ

開発者の苦悩

メーカー開発者の苦悩の中でも、ビッグタイトルの開発をやりたがらないという問題は門外漢には新鮮な驚きだった。

ヒットして当たり前。

これである。このヒットして当たり前がプレッシャーとなっている。まず、こけることは許されない。サラリーマン開発者で冒険者はそうそういない。

それだけではない。

看板台だけに制約がありすぎることも問題。

あれしちゃいけない、これしちゃいけないのオンパレード。それでいて飽き飽きしているキャラクターは使わなくてはいけない。

客層が年寄りなので、斬新なことはできない。開発者としての腕を挑戦ができないこともこの機種を開発したがらない理由の一つだが、今回モーションセンサーを業界初採用。チャレンジしているではないか。

それは客の手の仕草がきっかけになった。

ある種のオカルトだが、そのオカルトをモーションセンサーを使って煽るという事か。

年寄りたちがこのモーションセンサーをどう使いこなすか、それとも見向きもされないのか。

そこが見ものだ。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2012-02-17 00:01 | 業界ネタ
慌しい朝だった。

天気予報では曇りのち雨。電車で移動するつもりで支度していた。外に出ると雲は重く垂れ込んでいるが、雨は降りそうな気配はない。

最近の天気予報は本当に当たらない。ここは自分の直感を信じるしかない。

電車で行く予定をやめてバイク移動にすることに。

それまで履いていたGパンを防風ジーンズに履き替える。

ところがヒートテックのスパッツが見当たらない。待ち合わせ時間は刻々と迫るばかりでゆっくり探している時間はない。

意を決して暴風ジーンズだけで出かけることにする。

気温は6度。

防風ジーンズの本当の真価が問われるときが来た。

移動時間は30分ほど。

生地そのものが風を通さない。足に直接風を感じないので、これ1本だけでもそんなに寒くはない。

結果からいうと30分ぐらいなら十分しのげる。

ただ、家に帰って改めて感じたことがある。風が当たる足の面は相当体温が奪われている。ホットカーペットで暖を取っているが、風が当たっている部分の体温がなかなか上がらない。

ヒートテックはヒートテックでそれなりの効果があったことも再認識。

ユニクロといえばフリースやヒートテックだが、個人的には防風ジーンズがナンバー1商品である。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2012-02-16 00:01 | 私的ネタ
奈良県庁の部長がフェイスブックで産経新聞の不買を呼びかけていたことがニュースになっている。

県庁の部長だったことが問題なのか、新しいコミュニティーサイトであるフェイスブックを使っていたことが新聞ネタ的には旬だったのか。

フェイスブックは実名性が高く、顔写真まで乗せるのが基本なので、日本では馴染まないと思われていたが、逆に実名性が高いことは変な書き込みもできないので信頼性が高くなる。

個人の姿がまるで見えない2ちゃんねるとの違いがここにある。

県庁の部長の立場で産経の不買運動をけしかけるような書き込みをして、それに対して何人の人が「いいね」といったのか、はたまた、その書き込みに対してどんなコメントが寄せられたのか、そっちが気になる。

それとこれを垂れこんだのは誰か?

友達承認しないとその部長の書き込みは読めないので、承認している誰かが、県庁の部長の立場で不買運動はおかしいと、と直接本人にたしなめたのか、それともそれもしないでいきなり新聞社に電話したのか。それも気になる。

複数の新聞社が取り上げているところを見るとタレこみだろう。

産経にはフェイスブックの書き込みの画面まで掲載していた。情報提供者がその画面を見せたのだろう。

とりあえずは県庁の部長が不買運動を書いたからニュース価値があると判断したのだろうが、どうでもいいニュースだ。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2012-02-15 01:22 | 社会ネタ

