人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2008年 01月 ( 59 )   > この月の画像一覧

4億枚のゴミ

少子高齢化に加え、最近の子供は年賀状を書く習慣がないのか、子供に来る年賀状はほとんどない。たまに来ているのは店からのもので、友達同士が年賀状を交わすことがないようだ。

メール年賀の普及、個人情報保護法で名簿が作れなくなったことなど、年賀状にはアゲインストの風が吹き荒れる。

年賀状がなくなることはないが、企業需要はコスト削減、家庭需要は少子化でジリ貧になることは間違いない。

民営化後、初の年賀状商戦を迎えた日本郵政は、4年ぶりに発行枚数を増やし、40億2104万枚を印刷した。04年用の44億5636万枚をピークに減少が続いている。

目標を達成するために、嵐の二宮和也を起用してテレビコマーシャルをガンガン流した。

その費用はなんと80億円。通常の倍の広告宣伝費を投入した。

二宮効果もむなしく、4億枚の年賀状が売れ残った、という。

西川社長は「広告費に無駄があり、もっと効果的に使うべきだった。販売戦略にも反省すべきところがあった」とのたまう。

苦肉の策で年が明けても年賀状を18日まで販売した。年賀状が減少傾向にある時代背景を考えているようで、考えていない。

現実を直視していない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-01-27 09:01 | 社会ネタ
大阪市内に勤めながら大阪府知事選の立候補者に遭遇することは最後までなかったが、昨日の夜7時ごろ心斎橋筋を練り歩く民主党の菅直人に出くわした。

民主党が推薦する熊谷氏の応援で、熊谷氏の娘を引き連れて心斎橋筋を北上するところだった。

選挙戦も第4コーナーを回って最後の直線に入ってきた。このころになると政策論争もなにもあったものではなく、菅直人が取った方法は最大のライバルの蹴落とし作戦だった。

今回弁護士2人が立候補している。

熊谷氏の最大のライバルは橋下弁護士だろう。

最近記憶力がとんと落ちて、どっちだったか覚えていないが耳を疑うようなことを菅直人はいっていた。

何と「ニセモノ弁護士」か「ウソツキ弁護士」に大阪を託してはならない、と連呼。ネガティブキャンペーンに出た。

名誉毀損にもなりそうな誹謗中傷作戦でいっぺんに民主党=菅直人が嫌いになった。

大阪で笑いを取るなら「エロ弁護士」だろうに。

これだから民主党は政権を取れない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-01-26 22:57 | 社会ネタ

ニンニクシュ

自分の固定概念的にはニンニクから連想するのは匂いだ。

それで「ニンニクシュウがすごい店がある」ということを事前に聞かされてニンニク料理の店を想像していた。

暖簾をくぐる。

こじんまりとした店で、カウンターとテーブルが一つだけ。ハンガーにはクリーニング屋のようなビニール袋。

匂いがすごいからこれで服を守ってもらおうという配慮か。

まずは、ビールで一杯。

店を見渡すとメニューは焼肉屋風。

最初に注文したのはナムルと韓国のり。せっかくニンニクシュウの店に連れてきてもらったのに、なぜ、最初からその料理を注文しないのかと怪訝に思っていた。

ジョッキを飲み干したときだった。

「じゃ、いよいよいきますか」

出されたものを見て初めて自分の誤解が解けた。

b0017844_964638.jpg


カウンターに出されたのは小さなワイングラスに出された「ニンニク酒」だった。

ニンニク臭と思っていたのはニンニク酒だった。

連れてきてくれた人のニンニクの解説が始まる。

それは竹下政権時のふるさと創生事業にさかのぼる。当時、全国の市町村に一律1億円が交付された時代があった。

そこで1億円を有効利用した青森・田子町の話に。

詳しく書くと長くなるので割愛するが、この1億円でニンニクを特産品にして町おこしをした。

とにかく田子町のニンニクは粒が大きく成分がすごいらしい。

直接手で触ると手が荒れるほど。

その田子産のニンニクを使って作ったニンニク酒なので栄養満点。即効性があり目の疲れにはすぎ効く人もある。

b0017844_97159.jpg


要するにニンニク酒を飲むとビンビンになるということなのだが、2杯目のはちみつお湯割を飲み干しても一向に兆候はない。

その後ジンロの小瓶を2本空にするが、効果は最後まで現われなかった。

酔いだけは回ってきた。

終電に乗り遅れまいと地下鉄の階段でこけて右ひざを痛打した。

その痛みだけは今も続いている。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-01-26 12:26 | 私的ネタ

