日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2005年 08月 ( 69 )   > この月の画像一覧

いくらまもなく廃止になる空路とはいえ、エンジン爆発事故から1カ月も経っていないのに同じ航空会社の同じ航路で、しかも同じ種類の機体でトラブルが起きると乗客も生きた心地はしなかっただろう。

やらかしてくれたのは、福岡発ホノルル行きJALウェイズ58便。30日夜8時、滑走中に機体に氷が付くのを防ぐための設備の一部が正常に動いていないとの警告が出たために、離陸を中止。点検では異常が見つからず飛び立った。ところが和歌山沖を飛行中、再び同じ警告を発したため、関空に緊急着陸。飛行を中止した。

日航機ジャンボ墜落から20周年の節目の日に、爆発事故を起こしたDC10がまたもや機体トラブルだ。

墜落事故に遭遇しないためには、安全な航空会社と機体を選ぶことが鉄則だ、という。

世界の主要航空会社50社の安全度ランキングでは創業以来死亡事故を起こしたことがないオーストラリアのカンタス航空が1位。以下、フィンランド航空、香港キャセイパシフィック航空、全日空、イギリスヴァージン・アトランティック航空と続き、JALは29位。

一方、ワースト5は高麗航空(北朝鮮)、セントトーマス航空(アメリカ)、国際航空(リベリア)、プーケット航空(タイ)、モザンビーク航空の5社。

ま、こっちのワースト系に乗ることはないが、JALは堂々の危ない部類系だ。

次に機体で死亡事故を起していないのはボーイング777やエアバスA330など。

こうしてみるとJAL+DC10の組み合わせは、大当たり確率がToToより6561倍高くなったToTo5のようなもの。

これに、航空運賃の値下げ合戦からしわ寄せは、機体整備費をいかに安く上げるか。そんなことに航空会社は血道を挙げているように映る。

整備コストを下げるために整備品質の劣る中国なんかに出しているから、こんな些細な異常が頻発するのではないのか?

小さなミスの積み重ねがやがては大事故を引き起こす。そんなことは航空会社が一番よく知っているはず。

こんなことも改善できないJALはエアライン事業から退場するしかない。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2005-08-31 22:25 | 社会ネタ | Comments(8)
離婚問題で再び注目を浴びたサイバーエージェントの藤田社長のところのアメーバーブログが、ブロガーが書き溜めた記事を自費出版するサービスを開始した、というニュースをヤフーで取り上げていた。

これって業界初でもなく、エキサイトはすでに実施していることであって、珍しいことではない。ほかにも何社か同様のサービスは行っている。

なんでこんなことを取り上げるのか?

藤田社長から「ヤフーニュースで花火を上げて」と頼まれたか。

エキサイトは5件までなら無料でPDF化したページをサンプルとしてダウンロードできる。これで1回試みて自分で製本したことがあるが、なかなかのもの。本の体裁にして読み返すとまた違った感じになる。記事も720本ほどたまった。いつかは出版したい、と思っている。

ウィルコムは電話にカメラをつけたのも最初だったし、音楽のダウンロードサービス、メール、インターネット使い放題の定額料金などを打ち出し、オペラを搭載、音声通話料金の定額制も最初だったのに、あまり評価されることもなかった(音声通話は評価されている)。

時代を3歩先行くとだめで、1.5歩ぐらいがちょうどいい加減のようだ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2005-08-31 11:25 | 社会ネタ | Comments(5)

さりげなく1面に謝罪

毎朝、新聞を読むのは寝起きの5~6時頃。寝ぼけ眼の中で朝日の一面を読んでもさほど驚かなかった。見出しは「虚偽のメモ記者解雇」とある。太明だから目立たない。

長野県の田中知事とドン亀が長野県内で会談して、田中知事がドン亀に対して発したコメントの内容がすべて虚偽のメモによって書かれたことが判明したため、朝日が一面で謝罪すると共に当該記者を懲戒免職にした、という内容だった。

これは「長野県内で会ってもいない」という田中知事からの指摘で朝日が調査。当該記者を問い詰めたところ、取材もしていないのに自分の想像で書いたメモだったことが判明。天下の朝日がサンゴ事件の教訓を生かすことなくまたしても捏造事件を引き起こした、ということだ。

