人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2011年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

今年は4月も半ばを過ぎた、というのに今日は寒かった。前日よりも6度も最高気温が低い。夜、思わずストーブを付けてしまった。

春だというのに、このなかなか気温が上がらない傾向は、去年とよく似ている。

その後やってきたのが、猛暑、酷暑だった。日中の最高気温は37~38度である。夜になっても気温は30度越えだった。

去年と同じような猛暑が今年もやってくるのだろうか?

東日本では電力不足のところへ持ってきて、昨年並みの酷暑が到来した日には熱中症でバッタバッタと倒れる人が続出するのではないだろうか。

夏の電力不足に対して、金融庁は証券業界にこの夏のオフィスの室温を最低30度以上に設定するように促した、という。

エコのために28度がルールになっていたが、室温30度では仕事もはかどらない、というものだ。

全身をアイスノンで包んだクールスーツなんてものでも作らないことには、30度の室温には絶えられない。

30度の室温がイヤなら東京を脱出してエアコンのいらない北海道へ行く手もある。そのほうが関西へ逃げるよりもエコにつながる。

この金融庁に追従してオフィス30度、という監督官庁はまだまだ出てくるのか?

金融庁が言い出した意図はどこにあるのだろうか。ただ節電だけでは30度を納得させることはできない。

客商売の一般店舗にまで30度とか言い出したら、ますます景気が停滞する。

後は冷夏になってくれることを祈るしかない。それでは農作物に影響が出るけれど。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2011-04-20 00:57 | 社会ネタ

昔はよかったというけど

今は仕事もなくなった、カネもない、といいながら腕には金無垢のローレックス。乗っている車はベンツ。

一番いい時代を体験してきたメーカーの元営業マンだった。

全盛期の話しを聞くと羨ましい限り。同時代に同じ業界にいながらそんな余得に預かることはなかった。

メーカーの営業マンが重宝されるのはすなわち、店の売上げに直結するからだろう。

200台ぐらいの店を畳もうとしていたホールの女性オーナーにアドバイスしたことで、店は息を吹き返す。

その店は当時まだ台間玉貸し機を設置していなかった。

玉はカウンターで手動で100円切りだった。

そこで、一発機を入れると共に、そのコーナーだけに台間玉貸し機を入れさせた。

アドバイスとは「客は立たせたらだめ」

それで、一発機のコーナーから見る見る売上げが上がり、店は蘇った。

義理堅い女性オーナーだった。

店が儲かったのはその営業マンのお陰とばかりに、営業で店に顔を出すたびに、オーナーは10万円の小遣いを渡した。

店の売上げから抜くので、1000円札で100枚。

行くたびに小遣いをくれるので、行きにくくなった。

最終的には店を畳むことになったのだが、そのオーナーは子供いないこともあり気風がよかった。

最後にその営業マンに「ありがとう」と手渡したのが500万円のキャッシュだった。

断ることなく、ありがたく頂いた、という。

業界全盛期の2世経営者の遊びがこれまた半端ではなかった。

ラストまで残った女の子に1人10万円のチップを渡していた、という。残っている女の子は10人以上。チップだけで100万以上が消えた。

金にあかしてそれはそれは筆舌に尽くしがたい滅茶苦茶ぶりだった。

見送りに行った女の子をエレベーターの中で裸にして外に放り出すとか、店の中で女の子とプロレスまがいのことをしたり、消火器をまいて暴れたり。

傍観無人ぶりに「ヤクザが同席していたら絶対危ない」と忠告を受けるほどだった。

急に大金を持つようになったものだから、紳士的な遊び方も知らなかった。

そんなオーナーたちとも一緒になって遊んでいた。

そんな遊びをしていた人たちの店は今どうなっているか?

