日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

カテゴリ:スポーツネタ( 456 )

ピョンチャンオリンピックの女子アイスホッケーで2戦2敗同士の日本対韓国・北朝鮮の合同チームの試合が始まった。

前半第一ピリオドでは日本が2点を入れて先行した。

b0017844_17143733.jpg


合同チームは格下なので日本がオリンピック初勝利を飾る事だろうが、北朝鮮の選手が何を目指しているか、という情報が入った。

急ごしらえの合同チーム。韓国選手からすれば、出番が少なくなるので反発もあろう。とはいえ、打倒日本では心が一つになっているわけで、北朝鮮の選手が目指しているのは、韓国人選手よりも先に日本から1点をもぎ取ることだ。

勝つことよりも、それが、北朝鮮選手の名誉だ。

ところが、テレビを見ていてもどれが北朝鮮の選手かは全く分からない。

合同チームが1点を返す。

アメリカ出身の韓国人選手だった。







[PR]
by tetorayade | 2018-02-15 00:01 | スポーツネタ | Comments(0)
ピョンチャンオリンピックで日本人初のメダル獲得は男子モーグルの原大智選手の銅メダルだった。日本人選手の中でもダークホース的存在であまり注目されていなかったが、男子モーグル五輪史上初のメダルは快挙だった。


b0017844_16000547.jpg

原選手の快挙で注目されているのが、原選手が使っているスキー板だ。これは大阪・守口市に本社を置くマテリアルスポーツ社製で、このモーグルの試合で表彰台に登った全選手が、同社の板を使っているだけでなく、ピョンチャンオリンピックのモーグルでは出場した全選手の7割が同社の板を使っている、というから驚かされる。

驚くのはそれだけではない。

同社が本格的にスキー板「ID one」を作り始めたのは2000年。社員は未だに4人の会社だというのだから驚かされることばかり。

これはTBSドラマ陸王のリアル版ではないか。

同社がすごいのは2002年のソルトレイク五輪で、ID oneを履いた海外選手が金メダル2個、銅メダル2個を獲得したことだ。これをきっかけに、雪面に吸い付くしなやかな板が話題になり、世界のトップ選手が次々に使うようになった。

板の製造はは長野の会社に完全委託しているが、トップ選手から要望を聞いて、それを形にしたところが凄い。

これは是非ともテレビドラマ化して欲しいものだ。






[PR]
by tetorayade | 2018-02-14 00:01 | スポーツネタ | Comments(0)
池坊のおばはんに非礼といわれながらも、依然、だんまりを決め込む貴乃花親方である。

なぜ、頑なにここまで喋らないか、というと次は民事裁判があるからだ。

日馬富士に対して損害賠償でもおこすのだろうか?

すべては法廷で明らかになる。

「貴ノ岩本人は示談で済ませるつもりだったが、それを貴乃花親方が許さなかった。むしろ、暴行事件はモンゴルの闇を炙り出すために貴乃花親方に利用された」と話すのは貴乃花部屋の元後援会関係者。

相撲協会としては事を荒立てたくなかった。せっかくの相撲人気に水が差されるのを何よりも恐れた。

未だに暴力体質があることが表面化すれば、日本人の新弟子がますます入ってこなくなる。
弟子が少なくなれば、年寄株の値段も暴落する。

これだけの事態に本来は八角親方がいの一番に辞任すべきだが、それをしないのはお茶屋の利権が絡んでいることが最大の理由のようだ。



[PR]
by tetorayade | 2018-01-09 00:01 | スポーツネタ | Comments(0)
イチローが吉本新喜劇ファンでオフで日本に帰って来るとお忍びで見に行っているのは有名な話だが、帰国した時はお忍びでスロットも打っているかと思わせるのがこの1枚の写真。

b0017844_23194839.jpg

設定6とはスロットでも一番出玉率がよくなる設定で、スロットを打っていなければ、こんな文言を思いつくことはない。

自分の打率がよくなることを意味しているのかはともかく、実際にスロットを打っているイチローの姿が撮れたら、業界的には非常にオイシイ。

日電協が泣いて喜びそうな広告塔にもなる。


[PR]
by tetorayade | 2017-04-01 00:01 | スポーツネタ | Comments(0)
日本卓球ジュニアの活躍がすさまじい。12月にケープタウンで開かれた18歳未満の世界ジュニア大会で男女団体がが優勝したほか、男子シングルスでは13歳の張本智和選手が何と13歳で優勝してしまった。

このジュニア育成の陰の功労者といえば福原愛だろう。

泣き虫愛ちゃんも結婚してしまったが、第二の愛ちゃんを目指して卓球を始めた選手も少なくないはずだ。

ここに一枚の愛ちゃんの写真がある。

b0017844_10500525.jpg
ヘソの所を注目すると、何かカットバンのようなものを貼っている。

何のために貼っているのか、知りたくてネットを検索した人がいる。

その結論がこれ。

b0017844_10502150.jpg
ヘソに貼るだけでダイエット効果がある商品のようだ。

愛ちゃんはちょっと油断するとすぐに太る体質のように見受けられる。

ダイエットのために愛ちゃんもこれを使っている?





