日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

カテゴリ:テレビネタ( 312 )

2月14日、広島テレビで母校の存続危機問題が放送される、ということで同局のホームページの番組表を見ると、昨日の放送内容。


b0017844_22445487.png



いつまで経っても更新されないので、電話したところ、同局のホームページは同局制作の番組は、昨日放送された過去内容を載せているとのこと。

視聴者は今日の内容を知りたいのに、あまりにもの時代錯誤にたまげた。番組表の役目を果たしていない。

ネットで調べる時代に今日の番組内容が載っていないとは何を考えている。

今までこういう声はなかったのか、と聞いたら「初めて」

この声は上に伝えるとのことだが、まあ、たまげた。

広島テレビは地元では古参格の局だが、なんとまあ融通が効かない石頭的なところを感じた。

アクセス解析したら月間17万PVぐらいで、テレビ局としてはあまり見られていないから、そんな声も起こらないのかもしれない。

by tetorayade | 2019-02-16 00:01 | テレビネタ
真中瞳。

進ぬ電波少年に出ていたあのタレントが約20年ぶりに朝ドラ「まんぷく」で茶の間に帰ってきた。


b0017844_15324538.jpg
若かりし頃の真中瞳の面影はない。

それもそのはず、芸名も東風万智子(こち・まちこ)に替えているので、テロップに真中瞳が出ることもない。

信一さんの再婚相手として、大阪のおばちゃん役を好演している。

まだ、39歳だが、役柄とはいえ49歳に見ないでもない。

by tetorayade | 2019-01-31 00:01 | テレビネタ
合法ロリコン愛好家たちの間で俄然注目されているのが、NHKの連ドラ「まんぷく」に出演中のタカちゃんである。

福子の姪っ子で現在16歳という設定。


b0017844_08465377.jpg

で、合法ロリコン愛好家によると、合法ロリコンの条件は、実年齢は18歳以上で身長は150センチ以下、見た目は小中学生であること。

この条件にぴったりなのが、タカちゃんである。

合法ロリコン愛好家のタカちゃんファンがまんぷくを観ることで視聴率もアップ?

ちなみに、タカちゃんの実年齢は26歳。



by tetorayade | 2018-11-25 00:01 | テレビネタ
イッテQは観ていない。大河ドラマと被るという理由以外に、何が面白いのか分からない。

従って宮川大輔のヤラセ祭企画も観ていない。

在京キー局関係者は第二のあるある大事典事件として、番組が打ち切られること心待ちにしているようだ。

所詮、バラエティーなのになんでここまで大騒ぎするかと言えば、やはり最大の問題はありもしない祭りをさもあるかのようにでっち上げたことだ。

演出的なヤラセとは大きくかけ離れている。

しかも、ラオスという国が絡んでいる。

週刊誌は過去の祭りでもヤラセがなかったかと必死に調べているようだ。

番組タイトルを変えて出演者はそのままで模様替え、という案もあるようだ。



by tetorayade | 2018-11-17 00:01 | テレビネタ
大阪・池田市には日清のカップヌードル博物館がある。

今年はまんぷくが始まる前からすでに3回は孫を連れて行っている。


b0017844_08275964.jpg

で、朝ドラが始まると、博物館でも関連展示が始まっている。


b0017844_08250671.jpg


では、まんぷく第1回目の突っ込みだ。

戦後の食糧難の時代に荒くれ男ども15人を雇うおカネはどこにあるのか、という点と、家族を含めると18人分の食料をどうやって調達しているのか、という点だ。


b0017844_08192924.jpg
福子が友達のところへ借金に行っているが、15人を毎日食わせるのは相当おカネがかかる。塩が完成して販売するまでおカネは一銭も入ってこないだけでなく、おカネは毎日どんどん出て行く一方だ。

資金もないのに一挙に15人の従業員を抱えるのは現実的ではない。



by tetorayade | 2018-11-13 00:01 | テレビネタ
前半と後半が全く別物。後半になればなるほどグダグダだった「半分、青い」。やはり視聴者が釘付けになったのは秋風ハウスまでだった。

スピンオフドラマは秋風ハウス物語で決定だろう。

なぜなら、秋風羽織役の豊川悦治が「この5人とまたやりたい」とスピンオフには非常に意欲的だった、という話が伝わって来た。


b0017844_08522658.jpg
秋風ハウスには後2人、中年の男女がいたが、その辺も出てくるかもしれない。

秋風ハウスから皆が旅立つときのシーンがこれだが、ここにもその思い入れがある。


b0017844_08522682.jpg

台本にはなかったが、豊悦の発案でこの絵に涙と旅立つ鳥を3羽描いた。

この時描いた3羽の鳥が最終回のシーンで出てきた。

それほど、思い入れがあった秋風ハウス編だった。

視聴者も秋もっちゃんが出てくることを期待している。

by tetorayade | 2018-10-01 00:01 | テレビネタ
NHK職員は終盤戦に入った「半分、青い」に怒っている。

週末の居酒屋で話題は律の管理能力がない、という話になった。

「大事な試作品を置いている部屋に鍵もかけないのはあり得ない!」「パスワードも簡単に盗まれ過ぎ」「盗んだ試作品を大手メーカーに持って行くわけがない」「北川悦吏子は社会の仕組みを知らない」と口角泡を飛ばす。