いわずものがな。

昔はよかった、といけどそんな恩恵にあずかることはなかった。いい思いをしていないから逆に今があるのかも知れない。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2011-04-19 01:41 | 業界ネタ
震災報道に隠れるかのように、7月復帰を発表したのが市川海老蔵だ。

震災からの1カ月報道、統一地方選報道が11日に行われることをにらんで、発表したのが前日。当然、一般紙は海老蔵復帰ニュースなんてそれどころではない。

この海老蔵7月復帰を快く思っていない芸能レポーターが井上公造だ。

あれだけ、酒は飲まないといっていたのに、すでに解禁しているようだ。井上公造は酒を「飲むな」とはいわないが、と前置きした後で京都でのらんちき振りに呆れる。

どうやら祇園で泥酔するまで飲んでいたようだ。さすがの贔屓筋も呆れているらしい。

格式があり、秘密も守れる祇園の花街からそんな声が漏れるということは、海老蔵の全然反省していない行動に周囲は呆れている。泥酔して贔屓筋にまで暴言を吐いていたとしたら、贔屓は逃げるだけ。

それは自己責任。

酒を飲むのはいいが、飲み方である。

この前も泥酔して喧嘩になったわけだが、泥酔するような飲み方をすれば、また喧嘩沙汰になる可能性は高い。

今回は祇園という閉鎖的な町なので、守られているが、東京で泥酔するまで飲んでいたら、芸能スキャンダルに飢えている週刊誌や芸能リポーターの格好の餌食となる。

祇園なら店も芸子も口が堅い、という安心からついつい本性が出たのだろうが、海老蔵の酒好きは病的かも知れない。泥酔するまで飲むということは、酒が入ると自制が効かない、ということだ。

酒で失敗して、酒を飲まないと反省したのに、また泥酔するまで飲んでいるから、こいつは悪い、というのが井上公造のスタンス。

歌舞伎役者にも世間の一般常識は必要だが、歌舞伎役者を世間の型にはめ込んでしまういかがなものなんだろう。

人間国宝でもホテルで浮気していて、下半身をさらけ出した写真を撮られるわけだ。

歌舞伎の世界は、女好きの血脈集団、と思えばいい。

海老蔵は女も好きだが酒にも目がない。泥酔して喧嘩して、殴り殺されてもそれが海老蔵の人生と思えばいい。

それは海老蔵本人が選んだ人生なのだから。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2011-04-18 01:03 | 芸能ネタ

300年の伝統

b0017844_23294227.jpg

漆黒の闇と思われた空が、写真で撮るとコバルトブルーでなかなかきれいだ。
b0017844_23322469.jpg

b0017844_2349842.jpg

この風景をお公家さんも眺めていた。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2011-04-17 00:36 | 私的ネタ

一筋の光明

3社目の営業活動でようやく光明が差し始めた。

今回はタイミングが抜群だった。先方も丁度その必要性を感じていた。そこへ、企画書を送ったものだから、担当者、上司ともこちらの提案を受け入れてもらえた。

何よりも気心の知れた部長だったので話もスムーズだった。

後は値段だ。

大まかな値段提示はしていたが、先方は値切る気満々。

近場のクライアントならその辺も柔軟に対応できるのだが、これが結構遠い。

再来週は同じ企画で福山まで行くアポが取れた。

なんか、遠くばかり決まりそうで、それはそれで嬉しいのだが、簡単に行ける場所ではない。

先行2社も断られたわけではない。

1社は値段次第。もう1社は具体的なレイアウトを見せれば、大きく前進しそうな可能性がある。

当面はこの3社+1社を落とすことに全精力を注ぐしかない。

この企画は競合ライバルがいないことで、値段の叩きあいはないが、価値観にいくらの値段をつけてくれるかだ。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2011-04-16 01:56 | 私的ネタ
日曜日の昼下がり、パネルクイズアタック25を観ることはない。

たかじんのそこまで言って委員会を観ているからだ。

ただ、たまにザッピングの途中で観ることはあるのだが、司会の児玉清がげっそりとやせ細り、痛々しいまでの姿で進行しているのに驚いた。

痩せただけでなく、老いて弱々しい。白髪交じりの髭を貯え、昔の面影がない。

それもそのはず。肝機能障害で3月31日の収録の欠席に引き続き、4月14日の収録にも入院のために欠席した、という。

1回の収録で2本撮りしている。

いつのまにか、アシスタントは沢木美佳子から局アナの加藤明子に代わっていた。

普段番組を観ないので、思い出はないが、ブラウン管テレビが故障して画面全体が緑がかった状態になり、パネルの色が識別できなくなったことがあった。

液晶テレビに買い換えたときパネルの色がはっきり分かるようになった、と子供が喜んでいた。

肝機能障害とは肝硬変だろうか?

