人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

<   2005年 04月 ( 41 )   > この月の画像一覧

中国道渋滞大誤算

GWの初日から車で遠出する習慣はなかった。

で、10連休初日から仕事が入ってしまった。

行き先は広島。そのまま田舎で休日を過ごそうと車で出張。普通に走れば目的地まで4時間。GWなので1時間余分に時間を見て、5時間前に出発する。

家から中国縦貫のインターまでは順調だったが、乗ったとたんに渋滞。普通に走れば15分の距離に50分の渋滞情報。一つ目のインターまで30分ほどかかってたどり着くも、その先の渋滞情報の時間に変化なし。

下りる。

阪神高速空港線から名神経由で阪神高速の神戸線へ。ここでも神戸の中心部まで40分。

明石海峡大橋手前のジャンクションから山陽道へ入る。山陽道の三木のジャンクションにたどり着くまでに3時間が経過していた。

普通に走れば3~40分の通過地点。渋滞を抜けて違う経路で渋滞を避けようとしたが、かえって2時間のロスに。あのまま渋滞の高速をトロトロ走ったいたほうが結果的には早かった。

急がば回れ。

これ、高速の渋滞に関しては当てはまらず。

急がば、そのまま。

これが中国縦貫から山陽道へ抜けるときの鉄則のようだ。

お陰で約束の時間からは1時間半遅れ。サービスエリアで昼飯を食う時間もなく、最悪のコンディションだった。



人気ブログランキン
by tetorayade | 2005-04-29 23:16 | 私的ネタ
「調べて欲しい」という依頼があり全国ネットの広告費を調べた。

その結果、白馬にまたがる暴れん坊将軍のP台は、約1カ月のテレビCMで5億はかけているという。制作費はもちろん別途。

その過程でプロ野球中継のスポンサー料の話しが舞い込んだ。TBS系で1試合、60秒で2500万円。普通、CMは15秒が相場なので、1試合で4回流して2500万円也。

テレビ東京が5月から始まるセパの交流試合の巨人戦の放映権を1億で買ったものの、まだ、スポンサーが半分も埋まってないそうだ。埋まらなければテレ東お得意の番宣の自社広告を流すしかないのだろうが、U局のテレ東なら、1試合60秒枠で2500万なんて破格な料金は吹っかけないだろう。

ま、500万がええとこか。

足元を見られれば100万、50万と下がっていくだけ。自社広を流すより、50万でも取れればそれに越したことはない。

もはや巨人戦というだけで高額な放映権料は見込めない時代になっていることは事実。このまま視聴率が取れなければ、来年当たりは半値にはなって、やがてはJリーグのように地上波から消える運命にあるのか?

楽天もこんな体たらくでは地元ファンからも見捨てられてしまう。やはりプロ野球は縮小する運命しかないのかも知れない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2005-04-28 22:00 | 社会ネタ

JR三態

プロフィールによると、身長182センチ、B103、W82、H102。

朝の通勤電車。
真横に立ったごっつい女性の存在にすぐに気づいた。その横顔はまぎれもなく南海キャンディーズのしずちゃんである。

前方を真っ直ぐ見据え、左手の指に髪の毛を絡め、せわしなくいじっている。とにかく落ち着きがない。

血液はA型。雰囲気はテレビ同様に極めて暗い。

自分以外、しずちゃんの存在に気づいているものは誰もいない。

出身は茨木市ということだが、茨木から乗り込んだところを見ると今でも住んでいるようだ。

帰りの東京からの新幹線は酔っ払いによって、眠気が吹っ飛んでしまった。

車掌とのやり取りを聞いていると、
東京駅で新幹線の切符を拾って駅員に渡そうとしたが、その態度が気に入らなかったので、拾った切符を渡さずにそのまま新幹線に乗り込んだ模様。

そこで検札に来た車掌に、ことの次第を酔った勢いでぶちまけている。

善意で届けてやったのにとか、これは俺の取得ブツ。出るとこへ出てもええ、お前の態度はなんだ、すぐにクビぐらい飛ぶぞ!

車掌が下手に出るものだから、酔っ払いは支離滅裂で益々調子に乗って声を荒げる。

これに切れた乗客が出てきて、「こらおっさん黙れ!いますぐ飛び降りろ!」と一喝され、たちまちしゅんとなった。

その乗客に反論することもなく、客が立ち去ると、またネチネチと車掌に詰め寄る。
今度は声のトーンを落として「用心棒までつれてくるのか」。

単なる小心者の酔っ払いオヤジだった。

新大阪に到着したら、人身事故でダイヤが大幅に狂っている。快速の運行はやっていないではないか。

酔っ払いオヤジのストレスでいつも以上に疲れる。帰りの新幹線では結局一睡もできず。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2005-04-27 23:54 | 私的ネタ
大惨事から一夜明けて、事故の状況がだいぶ明確になってきた。事故原因の根底にあるのは関西の私鉄対JRの熾烈な競争が浮き彫りになってきた。

