日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

<   2007年 03月 ( 64 )   > この月の画像一覧

これを振り子現象とでもいうのだろうか。

不祥事の原因は100%不二家側にあるわけで、食品メーカーとしては市場から退場してもいいくらいだった。しかし、それに乗じてチョコレート加工問題で事実を捻じ曲げて、ことさら不二家を悪者扱いにしたTBSの朝ズバと司会者のみのもんたは断罪されて当然であろう。

30日の放送で、チョコレート問題を取り上げ取材の経緯を説明して、釈明するなり、謝罪すればよかったものを朝ズバは、完全スルーしてしまった。

不二家だけでなく、視聴者もどう対応するか注目していたのに完全に逃げを打った。

これで、完全に信頼を失った。

ここは一つ不二家を応援したい。

不二家が社外に設置した信頼回復対策会議は、この問題でTBSへ抗議した。制作担当者とのやりとりを録音した会話を公表した。捏造と指摘されると明らかにうろたえ、逆切れ状態だった。

対策協議会は改めてTBSに徹底調査を求めた。ここまで、問題が大きくなってくるとTBSも無視するわけにもいかない。

それでも、不誠実な対応をするようでは損害賠償を求める方針だ。

TBSは「主張は容認できない。会話の録音などを無断公表したことは道義やモラルにもとる行為で遺憾」とのコメントを発表した。

反論にならない反論。これを噴飯ものというのだろう。

ガンバレ不二家! 徹底的にTBSと闘え。


人気ブログランキンへ
[PR]
by tetorayade | 2007-03-31 12:19 | 社会ネタ | Comments(14)
朝スバの不二家の捏造疑惑を「正確性を欠いた」と認めたTBS。新聞報道から一夜明けた今朝の放送で、みのもんたがどう謝罪するか注目されたが、この問題に触れることは遂になかった。

これで、みのもんたのタレント生命も終わったようなもの。テレビに出て他人に偉そう意見する資格はない。

関西テレビがあれだけ毎日たたかれている中で、誤りを認めながら、捏造疑惑を完全スルーした報道機関としてのTBSの神経が疑われる。

他人の不祥事にはガンガン噛みつくのに、自分たちの犯した捏造報道については完全にほっかむりでは、あまりにも虫がよすぎるではないか。

みのもんたは毎日、毎日テレビで他人を批判する前に、まず、この問題について、丸坊主になって謝罪することから、はじめるべきであった。

その潔さがあれば、これからも電波芸者として生き残れるが、反省のないみのもんたは口うるさいだけのうざい存在になってしまう(今でもそうだが)。

今日、素直に謝罪すれば問題はさほど大きくならなかったろうに、これでは関西テレビ問題以上にTBSの放送免許剥奪論が再燃するというもの。

今頃はTBSに抗議の嵐が殺到しているころだろう。

TBSは本当に懲りない集団だ。


人気ブログランキンへ
[PR]
by tetorayade | 2007-03-30 23:19 | 社会ネタ | Comments(10)

羽野晶紀は下げマンか?

税金が払えず、家賃や駐車場代も払えない和泉元彌家がどうなろうと知ったこっちゃないが、かわいそうなのは羽野晶紀だ。

一度だけだが会ったことがある。写真を36枚撮りで3本ほど撮っただろうか。芸能人らしさがなく、素直な印象だった。

結婚して20年間は夫に従う覚悟で嫁いだようだが、そのときの印象通り本当に辛抱人だ。下手すりゃ、和泉家は脱税した追徴金が払えずにこのまま行けば自己破産しかねない。

31日は石垣島で会場代も未払いのままで公演を開く予定だというが、しつこい芸能レポーターに対して「心配してもらわなくて結構」と答えた態度はいただけなかった。

応援してやろうという気は起こらない。

ピークは2001年にテレビ・NHK大河ドラマ「北条時宗」で主役の北条時宗を演じたころ。翌年はダブルブッキング問題で、東京と岐阜をヘリコプターで移動して話題をまいた。

この年に羽野晶紀とできちゃった婚となるわけだが、ここから下り坂を転がり落ちる。スキャンダルを連発する和泉元彌に対して能楽協会から退会命令が下される。

仕事も激減して、2005年にはプロレスに参戦する。話題づくりに必死だ。

こうしてみると羽野晶紀は下げマンなのかもしれない。羽野晶紀が20年間辛抱するということは、この後20年間は芽が出ないということなのか?