身内2人が肝硬変だった。

厳しい病気だ。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2011-04-15 08:48 | 芸能ネタ
友の人生はジェットコースターだ。

会社が倒産したのは昨年。給料の遅配が続いていた結末だった。

求職活動中にものすごい話しが転がり込んできた。新しい媒体を立ち上げる責任者に抜擢された。名刺もDMも媒体サンプルのお膳立てもできて、営業活動に勤しんでいた。

その祝杯を挙げるために万博公園へ花見へ行ったのは4月2日。その後4次会まで続いた。

その会社の責任者にも会わせてもらうことになっていた。自分の仕事にもつながりがあるからだ。紹介できると思い、知り合いの会社の常務にも電話を入れた。

「モデルの使用範囲がカタログ以外にも広範囲に使えるのなら、切り替えてもいい」ということだった。

その会社が対応できるかどうかを会って話しを詰める予定だった。

祝杯を挙げて3日目だったろうか、突如電話が入る。

「辞めることにしました。きょう契約解除の話し合いに行ってきました」

まだ、スタートしたばかり。

完全成果報酬型の契約であることは、本人も納得していると思ったのに。突然だった。

これで再び職安通いが始まった、と思った矢先だだった。再び電話が入る。

「就職先が決まりました!来週引越しです」と電話の向こうの声が弾んでいる。

倒産した会社の同業他社への就職だった。

やる仕事はこれまでと同じなので、水を得た魚のようだ。

しかし、1号でもいいから新媒体を見たかった。

業界が違うので何ともいえないが、このご時世に広告を集めるのに、楽な業界はない。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2011-04-14 00:56 | 私的ネタ
テリー伊藤は自らが司会するテレビ番組で、石原都知事の選挙戦術について「敵を作っていう才能を持っていますよね」と絶賛した。

選挙戦の最終日、最初で最後の街頭演説に立った石原都知事は、深刻な電力不足を背景に「無駄な電力消費」と批判の槍玉に挙がったのがパチンコと自販機だった。

東京電力管内の1日の使用電力量はそれぞれ「450万キロワット」とされているが、「2つの電力がなけりゃ、福島の原発はいらない」と訴えた。

こうして、テリー伊藤のいうところの敵にパチンコ業界と自販機が仕立てられたわけだ。

街頭演説で「自販機、パチンコやめちまえ」は一種の“選挙公約”のようなものだった。

当選後のインタビューでも、「1000万キロワットのさほど必要でもないものに電力が使用されている。生活様式を改めたほうがいい」と改めてパチンコ業界と自販機を批判した。

1000万キロワットが福島原発の発電能力に匹敵する、といいたいのだろうが、理系の人間ならすぐにそれがおかしな話と気づくはずだ。

福島第一原発の6機の原発の合計の発電力は470万キロワット。

1日の発電量は470万キロワットx24時間=11280万キロワット時。

パチンコと自販機の消費電力量は450万キロワット時。

両方合わた900万キロワット時でも、11280万キロワット時の8%に過ぎない。

キロワットとは車でいうところの最高時速のようなもので、走行距離に相当するのがキロワット時。

福島原発の最高速度は470万キロワットなので、24時間走り続けた走行距離は11280万キロワット時ということになる。

1日、11280万キロワット時の発電能力に対して、自販機とパチンコを併せても900万キロワット時の消費電力なので約8%にしかならない。

キロワットとキロワット時を混同して使っているので、おかしな話になっているが、福島第一原発の発電量と自販機とパチンコの電力消費に匹敵する、と知ってか知らずか、誤解を植えつけているわけだ。

普段からキロワットとキロワット時の違いが分かって人はそうそういない。

そもそもここで出てくる数字は、読売新聞が発表した東電管内の主な産業の1日の消費電力に基づいているものと思われる。新聞の注釈にはキロワット時となっている。

それによると、パチンコは415万キロワット時で、自販機は400万キロワット時なので、併せても815万キロワット時なのだが、それを1000万キロワットにする強引さがある。

