人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2007年 02月 ( 46 )   > この月の画像一覧

冬の東京に雪なし

むしろ、大阪に雪が降ることの方が珍しい。ましてや積雪なんてほとんどない。大阪に雪が降らなくてもニュースにならないが、これが東京だとニュースになる。

改めて、東京のほうが寒いことを知る。

気象庁が定義する冬は2月まで。

その結果、今年の冬は東京に雪のないままに終わりそうだというのだが、これが明治9年に気象観測を始めて以来、初めて雪が降らない冬になりそうだという。観測史上初の危険な兆候だ。

そういいう意味では、地球温暖化の問題を訴えるドキュメンタリー映画「不都合な真実」は非常にタイムリーともいえる。

タイミングがよすぎるぐらいタイミングがいい。まるで、今年の異常な暖冬を見透かしていたかのようだ。

東京で雪が降らない以上に深刻なのが、スキー場だ。新潟では1日も営業できなかったスキー場があるほどの異様さ。

豪雪地帯の積雪対策費も例年の1/10程度。それによって仕事がなくなる業者も出てくる。雪が降らないことを手放しで喜ぶことはできない。

こんな気象が毎年続けば、地球温暖化防止に向けて本格的に立ち上がらなければならない。

つい、この間まで2月だというのに、春を思わせるポカポカ陽気だったが一転して、今日は本来の冬の寒さが戻った。こんなことがあると、まだまだ大丈夫だと勘違いするわけだが、温暖化は確実に進んでいることは間違いない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-02-28 22:19 | 社会ネタ

失脚した副知事

ちょっと前、東京都副知事を解任された浜渦氏と関西大学時代に同級生だった、という人と飲んでいた。

飲んでいた人をはじめ石原知事、浜渦氏らは右翼思想でつながっている。

一番の策士はほかならぬ浜渦氏で、高知県知事の橋本氏擁立も氏によるものらしい。さらに、弁護士法違反で有罪判決を受けた西村真悟を議員に担いだのも浜渦氏のようだ。

飲んでいた人は48代伝わる宮崎県の城主の長男。学生時代までお城のようなお屋敷に住んでいたが、現在、実家は重要文化財として博物館になっている。夏休みになると浜渦氏も泊りがけで遊びに来ていたほどの仲。

浜渦氏は学生時代に直木賞作家で華々しく文壇デビューを果たした石原氏に手紙を書いて、講演を依頼。その手紙に痛く感動した石原氏は未だにその手紙を持っている、という。

一緒に飲んでいた人と浜渦氏は文学部新聞学科の第一期生。2人は産経新聞の入社試験に受かったが、浜渦氏は石原氏の書生の道を選んだ。

石原氏と浜渦氏はそのときからの付き合いだという。

石原氏の懐刀でもある。

宝島社から発売されている「日本の巨悪」(こんなタイトルだったはず)にも浜渦氏は堂々と載っている。

副知事職は解任されたが、交通博物館の館長を経て、再び都庁に戻っているようだ。石原都知事が推し進める東京オリンピック誘致にも浜渦氏の力が働いているようだ。

今度大阪に来たときはあわせてくれる、という。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-02-27 23:40 | 社会ネタ
単純計算すると中村ノリが今年納めなければならない税金は8000万円に及ぶという。去年の年収2億円に対して40%の所得税かかるからだ。

かつては5億円も稼いだいた選手が、「税金が心配。蓄えがないから」といっているようだが、このクラスの選手ともなると税理士もついているだろうから、その辺の対策はきちっとしているはずだが、意外や意外。

プロ野球選手は個人事業主扱いになるため、節税対策が難しいようだ。やはり40%は確実に持っていかれる。

この所得税に匹敵する8000万円といえば、奇しくもオリックスがノリに提示した年俸だ。一瞬、税金払ったら、今年は何も残らないではないか、とそろばんを弾いた結果が物別れに終わったんだろう。

