人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

カテゴリ:芸能ネタ( 487 )

チュートリアルの徳井義実が税金の申告漏れでお詫び会見した。

申告漏れとかのレベルではなく、3年間無申告をしていたというのだから、ただただ驚かされる。

本人は「想像を絶するルーズさ」という言葉で片づけていたが、3年はルーズでは済まされないレベルだ。

ルーズと言うより、徳井義実は大人の発達障害が疑われる。

面倒臭いことは、やらない。

実際にレンタルビデオを返却しないで高額の延滞料を支払わされたり、公共料金も支払わずに何度も止められたり。挙句の果てが確定申告を3年間放置で高額の重加算税を支払わされるはめに。

本当に発達障害だ。

税金を納めたくないのではなく、面倒なことをしたくない、というのが本当のところだろう。

病気なんだから芸能界から干すというのは…

by tetorayade | 2019-10-26 10:02 | 芸能ネタ
このところ、立て続けに新聞一面を賑わせる出来事が起こっている。

ラグビーワールドカップで日本が予選リーグを4戦全勝で突破し、ベスト8の決勝リーグに進んだことと大雨台風となった19号の猛威だ。小さいことでは神戸では小学校の先生グループが若い先生や女性教師を虐めていた実態が明らかとなった。

テレビのワイドショーのネタは事欠かない状況で、救われたのが木下優樹菜の恐喝まがいメール事件だ。

元々ヤンキー上がりの木下が、フジモンと結婚して以降は、2人の子供を育てながら、すっかり好感度ママタレのポジションを獲得して、洗剤のCMを夫婦共演でゲットしたほどだ。

恐喝まがいメールでは思わず地金が出てしまった。

暇なときなら木下優樹菜のワイドショーに取り上げられていたかも知れないが、木下の事務所がメディアに取り扱わないように圧力をかけていた、という話もある。

テレビ局関係者の中には木下が嫌いなものもいるので、扱いたがっているディレクターもいたようだが、台風と共に消し去られていった。

優樹菜ラッキー!

でも、CMは下ろされただろう。




by tetorayade | 2019-10-19 00:01 | 芸能ネタ
劇団四季ファンの間では話題沸騰なのがこれ。


b0017844_10424033.jpg

新劇場「春」のこけら落としの目玉演目が「アナと雪の女王」だ。

1年後の開演を早々と宣伝しているわけだが、このポスターを見てファンが隠れアナとエルサを発見してしまった。


b0017844_10380343.jpg

一つ目は誰でもすぐに発見できるが、もう一つが難関。そういう見方があったか!という感じだ。

雪の結晶に隠されたアナとエルサはどこだ?

by tetorayade | 2019-09-16 00:01 | 芸能ネタ
昭和の時代、春やすこ・けいこという女性漫才師コンビがいた。

漫才界のピンクレディーとも呼ばれ、毒舌をウリにしたアイドル的漫才師だった。


b0017844_09032246.jpg

時代は昭和から平成~令和と流れる中、今やお笑いタレントは美人をウリにする時代ではなくなった。渡辺直美、ゆりやんレトリーヴァ、おかずクラブ、近藤春菜、森三中、売れているのはほとんどがデブでブスをウリにする。

森三中の黒沢は痩せたら絶対に可愛いと言われているのに、残りの2人に合わせてデブの道を選んだ。

ガンバレルーヤのよしこもブスをウリにする一人だ。


b0017844_08593084.png

ブスになるためにはまず、体型をデブにしなければならない。

売れるために命を削っているようなもの。

本当は痩せて化粧すれば、そこそこ見られるのに、お笑いはキレイはタブーなのか?


b0017844_08591174.jpg

上の写真がよしこの真実である。

おてもやんのようにチークをたっぷり塗り、顔をパンパンにしてまで顔で笑いを取ろうとする。

時代は令和。お笑いタレントもそろそろキレイをウリにしてもいいのではないか?

by tetorayade | 2019-09-02 00:01 | 芸能ネタ
「加藤の乱」に端を発して、便乗するかのように会社批判を展開する吉本若手芸人たちが多かった。当然、会社と芸人の間には溝ができてしまうわけで、関西を本拠地とするベテランになればなるほど会社寄りの発言をするのが印象的だ。

つまり、関東若手VS関西ベテランの対立構造の様相だ。

一度できたしこりはなかなか治らない。

吉本芸人を使うテレビ局はすでに批判芸人のリストを作って、批判芸人は今後キャスティングしないように吉本に忖度している、という。

いわゆる「干される」ということだ。

しかし、批判芸人には友近やハリセンボンの近藤春菜のように売れっ子もいる。

売れていない芸人は干される率が高いだろうな。

特に制作予算が少ない地方のテレビ局ともなると吉本の2~3流を使うケースが多いが、直面する問題かもしれない。



by tetorayade | 2019-08-03 00:01 | 芸能ネタ
宮迫とのマネジメント契約を打ち切った吉本興業はペラ1枚で発表しただけで、会見の予定はない、という。

宮迫もメディアの前で引退会見することもないようだ。

重大な発表なのに、なぜ会見しないのか?