[PR]
by tetorayade | 2016-12-13 00:01 | スポーツネタ | Comments(0)
リオパラリンピックで日本選手が陸上車椅子1500メートルで、尿漏れで失格になった記事を読んで驚いた。

下半身が麻痺していると尿を自分でコントロールできないために、それを規制するために、小便を漏らすと失格になるという妙なルールがあるようだ。

厳格なルールのように思えるが、マラソンは2時間以上の過酷なレースで、女子選手の中にはレース中に生理になったり、下痢を我慢できずに漏らして完走した強靭な神経を持った選手もいる。

ま、これは特異な例かもしれないが、レース中に小便垂らしている選手は結構多いようだ。

松野明美も現役中は水を頭からかぶった時に、小便していたことを明らかにしている。

水を被ればパンツもビショビショ。上手く誤魔化せるわけだ。

健常者はこうやって試合中に漏らしながらやっているのに、障害者に厳しいのはいかがなものか。

[PR]
by tetorayade | 2016-09-22 00:01 | スポーツネタ | Comments(0)
リオオリンピックでは連日のように日本選手がメダルを獲得している。

金メダルも12日現在7個となった。

内訳はこうだ。

1.水泳男子400メートル個人メドレー 萩野公介

2.体操男子団体

3.柔道男子73キロ級 大野将平

4.柔道女子70キロ級 田知本 遥

5.柔道男子90キロ級 ベイカー 茉秋

6.体操男子個人総合 内村航平

7.水泳女子200メートル平泳ぎ 金藤理絵

そこで気になって来るのがメダルを取った時の所属する団体からの報奨金だ。

b0017844_11404676.jpg

驚くべきは柔道は報奨金は一切なし。

柔道はメダルを取って当たり前。報奨金を出していたら財源がいくらあっても足りない、ということか。

体操は金でも50万円。サラリーマンのボーナス程度の額なのに、自転車はけた違いの5000万円となっている。競輪界はギャンブルなので財源が潤沢なのだろう。

こうしてみると、今回金メダルを取った種目は報奨金目当てではないことが分かる。

ちなみに萩野選手はJOCから800万円を貰える。




[PR]
by tetorayade | 2016-08-13 00:01 | スポーツネタ | Comments(0)
「リオ決定だべ~」
b0017844_08310197.jpg
この発言さえしていなければ、福士佳代子のリオの内定はすんなり出ていたものと思われる。

陸連関係者はあの一言がカチンと来て内定を出さなかったのかもしれない。

何故なら、人間は感情の動物である。

リオの選考記録を突破して、しかも、1位でゴールしているのだから、文句の付けどころがない。にも関わらず、リオの内定が出ない。

早々にリオ内定が出た伊藤舞に関しては、誰もが「え~?」と首をかしげたくなる。

世界陸上で入賞が基準だったが、7位入賞の伊藤の記録は夏場だったが、2:29:48と決して褒められるタイムでもない。

むしろ、伊藤に内定を出したことに疑問を感じる。

口は禍の元。

この格言を福士佳代子へ捧げたい。

内定が出ないからと名古屋へ強硬的に出場しようとしたが、これで陸連の心証はますます悪くなった。

出場は辞退することになったものの、しこりが残る。



[PR]
by tetorayade | 2016-03-03 00:01 | スポーツネタ | Comments(0)
10年ぶりの日本出身力士の優勝で幕を閉じた初場所。

琴奨菊の傍らに寄り添う美人妻が話題になっているが、角界には今記事にするべきかどうか、というネタがあるらしい。
b0017844_17155372.png
それは幕内力士で将来部屋持ちの親方になるのではないか、と目されている関取の奥さんが元AV女優だった、ということ。

今やAV女優は星の数ほどいるので、一人一人の過去を調べるのは非常に困難な状況でもある。

有力力士ともなると後援会がそれなりの家柄の人を紹介して、ゴールインすることもあるが、それ以外の力士となるとどんな女性に引っかかるか分からない。

ただ、そんなことを記事にしても売れない。


[PR]
by tetorayade | 2016-01-28 00:01 | スポーツネタ | Comments(0)
b0017844_23143544.jpg
2014年大阪マラソンのコスプレ集だ。

毎回、毎回趣向を凝らしたアイデアが沿道の観客の目を楽しませてくれる。

今回一番驚いたのが、この原始人だ。コスプレもそうだが、一番の驚きは裸足で走っていること。素足でフルマラソンを完走できたのか心配になってくる。
b0017844_23135789.jpg
b0017844_23141612.jpg
次にコスチュームは地味だが、ジャグリングをしながら軽快に走っていたこの人にも驚かされた。

b0017844_23183396.jpg

b0017844_23131143.jpg
b0017844_23132757.jpg
b0017844_23165015.jpg
b0017844_23170924.jpg
b0017844_23172700.jpg
b0017844_23175523.jpg
b0017844_23181154.jpg
b0017844_23185191.jpg
b0017844_23191598.jpg
b0017844_23193357.jpg
b0017844_23195104.jpg
b0017844_23201154.jpg
b0017844_23204373.jpg
b0017844_23210380.jpg
b0017844_23212278.jpg
b0017844_23214343.jpg
b0017844_23220421.jpg
b0017844_23222600.jpg
b0017844_23225492.jpg
b0017844_23231240.jpg


[PR]
by tetorayade | 2014-10-31 00:01 | スポーツネタ | Comments(1)