笑えるのが、ドン亀はこれが問題になって初めて今回の記事の誤りを知った、というから、選挙で忙しくいちいち新聞なんか読んでいないことがよく分かった。

記者は県政担当なので田中知事とは面識がある。取材できない相手でもないのに、ナゼ取材しなかったのか、しかも記事にならばすぐにバレテしまうようなウソをついたのか大いに疑問が残る。

本当に些細なことだ。しかし、こんな些細な事でもそれが捏造であれば、報道機関の生命を揺るがす根幹である。この程度なら社内で再度裏取りのチェックをするほどの内容でもない。それだけにベタ記事には特に捏造の恐ろしさが含まれている。

これは相手が田中知事だったためにもみ消すこともできず、表面化したまで。表立っていはいないが、阪神大震災のときにも捏造はあったようだ。

これに対してライバル紙は鬼の首を取ったかのように「捏造」と言う言葉で朝日の姿勢を叩いているが、同じ穴のムジナではないか。あまりやりすぎると火の粉をかぶることになるよ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2005-08-30 22:05 | 社会ネタ | Comments(12)

営業の極意

その社長は独立して6年目。元は地銀で営業畑を13年ほど歩んでいた。行員時代、営業成績は250人中で常にベスト10入りしていた。営業の面白さにかまけて、ついつい昇進試験を受けなかった。同期が主任になる中、営業成績はよかったが、出世には遅れを取った。

地方から転勤で大阪へ赴任したのはバブル前夜。地方では個人を相手に定期預金などを集めていたが、大阪では企業の貸付を担当した。得意先の社長が3000万で買ったマンションが地上げにヒットし、立ち退きをごねていたら表8000万、裏4000万の計1億2000万で売れた。土地は永久に上り続けると思われた時代。不動産を買う客に対して、銀行も公示価格ではなく路線価で満額融資した。客は転がすことが目的で、3カ月ぐらい寝かして転売すると3000万ぐらいの鞘が簡単に抜けた。銀行マンが定年まで働いてももらえないような退職金の額が濡れ手で粟状態だった。

再び、地元に帰り個人相手の営業に戻った。億単位の金を動かしていただけに激しい落差を感じた。一緒に遊んでいた先輩が「高卒では支店長にはなれない」という言葉を残して退社。大阪で暮らす奥さんの実家の母親が病気になったことなどが引き金となり、13年勤めた銀行を辞め、再び大阪に出てくる。

職のあてはなかった。就職情報誌で探した会社が台所用品の訪問販売の会社だった。
元来、営業好きだったため、みるみる内に頭角を現した。13年かかっても主任になれなかったのに、3カ月で主任、半年後には部長になっていた。

営業の極意は自分なりに考えた。飛び込み営業。まず9割は拒否反応を示す。インターホンをガチャンと切らせず、相手に「ごめんね」といわせる方法、夜訪問したときのドアの開けさせ方、家に上りこんだときに、警戒されるので商品は絶対に持ち込まない、リビングの中にある豪華なものを探して必ず褒める、など独自のノウハウを編み出していった。ちなみに、スリッパを出してくれる客はまず買ってくれるそうだ。

この仕事を4年あまり続けて独立する。

今でもトップ営業を続けている。商談の席では必ず大学ノートを広げてメモを取る。そのときにこっそり、相手が吸っているタバコの銘柄をメモする。

次に食事に誘ったときに、相手が吸っている銘柄を必ずひと箱忍ばせておく。2軒目ぐらいで大抵相手のタバコが切れてくる。空き箱を丸めたタイミングで、さりげなく相手が吸っているタバコを差し出す。これで相手の気持ちをぐっと掴むことができる。変わった銘柄を吸っている客なら効果も倍増する。その後の商談がスムーズにはかどることはいうまでもない。

長々と引っ張ったが、このタバコ銘柄作戦を伝えたかった。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2005-08-30 18:32 | 業界ネタ | Comments(13)

ブログ開設1周年

丁度1年前の今日からブログをスタートさせた。今日はメモリアルとなる1周年記念日だ。ところが、その記念すべき第1号のエントリーはすぐに削除したため、バックナンバーは9月1日から始まっている。

それまでは2年あまりホームページをやっていた。何人かのホムペ仲間もできた。そのうちの1人でTV局のディレクターをしている人が「これからはブログ」とさっさと移行して行ったのに触発されたのと、利用していたホームページが11月にはサービスを中止する、という2つの理由からブログに移行した。