「反社会勢力との関係を持っている8組の噂がある。証拠写真が週刊誌へ持ち込まれている。その都度会見するのも大変なので、それなら一切やらない方向になった」(在京キー局関係者)

吉本の長い歴史の中でこんなもんでは終わらないだろう、というのが普通の考え。

ただ、これは吉本に限った話ではない。

東京の事務所に所属する3人組の大物芸人2組の名前も挙がっている。

1組は親族がヤクザだったりする。




by tetorayade | 2019-07-21 00:01 | 芸能ネタ
宮迫が第二の紳助になる日がとうとうやってきた。


b0017844_23472965.jpg

19日発売のフライデーで金塊強盗と飲んでいる証拠写真を撮られていたようだ。

これで完全に芸能界から追放されることとなるだろう。

この報道を受けて宮迫から重大発表があるようだが、芸能界引退でけじめをつけるしかない。

自身の浮気問題は「オフホワイト」と笑いに変えていたが、これは真っ黒ケッケ。

雨上がりもこれで終わった。



by tetorayade | 2019-07-19 00:01 | 芸能ネタ
吉元興業には、吉本芸人専用におカネを貸す「吉本ファイナンス」がある。


b0017844_08454807.jpg

なぜ、吉本がファイナンス会社を作ったのか、ということだ。

それ以前は、吉本芸人と言えば、給料が安定していないだけでなく、薄給ため一般のファイナンスが受けられないので、闇金に手を出していた。

闇金=ヤクザである。

興行の世界とヤクザは切っても切れない関係がある。

暴対法以前なら暴力団の祝い事には芸能人が顔を出したものだ。特に3代目山口組の田岡親分と美空ひばりは昵懇の間柄であったのは有名な話だ。

浅草で公演中に熱烈なファンから塩酸を顔にかけられたひばりは、「神戸のおじさん」に庇護を求めた。田岡が立ち上げた「神戸芸能社」の合法的プロダクションの傘下に入った「ひばりプロダクション」には、田岡が役員になっている。田岡との家族ぐるみの付き合いからひばりの弟がヤクザになったことも有名な話だ。

話を元に戻すと闇金との関係を断ち切るために、吉本自らが所属芸人におカネを貸すファイナンス会社を興したが、金利が暴利だとも言われている。

貸し倒れを防ぐために、「相方制度」を導入して、コンビの相方に支払わせる方法を取っている。

地獄の吉本ファイナンスに手を出すぐらいなら、直営業をやった方がいい。

会社は報告義務は課すものの直営業を認めている。

それだけ、若手の頃は給料が安いからだ。芸人は安定した給料では面白い芸はできない、という理由もあるが、芸人になるなら東京のプロダクションを目指すしかない。



by tetorayade | 2019-07-17 00:01 | 芸能ネタ
吉本芸人による闇営業問題は、収束するどころか地獄の釜の蓋が開いた、というところだ。

今週発売のフライデーで吉本の大物芸人の闇営業がまたまた暴かれるようだ。

どのぐらい前まで遡るのかは分からないが、過去のものをほじくり返されたら「全員アウト!」かも知れない。

さんまも援護射撃していたが、吉本そのものがブラックでピンハネが酷過ぎるから会社を通さない直営業をするわけで、吉本がしっかり給料を払えば、直営業も減ることだろうに。

在京キー局関係者は「これでまた吉本芸人を使いづらくなった。東京の芸人にシフトして行かざるを得ない」とため息交じりに話す。

で、吉本の大物芸人って誰?



by tetorayade | 2019-07-08 00:01 | 芸能ネタ
吉本興業芸人の闇営業問題で新たな問題が浮上してきた。

それは住宅ローンだ。

無期謹慎処分になったスリムクラブの売れていない方の内間は番組の企画で9000万円の一軒家を購入して、月20万円以上の住宅ローンを抱えている。支払いが終わるのは74歳。

無期ということは死刑宣告と一緒で解雇にも近い。

月給制のサラリーマンではないから、仕事がなければ給料は入らない。

ローンが支払えなければ家を売るしかない。

それよりも「芸人に対する住宅ローンの審査が厳しくなる」とメガバンクの関係者はいうように、今後、芸人は一発当てて、キャッシュで買うしかなくなるかも。

そもそも吉本の闇営業は伝統なのだから、ほじくり返せばいくらでも出てくる。

特に芸人の雇用契約書がない吉本の審査は厳しくなる。

それだけではない。

芸人のツケは怖くて受けられないとばかりに、クラブではツケお断りになる?



by tetorayade | 2019-06-30 00:01 | 芸能ネタ