痛い更

飲んだ飲んだ。
今日は給料日の25日だ。

ケータイのバッテリーもおぼつかない。

でも、飲んだのはおごり。給料日も関係ない。

3軒目を誘われたけども断る。なぜなら、終電に間に合わないから。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-01-25 23:50 | 私的ネタ

引責辞任の意味

NHk会長職の任期満了日である1月24日を目前に控え、Nの記者らによる株のインサイダー取引きが発覚した。

報道業務に携わる者としてやってはならないことをやらかしてしまった。職員のモラルが欠けていたでは済まされない。

その責任を痛切に感じた橋本会長は、引責辞任を表明していたが、任期満了日の24日に引責辞任した。

何だこれ。

引責辞任した場合、退職金はどうなるのか、ということしか関心がないのだが、それを返上するという意味なのか?

懲戒免職の場合はもちろん、退職金はもらえないが、辞任ではどうなる?

引責辞任したという報道だけで、今回のように、任期満了日と日にちが重なった場合、それがどういうことなのか丁寧に解説してもらいたい。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-01-25 08:29 | 社会ネタ
霊視。

一度体験したことがある。

今から10年以上も前。ようやくインターネットが世間に広まり始めたころだった。

パソコンのインストラクターながら霊視ができると、熊本で評判の人に観てもらったことがある。もちろん、その人は素人。

パチンコで出る台番号なんかは観えるようで、それを友達に教えて喜ばれていたようだ。

前世に始まり、住んでいる場所、家族構成、子供の習い事などをズバズバ当てていく。最初にある程度当たると、自分のほうから言われることを肯定的に受け入れてしまう。

すっかり信者になりかけた。

そのときの4カ月後の予言がこうだ。

「8月に東京発で西日本へ行く飛行機には乗るな」

それは、会う人会う人に伝えていた、という。

つまり飛行機事故が起こることを予言したわけだ。4カ月後を指折り数えていったが、その通りにはならなかった。

かかってはいなかったが、マインドコントロールが完全に解けた。

でも、霊視を完全否定する気はない。

しかし、「オーラの泉」の江原啓之の霊視はいただけなかった。

これはリサーチ不足がもろに出た結果だ。

今は亡き宜保愛子の霊能力も徹底したリサーチした結果の賜物という見方もある。95年のオウム真理教事件によりカルト的番組が減ったために出番がなくなったが、歴史は繰り返すで、10年サイクルぐらいで霊能力ブームがやってきた。

テレビは視聴率が取れるとなれば、過去の記憶もお構いなし。細木数子や江原啓之の番組が幅を利かすことになる。

マスメディアが煽るスピリチュアルブームがハードルを低くしたことで霊感商法が再び跋扈し始めている。

放送倫理規定には「迷信は肯定的に扱わない」という取り決めがある。

批判を浴びるテレビ局。

TBSは細木の番組についてはこう返答している。

「占いによる番組構成ではなく、(細木の)人生経験をもとに助言している」と逃げる。

「オーラの泉」を制作するテレ朝も「トーク・インタビュー番組で悪影響が出ないように配慮して制作している」そうな。

で、「オーラの泉」の江原啓之の“誤視”に話を戻そう。

女優・檀れいがゲスト出演した番組で、亡くなった父親を霊視して「お父さんは宝塚音楽学校の受験を理解し、見守っていた」と騙った。

これに週刊文春が噛み付いた。

死亡したのは母親の再婚相手で、実父は今も生きている。

しかも、宝塚を受けるころはまだ実父と暮らしていた。

この辺の矛盾点を江原氏に問いただすと取材拒否。

細木も3月一杯でブラウン管から消えることだし、江原氏もこの際一緒にいなくなるのが一番だろう。

今回の失態をネット上では、リサーチ不足と揶揄されているようだが、占いにしても徹底したデータ主義。細かいデータの積み重ねと独自の分析力が当たる当たらないとなる。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-01-24 23:43 | 社会ネタ

