人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

カテゴリ:業界ネタ( 246 )

カジノ用AKB

カジノ用パチンコを目指す京楽は、日本でカジノが開業する頃をメドにAKBをカジノ用にリリースすることを虎視眈々と狙っている、という情報が入ってきた。

これこそが、日本オリジナルのカジノマシンだ。

AKBは海外でも人気なので、外国人観光客も狙えるが、京楽としては射幸性が削がれて集客面でも心配されるパチンコよりも、カジノに軸足を移す?

カジノなのでどれだけ過激な台を出しても問題ない。

風営法の枠のタガが外れて射幸心をそそりまくるゲーミングマシンを開発できるとなれば、技術者も腕を揮うことができる。

日本市場をとっかかりに世界市場へ?





by tetorayade | 2018-12-22 00:01 | 業界ネタ
スロット好きのAさんが仕事で某会長宅を訪れた。

会長宅はまさに宮殿という表現がぴったりだった。

玄関はAさんが住んでいる家よりもはるかに広かった。

応接間にはシャガールを始めとする有名絵画があちこちに飾られている。

あれだけスロットが好きだったAさんは、この暮らしぶりを見て思った。

われわれ底辺の人間がスロットにつぎ込んだおカネがこの宮殿になっている。競走馬を買うおカネになっている。貧富の格差をつける原因になっている、と思ったとたんにスロットを打つことが急にバカバカしくなった。

一気にスロット熱が冷めた。

パチンコ・スロット依存症患者は、この会長宅を見せるショック療法もありや、なしやと。



by tetorayade | 2018-12-15 00:01 | 業界ネタ

読解力不足

「スロプロ歴25年のベテランが引退する理由」は2017年7月エントリーながら、ちょこちょこ読まれている人気の記事だ。

延べで45,035PVは歴代2位の記録だ。

その古い記事が12月10日に狂ったかのようにPV数が跳ね上がった。

原因を調べたらパチンコ系の板に記事が今さらながらのように取り上げられていた。

【悲報】パチスロ歴25年のベテランプロが引退「月収200万が年収150万になった」

タイトルの付け方がうまい。

そのコメントの中にバカがいた。

「月に200抜いて 年間2,400 全盛期が10年として 24,000万
生活費に年間600として 10年で6,000万
ストイックな生活をしていたのなら18,000万は残せている計算。
8,000万しか残っていないなら どこかに矛盾があるだろ?」


