人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2006年 03月 ( 64 )   > この月の画像一覧

紳助の美談に騙されるな

美談を作るのが好きな紳助だ。

シャレで「これでええように映った?」と最後は落ちのつもりでいっているが、あれは落ちではなく本音だと思う。

紳助の言動はどうも信用できない。

竜助が危篤状態から小康状態に移ったようだ。

その直後から病院に見舞いに行った紳助は、50歳になったら、また紳竜コンビを復活させるために一時代を築いたつなぎの衣装を新調していた、というが、これ記者向けの美談コメント以外の何ものでもないだろう。

「大阪にいる時は毎日、病院に行っています。最初の日は何も言えず泣いてました」

「寝ている姿を見て“ネタ合わせしたないから寝たふりしてるんやろ。はよ起き”と話しかけました。今は悔しい気持ちでいっぱい」

何とも紳助らしい。

ネタやろ。

本音は奇しくも竜助が倒れる前に収録されたビデオ。

漫才10選かなんかの番組で紳助、竜介が選ばれ、当時のこと紳助が振り返っていた。ネタを死に物狂いで考えているのは紳助。対する竜介は舞台が終わると遊びほうけていた。その差が結局現在に至るわけだが、紳助が本心で竜介のことを思っているかは、はなはだ疑問。

借金を背負い自己破産した挙句、脳卒中で倒れる。

自業自得と思っているはずだが、テレビ的にはそれを全面に出すわけには行かない。将来的には選挙のこともある。

ここは美談の紳助を取り繕う必要がある。

ネタを考えているときに自分の子供が泣いてやかましいから、といって自分の子供にもつばを吐きかけるのが紳助だ。これ、自分でいっていたことだから間違いない。そういう状態で竜介の役立たずを食わしていたのはこの俺。ギャラも1人分を2人で分けなけばならない。ネタも考えない竜介なんかいらない。1人で十分食っていける。

これがコンビ解消の理由だろう。

いまさら50になってコンビ復活なんて、そんなことしなくても紳助は食える。食えない竜介のためにやる、としたらそれは選挙用やろ。

紳助の美談に騙されるな。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-03-31 00:48 | 芸能ネタ

手羽一郎

名古屋名物の手羽一郎でこれから食事。鳥羽一郎と手羽をかけているのか?
by tetorayade | 2006-03-30 19:06 | 私的ネタ
尊厳死問題で改めて医者の倫理が問われているが、技術者にだって知識を悪用しない倫理がある。

仙台銀行のコンピュータセンターの運用を担当していたNTTデータの社員が、顧客の暗証番号を盗み出し偽造カードを作って、17人分、3100万円の現金を引き出していたことが発覚した。

オリックス・クレジットのローンカードを偽造して、現金を引き出したようだ。

根っからのワルではないようだ。

クレジットカードのキャッシングは直接個人に被害が行かないことを知っていたのだろう。被害額はオリックス・クレジットが全額補償している。

男は全国指名手配から1日で本人が出頭したため逮捕された。

54歳にもなってこんなことをやる男は、家庭を持っていないのか、同居している母親に「トラブルに巻き込まれしばらく帰れない」と言い残していた。

この歳になっても独身のマザコンか、離婚して母親と同居していたマザコンかのいずれかだ。

パチンコ、パチスロのプログラマーも隠しコマンドを書き込み、特定の打ち方をすると大当たりを引き当てられる攻略方法で、プライベートタイムに稼ぐ、なんてことが昔からある。

それが一部に攻略法としてゴト師の世界に流れ、本物は高額で売買される。

医者以上にコンピュータの技術者には倫理観が求められるが、医者のように高度な国家試験と社会的地位がないためか、今回のNTTデータの件のように表に出るのは氷山の一角なんだろうな。

まず、パチンコのプログラマーが逮捕されたことは未だかつてない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-03-29 22:18 | 社会ネタ

たかじんピンチ!

関西ローカルのテレビ番組では東京から来ているゲストが、東京で放映されないことをいいことに本音を炸裂させる。

関西には本音トークを引き出すのがうまい司会者がいるからだ。で、そのNo1は関西でパネル芸の大御所ともいわれているやしきたかじんがその人だ。

ところが、やしきたかじんが司会する番組は生では流せない。

放送では流せない実名が飛び交うので必ず「ピー」が入る。

そんな、たかじんがらみでまた物議をかもし出した。

関テレ制作の「たかじん胸いっぱい」で、離婚目前の杉田かおるが、旦那の性癖やプライバシーを面白おかしく暴露。その後間もなくして離婚に至る。

たかじんの番組で「杉田が離婚の決意を語った」とスポーツ紙などで報じられ、たかじん本人も有頂天になっていた。

この番組に対して、杉田の元夫がNHKと民放でつくる「放送と人権等権利に関する委員会」に名誉、プライバシーを侵害された、と訴えていたが、この申し立てが認められ、関テレに再発防止の体制整備を勧告することを決定した。

テレビ局は興味本位に番組を作るのではなく、素人の人権にも十分配慮して編集には気をつけてオンエアーしろ、ということなのだが、これって、テレビ局はたかじんを使うな、ということにも等しい。