占い~出会い

仕事で知り合った音楽事務所の社長には、もうひとつの顔があった。

それはプロの占い師。雑誌で大きく取りあげられたこともある。

星座占いを得意としている。

運勢を見てもらった。

占いによると今年の出会いがポイントになる。その出会いを大切に来年スタートを切るといいらしい。

そんなことをいわれたのが一昨日。

で、今日ある会社に電話した。あいさつ方々、事務所へまだ行ったことがなかったので、訪問のアポを取るためだった。

名刺交換していた担当の人は丁度在籍していた。午後一で訪問のアポが取れた。

しばらくして、先方から電話がかかってきた。てっきり都合が悪くなってキャンセルの電話かと思ったら違っていた。

「社長がいま横にいますので、本人と代わりますね」

社長が誰かということは事前に知っていた。

元スポーツ選手で今はタレント活動をしている。

電話を代わった。

「どうもはじめまして。○○○○と申します」と丁寧なあいさつから始まった。

今日は大阪にいるので「是非お会いたい」と先方から申し出てくれた。

こんなに早く本人と会えるとは思ってもいなかった。

待ち合わせ場所は梅田の毎日放送局。生番組に出るので、その前に時間が空いているということだった。

時間丁度に行くとすでに喫茶室で待っていた。

腰が低い。名刺交換すると、すぐに「○○さん」と名前で呼んでくる。

人身掌握術の基本だ。人を惹き付ける魅力がある。

こっちもつかみを駆使した。

昔、右腕といわれていた事務所のマネージャーに会っている。そんな話題から入ったので話しはスムーズに。

「へ~え○○を知っているんですか。そのころの事務所は○○にあったころですね」

「毎日放送がまだ千里にスタジオがあるころに○○の番組の収録があったときに名刺交換していました」

「あ~あ、あのころ!業界のイメージを変えて欲しいということで僕の番組で取り上げた!」

「そうです。メーカーの○○さんが出ていました」

これでつかみはOK。

「ゴルフ場からヘリコプターでイベント会場へ来たこともありましたよね」

「そうそう。あった、あった」

これでどの程度の業界歴があるかは相手に十分伝わったはず。

そこから本題へ。

タレントの顔がありながらグレーゾーンの領域に参入している。一歩間違えればタレント生命にも関わる問題。あえて踏み込む領域でもない。

そんなこんなの話をしていたら、近々一緒に食事することになった。

先の占い師によると出会いとは偶然ではなく、出会う運命にあるらしい。

こうした出会いが来年生きてくるということなのだろうか。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-01-24 19:56 | 私的ネタ