それも津曲が投資家を集めるための新製品発表会へとつながるのだが、NHK職員の間ではすこぶる評判が悪い。


b0017844_08330867.jpg

上京して、漫画家のタマゴ時代が面白過ぎたために、後半のグダグダ展開が気に入らないようだ。

しかも、北川悦吏子はドラマの中で3人の盗人を出した。

最初はボクテ、次に元住吉監督、最後は津曲。朝ドラに盗人出し過ぎというのも気に入らないようだ。



by tetorayade | 2018-09-23 00:01 | テレビネタ
14日放送の「おはよう日本」で気象予報士の福岡良子が、朝から茶の間を恐怖に陥れた、と話題になっている。

それは、福岡良子の描いた絵にあった。


b0017844_14141667.jpg

満面の笑みで持っているのが自分が描いたもので、絵の恐ろしさに天気予報が全然頭に入らなかった、とスタジオ。


b0017844_14141663.jpg

で、ひょっこりはんポーズの主は、誰かといえば、高瀬アナらしい。


b0017844_14141607.jpg
生で見れていないのが残念。

by tetorayade | 2018-09-15 00:01 | テレビネタ
日本ボクシング連盟の元終身会長である山根明氏が、ボクシング界から身を退いた後、公の元に姿を現したが、何と、関テレのバラエティー番組だった。


b0017844_14424999.jpg

相変わらずの強面ぶりだが、臆することもなく堂々のコメンテーターぶりを発揮した。

78歳の山根氏は同い年のデビ夫人のファンであることを公言しているが、山根氏を引っ張り出すために、デビ夫人を使ったのかと思われるが、デビ夫人はほぼレギュラー。

ということはデビ夫人が出ている番組だから出演のオファーを受けた可能性がある。そのためか、番組はキッチリデビ夫人の横を用意している。

では、なぜ、デビファンかというと、36年前にボクシングの試合でスカルノ大統領杯選でインドネシアへ行ったことがきっかけだった。


b0017844_14424904.jpg
臆することなく「僕は世界から『カリスマ山根』と呼ばれている」と公言しているが、その理由はやはり力には力で対抗してきたことの業績か。

世界のボクシング界は日本以上に審判がドロドロしている。アマチュアの世界大会でも日本は不利な判定をくらうことが多かった。特にアマチュアの試合には引き分け判定はない。どちらかに〇か×を付けることになるが、この時ものを言うのが人間関係だという。

山根氏が会長になってからは、日本不利だった判定が、公平な判定をもらうようになったらしい。世界が山根を忖度するようになったということか。

アジア大会で女子レスリングはメダル0と惨敗した。その理由が栄監督を解任したことだとしたら、日本のアマチュアボクシングも世界戦では再び日本不利の判定を喰らうようになるのか?

男山根会長は逃げることが大嫌い。

悪いことをすると皆病院へ逃げ込むが、あれが一番嫌い。ポリープ手術は本当だが入院を断ったぐらいだ。

テレビとは一つのきっかけで、使うようになると、他局もすぐに追従する。芸能事務所から誘いの声も掛かっているようだが、余生はテレビタレントとして活躍するかも。

その前に暴力団と付き合いのあった人を使うのは、それはそれで問題になるが…




by tetorayade | 2018-09-09 00:01 | テレビネタ
大阪を直撃した台風21号は、身の危険を感じるほどの強風で、これまでに体験したことがないほどだ。

大型トラックがいとも簡単に横転。自動車ともなるとミニカーの様に軽々と吹き飛ばされるほどの猛烈な風速だった。

家が地震で揺れているのかと思うほど、強風が家を揺さぶり続けた。

こういう大型台風が来るとテレビ各局は臨場感を伝えるためにリポーターを現場に立たせる。

在京キー局の関係者が打ち明ける。

「迫力のある画を撮るために現場へ行くわけですが、現場で強風が吹き荒れていない時は、本当はガッカリします。現場でリポーターがヘルメットを被り、『強風で目も開けられません』という悲痛な姿を撮りたい。その競争です。本当なら車の中から撮影してリポーターを立たせる必要はない。リポーターが風で飛んできたモノが直撃して死なない限り各局は止めないでしょうね」

今回の21号は剥がれたトタン屋根や壁、割れた看板などが飛び交う非常に危険な状態だった。

テレビは「不要不急な外出は避けて下さい」と伝えながら、危険な場所にリポーターを立たせることは矛盾している。

死人が出るまで止めないのなら、アイスホッケー並みのプロテクターを付けて現場に立たせるしかない。

by tetorayade | 2018-09-06 00:01 | テレビネタ