思い起こせば、1月、たかじんは、堀ちえみの元夫から名誉毀損で訴えられたばかり。

この時は番組で元夫が堀ちえみの別れにくい男で「最高裁まで行った」と話を面白くしてしまった。元夫が「何の根拠もない虚偽の事実」として、2000万円の損害賠償を起した。

たかじんから毒舌を取れば、気の抜けたビール。バラエティー番組では使えない。

さらにトーク番組が主体なので個人名の「ピー」だけではなく、今回の杉田のように出演者の発言すべてがカットになるようであれば、番組自体が編集できなくなる。

杉田もたかじんの番組だからサービス精神が働いた向きもある。

関西に怖い物なしのたかじんの立場がピンチだ。

東京のキーステーションではたかじんを使い切るプロデューサーはいない。関西だから通用したのだが、局にこんなペナルティーを科せられると、いかに関西のテレビ局といえどもビビリ始めるに違いない。

本人は「そんなにごちゃごちゃいうならやめたるわい」と尻をまくりそうだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-03-29 13:38 | 芸能ネタ

姉歯妻が自殺

ある週刊誌の報道ではミニスカ姿で派手な格好で出歩いていた、なんてのもあった。

ところが、一級建築士の自宅は、ボロボロ。門灯ははずれかかり、窓ガラスは割れたまま。とても人が住んでいる家には思えなかった。

家はボロボロ、一方、奥さんは49歳でミニスカ。このギャップが理解できなかった。

久しく姉歯、という名前がマスコミに露出しない、と思っていたら、衝撃的なニュースが飛び込んできた。

姉歯の奥さんが自殺を図った。マンションの7階から飛び降り、下に止めていた車のサンルーフを突き破って、車の中で死んでいるのを発見された。

姉歯本人が自殺するのなら理由は分かるが、奥さんが自殺した、となるとよほど生きていることが辛くなったのだろう。プライドが人一倍強く、生きていることが恥になったのか。

病弱であった、という報道もあった。どんな病気かは明らかにされていないが精神的なものか肉体的なものか。

そのためにお金が必要だったので耐震偽造に手を染めた、とも。

遺書はない。

これも新潮、文春が絶対追っかけるネタ。さすがに今週号(木曜日発売)には間に合わない。これを1ページでも差し込んだところの勝ち!今頃は取材も追え、後は印刷に回っているかも。

追記
うつ病を患っていたようだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-03-28 22:31 | 社会ネタ
なにやら病院内の派閥抗争の様相を呈してきた。

富山県・射水市民病院で人工呼吸器を取り外し問題で、事件発覚のきっかけになった患者の自宅玄関に「人工呼吸器取り外しは家族が同意した」とする旨の文章が張り出されたようだ。

最初から医師が勝手に取り外すわけはない、と思っていた。それこそ医者の倫理に反する行為だ。悪徳医師もいるだろうが、この外科医に関しては周辺の評判も悪くない。

地域のドブ掃除も手伝うような先生だった。

ここは、むしろ、外科医を快く思っていない派閥が貶めようとして画策したのではないか、と思えてきた。

内科医の院長対外科医部長。

その辺は一流週刊誌の新潮、文春あたりが今週号で丹念に取材して、取り上げてくれるものと思う。

悪魔の医師と書かれるのか、貶められた医師、と書くのかどちらかだろう。

それを読んで改めて判断した、と思う。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-03-28 21:57 | 社会ネタ

上原の人身事故に思う


「人間的に欠陥がある」と世界のイチローから“お褒めの”ことばをいただいたばかりの巨人・上原投手がWBCから帰国してすぐに車を運転していて事故っていたようだ。

報道では人身事故、となっていたのでどんな大事故を起したのか、と思っていたら、信号待ちしていたゴミ収集車に上原がオカマをほったとのこと。それで清掃車の男性が腰に軽い怪我をしたようだ。

これだけでは状況がよく分からない。

乗用車がトラックに追突して、運転している人間が腰を怪我するはずもない。と、いうことは腰に軽症をおった、ということはゴミ収集車の後部にぶら下がっていた、ということか?

一度タクシーに乗っていて信号待ちでオカマをほられたことはある。ムチ打ちになるほどの衝撃はなかった。何でもないのに、客ということで病院へ連れて行かれ、レントゲンを取り、何ともないのに病院はシップ薬やら飲みクスリまで出すしまつ。

運転手は足を挟まれ、痛いといっている。おまけに足をひこじっている。しかし、そんな衝撃はなかった。

タクシーの運転手は役者だと思った。

で、上原の件だがゴミ収集車の後ろにぶら下がっていた作業員の腰に車を当てた、ということになるのだろうか。これなら単なる追突事故ではなく、人身事故だ。ただ、、その通りだとすれば、作業員は道交法違反になるのではないか。車にぶら下がって乗ってはいけないはず。トラックの荷台だって人を運んではだめだから。

上原は前方不注意だったようだが、まだ、シャンパンファイトの余韻が残っていたのか?

