日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

<   2004年 11月 ( 80 )   > この月の画像一覧

清原残留発表

清原が巨人残留をとうとう正式に発表してしまった。
前日、清原の決意を揺さぶるがごとく、日テレの社長ですら、清原がいても視聴率には関係ない、と断言した。まさに八方塞の中での選択となった。

清原のブレーンも全員が巨人退団を進言したのではないだろうか。このままでは番長清原のプライドもズタズタだ。

悩み抜いて、最後は清原が決断したのだろうが、最近は肉体改造トレーニングが裏目裏目でケガばかりしている。結果的には、あのジムがアカンのではないだろうか、と思ってみたりする。

巨人に残留を決めた以上、例のジムと決別して肉体改造をしないことがいい結果を生むかもしれない。
[PR]
by tetorayade | 2004-11-30 23:46 | スポーツネタ | Comments(0)
今回の来日騒動で一番美味しい目をしたのが日テレだろう。今日のスーパーテレビで5日間を密着していた模様を見てそう思った。

何が美味しいって、宿泊先のホテルニューオータニで起こったファンの転倒事故。スポーツ紙は「将棋倒しでけが人」などとオーバーに書きたてていたが、今日の密着からすべてが分かった。

スーパーテレビのディレクターはあの事故のお陰で、さぞかし編集作業が楽しかったことだろう。それがなければ、ただ単に5日間の舞台裏を密着するだけで、日本食で何を食べたかが話題になる程度だったかもしれない。

ペ・ヨンジュンは韓国でスマップで例えるなら4番、5番を争う草彅か稲垣辺りの人気しかないのに、日本で大ブレークしたからさあ大変。これは日本のファンを大切にしなければならないという心理が働くのも分かる。

そんなペのファンを思いやる気持と警備を重んじるホテル側との間で衝突が起こった。その結果の事故だった。

早朝から詰め掛けたファンにあいさつをしたいペ。警備上裏口から出すことを譲らないホテル。事故が起こったら誰が責任を取るのか、と主催者に詰め寄る警察。一旦はホテル側の説得に応じ、表からは出ないことをファンに伝えたが、最終的にはペの判断で表から出ることを強行突破した。

一旦は諦めかけていたのに、ペが表から車で出てきたものだから、あっという間にファンが車めがけて突進した。

これで押されてこけた、というのが真相で将棋倒しとかいうオーバーなものではない。場所柄ニューオータニも救急車を呼んだものだから、大事になった。ただ、それだけのこと。

あの程度のことなのに救急車が出動したから、急きょ謝罪会見となったわけだが、日本人ファンを過剰に大切にする行為が引き金になった遠因はある。

ところで、気になったのが、当日のニューオータニの対応。ファンの大半は外で待っていたわけだが、どうせならホテル内で遭遇した、と思うはず。一般客を装って館内に入ろうとしたファンを水際で排除していたのだろうか?

プロの目からはファンか客かは見分けられはずだが。その場合、なんといって入館させないようにしていたのか。
[PR]
by tetorayade | 2004-11-29 23:52 | 社会ネタ | Comments(2)
奈良の女子誘拐殺人事件に端を発し、にわかにクローズアップされているのが防犯グッズ。
防犯ブザーはもちろんのことだが、ついにGPS付きランドセルが発売された。1回の充電で10日持つ。ランドセルから外して、体に付けることもできる。

さらにGPSケータイ同士なら子供の居場所をリアルタイムで把握できる。これからはどうせ子供にケータイを持たせるなら、GPSケータイを選ぶ親子が増えそうな予感。こんなことの目的のためにGPSケータイが普及するのは、それだけ国が病んでいる表れだ。
[PR]
by tetorayade | 2004-11-28 11:31 | 社会ネタ | Comments(0)
サンスポが満員神話が崩壊した東京ドームに来期も清原は必要!?と書いているが、巨人を改革するなら清原は不要である。

ファン感謝デーの「清原コール」が象徴するように、人気に陰りの見える巨人には“集客”の戦力だとの見方がある。

しかし、完全に力が衰え、ケガばかりしてフル出場も出来ない清原に頼るようでは、巨人に明日はない。

グランドで活躍できない高額年俸は不要だろう。

4番を各球団の大砲を金に任せて獲得してきたツケがここにきて、一気に表面化したわけで、生え抜きの選手が育っていない証でもある。
[PR]
by tetorayade | 2004-11-28 08:55 | 社会ネタ | Comments(0)
パソコンは2台あれども、使えるプリンターがない。おまけでついてきた新品同様のゼロックスのプリンターがあるが、インク切れで使い物にならない。

インクを買えば使えるが、カラーと墨のインクを買うと8000円近くもかかる。これなら新品のプリンターが替えてしまう。

もとより、インクが切れた時点で廃棄するつもりだった。

で、年賀状シーズン。

今年は喪中とはいえどけ欠礼の案内を出さなくてはならない。

最近のプリンターはスキャナー、コピー、プリンターが一体型になったオールインワンタイプが主流で、単体のプリンターとさほど値段も変わらない。

家でプリンターを使うのはせいぜい年賀状ぐらい。デジカメプリントをすることもなければ、スキャナーやコピーの必要性もない。

全部の機能がついていれば便利だが、実際に使うのは年に1回の年賀状印刷のみ。こんな状況の人が多いはずなのに、なぜか主流はオールインワン。

どこかケータイの機能と似ている。

ある調査によると、auのウリの一つにナビウォークがあるが、日常的に使っているのはわずかに3%だという。

一体機、
買ってみたけど、
もちぐさり

こんな状況やろうな。

それなら付加価値はいらんから、単体機の値段をもっと落とせといいたい。
[PR]
by tetorayade | 2004-11-27 23:39 | 私的ネタ | Comments(0)

水増し東京ドーム

巨人の東京ドームでの主催試合をいつも満員の5万5000人と発表していたが、これがどうやら嘘がばれたみたいで、来年からは実数に近づけるとの、意向を発表した模様。

東京ドームが開業した88年から今季終了まで1020試合連続で「満員御礼」の発表を行っていたが、阪神戦以外は空席が目立ち、ずっと疑問視されていた問題のよう。

こんな大嘘を16年間も突き通して、ということ今年になって報道される、ということはナベツネの威力がなくなった表れの一つか?

