日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

<   2004年 12月 ( 71 )   > この月の画像一覧

曙引退

やはり予想通り6連敗を喫した。

相手は、ホイス・グレーシー。誰も勝てるなんて思ってもいない。

相撲技が使えるから勝機があるみたいなことを戦前の予想では書いていたが、誰もそんな記事を信じるものはいない。素人相手に戦うのではないのだから、スポーツ新聞はいくら売らんがためとはいえ、可能性のない記事を書くのはよろしくない。

そもそも、巨大いぼがえるのような、あのぶよぶよな体で総合格闘技が戦えるわけがない。まず、選手に失礼やし、その時点で参加資格はない。

ない、ないづくしの曙だ。

あと100キロ絞らないと無理。そんなことが無理なら引退しかないやろ。


もう、これ以上無様な姿を家族に晒さないほうがいい。


今日で引退決定。

気が小さく円形脱毛症になるノミの心臓の曙本人は、勝つまでやり続ける、といっているけど、相撲も入門していきなり横綱になれたわけではないだろ。

ほんまにリベンジする気があるなら、後100キロ落とせ。
[PR]
by tetorayade | 2004-12-31 23:37 | 社会ネタ | Comments(6)

プライド男祭り

大晦日もいよいよ夜になってきた。余すところ6時間。そろそろ年越しそばタイムになってきたが、夜6時台で面白そうなテレビない。

ドラエモン、レコ大はパス。残るのは格闘技しかないではないか。

でも、この番組は始まるまでが長い。恐らく1時間ぐらいは昔の試合を流すか?

この間に風呂へ入ってくるか。
[PR]
by tetorayade | 2004-12-31 18:14 | 社会ネタ | Comments(0)

大阪に初雪

寒い。ストーブが点いているのに、なんか寒い。

それもそのはず、朝方から降っていた雨がいつのまにか雪に変わっている。しかもボタン雪で積もっているではないか。

12畳をストーブではカバーしきれなくなったので、エアコンでカバーする。まだ、昨日やりのこして大掃除があるのに、気分は萎える一方。

天気予報では正月は荒天。大寒波でも到来するのか?
[PR]
by tetorayade | 2004-12-31 11:23 | 私的ネタ | Comments(0)

奈良県警の執念

2004年も後1日という瀬戸際で、奈良の小学生誘拐殺人犯が逮捕された。絶対に越年させない、という奈良県警の執念が実った形だ。

関西の警察で捜査能力が劣ると見られていたので、よ~やった、と褒めておこう。

でも、犯人が行きつけのスナックで女児の写真を見せびらかしていた、というから犯人もアホといえばアホ。

そんな情報を手がかりに犯人逮捕に至ったのだろう。

今朝の新聞では1面トップで犯人逮捕が間近のような書き方をしていたが、年の瀬で正月モードなのでネタがないぐらいに読み飛ばしてしまった。

ほんまに間近やったんやな。
[PR]
by tetorayade | 2004-12-30 19:21 | 社会ネタ | Comments(4)

新潟市発注工事で談合

さすが、土建政治家・田中角栄を育んだ土地柄だ。
新潟市発注工事をめぐる官製談合事件で、ほぼすべての課で市の職員による関与行為があったことを明らかにした。

これもすべて建築業者の選挙がらみだという。業者が金をばらまく角栄流政治手法は脈々と受け継がれているわけだ。

法律で談合は禁止されているのになくならないのは、日本の風土にあっているからだろう。

特に地方のムラ社会では、共存共栄が柱にある。
入札の価格競争で無駄な体力を消耗して、仕事が大手に集中するより、中小にも仕事が回るようにしようということだ。

アメリカの考え方を押し付けられ、自由競争が正しいこと、と教え込まれた戦後教育。

自由競争は1人勝ちの社会を育てることで、いわば、弱肉強食の原始の社会に戻るということだ。

人類の進歩と共に互いが生きる知恵として、談合が生まれたのだ。

アメリカの尺度で考えるからいけないのであって、日本のムラ社会にはこのやり方があっているのだ。

新潟中越地震の復興工事は、地元建設会社が天が与えてくれた大仕事とほくそ笑んでいた公共工事だろう。談合発覚で入札資格を剥奪されて、仕事は回ってこないのか?

