日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

カテゴリ:業界ネタ( 178 )

派遣会社が賃上げを要求してきた。

素直に応じることはできないオーナー。

そこで労基局の問題はあるが、派遣の不足分は正社員がアルバイトの時給で残業することにした。

1日2~3時間。

10日で3万6000円。正社員の賃金で残業させるよりも安い。

とにかく人が足りなくて困っている。

派遣会社に1800円支払うならアルバイトを1700円で雇った方がいい。

しかし、1200円で働いているので、それもできないジレンマ。

そこで考えたのが自社で派遣会社をやること。

甘い。甘ちゃんもいいところだ。

派遣会社がどれだけ人集めで苦労しているかが全く分かっていない。

膨大な求人広告費をエンドレスのようにかけなければならない。広告費をかけても派遣できるレベルの人間が集まらない。

今、費用対効果が一番合わない業種だ。

また、訳アリの人を集めなければいけない時代に逆戻り。

それなら、寮と賄いが付いている方が集めやすい。


[PR]
by tetorayade | 2018-05-06 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)
東京の2流大学を卒業してM岡商事に入社したのは5年前。ホールは何社か受けてすべて内定をもらった。

面接ではうちの社長はある組織の初代会長も務めて一目置かれている。業界は4円が厳しくなっているが潰れることはない、と言われた。

Mに決めた理由は親を説得するためだった。

病院、ホテルなど多角的に経営しているためだった。専業ではないから説得できた、というわけだ。

焼き肉のたれを作っているホールにも内定をもらっていたが、ネットで調べたら悪い噂ばかりで止めた、という。

ただ、今のホール名がダサくて嫌いだという。なにせ宇宙の中心ときたものだ。地球防衛軍か! 業界のイメージを変えるにはこのダサい店名から変えていくことが先決だと考えている。

自分のところ以外ではパールショップともえもダサダサ。

会社からは出身大学から後輩をリクルーティングするようにいわれているが、M岡商事の社名がいかにも古めかしい。

なぜ、こんな話になったかというと、アニメヲタの取材をしていたライターが、職業を聞いたらこうなった、という。

50人ほどのアニヲタのサークルに入っているが、その中にはMハンの他業界人が6~7人いる、という。

業界は高度な接客や知識も不要で、ヲタに合っている仕事なので、ヲタが多いという。




[PR]
by tetorayade | 2018-05-01 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)
今から23年前にゴールデンタイムで放送されたパチンコ番組の一こまだ。

b0017844_10400964.png




内容はパチンコでベンツを買ったことから、ベンツ小林の名前で攻略雑誌などで活躍していたパチプロが、パチンコ対決するもの。

対戦相手は演歌歌手の秋山涼子。パチンコ歴は3年。

で、勝負の結果は素人同然の秋山の勝利に終わる。

あれから、23年…

ベンツ小林はすっかり過去の人で、現在の消息は分からない。パチプロが食える時代でもない。

一方の秋山涼子は現在でも演歌歌手を続けていた。

b0017844_10475706.png




さすが、演歌歌手だ。

今でも事務所代わりのワゴン車で全国を駆け回っている。

息が長い。





[PR]
by tetorayade | 2018-04-19 00:01 | 業界ネタ | Comments(1)
大手メーカー同士の合併がペンディングになっている。極秘裏のうちに進めていたものが、どこで情報が漏れたのかと、犯人捜し的なことをやっているらしい。

ま、この程度で中止になることはないが、当初の日程よりも遅れがちか?

これに関連して、日本でのカジノ運営を狙うこの両社は、モリカケ問題で一切動けなくなった。

「もうこれ以上関わりあいたくない。どこで誰が録音しているかも分からないので、先生方は慎重になっています。それでも無視することもできず、話をお伺いするレベルです」とは議員センセイの秘書。

1年以上も続くモリカケ問題に辟易している。

両社とも今までの努力が水の泡となっている。

特に娘の結婚式にも出席しているとなると「アウト!」。



[PR]
by tetorayade | 2018-04-18 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)
東北のホールでの出来事だ。

そのホールにはカウンターのお局様がいる。

このホールに勤めて28年。ずっと独身で年齢は59歳になっていた。見た目が不細工だから結婚できなかったわけではない。むしろ、美形だった。

そんなお局様にもめでたく春が訪れた。

同じホールに勤める新入りの30代後半の男性からプロポーズされ、晴れてゴールインすることになった。歳の差20歳ぐらいのカップル誕生となった。

年下男は熟女好みだった。お局様はドストライクだった。

皆に祝福されて結婚。新婚旅行先はお局様のリクエストでチベット経由でブータンに向かった。

お局様は仏教文化に興味があったが、年下男は全く興味はなかった。このあたりからすれ違いを感じるようになった。

それからわずか半年余りで二人は離婚してしまう。離婚したのに二人ともそのホールを辞めることなく、険悪なムードで仕事していた。とりあえず、シフトを分けて顔を合わさないようにした。