被害者は新聞報道などで、加害者が巨人の上原だと分かって、腰の軽症がひどいムチ打ち症にならなければいいのだが。

イチローの顔に口に含んだシャンパンを吹きかけるからバチが当たったのだ。
追記

怪我をしたのは運転手だった。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-03-27 21:44 | 社会ネタ
今頃になって民主党の鳩山由紀夫幹事長が、永田議員の辞職を促す発言を広島市で開かれた党県連大会でぶち上げたようだ。

地方党員に対するガス抜き演説か?

ガセネタ疑惑が深まり本人が辞意を表明したときに止めないで、そのまま辞めさせればよかったのだ。前原代表ら幹部にまで責任論が及ぶことを懸念するするあまり…下手な説得工作をするからおかしな展開になったわけだ。

西澤某を国会証人喚問。
元々ガセネタしか提供しない素性の悪い奴を国会で証人喚問することに何の意味もない。ガセだと分かっていることを国会で明らかにしたところで何の進展もないではないか。

遅い! 本当に民主党の対応は遅い。後手後手。

あ~あ。
こんなことで国民の信頼を勝ち取ることなんかできない。耐震偽装問題では、民主党が一躍注目されていたのに、永田議員一人のために民主党の信頼は失墜してしまった。

こりゃ、次の選挙は戦えない。普通、自民党が大勝ちしたら次の選挙では揺り戻しがあるものだが、このままでは期待できない。

小選挙区では落選した永田議員。

地元での信任もない議員で、民主党の体勢にも影響はない。むしろ、党員資格停止の身とはいえ永田議員は民主党にとってマイナスイメージしかない。

永田議員もこれ以上議員にしがみつくのはやめて、引き際の美学を見せてやれ。と、いってもかなり遅い。

でも、国会証人喚問の4月4日までに辞職することが最後のチャンスだ。

「詐欺師に騙された私がバカでした。国政に迷惑をかけたので辞職します。その反省から二度と国会議員にはなりません」

辞職理由はこれでいいのだ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-03-26 21:12 | 社会ネタ
今日のサンジャポは王ジャパン優勝特集。優勝シーンは何度見てもいいものだ。

で、この特集コーナーの終盤でいきなりファイテンのネックレスの話しに。
ゆうこりんが「松坂選手や松中選手が首につけていたものは何だと思いますか」と値段つきで紹介。

スポーツ選手が普段つけているRAKUWAネックとはタイプが違い、三つ編状が特徴だった。
1980円ぐらいだったか?意外と安い。

時間にして1分もなかったような気がしたが、非常に唐突に思えた。

これ、正木プロデューサーがファイテンから金をもらっている、と疑いたくなるようなカットインだった。

あれはチタンを染み込ませた布を織り込んだもので、アクアチタンのパワーが首から全身に伝わり、リラックス効果があるそうだ。

心と体を開放することで、緊張する場面でも最高のパフォーマンスが発揮できるとのこと。

バレーボール選手やマラソンの高橋尚子も愛用者の一人。

WBC効果でさぞかし宣伝になった、と思うが、大リーガーのランディー・ジョンソンも着用している。

日本の組織野球が世界に見直されたように、日本の野球の強さの影にはいつも平常心で戦えるファイテンの力があった。

こんなことを書いてもファイテンからRAKUWAネックは送られてこない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-03-26 13:04 | 社会ネタ

安楽死論争勃発か

人は生まれてきた以上、必ず死は訪れる。天寿をまっとうし、植物人間状態になりながらも、それでも延命治療するケースもある。

命の尊厳という倫理だ。

治療してまで延命する行為については賛否両論分かれることだろう。延命治療をした結果、元気になって退院するのなら別問題だが、終末時間が1週間、1カ月延びるだけで結果的には死が訪れることに、延命工作するのは家族のエゴでしかない。

自分がその時を迎える日には、延命工作はしないでくれと家族に伝えておく。ましてや末期がんで苦しんでいる状態なら、なおさら安楽死を望む。

入院生活が長引けば長引くほど、看病疲れから家族にも疲労がたまってくる。そこまで周囲に迷惑をかけながら生きたくもない。

富山県の射水市民病院で、外科医師が入院患者7人の人工呼吸器を取り外し、全員が死亡していたことが25日わかった。

終末期治療の老人患者ばかり。医師は患者本人や家族の同意の下に呼吸器を外したようだが、7人という人数から県警は殺人の疑いで取り調べるようだ。

ここで命の尊厳、という壁が立ちはだかる。

医師も家族からの依頼がなければ勝手に人工呼吸器を外すわけもない。それなら、外したことを依頼した家族が責められるべきで、医師に責任を着せるのはお門違いだ。

厚生労働省が03年に実施した末期医療の世論調査では、自分が「痛みを伴う末期状態(余命約6カ月未満)」になった場合に「単なる延命治療はやめてほしい」などの回答は、一般で74%、医師で82%、看護師で87%に達している。

追記
家族が同意していないケースも出てきた模様だ。
今回のケースは安楽死ではなく、人工呼吸器を外したことは尊厳死、と見なされるようだが、助からないものを1秒でも長く生きさせたい…

自分は反対だ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2006-03-25 20:48 | 社会ネタ