人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

カテゴリ:業界ネタ( 236 )

夏休みを利用して香港・マカオの旅に行ったホール社員がいる。

主目的はマカオでのカジノで、25万円ほど勝った。

意気揚々と日本へ帰ろうとした。

帰国便は11日だった。

ちょうど、デモ隊に空港が占拠されて飛行機が飛ばない状態に出くわしてしまった。

キャンセル便も結局飛び立たず、空港で足止めを食う。

ホテルは満室でしかも高いので、空港のロビーで寝泊まりすることに。

「本社勤務なので助かった。これが店長だったら会社から大目玉を食らうところだった」と25万円の勝ち気分もどこかへ吹っ飛んでいった。





by tetorayade | 2019-08-15 00:01 | 業界ネタ

次はないおだち氏

先の参院選でパチンコ族議員を公言しながらも落選したおだち氏について自民党関係者は「次はない」と話す。

選挙後、自民党は当落議員の分析を行う。

今回、おだち氏と共に野党から自民党に党籍を替えた山田太郎氏は表現の自由を訴え、ヲタク票を50万票以上も集めて楽々当選したのに、対しておだち氏はあまりにも知名度がなさすぎた。

パチンコ業界の票が思ったほど集まらなかったのは、公式ホームページに「パチンコ業界の皆様へ」がなかったことが、「業界は利用されている」と反発を買った、という見方もある。

ツイッターも公式とは別に業界向けアカウントを持っていたが、これが凍結されるなど不信感も持たれた。

おだち氏では弱すぎた。

これが自民党の率直な感想だ。

ただ、現職で弁護士の丸山は3万票であえなく落選している。

by tetorayade | 2019-07-31 00:01 | 業界ネタ
かつて、パチンコとタイアップした演歌歌手は次の通りだ。


ほとんどの大物歌手がパチンコになっているが、演歌歌手とヤクザは相性がいい。北島三郎の兄弟仁義はヤクザの世界を歌ったもので、今ならテレビで歌うことも憚れる。美空ひばりや北島三郎の時代はヤクザとの付き合いが確実にあった。

暴排条例が制定されてからは、ヤクザとの関係を厳しく追及される時代になった。

吉本芸人の闇営業問題がまさにそれ。

直営業ではなく、反社会勢力との金銭授受が糾弾された。

最近、あるパチンコメーカーが演歌歌手のタイアップ機を開発することになった。契約を結ぶ際、暴力団との関係を問う項目があった。それに対して、プロダクション側ははっきりと付き合いがない、と言い切れずに企画が流れてしまった、という。

若手演歌歌手で人気のある歌手だろうか?



by tetorayade | 2019-07-20 00:01 | 業界ネタ
中小ホールながら企業年金基金制度を設けているホールがある。

スタートしたのはもう30~40年も前のこと。

経営者もそうだが、従業員も在日が多かったために退職後も生活が困らないようにするために始めたものだが、制度が破綻しかかっている、という。

昔は働き手も多かったが、今は店舗も縮小して働き手も少なくなる一方である。その一方で退職者は増える。

低金利時代に運用益も出ない。

いずれ、企業年金は止めることになるというが、そういう制度を設けていたことに感心させられた。

by tetorayade | 2019-07-15 00:01 | 業界ネタ
参院選でパチンコ族議員になることを表明した自民党公認のおだち源幸氏に対してメディアが興味津々だ。取材のオファーも来ているが、ほぼ断っている。

平沢勝栄ルートでパチンコ族議員を打診したところ、自民党員では手を挙げる者はいなかった。

そこで白羽の矢が立ったのが旧民主党の2回生議員から二階派に入ったおだち氏だった。自民党議員としてもう一花咲かせたおだち氏はその要求を飲んだ。

で、メディアが関心を示しているのはパチンコ業界の組織票のポテンシャルだ。就労人口は31万人といわれている。家族を含めると90万人近い。

この中から、一体どのぐらいの票を集めることができるのか、その一点だ。

当選の目安は10万票。

万一、落選したとしても組織票の潜在能力を見極める選挙となる。

集票能力が分かれば、次の選挙では業界人の中から、組織代表を国会に送り込むこともできる。

俄然、21日の投票日が楽しみになった。

比例区では「おだち」と書こう。

by tetorayade | 2019-07-10 00:01 | 業界ネタ
交通費の請求を伴う取材をした。交通費と言っても東京~大阪のような高額なものではなく、市内を何カ所も移動する内容だった。