逃走の結末

ナンバ方面に向かっている時だった。偶然、知り合いの人に御堂筋で出会う。

「千日前の西側で車が大破してたよ」

上空にはヘリコプターが2機旋回している。ただならぬ気配が伝わってくる。

御堂筋と千日前の交差点では多数の警察官が出て交通整理をしている。

JR難波方面に黒山の人だかりが出ている。

その先の視界に飛込んできたのが、写真の事故車両である。

b0017844_857424.jpg


テレビカメラや報道のスチールカメラマンがうようよしている。

上空にはヘリコプター。単なる交通事故ではないことは分かる。恐らく逃走事件か何かあったんだろうと思っていたら、夕方過ぎからのニュースで概要が分かった。

この日、大阪市内では約2時間にわたり映画さながらの派手なカーチェイスが繰り広げられていた。

「西区九条で信号無視を繰り返している」との通報車両は、21日に職質中にパトカーに体当たりして逃げ指名手配中の男の車だった。

警察官2240人、車両460台、ヘリ1機を投入して男のセルシオを追う。

福島区で発見。車がエンスト。ドアのガラスを叩き破り、右手に手錠をかけた。ところがさすがトヨタの最高級車セルシオである。再びエンジンがかかり逃走劇が再開される。

途中、鍵のついたままのトラックや乗用車に乗換え、執拗に逃げ回った。

ハンドル操作を誤り、千日前通りの阪神高速の橋脚に突っ込んで車がが大破したところで、御用となった。

b0017844_858065.jpg

逮捕から45分後の現場写真だった。

男は覚せい剤の常習者だったようだが、鍵のついたままの車が逃走中に運良く2台もあったことが一番不思議でならない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-01-24 08:39 | 社会ネタ
守口市滝井からは地下鉄今里線の太子橋今市駅が最寄り駅となる。

そして、自殺現場となった東成区東中本の歩道橋は、緑橋駅で下車すれば、すぐのところ。

てっきり地下鉄で移動したのかと思ったらそうではなかった。

事件後は東成区の親戚の家に身を寄せていたようだ。

押し入り強盗によって、生後2週間の赤ん坊が窒息死させられた事件で、被害者の母親が歩道橋から身を投げ、車に引かれるなどして死亡した。歩道橋には靴や傘などが置かれていたことから、自殺とみなされている。

我が子を失ったことを悲観して後追い自殺でも図ったのだろうか?

この事件は最初から不可解なことが多い。

金目当ての強盗なら、もっと金のありそうな家を狙えばいいのに、滝井西町は3軒長屋のように隣同士がくっついたような住宅密集地域。

奥さんをグルグル巻きにしたガムテープは家にあったもので、強盗が用意したものではなかった。

赤ん坊が泣いてうるさかったので、ガムテープで口を塞いだのだろうが、過剰なまでの反応。

犯人は15分ほど室内にいたとされるが、この間一切声を発することなく、3階建ての家の1階部分だけの一部を物色して、祝儀袋から現金を抜き取った、とされている。そのとき軍手をはめたまま抜き取っているようだが、袋ごと盗めばいいことだし、軍手をはめたままお札を抜き取るのは非常に困難。

強盗目的なら金のありかを聞くのが普通だが、それをしていないということは声を聞かれたらまずいということか。

強盗犯が捕まっていないだけでなく、母親が飛び降りたときに跳ねたとされる車も見つかっていない。

強盗犯人の目撃者がいなくなった。

このまま迷宮入り事件になってしまうのだろうか。

坂出事件のことがあるので迂闊なことはいえないが、自作自演説もあるようだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-01-23 19:32 | 社会ネタ

世界同時株安の不安要因

今朝の新聞の株式欄を見ると真っ黒だ。ほとんどの銘柄の株が下がっている。

自分は株はやらないので、株が下がろうが関係ない、とはいってられない。

今回は経済発展が堅調だった中国、インド株までが急落しただけに、アメリカのサブプライム問題の根の深さが分かる。

とくに中国はオリンピックが終わるまで、株は下がらないと信じていた一般投資家のショックは大きい。

そういえば、おしゃべり鳩山邦夫法務大臣がまた余計なことを口走っていた。

ブリジストン株を相続している同大臣は今回の急落で40億円損した、と誰も聞いていないのに得意げにしゃべっていた。

兄で民主党の鳩山由紀夫幹事長も同数の株式を持っているので「2人でダブル株安」とはしゃいでいた。

この弟の発言を受けて兄は「余計なことをしゃべらなくてもいいのに」と苦虫をつぶしていた。

鳩山法務大臣といえば、友達の友達がアルカイダのテロリスト発言で物議を醸したばかり。

国の機密事項も簡単に漏らしそう。

こんな口が軽い人物を国務大臣に据えていていいのか?

世界同時株安の話しが鳩山罷免話になってしまった。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2008-01-23 08:39 | 社会ネタ