いずれにしても、石垣島には芸能レポーターが大挙押し寄せるだろう。これが逆に宣伝効果にもなるわけで、完全に干したいのなら一切無視することも必要だろう。


人気ブログランキンへ
[PR]
by tetorayade | 2007-03-30 22:17 | 芸能ネタ | Comments(2)

但馬牛のすき焼き

高級和牛、但馬牛のすき焼きを食った。

1人前8000円もする。

元々鍋料理のなかでも一番嫌いなのがすき焼きだ。味が濃い。あまがらい。これが原因なのかすき焼きは、ほかの鍋料理と違ってそんなに入らない。それにすぐに飽きてくる。

で、但馬牛のすき焼きだ。

さしがほどよく入り、きれいな肉だ。見た目は、これで8000円?という量。こんなものすぐに平らげられる、と思った。

高級店なので、中居さんが全部作って、よそってくれる。

一口目。

上質の肉とたまねぎの甘さが調和していて、やはり家で食べるすき焼きとは違う。

小鉢に4回目のおかわりをしたころから、急におなかが一杯になってきた。ビールでも一口目は旨いが、あとはどのビールを飲んでも同じになってくるように、美味しさも普通になってきた。

中居さん曰く、「油がたっぷりなのでおなかがふくれるのが早い」とのこと。

まだ、肉は半分も残っている。

誰にも負けない大食漢だがグロッキー気味になってくる。

高級牛の旨味とはやはり霜降りの油が旨味になっているのだろう。油をたっぷり入れたチャーハンはやはり旨い。

しかし、こんな高級肉を毎日食べ続けたら、成人病になりそうだ。

ちなみに、和牛の中でも最高峰にあるのが兵庫県の但馬牛だという。

但馬牛が最高級和牛といわれる由縁は、「松阪牛」「神戸牛」「近江牛」の素牛が但馬牛であるということらしい。

改めてわかったことは、やはりすき焼きが嫌いだ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-03-29 17:02 | 私的ネタ | Comments(11)
かの国では水に落ちた犬を棒で叩くそうだ。
弱いものいじめをするたとえのようだ。

まさに1月22日にTBSの朝ズバでみのもんたが叩いた不二家問題がそれに該当する。

不二家の消費期限切れ材料を使ってシュークリームを作っていた問題が発覚してマスコミの不二家バッシングが始まったのは1月15日からだ。

1月22日といえば、不二家のこれまでの不正を暴こうと躍起になっている時期で、22日の放送で、元従業員女性の証言を基に、神奈川県の不二家の工場で、小売店から回収した賞味期限切れのチョコレートを溶かして製品に再加工しているなどと報じた。

不二家では形の悪いチョコレートを溶かして成型しなおすことはあったが、賞味期限切れのものを再加工することはない、と抗議していた。

そもそもその証言自体も10年以上の前の話であった。

さらに番組では、溶かす際に牛乳を混ぜた、と報じたが、実際にそのような工程はないことが分かり、TBSは一部正確性を欠いたことを認めた。

明日の朝ズバでみのもんたは、どう謝罪するかが見ものだが、この報道はことさらに不二家を悪者に増幅させる偏向報道ともいえる。

悪質さでは関西テレビのあるあるの捏造と同レベルで、TBSに至っては偏向報道はお家芸でもあり、民放連の除名どころか放送免許を剥奪されてもいいぐらいだ。

追記

この問題をみのもんたは30日の放送分で完全スルーしてしまった。
これではただ単に口うるさいおやじのレッテルを貼られてしまうことになる。この問題を真摯に受け止めてコメントするのが、みのもんたの責任というもの。

人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-03-28 23:36 | 社会ネタ | Comments(9)
まずもって、損害賠償額が気になった。

止めたのは東海道新幹線のぞみ。遅れは約11分。午前8時ごろの東京行きは、10分間隔ぐらいで新幹線が運行されている。

のぞみなので後続の列車に遅れも出てくる。

26歳の男性客は京都駅を出て乗り間違いに気づき、パニック状態の中で非常用ドアコックを操作して、ドアを開けようとしていたようだ。

飛び降りるつもりだったのか?

これに異常ランプに気づいた車掌がコックをさわっている男を発見。停車点検して安全を確認した後で、次の米原駅に緊急停車して、男性を米原署に引き渡した。

男性は九州方面へ行く予定だった、という。

入学試験に向かう学生が電車を乗り間違えて、途中の駅に緊急停車することは稀にある。その場合は電鉄会社の機転で止めるから損害賠償の問題はないのか。

追記

3月25日には静岡トンネル内に乗客が倒れているのを発見されている。のぞみの非常用ドアコックを開けて転落死したようだ。

この男性も同様の運命になるところだった。

人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-03-28 14:01 | 社会ネタ | Comments(5)
橋下弁護士がソフトバンクの社員だったら、今年8月はいきなり500万円の出産祝い金をゲットするところだ。

ケータイ電話事業参入のために2兆円借金して、無駄なテレビコマーシャルを垂れ流すソフトバンクが少子化対策と育児支援の一環として、第5子からは出産祝い金が500万円支給されることになった。

4月1日から適用されるそうだ。

橋下弁護士は今年8月に第7子が生まれる予定。今後も8子、9子とチャレンジしてくるだろうから、社員ならそのたびに500万円が転がり込んでくる。

しかし、思い切った制度だ。

これまでは1子につき1万5000円だった出産祝い金が、第1子が5万円、第2子が10万円、第3子になるといきなり100万円、第4子で300万円、第5子が天井で500万円。

橋下弁護士のように第7子までは想定しておらず、第5子以降は一律500万円が支給される。

狙いは仕事と子育てを両立しやすい環境整備と優秀な人材の確保、ということになっている。

ただ、一括で500万円が支給されるのではなく分割。冬のボーナス時に100万円ずつが加算されるようだ。

これほど、高額の祝い金を出す大企業は珍しいというが、よっぽど、ソフトバンクは人材の定着率が悪いという現われか?

