人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2010年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

土曜日の夜は観たいテレビがない。そんな中、NHKの第42回思い出のメロディーを見入ってしまった。

ナゼか?

ヅラウォッチャーとして、やはり前々から気になっていた橋幸夫の写真撮影に成功したためだ。
b0017844_23512849.jpg


それだけではなかった。そのままチャンネルを変えることなく見続けていたら、こうしてブログネタにできるほどのある現象に気づいたからだ。

前半は往年の歌手が出てくるのだが、懐かしさだけで、とても歌手とは思えない衰えた歌唱力に逆に釘付けになってしまったからだ。

素人のど自慢でいえば、鐘2つレベル。

久保浩も千賀かほるも中村雅俊もまったく声に伸びがない。現役のはずの八代亜紀も「なみだ恋」では声が出ていない。ま、この曲は昔からそうだが。

82歳になる三浦洸一や初代コロムビアローズのご老体のお二人は、これで見納めかと思うほど、声の張りや艶もない。

そんな中で、歌手としての存在感を表したのは、来年3月で引退する二葉百合子だった。
b0017844_23522762.jpg

「岸壁の母」を金を払って聴いてもらえるレベルの中で引退したい、というのがその理由。三浦洸一のように枯葉になる前に惜しまれながらの引退だ。

NHKの舞台はこれが最後。コロコロ回る高音のこぶしも健在で、声に張りや艶がある。プロ根性がテレビを通しても伝わってくる。鳴りやまんばかりの拍手がそれを物語っている。

写真を抑えることはできなかったが、おおとりを飾った森進一に対して、NHKは特別の配慮をしていることが分かった。

中村雅俊と森進一はイヤホンをして歌を歌っていたが、森進一のイヤホンは、イヤホンと気づかれないように、スワロフスキーのようなもので、装飾が施されていた。

これは本人の私物なのか、それともNHKに作らせたものなのか、さあ、どっち。

と、見方によっては、話題満載な思い出のメロディーであった。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2010-08-22 00:26 | テレビネタ

植物には水を

8月に入ってから毎日、朝と夕方に植木に水をやるのが日課になった。

梅雨が空けるまでそんなこともやったことがなかった。

1年近くまともに水をやっていなかったため、気がつけば庭に生い茂っていた緑が、どんどん枯れていっていた。それに気づいたのが8月だった。

水をやると生命力を吹き返してくる植物もある。

これは寄せ植えの鉢で、全面的に枯れていたが、ここ10日あまりで、名前は分からないが、サボテン科のような植物が花まで咲かせている。

b0017844_1042621.jpg

b0017844_1052886.jpg

b0017844_10122026.jpg

こうして、死にかけていた植物が息吹を取り戻してくると水やりも楽しくなってくるものだ。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2010-08-21 10:10 | 私的ネタ
石田純一と東尾理子をとんねるずのみなさんのおかげが、いじっていた。

理子の実家を突然とんねるずが訪問する、という企画で、結婚披露宴を挙げたばかりのタイミングで、東尾家が石田純一に対する思いの丈を爆発させる。

東尾修が石田純一嫌いなのは、テレビで散々公言してきたので、分かっていたが、東尾の嫁はそれ以上に石田純一を嫌っていることが、あからさまに分かった。

最初はジャブから始まった。孫がいる石田純一の年に不満を募らせていたが、番組が進行するうちについに本性が出た。

ヘビ嫌いな石田純一に対して、部屋にヘビを放ち、それを掴んで箱に収める、というコーナーで、石田純一は本気で怖がり、逃げ回っていた。

ヘビを触るぐらいなら、「空から飛んだ方がいい」とギブアップの石田純一に対して、東尾の嫁は「じゃ、この窓から飛びなさいよ」と言い放った。

ヘビも触れない、意気地なしに理子を守れるわけがない、と切れた。

番組の名物コーナーとなった石橋貴明のベッドイン。それは理子の部屋で行われたが、東尾の嫁は「いつでも帰ってきてもいいからね。ここは出戻り部屋だから」と早く離婚することを望んでいるかのようでもある。

東尾修は家では嫁から「おさむちゃん」と呼ばれていることが、暴露されてしまったが、おさむちゃんは、石田純一夫妻の新居がどこにあるかも知らないし、行ったこともない、というのだから不思議な関係だ。