領収書を付けないとその会社は払わないので、イコカにチャージした時の2000円を領収書を付けて請求した。

すると、届いた請求書を見て、細かく明細まで書けと言うではないか。

随分細かい会社だ。

領収書はいちいち取ってないからチャージの領収書を添付したわけだが、ICカードの明細をプリントアウトして、使ったところに印を入れろという。

何とも細かい。

面倒臭いのが嫌いな人なら「交通費はもういい!」と切れる場面だ。

プリントアウトして明細をチェックした結果、2200円だった。200円も安く請求していたことになる。

なぜ、こんなに細かいか? 理由が分かった。

若い社員ばかり100人を抱えるその会社では、チャージ領収書の不正が横行した、という。例えば、それで昼めしを食っていたのが含まれていたようだ。

社員の不正によって外注先までとんだとばっちりだ。

ま、社長が住民税をごまかして社会問題になった会社だから、経理が厳しくなった側面があるが、社長が社長だから社員だって不正を普通に、気軽に働く。



by tetorayade | 2019-07-07 00:01 | 業界ネタ

恥ずかしい族議員

「パチンコ族議員なんて恥ずかしくて誰もやりたがらない。何が何でも当選したい尾立と業界族議員を送り込みたい業界の思惑が一致したんでしょう」と冷笑するのは自民党関係者。

次の参院選で民進党か自民党に鞍替えしたおだちは、当選するために業界のホールオーナーを直接訪問して選挙応援のお願いに精力的に回っている。

お願いするのは票と献金だろう。

何が何でも当選したいおだちは禁断のパチンコ業界に手を出してしまった。

比例区で名簿順位が中くらいか?

麻生財務大臣の老後2000万円の提言書受け取り拒否で自民党には向かい風が吹いている。

不支持率が8%も増える中で、おだちの当落とは。

by tetorayade | 2019-07-02 00:01 | 業界ネタ

弱体化まっしぐらの総連

総連商工人幹部の店が全盛期の半分にまで切り売りされ、オーナー自身がすっかり自信とやる気をなくしている。

中でも最後の新規出店となった駅ビルと直結した荻久保店の業績低迷が決定打となった。

本来、商工人の幹部だからホールに発破をかける立場なのに、自社がもっとしっかりしろ」と発破をかけられるありさまだ。

これまでは頭で考える必要もなく、カネにあかせて客付きのいい新台さえ手当出来たら客が来た時代も遠い昔の話。

今は相当考えて経営しなければならない時代になり、もうホール経営が面倒臭い、というオーナーが少なくない。

総連系が弱体化したのはいわゆる上納金。

上納金のために釘を閉めればそりゃ、客が飛ぶというもの。そんな分かり切ったことを長年繰り返してきたことが今の現状だ。

考えることが苦手な60~70代のオーナーの店が身売りされていくことで、お買い得ホールもわんさか出てくるかも。

商工人トップとも言える幹部がこの有様だから、総連自体もあと何年持つか。

商工人の上納金が減れば総連ビルを維持して、職員を食わしていくこともできない。

「1000万円上納したとすれば機械がどれだけ買えたことか」とオーナーはぼやくことしきり。

by tetorayade | 2019-06-26 00:01 | 業界ネタ

おだちはみどりの窓口

都遊協の5人が集まって、業界が参院選で応援するおだちの話なった。

「尾立がホールのためになるとは思わない。むしろ落選する方がホールのためになる。規制が緩和され、裏をついたような機械をメーカーが出せばまた厳しく規制される」

5人ともおだちのことを快く思っていない。

「警察官僚を動かせる人ならともかく、全く信用にならん。うちは選挙協力する気はないので、従業員に応援する指示は出さない」と応援ムードはゼロ。

「業界を代弁する議員は必要。しかし尾立はどうせみどり窓口。聞いたこと以上のことはできない。メーカーのためになることしかしない。ホールのためにはならない」とバッサリ。

尾立に頼るよりも全国一斉に33玉交換することが実現できれば業界は変わる、というのが5人の一致したいけんだった。

by tetorayade | 2019-06-23 00:01 | 業界ネタ
パチンコ族議員を標榜し、こんどの参院選候補者として民進党から自民党入りしたのがおだち源幸だ。

ところが公式ホームページを見ると、パチンコのパの字も載せていない。


b0017844_10230089.png
支持母体は自分のフィールドワークである士業や趣味で固められている。むしろ、パチンコ色は消している。

元々の支持者は「パチンコ業界とつながって何やってるんだ! パチンコ族議員になるならもう応援はしない」と怒り心頭。

支持者からするとイメージがよろしくないパチンコ業界とつながることは、ヨゴレがすることのように映る。

一方のパチンコ業界からは「堂々と謳って欲しい。ま、今回当選したとしても続かないだろうけど」と皮肉る。

一般紙記者は「族議員はもみ消しや許認可問題では蔭で動いていたが、今はできにくい。でも、平沢はそういうことをやってきたから生き残っている」と指摘する。

by tetorayade | 2019-06-18 00:01 | 業界ネタ