「使う暇が無いほど打ち込んで、
月200万稼いでたっつーのに、
25年やって貯金が8000万円?
たしざんからやりなおしたら?」


本当に読解力がない。

毎月200万円稼いだなんて一言も書いていない。

「4号機全盛の時はって書いてるの読めないの?それとも日本語わからないの?
お前はこくごからやり直せよw」


「こいつアスペだろ
4号機の時代って言ってんだろ」


と必ずたしなめる者が出てくる。

by tetorayade | 2018-12-14 00:01 | 業界ネタ
激アツ、テッパンリーチと言われるのがこの図柄らしい。


b0017844_15575648.jpg

これが2回も出ながら、結局ハズレ。

これに激怒した客は店員と喧嘩して「二度と来るか」と啖呵を切って店を出て行ってしまった。

まったく、京楽は罪作りなことをする。

かつて京楽の機械がヒットしたのは「3000円も使えば当たる気がした」と分析していたのは、刺殺された某社の社長の弁である。

今は客を減らすことに貢献してどないすんねん、というところだ。

by tetorayade | 2018-12-13 00:01 | 業界ネタ

目標の1000店舗に黄信号

ダイナムが1000店舗目標を公言しているが、後10年で倍にするのは「無理」という声が内部から漏れてくる。

理由は業界が縮小する中、いい物件がない。

店舗開発部が建物の補修工事の見積もりを弾いたところ、1円主体の収益ではまともなリフォームもできない。耐震工事が必要な物件は手が出せない。

ギャンブル性が削がれ、集客、売り上げも期待できない。かと言って目標を下げるわけにもいかない。

20~50店舗規模のホール企業とのM&Aまたはグループ化、株式交換しないと無理。

その結果、生き残れる店舗数は3500店舗と一番低い予想店舗数も出ている。





by tetorayade | 2018-12-10 00:01 | 業界ネタ
ホールのゴミ箱に家庭ごみが捨てられている。

そうじのおばちゃんが気づいて、分別していると中から金杯が出てきた。最初はレプリカぐらいに思い、家に持ち帰った。

18Kの他にちゃんとした刻印も入っている。

で、金の買取ショップへ持って行ったところ、本物と言うことで60万円で買い取ってくれた、という。

ゴミとバカにしちゃダメっていうことのよう。

うちには壊れたダンヒルの金のライターがある。


b0017844_01042993.jpg


飲み屋の女の子の借金のかたに取った、といういわくつきのリップステックタイプの女性用ライターだ。

さて、なんぼ。


by tetorayade | 2018-12-05 00:01 | 業界ネタ
檀れいと及川光博が離婚した。

これに小躍りしたのが東京の70代のホールオーナーだった。

「ウチのイメージキャラクターになってもらいたい」と広告代理店に打診した。

檀れいクラスのギャランティーの相場を聞いてみると1億5000万円前後。

オーナーは1億ならポケットマネーを出すとやる気満々。

問題は檀れいがホール企業のキャラクターを引き受けてくれるかどうかの1点。

宝塚出身で清楚なイメージがある檀れいなら、いくらおカネを積まれても断る可能性の方が大。

壇蜜や橋本マナミクラスなら職業に貴賎はない、とばかり受けるが、同じく宝塚出身の大地真央はサラ金のCMに出ていることを考えると、可能性はゼロではない。

ガンバレホールオーナー。

by tetorayade | 2018-12-02 00:01 | 業界ネタ
週刊誌に持ち込まれたネタでボツになったものがある。

ホール経営者が物損事故を起こして、示談で済ませたという内容だが、実は免停中だった。無免許運転で事故を起こした場合、ホールの営業も停止になることを恐れたようだ。

事故を起こした時、ホール経営者は身分をタクシー運転手だ、と嘘をついた。

個人タクシーを目指していて、今事故を起こしたことが発覚するとその資格を失うことになる、作り話をして手持ちの200万円を渡して示談にした。

どうしてホール経営者であることが分かったか、というと示談後に名前を検索したらホール経営者であることを確信した、という。

週刊誌がこのネタを記事にしなかったのは、ホールの知名度がまるでないこと。

これが大手の社長なら飛びついたかもしれないが、それだけでなく、面倒そうなホールなのでヤクザが出てきたらどうしようか、と週刊誌がビビったそうだ。

今どきヤクザだなんてね。



by tetorayade | 2018-11-29 00:01 | 業界ネタ
ホールの常連客同士がくっついた、という話は珍しくはないが、これが共に80代だと話は変わる。

茨城県のホールであった出来事で、おじいちゃんは軽トラ、おばあちゃんは三輪自転車に乗ってホールへ通っていたのだが、ある日を境に2人がおじいちゃんが運転する軽トラで来るようになった。

それだけなら、仲良くなって乗せて来てもらっているぐらいにしか思えないが、これがある事がきっかけで籍を入れていることが分かった。

おばあちゃんが会員カードの名前の変更を申し出たからだ。

おばあちゃんはおじいちゃんの名字に替わったのだ。

おばあちゃんは、結婚したことが嬉しいのか、スタッフには新しい名前で呼んでくれ、とお願いした、という。

2人が結婚したという話はたちまち常連の間に広まったが、「あの歳でやってんのかね}と関心ごとはその一点だった。

by tetorayade | 2018-11-18 00:01 | 業界ネタ
経済紙記者が「SーとYの合併はO会長の逮捕で流れました」と打ち明ける。

世紀の合併話はあっけなく消滅してしまった。

この2社のスロットメーカーという以外に共に海外でカジノ運営をやっていること。

共に日本市場参入を目論んでいたが、Yはフィリピンカジノの開業に際し、賄賂を贈っていたことが発覚した。Oが会社から去ったとはいえ、これで日本でのカジノの目は消えた。

一方のSも政治家の口利きが難しくなっている時点で3カ所候補地のオペレーターに入り込むのは難しくなってきた。

YにウルトラCがあるとすれば、Oの株を全部買い取り、O色を完全に払しょくすることぐらいしかない。

by tetorayade | 2018-11-12 00:01 | 業界ネタ