今回の結婚は理子に焦りがあったことは、本人の口から語られた。

33歳で子供も欲しい。今、結婚のタイミングを逃したら危ない。その気になってしまったのが、寄りによって石田純一だった。ブラックホールへ吸い込まれるがごとく、最悪の相手を選んでしまった。

早く子供が欲しい理子に対して「今が一番遺伝子の状態もいい」という石田純一。遺伝子は若いときも年を取っても変わらない。精子が元気だということをいいたかったのだろう。

東尾修と理子親子は、自虐ネタで中古車のCMに出て「中古が良いのよ」。よっぽどお金に困っているのか、と思った。

東尾修は石田純一に対して後20年働け、と発破をかけていた。

芸能人に定年はないが、仕事が来るかどうか。

それより、東尾の嫁は、毒舌妻としてテレビに使える。かつてのカイヤのように。しかも素人なのでギャラも抑えられる。制作費がない今の時代にはマッチしている。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2010-08-20 10:05 | テレビネタ
関西でも印象が薄い奈良県。

平城遷都1300年祭で気を吐いているが、さらなる観光客の集客アップに、個人ビザの発給が緩和された中国人観光客にラブコールを送っている。

中国人では最もポピュラーな銀聯カードが使える店舗を増やしたり、中国人スタッフを正規採用したホテルも出てきているが、反応はイマイチのようだ。

ホテルが少ないのが理由の一つとされているが、そんな理由ではない。

中国人は宗教弾圧もあり、社寺仏閣にはあまり興味がない、というのが一番の理由だ。

そもそも仏教はインドを発祥に、中国より伝来したもので、わざわざ日本へ来てまで仏教文化に触れたくもないようだ。従って、京都も中国人にはあまり人気はない、という。

今の中国人観光客が日本に求めるのは、資本主義社会の快楽。後は富士山と温泉。

そのどれもが奈良にはない。

関空到着~大阪観光~富士山観光~秋葉原買い物ツアー~ディズニーランド~成田発というルートが最もポピュラーで奈良はそのルートからも微妙に外れている。

買い物ツアーがひと段落した後、日本の侘び、寂を求める中国人も出てくるかもしれないが、奈良は当分蚊帳の外だろう。

中国人向けに開拓途上の市場がある。

それは日本の風俗産業だ。夜のプライベートタイムの遊びがこれから本格化するはず。それまでは団体旅行に限られていたので、夜は食事した後はホテルへ帰って寝るしかなかったが、これからは個人なので、自由に動ける。

奈良に一大風俗街を作ることができれば、中国人観光客を呼び込むことができるが、そんなことができるはずもない。

そういう意味で、穴場となるのは雄琴だろう。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2010-08-19 09:53 | 社会ネタ

運気は確実にある

予期せぬできごとが。まだ本決まりではないので、喜べないが連絡は27日に入る。それが決まれば9月2日にまた博多へ行くことになる。

占い師によると運気はいい、といわれていたが確かにそうだ。新たな仕事が入るめどがあるだけでも嬉しいものだ。

きょうも取材に行って、いきなり別件の仕事の話しから始まった。

実はその仕事を請け負いたい、と思っていたが、すでに着手していると思われ、入る余地はない、と思っていた。

ましてや福岡なので、いつものようにバイクで気軽に打ち合わせに行ける距離でもない。

話しを聞けば業者に丸投げにした場合、1000万円の見積を出され、全員が引いてしまったようだ。

それなら自分達で作ろう、という雰囲気になっている矢先に訪問。それでも、やはり専門家の手を借りる部分は出てくるので、それをどうしようか、と思案している時の絶妙のタイミングだった。

相手側も自分のことを全然知らない仲ではないので、会議に諮った時にも話は早い、と思われる。

決まった時に、これも運命だった、と改めて喜びを噛み締めたい。

ただ、これは単発の仕事だが、企画書を出せば、レギュラーの仕事がもらえそうな可能性はあることが分かった。

なにせ今はまだ金がある団体なので企画書の内容次第で仕事は取れそうだ。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2010-08-18 10:26 | 私的ネタ
2度に亘る不倫騒動を起こしながら、テレビから消えることもなくしぶとくタレント活動を続ける山本モナが入籍したようだ。