細かい数字はどうでもよくて、福島原発の発電能力に匹敵する電力を不要不急のパチンコと自販機が食っていることを国民にアピールしたかったのだろう。

街頭演説と当選直後のインタビューで重ねて訴えた、ということはパチンコ潰しの固い決意すら感じさせる。

今回の都知事選は政策よりも、この国難といえる非常時に誰が一番リーダーシップが強いかで、選ばれた。

出鱈目な数字を並べられていきなり不要論を投げかけられた両業界は、どう反論するのか。

社会的な必要性が明確にできなければ、石原都知事の思う壺。

電力消費が問題なのではなく、パチンコ店の存在そのもを消そうとしている動きもあるが、それに同調しそうなのが、石原都知事である。

このピンチを業界が変われるチャンスと捉える人も。

昔の機械代が負担にならない時代なら、半年店を閉めても大丈夫なぐらいオーナーの財布は分厚かった、という。

その時代に戻れ、ということだ。

これから高い機械を買える店舗も少なくなるはずで、業界が変わるきっかけがこの震災だったことになる。

天災によって教えられる原点回帰でもある。

都遊協は石原発言の数字が間違っている、と反論したが、インパクトは極めて弱い。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2011-04-12 23:54 | 業界ネタ

暗躍する募金詐欺

休日の三宮。

ターミナル周辺では、東日本大震災の募金活動があちこちで行われていた。

小学生の女の子たちが大きな声で、募金を呼びかけている一方で、首から身分証明書のようなものをかけて、無言でたたずむ20代後半の女性、ボランティア活動とは無縁のようなヘラヘラした男2人、信号待ちで立ち止まっていると、一人一人に声を掛けてくるおやじなど様々だ。

募金詐欺が問題になっているが、三宮にも間違いなく募金詐欺グループが出没していることを確信した。

募金詐欺グループからすれば、今は震災特需の書き入れ時だ。

一見しただけで、こいつらはニセモノと分かるようなのがウジャウジャ。そんな奴らの所へたとえ10円でも入れる人はいないと思うが、玉石混交の今は、募金詐欺天国になっていることは間違いない。

募金詐欺グループに学習能力があるとすれば、まず、一見してニセモノと分かる身内は使わない。

小学生を加えて信頼させるような形式を取るだろうが、そこまで成り下がって欲しくないものだ。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2011-04-12 00:57 | 社会ネタ
パチンコ業界が恐れていた石原都知事が再選を果たした。

選挙戦もほとんど活動しなかったが、それでも楽勝だ。

当確直後のインタビューで語ったのが、夏の電力不足を前に、こんな持論を展開している。

「パチンコと自動販売機で合わせて1000万キロ・ワット近い電力が消費されている国は日本以外にない。こういう生活様式は改めたほうがいい。(節電のために)国は政令を出せばいい。パチンコする人は我慢なさい、自販機がなくても生きていける」

とりあえず、パチンコと自販機が消費電力の目の敵とされているが、本命はパチンコ屋で、パチンコだけを叩くわけにもいかないので、ついでに自販機も挙げておこうか、ということではないだろうか。

中国をはじめ韓国・北朝鮮が嫌いな石原都知事は、税収がほかの自治体よりも潤沢な東京都にすれば、パチンコ店の税収がなくなっても痛くも痒くもないのかも知れない。

ということは、東京都の節電条例でも作ってパチンコ店が営業できないようにがんじがらめにする気なのかも知れない。

国難を乗り切る、という大義名分があればやってしまいそうなのが石原都知事である。

それが嫌なら東京から出て行ってくれ、と言い出しかねない。

それをはっきり選挙公約にした知事選の立候補者がいた。



「パチンコ店の換金を完全に禁止します。もし、それが嫌なら、東京から撤退して頂いて結構です」

政見放送でここまでパチンコがバッシングされるいわれもないが、保守からするとこの国難によって、パチンコ業界が叩きやすくなったことだけは確かだ。

石原都知事再選によってパチンコ業界受難時代の幕が上がった。

石原を力づくで押さえつけられるのは、やっぱり業界で顔の効くドン亀しかいないかも。

たかじんのそこまで言って委員会でも、救国連立内閣について、パネラーは菅首相よりも、ドン亀の豪腕を高く評価していた。

パチンコ業界は日本人も韓国・朝鮮人も嫌いな在日が多いから、業界がまとまらない、という一つの仮説が立てられる。

まとまらない業界ということは、このままでは石原都知事の掌で転がされることになる。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2011-04-11 08:38 | 社会ネタ