なぜ、エキサイトを選んだのかは覚えていないが、当時はライブドアの存在すら知らなかった。

始めた頃はトラックバックの意味がなかなか理解できず、その機能を活用し始めたのは3カ月後だった。それからはブログの楽しみがより深まった。コメントを残してくれる人も増えてきた。「新聞の社説より面白い」というお褒めのコメントは励みになる。

ホムペ時代は来訪者数は平均40~50人。インターネットで世界が繋がってるとはいえ、そのホムペサービスを利用している人たちの狭い世界でのコミュニケーションでしかなかった。

この来訪者の数だけでもホムペ時代に比べ、最高100倍に達したこともある。グーグルで検索しても自分のブログに書いていることが上位にヒットする。個人で情報発信していることを肌で感じる一瞬でもある。

最近、ブログのことがとかく話題になる。ブログのことを初心者に教えるときに、web上の日記と説明しているが、この日記という表現にはちょっと抵抗を覚える。今日もトミーズ雅が「日記なのに皆に公開するんですか? 日記は人に見られないように鍵をかけるものなのに」とかなり誤解していた。

web logをそのまま訳さないで個人の情報発信ツールの方がしっくりくる。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2005-08-29 23:27 | 私的ネタ | Comments(14)
うちの向かいにも迷惑なオヤジがいる。風呂に入るたびに「洗面器がない」と叫び声を上げる。家人が無視するものだから、だんだん激高しはじめ「洗面器!」「こら、洗面器!もってこい!」としまいには絶叫調になる。これが時には「石鹸がない」に変わったりするが、たいがいは洗面器だ。

同じ過ちを何度も繰り返す。風呂へ入る前に確認しろ、といいたくなる。学習効果がまるでない。

ひそかにこのオヤジのことを「洗面器バカ」と名づけている。

普段からも夫婦喧嘩は絶えず、夜中にこの洗面器バカが奥さんを罵倒しまくっている。洗面器と同様いつも喧嘩の内容が一緒。奥さんが整理整頓できないことで喧嘩しているわけだが、2人ともネジが1本飛んでいるのかも。

夏場は窓を開けているので、丸聞こえだが、冬は窓を閉めているのでさほど聞こえない。

近所迷惑な奴はどこにでもいる。東京中野区では悪臭オヤジが住民とトラブルを起こしているようだ。2年半前から自分の汚物と残飯を煮詰め、それを庭にほった穴に溜めはじめた、というのだ。絵を想像しただけで気持ち悪くなる。

このオヤジの住居は商店街の近く。周辺には悪臭がたちこめるものだから、それが原因で客足が遠のき、店を閉めたケースもあるようだ。2度にわたって穴は埋められたが、当のオヤジは反省する気もなく、再び穴を掘って溜め始めた。

たまりかねた住民は嘆願書を警察に提出したが、民家で悪臭を規制する法律がないので警察も手が出せない。

奈良の騒音おばさん次は東京の悪臭オヤジ。このニュースを読んでふとこんなことを考えた。

近所に引っ越してこられて迷惑なのはどっち!?


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2005-08-29 14:57 | 社会ネタ | Comments(15)
TBS時代の久米宏はテレビに出て成功するまで8年かかっている。それまではもっぱらラジオ専門で、入社8年目で掴んだチャンスが「ぴったしカンカン」だった。その勢いはTBSで視聴率が30%を突破する最短記録を誇っている、という。

その後は「ザ・ベスト10」で久米人気を不動のものにし、その勢いでベスト10が始まって1年後にTBSを退社してフリーとなる。

久米の後輩に当たる青木裕子アナ。今年入社の新人アナで、サンジャポに出ているのだが、これが全くのど素人。笑顔が作れない、原稿が読めない、番組を仕切れない(これはまだ無理だが)、セリフは忘れるわで、観ていて痛々しい。慶応時代にはミスコンにも選ばれているようなのだが、よくこれでアナウンサー試験を合格できたものだと思う。

アナウンサー試験は大体7~8次試験まであり、何千人もの中から数名が合格するわけだが、彼女にはアナウンサーの素養がまるで感じられない。

女子アナの寿命は30代までといわれているから、一刻も早くからデビューさせたいのだろうが、いくらサンジャポがバラエティーに近いといっても、こんな訓練のできていない商品を人前に出すのは視聴者に失礼というものだ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2005-08-28 14:24 | 社会ネタ | Comments(8)
高野連は駒大苫小牧高校の優勝取り消しのなどの処分は一切しないことに決めた。