恋多き女もついに年貢を納めた。

女性で不倫はタレント生命を断たれるにも等しい問題なのに、山本モナは不死鳥だった。

それは女子アナ出身、ハーフ、というこれまでになかったカテゴリーのタレントなので、山本モナに代わるタレントがいないためかも知れない。

細野議員との路チュー写真もハーフなので絵になった。

不倫騒動を起こしてもテレビで使ってもらえるのは、プロデューサーやディレクター受けがいいのだろう。

恐らく山本モナは酒が入るとキス魔に変身するのだろう。誰彼ともなくその時飲んでいる人とキスしたくなる。

それが、元巨人の二岡選手だった。飲むとキスだけでは収まらなくなるのか、ラブホへ直行してしまったわけか。

ということは、テレビ局関係者と酒を飲んでも、同じようなシチュエーションはいくらでもあるはず。枕営業の結果がテレビから消えない理由なのか、と勘ぐってしまう。

8月4日はパチスロの日のプレス発表会の席上に、どういうわけか山本モナが招かれた。

パチスロファンでもない山本モナを人選した人に、下心を感じる。

打ち合わせと称して食事に行っているかもしれない。

勝手な想像はいくらでも膨らんでくる。

恋多き女は普通の家庭を築くことができるのか? 余計なお世話だろうが。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2010-08-17 00:19 | 芸能ネタ

肝臓から聞こえる悲鳴

盆休み期間に予定していた飲み会の最終回。

5時スタートの飲み放題プラン。やはり体調が完全に復調していないので、ビールが全然進まない。ジョッキを数分で空けていく相手のピッチの速さに驚かされるが、それはいつもの自分のペース。相手が1杯空にした時点で、まだ半分以上も残っている。

酒を体が受け付けない、というのは自分しか分からない。肝臓が危険信号を出している。

それでも付き合いを優先してしまう。1週間前の約束は破れない性分だ。

飲み放題プランは2時間制。5時過ぎのスタートなので、終了は7時過ぎ。今から飲みに行こう、という時間帯だ。相手は当然、こんな7時で解散なんて思ってもいない。

2次会は付き合わなければいけない。

ハイボール3杯でカラオケ3時間。歌に専念。しかし、すぐに順番が回ってくるので歌い疲れる。

これで相手も堪能した、と思ったが「もう1軒行きましょう!」。

3軒目へ突入。

明日は仕事なので二日酔いになるわけには行かない。そういう精神状態なので記憶が飛ぶこともない。

相手の会社は未だに給料の遅配が続いている。1カ月で入ってくるのは本給の半分。貯金を切り崩す生活が続いているが、自宅なので家賃がいらないのが唯一の強み。

社員の給料が遅配している、ということは、当然、取引先にも迷惑をかけている。印刷屋が「9月で印刷を止める、」いうところまで追い込まれている。

まがりなりにもマスコミの端くれ。会社の生命線である媒体が発行されなくなったら、それこそ会社の存在価値を失う。

「今から次を考えていたほうがいいよ」とアドバイスすれども、「会社と心中します」。

いつもは酔っ払った姿を見せることはなかったが、3軒目を出たことには、歩くこともおぼつかないほど酔っていた。

幸い、タクシー乗り場がすぐ、近くだったのでタクシーに押し込む。

酔うに酔えない。
明日から仕事モード全快だ。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2010-08-16 01:55

お札の再利用

ここに一本のシャープペンシルがある。

見たとおり、ノベルティーでもらえるような代物。
b0017844_939929.jpg


しかし、これをアップで見ると、何か違う。

b0017844_940493.jpg


日本銀行のロゴがどっしりと存在感を主張するだけでなく、軸の模様のように見えるのは、これは廃棄されたお札をシュレッターにかけたものであるのが、分かる。

廃棄物をこうして再利用しているわけだが、これを見た人が「お札を切り刻んだら犯罪じゃないのか?」と素朴な疑問を漏らした。

ま、それは廃棄するためのもので、問題はないだろうが、このシャーペンは、日銀で売っているのか?