そして、無職になりかけた崖っぷちの状況で、年収400万円でもいいから野球ができることをありがたく思うのは、本心かもしれない。

1軍に這い上がっても最低保障は1500万円。

ノリの1軍での活躍よりも8000万円ともいわれる所得税、さらに市民税などをどうやって払っていくのか、そっちのほうが気になる。急激に年俸が下がるプロ野球選手の場合は特例措置でもあるというのなら別だが。

プロ野球選手の寿命は短い。平均で9年。29歳で引退する。残りの人生の方が断然長い。

ノリのようなスタープレイヤーが年俸400万円から出直すのもプロ野球史上かつてない珍事。

引退後もコーチや野球解説者として残れる枠は極々限られている。

華やかに見えてなかなか大変なのに、女子アナにもてるのはどういうことだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-02-26 22:39 | スポーツネタ
昨年12月、粉飾決算が発覚した日興コーディアルグループの不祥事は、信用が何よりも大事な証券業界にあって、黒い影を落とすことになった。

と、いってもさほど驚きもしない。大口の得意先には損失補てんし、一般投資家はごみ扱いする業界だ。

再び、一般投資家離れが起こることを懸念してか、大和證券はエビちゃんをCMに起用する奇策に出た。CMの内容もひたすら「エビちゃんいいね」「エビちゃん華がある」「エビちゃんすごくいいね」とエビちゃんをフューチャーするばかりで、証券会社のCMにすれば、ずいぶんくだけている。

エビちゃんを起用してOLを株の世界に引き込もうとしているのかどうかは分からないが、証券業界の悪いイメージを払拭しようとする躍起なのは伝わってくる。

これに援護射撃を送ったのが日銀の福井総裁だ。

25日、都内で講演し、家計の金融資産1500兆円のうち株式と投資信託に回っている割合が15%にとどまっているとして、株式投資に回せば経済が活性化して、経済成長率が伸びることもありえると、株式投資を勧めている。

そんな言い回しより、自分が村上ファンドに1000万円投資して、いかにして濡れ手に粟で利益を上げたかを話したほうが説得力があるというもの。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-02-25 19:16 | 社会ネタ
紳助は政治家に非常に向いている。

今度の参院選出馬か?と一部で報道されているようだが、出馬すれば間違いなく当選するだろう。

出馬理由が、紳助の看板番組の視聴率低迷が挙げられている。

そもそも紳助の番組といえば、行列のできる法律相談所をたまに見るぐらいで、早くも番組打ち切りが決定した「アスリート応援TVニッポン!チャ×3」をはじめ、、「芸恋リアル」、「世界バリバリ☆バリュー」は見ることもない。

行列は裏番組に「華麗なる一族」が登場したことで、視聴率が低迷したようだが、残りの番組はおしなべて一ケタ台の低空飛行を続けている。

紳助は芸能人の中でも資産家として知られている。

商業ビル3棟に飲食店が4軒で総額は44億円とも評価されている。

紳助の年収は5億円はくだらないともいわれ、稼いだ金を不動産にせっせと投資しているわけだ。

東心斎橋にオープンした高級寿司店「長谷川」は紳助の本名を冠した店で、力の入れ方も違っていた。紳助の力を利用して特番を作らせ、店を宣伝させたぐらい公私混同が甚だしい部分も垣間見せる。

政治家になれば、色々な情報も入ってくる。自分がビジネスで絡みたい場面も出てくるだろう。

今度は政治家になって公私混同するという意味で、向いていると思うのだが。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-02-25 11:51 | 社会ネタ
離婚問題しかり。

誠意のない森進一の人間性が出た結果だろう。

還暦を迎える年なのに、人間的に丸みのある顔つきではない。悪い意味で人生が顔に出ている。

事の発端は去年の紅白。
森進一が「おふくろさん」を歌っているのをこの曲を作詞した川内康範氏がたまたま観ていてた。曲の冒頭に本来はなかったせりふが入っていることに気づいた。