入場者数がセパ両リーグを通じて、広島が最下位、というのも解せなかった。パリーグより劣るセリーグ球団があるはずがない。

広島だけが正直に申告していたんやろう。

水増し発表はやはり放映権料にかかわってくる問題なので、そんな誤魔化しをやっていたのだろう。

球団はグループ傘下とはいえ、マスコミとしての読売グループの責任が問われるところだ。
[PR]
by tetorayade | 2004-11-27 22:18 | 社会ネタ | Comments(0)

遠割タクシー冬の陣

全国一厳しい、といわれる大阪のタクシー業界。一昨年2月の道路運送法改正で運賃の自由化が認められたことから、5000円を超えると運賃が半額になる料金体系を打ち出す会社が現れた。客を奪われないために他社も渋々追従したため、今では7割以上が遠距離割引を導入している。

地方出張でタクシーをよく利用するが、そんな割引運賃なんかどこも採用していない。恐らく、大阪の現状を知れば知るほど、他府県のタクシー組合が、お互いの首を絞めるような競争は止めておこう、と申し合わせているものと思われる。ま、談合、というやつ。

そりゃそうだろう。最初は他社との差別化のために始めた遠割も、他社が追従してのでは差別化にもならない。差別化にならないのだから、最初に遠割を導入した会社の利用客は伸びず、売上だけは確実に落ちる。

運ちゃんに聞いても、遠割にしたからといって、夜の長距離客が増えたわけではない、という。サラリーマンの財布の紐は依然として固く閉まったまんまだ。

遠割のない聖域だった関空の専用タクシーが今悲鳴を上げている、という。専用タクシーを敬遠して、わざわざ対岸から遠割タクシーを呼ぶ客が増えているからだ。

自由競争は利用する側からすれば、価格が下がっていいのだが、そこで働く側の身になると手放しでは歓迎できない。

ちなみに、遠割が始まる随分前から、自分では「1人遠割」を実践していた。

ミナミなどで飲んで帰ると、タクシーなら1万近くかかっていた。そこで、乗る前に交渉するわけだ。

「○○まで5000円で行ける?」

まずは半値で交渉してみる。

当時からバブルが弾けてタクシー乗り場は空車だらけ。買い手市場は明らか。
「駄目」と断られることは覚悟だが、タクシーはいくらでもいる。

するとそんな厳しい条件でも飲んでくれるタクシーは必ずある。

狙い目は自分の裁量がある個人タクシーだ。

深夜大阪市内からタクシーに乗るときは交渉なしで乗ったことがなかったが、遠割になってからはそういうことも必要でなくなった。
[PR]
by tetorayade | 2004-11-27 19:14 | 社会ネタ | Comments(0)

業務用スーパーの誘惑

業務用スーパーはは兎に角、調味料系が安い。量が一般用の4~5倍はありながら、それでいて一般並みの値段だ。

かつて中華料理に凝った時期がある。中華系の調味料も結構取り揃えていた。

この前買ったのが中華の定番である豆板醤。マーボ豆腐を作るのに豆板醤を切らしていたことに気付き、迷わず教務用を買った。

最近ハタと気付いた。

それ以来全然使うケースがない。賞味期限は2006年8月7日。このペースでは再来年になっても殆ど減っていないことだろう。

これから頑張って豆板醤を使う料理を作っていかなければならない。これを本末転倒、というのだろう。

消費量の少ない調味料は家庭用に。本日の気付き。
[PR]
by tetorayade | 2004-11-27 17:17 | 私的ネタ | Comments(0)
はっきりいって、顔も名前も知らない。
そのアナが出産した、ということがニュースになっている。
何故かと読み進んでいくうちにうなずいた。

去年の紅白の司会者。いわばNHKの顔であるが、それ以上にたまげたのが39歳で初産だった、ということ。結婚10年目。出産後も仕事は続ける、という。

野田聖子議員(44)は不妊治療中とか。

丸高を過ぎてからの出産はダウン症などの出生率が高くなる、というが。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2004-11-27 10:29 | 社会ネタ | Comments(2)
NHKが異例ともいえる対応に出た。
別れた旦那の一方的な言い分で構成された番組を流されて、事実と異なる印象を世間に与えた、として訂正放送を求めていた最高裁の判決を受けて、早くも訂正と謝罪放送をしたそうな。

判決が出たのは昨日。で、放送は今朝。国家公務員的NHKとしては異例の対応の速さだ。判決では訂正放送の必要はない、とされながらもプライバシーの侵害と名誉毀損は認められた。

にもかかわらず、訂正放送を流す、とは。
局内の不祥事続きで、これ以上NHKのイメージを失墜させたくない心理が、こんなに素早い決断を下したのだろう。

自分達の間違いを放送で説明して、しかも訂正放送を流すとは、テレビ史でも例がないのではないか?

これ以上、受信料の不払いが起こっては経営が成り立たなくなる。その世論の恐さが今回のお詫び放送だろう。
[PR]
by tetorayade | 2004-11-26 21:44 | 社会ネタ | Comments(0)