別に、喉から手が出るほど欲しいものでもなければ、もらっても嬉しいものではない。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2010-08-15 09:51 | 社会ネタ

動き出した8月

最近では月1回の定期訪問取材先へ。何カ月ぶりかで取材後は飲みに行くことになっていた。

ここ何日か痛飲することが続いたので、肝臓がヘロロヘ状態。体がしんどくてきのう、きょうと日中も横になっている時間が長い。そんなコンディションで夕方からの取材兼飲み会。

いつもビールを煽るように飲んでいる姿しか知らないので、「きょうはえらい遅いでんな」といわれるぐらいビールのピッチも進まない。

出てくる料理はすぐに平らげる食欲はあるのに、日本酒をチビチビ飲んでいるかのようなペースでビールを飲んでいた。

体が完全にアルコールを欲していないサインだ。

それでも、一次会はビールを大き目のグラスで5杯は飲んだだろうか。大ジョッキにすれば1.5杯分ぐらいか。

まだ、日曜日に最後の飲み会が控えているので、控えめ、控えめに飲んだつもりだが、二次会で鶴の白ボトルのロックを4杯。

でも、一次会の酒量がいつもよりかなり控えめなので、二次会が終わっても最初から最後まで記憶が飛ぶことはなかった。

「これからもずっと長いお付き合いをおねがいします」とありがたい言葉をいただきながら、タクシーチケットとお土産のケーキを頂き、帰路についた。

この仕事もいつ切れるか不安だったが、新しい展開の仕事もあり、それを新たな仕事としてつなげて行きたい。

月曜日はその打ち合わせで再度訪問。

翌日は九州。

再来週は大阪で新しい仕事の打ち合わせ兼取材。

今月中に名古屋へも行かなければならない。

2月、8月は世間一般では暇な月、といわれているが8月はこれからの行方を左右する月になりそうだ。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2010-08-14 00:53 | 私的ネタ

円が紙屑になる日

動員をかけられて「経済セミナー」に参加した。

テーマは国家破産に向けて、個人資産は自分で守れ、ということ。では、どうやって守るのか? 次の予定があったので、セミナーの前半が終わったところで、途中退席したが海外の銀行にドルでカネを預ける、というものだった。

セミナーの参加者は20名あまり。顔ぶれをみると断然、中高年の女性が多い。

財務省が先日、国の借金が900兆円に達したことを発表したばかり。この金額には財政投融資分が含まれていないため、本当の借金は1200兆円に達している、という。

これに対して国民の金融資産は1500兆円。つまり、国にはあと300兆円しか残っていない。

日本の人口は2006年をピークに減少傾向に突入。2050年には9000万人、100年後には大正時代の4700万人にまで減少する、と予測されている。

人口が増えれば、住宅や車、家電製品が売れるので経済は成長するが、人口が減少すれば国力そのものが低下して、通貨の価値も下がってくる。為替レートも360円時代に逆戻りもあり得る。

銀行は元本1000万円まで保証しているが、今、ベンツのSクラスが1000万円で買えたとしても、1ドル200円になれば、1000万円で買えていたベンツが2000万円出さないと買えなくなる。

つまり、額面1000万円は保証しても、あれも買える、これも買える、というところまで保証しているわけではない。

日本の借金は1秒間で130万円ずつ増えている。

借金の大半が国債で、国債を買っているのは銀行やゆうちょ銀行。

金融機関は国民から預かった金を国に股貸ししているわけだが、浪費家日本は、金融資産の80%を食いつぶし、10年後には1500兆円の借金に膨れ上がり、国民の金融資産が0になる。

期限が来た借金を返せなくなる、ということは国家破産を迎える。円の信用はがた落ちで、ハイパーインフレが起こり、100円のガムが1万円になったりする。ドルなら100円のガムはいつまでも100円。

預金封鎖で資産は没収。そして、円は紙屑となる。

円はこんなに危険だから、ドル資産を持て、ということ。しかし、外資系の金融機関でも日本にある支店は財務省の管轄なので、ドル資産を持っていても没収される可能性が高い。つまり金の出入り口を国内に置いていたのでは意味がない、ということ。

海外の支店で、海外で口座を作り、ドル資産を形成する。海外の銀行で海外の口座なので、日本政府も手を出せない。

で、実際に海外で口座を作るために、香港まで行くツアーへ参加させることがこのセミナーの目的のようだ。

ところで、ドルってそんなに安全な通貨なのか?

人気ブログランキング
by tetorayade | 2010-08-13 00:33 | 社会ネタ