日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

カテゴリ:芸能ネタ( 444 )

壇蜜がバイクに乗っているのも意外だったが、愛車がなんとスズキのバーグマン200だった。

b0017844_14240157.png
なかなか乗っている人を見かけることが少ないバーグマンに乗っている、というだけで、バーグマン乗りとしてはシンパシーを感じる。

カテゴリーはビッグスクーターだが、ミドルサイズなんで非力な女子でも取り回しやすい。

高速回転型で6000~7000回転域が最高のパフォーマンスを発揮する。この回転域に入った時がバーグマンの真骨頂。

軽やかさが出てきて何キロまで出るのか分からないぐらいだ。

バーグマン最高!

b0017844_16570016.jpg

[PR]
by tetorayade | 2018-02-01 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)
めちゃ久しぶりにラジオを聴いていた。チャンネルは定番のABCラジオ。

流れているのは「上沼恵美子のこころ晴天」。

2時過ぎに突如上沼が怒り始めた。

理由はスタジオに見学者が入ってきたことに対してだった。

「事前に聞いていない。ラジオはスッピンでやっている!」

スタジオの外の見学者は主婦数名のようだが、ディレクターに対して上沼の怒りが収まらない。

b0017844_08350298.jpg

怒りの沸点はスッピンを見られてしまったことだが、「急にドタドタ入ってきた」などと言い訳にならない言い訳を10分ぐらいやっただろうか。

スタジオ見学に事前連絡がなかっただけで上沼が吠える。

凍り付くスタジオ。

一旦、CMを入れて上沼も冷静さを取り戻した。

熱がある上に老犬の介護で疲れていたので怒りを爆発させてしまったことを「プロじゃなくてごめんなさい」と最後は謝ったが、ラジオであろうが外に出るときは化粧しろ、とは言わない。化粧しても気持ち悪い。スッピンは世間に出せるものではない。









[PR]
by tetorayade | 2018-01-31 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)
ライザップに挑戦中の梅沢富雄がバイキングの生放送に出演していた。


b0017844_14521795.jpg

顔がほっそりしてきただけでなく、腹も減っ込んでいる。

大金をかけてトレーナーの指示に従えば、誰だって痩せられる。それはライザップ自身がこれまでに実証してきたことだ。

ところが、契約期間を過ぎて、トレーニングを止めたとたんにリバンドしてしまうケースが後を絶たない。それぐらい過酷ということだろう。

ライザップに入って痩せるには、一生ライザップと付き合わなければならないことになる。

一度痩せた体が止めても戻らないというのであれば、ライザップの価値も上がるというもの。

[PR]
by tetorayade | 2018-01-25 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)
週刊文春の不倫報道を受けて小室哲哉が突然の引退表明を行った。

本人は年齢的に男性機能が衰えて、男女の関係はなかった、と否定しているが、この件で週刊誌記者から「コンクリートマイク」情報がもたらされた。

彼らは取材道具の一つとして、コンクリートマイクを携帯してようだ。

コンクリートマイクとは読んで字のごとく、コンクリートの壁があっても隣室の音を拾う高性能マイクのこと。これを使って隣室の様子をうかがう。

壁にコップを当てて隣の話声を盗み聞きするのと同じ原理で、それを機械的に隣室の会話を増幅させるものだ。

こうした決定的証拠を掴みながら週刊誌は記事にしていく。

アマゾンでは1500円から販売されているが、さすがに1500円ではおもちゃレベル。値段が高くなればなるほどノイズが消え、よりクリアに隣室の会話を盗み聞きできる。

ただ、決定的証拠を押さえるには芸能人のマンションなら隣人の協力が必要になる。

ホテルはそうそう隣の部屋は取れなさそうだ。

チェックインした部屋番号を確認して、隣の部屋は空いていないか、掛け合うのだろうか?




[PR]
by tetorayade | 2018-01-23 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)
小室哲哉の不倫を伝えた文春砲によって、小室が芸能界引退を発表した。

「文春が一人の天才を殺した」と批判的なコメントに象徴されるように、文春砲に世間の目も冷たくなってきた。

今回の不倫報道では潮目が変わった。

文芸春秋の営業局に勤める社員の中学生の娘が今回の件でイジメを受けている、という。

近所やPTAの間で文芸春秋に勤務していることは知られていた。

小室ファンの一人が社員の娘に対して「あんたとはもう口を聞かない」と面と向かって言われた。

娘は「パパは週刊文春じゃなくて、営業の方で関係ない」と反論したが、「そんなの関係ない」とぴしゃり。

週刊文春憎しが、文芸春秋憎しにすり替わってしまった。

芸能人・政治家の不倫報道もそろそろ飽きられてきたか?