この第一報を聞いて訴えたオヤジはこう感想を漏らした。
「罪のない選手に迷惑をかけるのではないか、と心配していたがホッとした」

これを聞いて「おいおい」と思わず突っ込みを入れたくなる。

お前が変な意地を張って訴えた時点で、選手に大迷惑がかかることは百も承知の上で事件にしたんだろうに。学校側と和解した途端、自分は当事者でもないかのようないい子ぶった発言はなんだ。

こぶしを振り上げてしまったために、引っ込みがつかなくなり、内心はびびっていたのだろう。和解に至った経緯も息子に「もういいから」と泣いて説得された。

高野連は協議の結果、選手に責任は問わないので、優勝取り消しも秋季大会出場取り消しもない、と結論付けた。監督や部長を謹慎処分とすることで一件落着した。

ヤフーのアンケートでもこの結果を望む声がダントツで、世論とマッチした。

ゴネタこのオヤジに対して、学校側は生徒の言い分を全面的に受け入れて和解に至ったようだ。学校側も不満はあったにせよ一刻も早く和解に持ち込み、報告書をまとめたい、という焦りがミエミエ。

交渉術にオヤジが一枚長けていた、ということだ。学校側の謝罪とは言葉だけではなく、そこには慰謝料のようなものも含まれているのかどうか明らかにしてもらいたいものだ。

いずれにしても、この生徒は普通の神経の持ち主なら学校にはいられないはずだが。さて、オヤジよどう責任を取る! 慰謝料が入ったとしても、お前が騒いだせいで息子の心の傷は一生消えないぞ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2005-08-27 21:19 | 社会ネタ | Comments(46)

小林麻央と賀来千賀子

恋のから騒ぎ~お天気キャスター~女優とシンデレラへの階段を駆け上がる小林麻央だが、彼女にも唯一欠点がある。それは顔とバランスの取れない甲高い子供声だ。

ドラマ「スローダンス」にも出ているが、小林が喋るとその場が学芸会に思えてきて、ドラマをぶち壊している。

そんな小林が次はセガのゲームソフトのCMに出るようだが、役どころはセクシー女教師。本人も「しゃべると子供っぽいといわれるので、監督から大人っぽく優しい先生のイメージでと言われたので難しかった」と苦戦していた模様。あの声でセクシーさを出すのは無理というものだ。

この奇声のもう一方の雄が賀来千賀子だ。本人も若い頃はこの地声が「大嫌いだった」と白状していた。

最近、賀来千賀子の姿を見かけないが、小林と賀来で親子設定でドラマを作ったらいい。

タイトルは「奇声家族」。そうなると出川も必要になってくる。奇声のタレントだけを集めてシリアスなドラマを作ればそれだけでコメディになってしまうが。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2005-08-27 11:01 | 芸能ネタ | Comments(4)
「NHKはな、熊を撮りに行ったまま5年帰ってけ~へんねんで」

たかじんの発言だからいささか誇張があるかもしれないが、NHKの番組作りを端的に表現している。NHKスペシャルなどのドキュメント番組に対していかに時間と経費をかけているか、怒りを爆発させていた。

潤沢な制作費を背景に“良質”な番組を作ってきたNHKが、1926年の発足以来初めてのリストラに着手するようだ。民間企業なら売上が減れば当然のように断行してきたわけだが、不況でも確実に受信料が入ってきたNHKにはまったくの他人事だったが、NHKの制作費の私的流用が明るみになって、受信料の不払いは117万件に達している。

1月末に放送した特別番組「NHKの再生をめざして」で橋本会長は「支出を減らしても番組の質は低下させない」と大見得を切った。

その時発表された17年度予算は6724億。前年比で1.1%(72億)減。一方の支出は6687億。0.4%(26億)減だった。

その時点では不払いも39万7000件。100万件を突破することは想像もしていなかったようだが、尻に火のついたダイナマイトを突っ込まれた現在、ついに番組制作費を中心とした500億の追加削減に踏み切ったわけだ。

リストラの規模は全職員の1割に相当する1200人規模になる見込み。民放に比べ、取材・撮影スタッフの数がそもそも多い、というからリストラできる部分は一杯ありそうだ。

5年かけて熊を撮る制作手法も当然見直されるのだろうな。それでも撮りたいのならディレクター1人がカメラを回せば出来ないこともないのだが。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2005-08-27 09:11 | 社会ネタ | Comments(0)