民意

宜野湾市の市長選で勝ったのは県外移設派だった。

これが民意といえば民意。

基地反対、県外移設を唱えるものが沖縄の正義であるかのようだ。

しかし、地政学的にも中国からの侵略を防ぐためにも沖縄に米軍基地は必要だ。

世界一危険な普天間から辺野古への移転を進めることがベターである。田中防衛大臣は政治家としての資質がないが、年内着工は正しい。


人気ブログランキング
by tetorayade | 2012-02-14 09:56 | 社会ネタ

地方で見つけた穴場

フリーなので日曜祝日もない。

仕事があらばどこへでも飛んでいく。

ということで本日はこの風景が見える場所へ。
b0017844_2127859.jpg

移動に片道2時間20分。往復で5時間近くもかかって取材時間は1時間足らず。

仕事が終わって2時過ぎには駅前の居酒屋に入っていた。

看板は居酒屋なのに、店内は田舎町にあるカラオケスナック。実際、昼間から歌っている客もいる。

直通の新幹線の時刻まで1時間40分もあるので、ここで腰を据えてクライアントと飲む。

カラオケスナック居酒屋だが、出てきた料理がこれが旨い。とくにしめさばにはクライアント共々感激した。

大阪で食べるしめさばは酢でしめすぎているのだが、ここのは生加減が絶妙で身がまだ赤い。酢で身が白く固くなっていない。

こんなしめさばは初めて食べた。

次に感激したのが卵焼き。名産品のサクラエビが入っていて、そのエビのいいだしが効いている。こんな旨い卵焼きも食べたことがない。

ここの70過ぎのマスターが人懐っこく、どんどん客に話しかけてくる。

場所柄観光客や一見客も多いのだが、乗せ上手。

地元の常連客のおばあちゃんが、越路吹雪の「愛の賛歌」を本人ばりに歌い上げると店内は拍手の渦。

1曲歌ってすぐに帰って行ったが、マスターによるとスナックのママだとか。

大ジョッキ4杯が空になる。

酔いはそんなに回っていなかったが、十八番を披露して拍手喝さいを浴びながら店を後にした。

場末のカラオケスナック居酒屋なのに料理の味は逸品。レトロな店内の雰囲気と人懐っこいマスター。

「月20万円出すからこない?」と社交辞令をいわれたが、地元だったら入りびたりになりそうな店だった。


人気ブログランキング
by tetorayade | 2012-02-13 00:01 | 私的ネタ

雪国で暮らすということ

雪国では写真のように雪まつりやら氷の祭典などで雪を楽しんでいる。
b0017844_191077.jpg

b0017844_18221.jpg

こうして作品を見る分には、雪が降らない地方から見れば雪国が羨ましく思える。

ところが、雪国の人は毎日雪と格闘している。屋根の雪下ろし風景を見るたびに、雪下ろしのいらない雪を溶かす屋根が作れないものかといつも思う。

今回の豪雪では何人もの犠牲者が出ているが、雪国ならではの悲しい出来事が起こっている。

パチンコに出掛けた認知症のお年寄りが家に帰ってこない、というのだ。

家族は警察に捜索願は出しているが、「春になるまで見つからないかも知れない」と半ば諦めている。

南国なら一晩帰って来なくても凍死することはないが、雪国ならではの悲劇ともいえる。


人気ブログランキング
by tetorayade | 2012-02-12 01:24 | 社会ネタ

出版とパチンコ

自費出版を得意とする出版社へ行ってきた。会社ではあるがワンルームマンションの一室でたくさんの本に埋もれながら社長が一人やっているような規模である。

これまで500冊以上も手掛けている。

壁に張り出された予定表には15冊ぐらいが進行中であった。

おばあちゃんのホームレスを題材にした本は、朝日、読売新聞でも大きく取り上げられ10万部以上売れた。

最初はルポルタージュ形式で書いていたが、これでは社会批評になって面白くないので、全面書き直し。おばあちゃんの一人称に変えて売れる手応えを感じた、という。

自費出版といってもほとんどその社長が書いているのだが、驚くのはここから。

本人取材は2時間×2回の4時間で、200ページの本に仕上げるのだが、2週間あれば書き上げる、という。

書くスピードが尋常ではない。

10万部売れると印税が5000万円ほど入ってくるという。

社員で編集長をしていた時には25万部の本を出して、1億円以上が入り込んで潰れかけていた会社が立ち直ったことも。

当たればでかいのが出版だが、最近は出版不況で友達の出版社が次々と店じまいしている、という。

当たればでかいといえばパチンコだ。

ビギナーズラックで大当たりを引き当ててパチンコにはまる人も少なくないように、出版も当たればでかいのでなかなか止められない。

いま、進行中の企画の中におっさんの泣ける話、というのがある。ここに知り合いが登場している。50過ぎて会社が倒産。今は深夜の青果市場でおばちゃんたちに囲まれて働いているのだが、その悲哀が描かれている。

深夜から早朝まで青果市場で働き、昼間は本来の自分の仕事に充てている。青果市場まで自転車で1時間の道のりを毎日通勤している。

雨の日もその姿は変わらない。

原チャリを買えば15分で移動できる距離だが、自転車にこだわっている。

おかげで10キロは体重が落ちたというが、真夜中に自転車をこいでいる姿を想像するとむしろその姿に泣けてくる。


人気ブログランキング
by tetorayade | 2012-02-11 10:19 | 私的ネタ

3次会

3次会コースだった。

ナンバで飲んで〆は西中島。帰りはタクシー。

こうなることは予見していたので、電車移動だった。

飲んでいた相手は、今やっている仕事のヒントをくれた社長なので、それが形になったことを何よりも喜んでくれて3次会コースとなった。

へパレーゼは飲んでいない。今起きたのでどれぐらい酒が残っているのか分からない。

出かけるまでに後2時間半。

体調を整えるとするか。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2012-02-10 09:46 | 私的ネタ