「あれだけ、注意したのにまだやっているのか!」

森進一はコンサートなどでは30年も前から本来の歌詞にはないせりふを入れて、歌っていた。

そこで10数年前に川内氏は作詞で言えば盗作に当たると、注意したが森進一側は「はいはい」で済ませていたようだ。

森進一に説明を求めたところ、約束の日に、体調不良を理由にドタキャンしたことが逆鱗の始まりだった。

「体調が悪い?はってでも出て来い。さもないと、俺の曲は歌わせない」と激怒したところ、森進一サイドは「結構です」。

これに川内氏はぶちぎれた。

「人間として失格だ!」と吐き捨てた。

ここで森進一サイドは見事にクレーム対応の第一歩を間違えた。すぐに謝っていれば済んだものを森進一という妙なプライドが「なぜ、森進一様が出向かなければならない」と居直った。

火事と一緒で火の小さいうちに消せばすぐ鎮火するのに、初期消火に手間取ると、火の手はどんどん広がり、自分一人の力では消せなくなる。

「おふくろさん」は森進一の代表曲といってもいいだろう。紅白で6回も歌っている。

川内氏の態度が硬化してるのを知ると、一転して謝罪する方向で、直接、川内氏が宿泊しているホテルに出向いたが、門前払いを食らう。

川内氏は作詞だけでなく、映画の原作、脚本、監督を務めるほか、小説も手がける重鎮であることを今回の一件で知ることになる。

ハイヒールのリンゴが川内氏の長く飛び出している耳毛をネタにしていたが、これは川内氏の頑固さを物語るもので、ちょっとやそっとでは収まりそうもない。

ちなみに、問題のセリフはこうだ。

いつも心配かけてばかり、

いけない息子の僕でした

今はできないことだけど、

叱って欲しいよもう一度


なるほど、今の森進一そのものではないか。

で、川内氏が叱ったわけか。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-02-24 11:42 | 芸能ネタ
有力ブログに対して企業から広告を取ってくる広告代理店的な会社が登場した。アジャイルメディア・ネットワークという会社がそれ。わが国初らしい。

このブログに対しても指定された商品のことをブログで取り上げるオファーは来たことがあるが、それとはまったく違うようだ。

クライアントの商品レビューを書く必要はなく、質の高いブログに貼り付けるバナー広告を取ってきてくれるようだ。それをパートナーブロガー、と呼ぶようだが選考基準がなかなか厳しい。

最初から躓いてしまった。

①特定領域に関する専門性をベースにした情報フィードがあること
↓      
特定の専門性はあるが、プライベートブログではそっちに触れないようにしている。

②プロフィール、もしくはそれに準ずる内容が公開されていること

プロフィールといえるほどのものはない。

③ブログの運営者が特定できる(責任の所在が明らかである)こと

これは特定できるか。

④問い合わせ先が明記されていること

これはクリア。おかげでスパムメールの雨あられ。

⑤平均して週一回以上の更新があること

これは1000%クリア。平均すると1日2回更新。

⑥事実を重視し、虚飾がないこと

偏向性がある。

⑦引用(リンク)を適度に活用していること

ま、たまに。

⑥読者や他のブロガーとのインタラクションを厭わないこと

意味理解不能。どういうこと?