勤続1年以上の正社員が1万2000人もいるのに、3人の子持ち社員はわずか360人しかいない。若い独身社員が多いことが分かる。

大量のCM戦略でもシェア率が奪えないわけで、人材教育の強化に方向転換でもするつもりか? 

そのためにはアメとムチの使い分けが必要になってきたようだ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-03-28 07:36 | 社会ネタ | Comments(8)
関西テレビが「発掘!あるある大事典」の捏造問題で、とうとう民放連の除名処分を受けることが決まったようだ。

社団法人であるこの民放連がどういう団体なのかよく分からないが、ここを除名処分になったからといって、関テレが放送免許を剥奪になるわけでもなく、会社が倒産するわけでもない。

新聞記事によると除名処分を受けるとこんなことが懸念されるそうだ。

除名処分を受けると、放送局としての信用が失われ、広告収入に多大な影響が出る。また、番組をキー局に伝送したり、キー局から番組を受ける際に使用する回線料の加盟社割引が適用されなくなる。

しかし、捏造と演出ややらせ問題を同列で論じるのは乱暴だが、限られた時間で絵を撮らなければならないテレビ局は多かれ少なかれ似たようなことをしてきているわけで、関テレのやったことを徹底的に追求すれば、民放全局に跳ね返ってくる問題でもある。

娯楽番組でテレビのやっていることを100%鵜呑みにするおめでたい人間もそうそういない。

それより、何より千草社長はどうみてもズラである。白髪交じりで巧みに自然な感じを出しているが、額の生え際が実に不自然。一目で分かる。社長が自らの頭髪を捏造しているわけで、本来ならズラを取って謝罪するべきだろう。

「申し訳ありませんでした。新地のおねーちゃんにもてたいために、ずっとズラをつけて皆さまを欺いてまいりました。関西テレビの捏造体質は私のヅラに起因しておりました。今後はヅラを取って生活するとともに社長も退任します」と。

アパのあの不細工な社長ですら、脱いだことのない帽子を脱いで謝ったではないか。

人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-03-27 22:51 | 社会ネタ | Comments(9)
ナンバーポータビリティの結果は1カ月で出た。

そのままの結果でずっと推移している。

従って、ドコモもauもそれに関するCMを流すことはなくなったが、相変わらずの物量作戦ともいえる広告出向量で他社を圧倒的にリードするのが負け組みソフトバンクだ。

最近はキャメロン・ディアスにいたくご執心の様子だ。

20色のカラーリングは絶対不要なのに、コマーシャルのきれいな展開に自らが惚れ惚れしているのか、これでもか、これでもか、と垂れ流す。

それを観た視聴者はカラーリングの印象はあれど、あの機種にどれほどの食指が動くのかははなはだ疑問。

即物的な比較広告から一転してイメージ広告へ移行したようだが、スフトバンク選手を使ったバージョンや犬を使ったバージョンなどまるで一貫性がない。

上手な広告は、ユニクロのCMはバージョンが変われど、これはユニクロのCMと分かるポリシーが感じられるものだ。しかし、ソフトバンクのCMにはそれがない。

広告宣伝費が潤沢にあるのか、広告代理店のおもちゃ、と化している。

テレビ局にしてもこれほどありがたいクライアントもない。

「金は使わないと返ってこない」という名言があるが、ソフトバンクは生き金を使っているようにも思えない。

これだけ、広告費をつぎ込みながらシェアを伸ばせないソフトバンクはどこへ向かおうとしているのだろうか。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-03-27 21:48 | CMネタ | Comments(5)
未成年喫煙の謹慎処分から1年、芸能界復帰に向けて事務所でお茶くみ、電話番の仕事を始めた矢先だった。

脇が甘いといえばそれまでだが、未だに未成年の加護亜依が再び喫煙しているところを週刊誌で報じられた。

18歳も年上の男と温泉旅行に行って、帰りの車の中でタバコをふかしているところを目撃された。

この報道を受け、本人が喫煙を認めたために所属事務所は契約解除を発表した。事実上の芸能界引退だ。

モー娘人気の凋落が激しい中、辻希美とのダブルユーはちょっとは芽があっただけに、辻希美の存在も危ぶまれてきた。

以前のエントリーでも触れたが、加護亜依がタバコを吸うようになったのは15歳の時からともいわれている。

太る体質の加護はやせるためにタバコを吸っていた?のかもしれないが、加護にすれば、なんで私ばっかりなの?と被害者意識をもっているかもしれない。

モー娘の控え室はいつも煙っていたとも。

これが飯島愛のようにAVから芸能界デビューしたのであれば、未成年喫煙ぐらいで、芸能界引退に追い込まれることもないが、清純派アイドルイメージのハロプロでは許されることはない。

加護が今一度芸能界に復帰できるとしたら、AV女優の道だろう。

ロリコンにはたまらないかも。

趣味と実益を兼ねてこの道で汚れ役天使というジャンルでしぶとく生きていくしかない。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-03-26 22:34 | 芸能ネタ | Comments(12)