事件が発覚したのは新潟市だが、県下全域が同じ談合体質であることは間違いないはず。
他県の業者に仕事をもっていかれたのでは、踏んだりけったり。

やはり復興のために、経済を回すためにも地元業者に仕事を回さなければいけないだろう。

ただ、税金の無駄遣いをされたんではたまったもんじゃない。談合体質の集大成で、関空2期工事のように不要な仕事に血税を注ぎ、日本をさらなる赤字体質にする役人や政治家は抹殺されなければならない。
[PR]
by tetorayade | 2004-12-30 08:43 | 社会ネタ | Comments(0)

紅白の大トリに小林幸子

新潟中越地震で拾い物をしたのが小林幸子だろう。
新潟出身ということで被災者に配慮して、ド派手な衣装を断念した幸子であったが、新潟の県木を歌った新曲で大トリを務めることになった。

年に1度とはいえ、もう幸子の衣装にどれだけの人が関心を寄せているか甚だ疑問だ。

美味しい焼き牡蠣を年に1度なのに、10年食べていたら飽きてくるのと一緒だろう。

和田アキ子が幸子を暗に批判していた。紅白出場者発表のだいぶ前から、今年の紅白の衣装のことを話題にするのはいかがなるものか、と。

これは和田のほうが正論だ。

衣装の話題性だけでNHKは幸子をずっと選ぶがごとくうぬぼれている。

美川との衣装対決より、そりゃ曙がどんな負け方をするのか、そっちのほうがずっと関心が高いやろう。

これを機会にド派手衣装から卒業すると共に、衣装でしか話題をさらえない幸子は、紅白からも卒業だな。

大トリを与えてもらい、花道もお膳立てしてくれているのだから。
[PR]
by tetorayade | 2004-12-29 21:56 | 芸能ネタ | Comments(2)
紳助を1月2日から復帰させる、と発表した吉本興業に対して、雪田樹理弁護士が「誠意はまったく感じられない」とさっそく噛み付いた。

示談に応じる気配もない。

民事が解決したわけではなく、法廷闘争はまだ幕も上がっていない。

吉本としては稼ぎ頭をこれ以上謹慎させるわけにいかない。下がり続ける売り上げに歯止めをかけるためにも、どうしても紳助を復帰させたい。

復帰させたい吉本の台所事情と視聴率が欲しい一方で、使った場合、雪田弁護士からの訴訟を覚悟?しなければならないテレビ局の対応が気になる。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2004-12-29 15:09 | 芸能ネタ | Comments(0)

朝からやってもうた

普段使っている鞄を変えると必ずやらかしてしまう。
昨日は大掃除だったため、普段のビジネスバッグではなく、ポシェットに財布や定期、鍵を入れて出勤した。

今日は仕事納め。

朝、駅に着いて鞄の中から定期を取り出そうとしたら、ない!

財布と鍵は普段のバッグに入れ換えたのだが、定期を入れ忘れていた。券売機で切符を買う。全身から力が抜けていく。

往復で820円の損失。

ほんま、無駄な金。
[PR]
by tetorayade | 2004-12-29 09:04 | 私的ネタ | Comments(2)

小心者の放火予告男

ドンキに火をつけるぞ、といって立ち去った男が、名乗り出て身の潔白を訴えたそうな。

理由が「レジで待たされてイライラしていたから」と弁明。その男も本当に放火が行われ、自分が犯人扱いされていることに、ビビリまくり一晩中眠れなかったことやろう。

たぶん、このイライラ男は典型的なA型やろうな。

で、名乗り出て、この男は無罪放免になったのか? まだ任意で取り調べ中か?

益々、真犯人は藪の中やけど、真犯人なら絶対また火をつけるはず。犯人が逮捕されないことには、こりゃ、恐くて本当に客足が遠のく。

となると、客足が遠のいて喜ぶのは同業他社の関係者。ということになるが、ドンキの同業となる業態がない。

ジャパンでは相手にもならんし。
[PR]
by tetorayade | 2004-12-28 21:38 | 社会ネタ | Comments(0)
ドンキ連続放火が一向に収まらない。放火の重要参考人とされている万引き容疑者が逮捕された後も放火が続くところを見ると、便乗した模倣犯が各地に出没している、といえる。

放火の罪が相当重いことを放火犯は知らないのだろか。万引きで捕まるのとは訳が違うのに。圧縮陳列に火をつけると、さぞかしよく燃えるぐらいにしか思っていないのだろうな。

これに対してドンキはスプリンクラーの設置を強化するようだが、これは対処療法であって、何故、ドンキが複数の犯人から狙われるのか、という原因の解明には至っていない。

思うに、やはり火を付けたくなる圧縮陳列とジャングルのような迷路に原因があるのではないだろうか。
[PR]
by tetorayade | 2004-12-27 23:16 | 社会ネタ | Comments(2)