⑦今後、月間平均で5万ページビュー以上の閲覧が見込めること

これは軽くクリア。平均で8万ページビューぐらいか。

ま、とりあえず、ダメもとで応募してみるか。

追記

2月28日、メールで審査結果がきた。

ニュース系はまだカテゴリーとして枠がないので今回は落選となった。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-02-23 21:02 | 社会ネタ
規制緩和は既得権益をぶち壊し、真の自由競争をもたらす錦の御旗。

アメリカの押し付けによる規制緩和の流れが、本当はとんでもないことであることをこの1週間で起こった2件の交通事故が証明しようとしている。

1件はあずみ野観光バスの居眠り運転事故。

もう1件は首都高で起こった大型トレーラーの落下事故だ。

2月2日、大阪のタクシー運転手が規制緩和の見直しを訴えるデモ行進を行っていた。題して「怒りの御堂筋パレード」。

大阪は02年2月1日に施行された改正道路運送法以降、安売り運賃や需要を考えない増車競争が勃発。タクシーの交通事故が増える一方で、年収は270万円。生活保護以下の水準に落ち込み、減収を補うために長時間労働が常態化し、過労死も増えている、という訴えだ。

これこそが、規制緩和の見直しを求める労働者の声だろう。

あずみ野観光バスの事故にしても遠因にあるのは、観光バスの規制緩和。それまでの免許制から届出制になったために、新規参入業者がどっと増えたために競争が激化した。

勢い値段競争に陥ったがために、仕事の数で売り上げをカバーしなければならない。安い賃金ではドライバーも集まらない。少ない人数で運行しようとするから無理がたたり、事故につながった。

トレーラーの事故も船積みのコンテナをそのまま牽引できるように規制緩和したために、従来よりも重心が高くなり、カーブでは横転する危険度が増した。

ゆとり教育などと謳い、公立学校を週休2日制にしたものだから、日本人の学力はどんどん低下していった。

日本の国力をそぐことが目的のアメリカの外圧に屈した官僚どもが、日本をどんどん壊していることが分かる。

規制緩和の裏側にあるものを考えろ、ということ。

規制緩和は自由競争を生み、その後の過当競争は企業の体力をを疲弊させ~倒産した日本企業の優良資産をハゲタカ外資が買い叩く。

規制緩和こそが日本をぶっ潰すアメリカのシナリオだと思う。

その手法で軒数の多いパチンコ店を潰そうとしているのが警察か。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-02-22 23:24 | 社会ネタ

夜のセミナー

仕事半分、プライベート半分で、夜7時から始まるセミナー会場にいる。終了するのは9時。

この2時間を早いと感じるか、遅いと感じるかは内容次第。

ちなみにテーマは「今の時代を生き抜くために」。サブタイトルは、企業の業績は顧客満足活動の推進度で決まる!

ちなみに、クライアントの2社はこのセミナーを主催する研修会社の研修を社員に義務付けている。

こうして、待ち時間の合間にブログを更新するブログバカである。

内容が面白く役に立つようであれば、またアップする。

追記

1時間で集中力が切れた。でも興味深い内容であった。精神論的な話は好きなので。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-02-22 18:44 | 私的ネタ

100万人突破

パンパカパ~ン。

かきなぐりプレスの訪問者数の累計が100万人を突破しました。

午前10時過ぎに100万人を突破しており、ジャスト100万人のところをスクリーンショットで押さえることができなかったのが残念。

b0017844_14474823.jpg


2004年9月からスタートして30カ月目での達成となった。

皆様のご訪問に感謝いたします。

ブログを始める前はフリーのホームページサービスを利用していたけど、1日の訪問者はせいぜい50人程度だったように記憶している。

web2.0時代を肌で感じる今日この頃である。

といいながらいまいち2.0は理解していない。そこで違いをコピペしておいた。

Web 1.0             Web 2.0
DoubleClick -->        Google AdSense
Ofoto -->             Flickr
Akamai -->            BitTorrent
mp3.com -->           Napster
Britannica Online -->    Wikipedia
個人のウェブサイト -->     ブログ
evite -->             upcoming.org and EVDB
ドメイン名の投機 -->      SEO(検索エンジンへの最適化)
ページビュー -->         クリック単価
スクリーン・スクレイピング --> ウェブサービス
パブリッシング -->        参加
コンテンツ管理システム -->   wikis


人気ブログランキン
by tetorayade | 2007-02-22 14:52 | 私的ネタ