離婚理由を年下男が店長に打ち明けた。

「とにかく、彼女がSEX好きで全部搾り取られました」

59歳になるまで未婚を通してきたお局様は、無類のSEX好きだった。それまでは一人Hで慰めていたが、それが一気に弾けた。

仕事から帰るとまず、食事の前にSEX、さらに風呂場でSEX、そして、寝る前にもう1回SEX…

1日3回も求められてさすがの熟女好き年下男も精魂尽きた。

体調を崩すだけでなく、勃起しなくなった。

この話を聞いた店長はさっそくオーナーに離婚理由を報告した。

オーナーは70代前半。死別か離婚かは定かではないが、オーナーは独り者だった。このオーナーが無類の女好きで、バイアグラなどを使ってでも女遊びを続けていた。

離婚から半年あまりが経過したこの4月、お局様は社長夫人の座に収まった。

オーナーが半年余りかけて口説き落とした。

好きもの同士のカップル誕生となった。

で、どういう理由なのか、オーナーは別れた年下男に30万円を渡した、という。

離婚があるから結婚できたが、そのきっかけを作ってくれたことに感謝したのか?









[PR]
by tetorayade | 2018-04-15 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)
ちょいパチを使った裏カジノの2店舗目がオープンした。

総台数は16台。

台数が増えたため、元マルハンで店長をしていた人=客が釘調整を担当している。

レートは1玉50円と100円。

玉の色を変えるなどの方法も考えたがカラー玉が見つからず、曜日でレートを変えることにした。

月、水、金、土は100円。

火、木、日は50円。

50円の稼働が倍以上高い。やはり100円はきついか。

「どうせ2万円ぐらい使うなら、4円パチがアホらしくなる。50円で打つ方が夢がある」とは客の弁。



[PR]
by tetorayade | 2018-04-11 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)
もはや風物詩と化したもう一つのブログのエイプリルフールネタ。段々騙される人も少なく中、それでも騙される人はいるものだ。

北関東のホールオーナーがミニチュアライオンの代理店になるべく、部下に「早急に4億円を用意しろ」と命じた、という。

ところが、ネットで日本の総販売元である金剛宮殿商事株式会社を検索すれども出てこない。

ミニチュアライオンで出てきたのはかきなぐりプレス。

「あれ?」

それ以上に今回のネタをどういうわけか、タレントの堀ちえみさんが自身のブログで紹介してくれたものだから、アクセス数が跳ね上がった。

そっちの方が収穫だった。



[PR]
by tetorayade | 2018-04-03 00:01 | 業界ネタ | Comments(1)

無理して取っちゃダメよ

土地代は厚生信用金庫の融資を受けて取得した。

しかし、建物、設備分までの融資を引き出すことはできなかった。

土地を抑えて1年、建物の融資を受けることができず、一時は土地の売却を図ろうとした。

この土地は元々はスーパーマルナカの持ち物だった。

マルナカの常務が土地取引に絡み、小遣い稼ぎをしようとした。

ホールをやりたいが融資の段取りが付かない。

そこで工事を丸受けしたのが大都だった。

無理して仕事を取ったが、ホールは倒産。不渡りを食らうことになる。

無理はいけない。

[PR]
by tetorayade | 2018-03-30 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)
ホールオーナーが社長職を息子にバトンタッチして、現役を退き、ピースボートで世界一周の旅に出た。

3カ月かけて世界を回るのだが、150万円と格安料金なことが受けて人気のクルーズだ。

船旅を満喫している最中に息子の社長から1本の連絡が入った。緊急事態が発生したので、至急帰ってきて欲しい、と。

緊急事態とはオーナーに仕えていた経理責任者が6000万円を持ち逃げしたことだった。

オーナーは「ふざけるな! お前が社長だから自分で全部処理しろ!」と一喝した。

「じゃ、警察に届けてもいいのか?」

「それは止めておけ」

このホールは北系だった。痛くもない腹を探られることもなりかねないことをオーナーは恐れた。

「退職金代わりにくれてやれ」

何やら裏金の臭いがする。



[PR]
by tetorayade | 2018-03-29 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)
サミー、三洋、三共、サンセイ。

いずれもパチンコメーカーだが共通点がある。

いずれも勝ち組で社名のイニシャルがSである。

パチンコメーカーの下位グループ同士がくっついた場合、新たな社名が必要になるが、その際、Sが付く社名にしよう、と話し合っているらしい。

S神話が誕生すれば、面白いのだが。

たまたま、偶然。

三共はシンフォギアがちょこっとヒットしているが、鳴かず飛ばずが長らく続いている。

イニシャルをSの社名にしてヒット作ができるなんて夢物語だ。

[PR]
by tetorayade | 2018-03-28 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)