大阪を中心とした京阪神間ではJRと直接対決するのがJR京都線の阪急、JR神戸線の阪急、阪神である。JRはこの区間の乗客を獲得するために、この区間に限り私鉄よりも安い料金に加え、スピードアップで応えている。

実際、自分も自宅から駅までは阪急のほうが断然近いのだが、わざわざ遠いJRに通勤電車を切り替えた。

朝の通勤ラッシュに梅田まで行くのに阪急が25分かかるのに対して、JRは12分だ。朝のこの違いは大きい。慢性的過敏性大腸炎もJRに切り替えて解消した。それほど、JRはストレスなく通勤させてくれる。

しかも料金が阪急より安い。さらに、JRは複複線なので、普通や快速が次から次へと来る。最終電車も阪急より30分近く遅くまで動いている。これだけの理由があれば、駅まで倍の距離があってもJRファンになってしまう。

特にJRの東海道線は明治時代に開通しているので、土地の買収問題が簡単だったため、ほとんど直線距離でぶっ飛ばす。

一方の阪急はやたらカーブが多くてスピードも出すに出せない。

JRはこの激しい私鉄との競争に血道を挙げているわけだが、運行距離が私鉄とは比べ物にならないほど、他府県にまたがり広範囲に入り組んでいる。1本の遅れが、私鉄とは比較にならない多大な影響を及ぼしてしまう致命傷を抱えている。ダイヤを調整するのは至難の技だろう。

つまり、1分の遅れではなく1秒の遅れが命取りになるのである。

事故を引き起こす2週間前にこの車輌区では1秒単位の遅れが管理されていたようだが、関西都市圏を走る運転士はこの厳しい管理の下に毎日運転しているわけだ。

その結果がオーバーラーンの距離を本当は40mなのに8mと虚偽報告する隠蔽体質を育んでいるのかもしれない。90秒の遅れを取り戻そうと慌てた新米運転士は、スピードを上げたまま最高速度70キロのカーブに100キロで進入して、慌てて急ブレーキを踏んだために、遠心力に負荷がかかり、車輌が浮かび上がったために脱線した、と推測してみた。

つまり1秒の遅れを徹底管理されている運行状況の下に引き起こされた人的ミス、と考えられるのだが、若い運転士にはもっとローカルな線で経験を積み重ねさせるべきではないのか。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2005-04-26 21:48 | 社会ネタ

脱線くの字

近年まれに見る脱線事故だ。脱線した2両目の車輌がマンションに激突して、くの字にペッシャンコになっている。車を解体するときのスクラップ状態だ。アルミ製の軽量車輌とはいえ、衝撃の物凄さを物語っている。阪神大震災以来の衝撃映像である。

色々な憶測がなされている。

運転手はまだ運転手歴1年未満。以前にもオーバーラーンを起している。
で、今日も伊丹駅で8メートルのオーバーラーンを起し、バックして駅に戻ったため、1分半のロスを引き起こし、それを取り戻すために指定速度を超過してカーブにさしかかったために、脱線したという見方がされていた。

そのカーブは70キロの指定速度。電車の最高速は120キロ。対してそのカーブで脱線するには130キロ以上のスピードが出ないことには脱線しない、という。

仮に100キロでそのカーブを曲がっていたとしても理論上は脱線しない。

その後の報道では置石があった、というようなことも原因視されているが、置石で脱線することはないという。

報道ステーションに出ていた専門家は事故原因を「スピードが出すぎていることに気づいて急ブレーキをかけたことが原因ではないだろうか」と指摘している。

まだ、若い運転手は2度目のオーバーラーン。今度は朝の通勤時間帯の過密ダイア。東海道経由で学研都市線に入るというプレッシャーが平常心を失わせたのかもしれない。

いずれにしても人的ミスによる大惨事であることには間違いない。

高知で起こった駅舎激突事故もスピードの出しすぎが原因と見なされていた。

今日の事故を帰りの通勤電車で間接的に体験する。
新三田発の普通高槻行きの運行ができないため、高槻行きの普通が大阪始発になっていたこと。

お陰で座れて帰れた。

不謹慎な〆だったが、マンションも根元が衝撃で亀裂が走っているようだが、建て替え工事になったりするのだろうか?


人気ブログランキン
by tetorayade | 2005-04-25 22:41 | 社会ネタ
もし、ペ・ヨンジュンが韓国ではなく、中国の映画俳優だったらどうなっていたのか、と想像を巡らせて見た。

旅行社が「命の保証ができませんから、今回はやむなく中止します」といっても契約違反を盾にバリケードを突破する勢いでツアーが挙行されていたんやろうな。

ペの主演映画「外出」の撮影現場を見学する日本からのツアー客約2600人がソウルに集まった、という。

日本の11の空港からこのツアーが組まれている、というのだから驚く。撮影現場にはバス50台を連ねて行ったようだ。そりゃ壮観だ。

ペ自身のホムペでも「竹島は韓国の領土」と愛国心を表明している。

にもかかわらず、これだけのファンが押し寄せているだけに、地元では驚きというより「韓日の緊張関係をまったく意に介していないようだ」とあきれ返っている様子。

中国ほどの大規模なデモは起こっていないが、おばちゃんパワーが領土問題すら蹴散らす。そのまま竹島へ移り住んだらいいかもしれない。

でも、ペが中国人だったら、この2600人のおばちゃんパワーが逆に反日感情に火をつけ、第三次世界大戦のきっかけになったかもしれない。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2005-04-24 18:28 | 芸能ネタ
きょうの「走れガリバーくん」で、見たこともないぶさいくな男がガリバーとなっていた。
最近のガリバーくんは出演者ネタが切れかけていることもあって、たまにこんな人選になる。