ま、衝撃的な報道をしても買わなければいいだけだ。

文春殺すには刃物はいらぬ。

不倫記事には無反応で雑誌を買わない、見ないことだ。

[PR]
by tetorayade | 2018-01-22 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)
9月に引退する安室奈美恵が最後の紅白に出たが、これがアムロちゃん?と最後まで他人との入れ替わりかと思った。

まず、喋っている時の声のトーンが低くなったことで、違和感があったが、顔を見てますます???が増幅した。

b0017844_01035655.jpg

ヘアースタイルがいつものサラサラロングじゃないことも違和感を醸し出している。

この写真だけ見ると安室奈美恵と答えられる正解率はかなり低いのでは?

b0017844_01035063.jpg

ま、歌声は安室奈美恵だが高音が出なくなったことで引退を決めたのかと思った。




[PR]
by tetorayade | 2018-01-01 01:10 | 芸能ネタ | Comments(0)
泥沼の離婚劇を展開していた松居一代が、喜色満面で離婚会見を開いた。

b0017844_09264029.png

実に芝居がかかった独演会で、頭のおかしさを感じる。

なぜ、ここまで笑顔で会見したかといえば、財産分与をしなくてもいいからだった。

しかし、報道では船越英一郎は、財産分与を放棄するから1日も早い離婚を願っていたはずだ。

それなのに、松居一代はまるで勝ち取ったかのように誇らしげに語っていたが、やはり頭のおかしさを感じる。

会見の冒頭、16日までは他言することが禁止されていたので、親にも離婚が成立したことは電話していない、ということを述べていた。それは伏線だった。30分の記者会見の終盤に、「両親に電話していいですか」と断って、実家に電話して「おかあちゃん」と声を詰まらせた。女優の演技で泣きのかかった場面だが涙は落ちなかった。

これも果たして相手が電話に出ているかも定かではない。猿芝居である。

それよりも気になったのがリポーターの質問。

「離婚届はいつ出されましたか?」

これは、調停離婚した経験者しか分からないことだが、家庭裁判所で調停が成立した時点で離婚も成立する。

わざわざ離婚届に署名、捺印して、それを役所へ提出する必要はない。

従って、調停離婚の場合は、離婚届という書式を必要としないのである。

だから、離婚届を提出しなくても調停成立日が離婚した日となる。




[PR]
by tetorayade | 2017-12-16 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)

神の手雲を信じる海老蔵

海老蔵が自身のブログで「神の手雲」について取り上げている。

b0017844_23394839.png


実はこれ不幸の手紙のようなチェーンメールのようなもので、10年ほど前に流行って問題になったものだった。リンク先に飛ぶとスパイウエアやフィッシング詐欺が潜んでいる。

海老蔵は疑うことを知らないのか、何でも簡単に信じてしまう傾向があるようだ。

このエントリーに対しても好意的なコメントが多数寄せられており、さらに拡散される恐れがある。

亡くなられた麻央さんも当初は民間療法に頼っていた、といわれるように騙されやすい性格のようだ。

週刊誌ネタになるかな?



[PR]
by tetorayade | 2017-11-23 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)

遠藤憲一の好感度とは

NHK連ドラの朝の顔として、2回目の登場となる遠藤憲一。

このところ、CMも引っ張りだこだ。

パナソニックの有機ELテレビ、ダイドーブレンドコーヒー、ハウスシチューオンライス、アデランス、ととてもCM顔ではないのに人気だが、ここでも遠藤憲一が登場する。

b0017844_09385548.jpg
東京都の最低賃金のポスターの顔となっている。

指名手配犯かと思うぐらい、思わずのぞき込んでしまうインパクトはあるが、前述したように好感度が高いからCMにも起用されるわけだ。

遠藤憲一とは関係ないが、最低時給の現状は次の通り。

b0017844_09394417.jpg

b0017844_09392140.jpg

[PR]
by tetorayade | 2017-10-12 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)
昭和50年代の歌謡界を席巻したピンクレディー。

気が付けば、増田恵子も今年の9月で還暦を迎えていた。

b0017844_08424012.jpg

素人でも美魔女はいる。年不相応な美しさを保っているから、魔女なわけだ。

ところが、芸能人である増田恵子は年相応の風貌で、見事におばちゃんになっている。

2年後には森昌子、桜田淳子、山口百恵らが還暦を迎えることになる。


[PR]
by tetorayade | 2017-09-18 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)