ちなみに王様はドロンズの石本。

顔が売れていないと、こうもひどい扱いを受けるのか、という現状をまざまざと見せ付けられた。
倉敷から「くぎ煮」の旅を命じられて明石にたどり着く。ある食堂でくぎ煮をいただくのだが、それで終わり。宿泊先はその食堂。驚くことにイスを並べてその上に寝る、という最悪の状況。イスの上に寝たタレントを見るのは番組史上初ではないか?

顔が売れているタレントなら、食堂のおばさんもそんなもてなしは絶対しないはず。まず、自分の家につれて帰り歓待したはずだ。

おばさんも見ず知らずの男を家につれて帰るわけにも行かないので当然の判断だ。

顔の売れていないタレントとは飯尾和樹。

コンビを解消してピンで活動。笑っていいともの準レギュラーになっているらしいが、笑っていいともは見ないので知らない。

売れていないことに加え、華がないためにこんな酷い仕打ちをうけたのだろう。タレントはやはり売れてなんぼの世界だ。

ブログ検索でも飯尾和樹は1発もヒットしない。
誰も興味を示していない証だ。

梅田淳もこの番組を卒業させられたようだし、ガリバーくんもこんなタレントを起用するようではそろそろ潮時か。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2005-04-24 10:15 | 芸能ネタ

事件後の警戒

東大阪市の公園で4歳の幼児の頭を17歳の少年が殴りつけて殺人未遂容疑で逮捕された事件で、翌日の朝日新聞夕刊のその事件を報道する記事に付けられた写真のキャプションには、驚かされた。

母親と幼稚園に通う子供の後姿。

そのキャプションがこうだ。

「被害者の男児が通っている幼稚園では母親に連れられ園児が通園していた」

何?これ。

この記者は通園風景を知らない新人か?

事件があろうがなかろうが、園児が家から1人で通園することはない!

皆、親が幼稚園まで連れて行くのが当たり前。

このキャプションと同様なことが、痛ましい事件が起これば必ず見受けられるのが、周辺の警備だ。

これも意味のないキャプションと一緒で、犯人は数万人に1人の精神異常者であって、それを同じ地区で模倣するような奴はいるはずがない。

むしろ、警戒するとすればそれ以外の地区のほうが確率が高いわけで、やるならよその地区のほうが抑止力はあるはずだが。

いつも事件のたびに起こる警戒行動は、朝日新聞の意味のないキャプションと一緒だ。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2005-04-23 22:39 | 社会ネタ

フジが制作した別海高校

涙、涙の高校生活ドキュメントかと思ったら、フジテレビは違っていた。

高校自体が余市の高校と違って荒れ狂う学校ではなく、酪農科がある真面目な校風の学校。タレント性のある生徒や先生にスポットを当て、卒業後の進路まで追う。

親孝行する真面目な生徒が多数登場するのだが、散漫な印象が強く、ヤマ場の卒業式シーンでも惹きつけるものがない。つまりヤマ場は卒業式ではなかった。普通はここで終わるが、卒業後も追っかける。

フジらしいスポットの当て方は東京出身の独身の国語教師。着任して10数年。

前頭部の頭髪が薄くなり、それを誤魔化す独特のヘアースタイルをしている。毎晩コンビニ弁当。

月曜日の楽しみはコンビニで少年ジャンプを買うこと。愛読して23年になるそうな。それを具なし焼きそばを食べながら読む。

番組の後半、その独特なヘアースタイルを作り上げている美容室のシーンが。先生の頭をカットしているのは若い美人美容師。なんと、近々結婚するそうな。

このシーンが一番印象に残ってしまった。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2005-04-23 10:18 | 社会ネタ

2軍落ちが縁の切れ目

新婚生活をスタートさせたばかりの大魔神が結果を残せず、自ら登録抹消を志願したようだ。

年齢的にも限界が来ている大魔神。下手すればこのまま引退なんてこともありえる。高い慰謝料を払った末の離婚と新婚生活。

金を稼げなくなった夫に対して、「私が親子4人を食わせる」なんて殊勝な榎本でもないだろう。先妻の子供2人も重課になってくることは明白。

森・森夫婦が離婚したと思ったら、今度は郷ひろみが離婚、ときたもんだ。

数カ月後になるのか、数年後になるのかは分からないが、ま、短期勝負で大魔神にも別離が訪れることは、細木数子でなくても断言できる。


人気ブログランキン
by tetorayade | 2005-04-22 23:14 | 社会ネタ