日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

カテゴリ:業界ネタ( 210 )

菓子で満足した外国人客

葛飾のホールにアジア系外国人20人ほどの団体が入ってきた。

ホールは、「すわ、ゴト師集団か」と警戒した。

20人は1パチコーナーへ行くとワイワイ騒ぎながら一斉に打ち始めた。

ゴト集団ではなかった。

20人ほどしか客がいないような店が倍の人数になった。

集団は2~3時間遊んだ。

うち、一人が3万4000発も出した。

等価交換だから3万4000円になる。

換金のシステムも分かっていないためか、全部お菓子に交換した。

それで大いに満足して帰っていった。

一般景品で満足するにはやはりインバウンドを開拓する必要になる。

by tetorayade | 2019-01-15 00:01 | 業界ネタ

パチウンコ

居酒屋でパチンコのことをパチウンコと呼んでいる3人組に出くわしたメーカー営業マンがいた。

勝った、負けたの話をしているので、パチンコのことなのだが、聞き違いかと耳を澄まして聞いていると、やはり「パチウンコ」と呼んでいる。

それで意を決して3人組に声を掛けた。

社名は出さずにパチンコメーカーの営業マンであることは明かした。

さっそく、「パチウンコ」について質問をぶつけた。

60代と思われる3人組の一人が「俺たちの間では随分前からパチウンコと呼んでいるよ」と即答した。

パチンコは好きで、他にやることがないのでパチンコを打っていることは分かった。

では、なぜ、そう呼ぶようになったのか?

「パチンコと言うのが悔しいからだよ。こいつのせいで随分おカネを失ったよ。だから、負けた時はあそこのパチウンコ屋かよ、と呼ぶようになった」

営業マンは負けた気持ちを和らげるためにそう呼んでいるものと分析した。

パチンコ談議に花を咲かせる中で、彼らはスロットは打たないことも分かった。

「スロットは設定で勝ち負けが決められている。パチンコは自分たちの引き次第。パチンコは平等なところがいい。スタート数は馬鹿でも数えられる。この台が回るかどうかは馬鹿でも分かる。だから設定付きなんかやんないよ」

年配者には設定付きは受けないことが分かった。



by tetorayade | 2019-01-10 00:01 | 業界ネタ

困窮するF社

F社は相当おカネに困っていると見える。理由はメインバンクの三井住友に見限られたため?

メーカーに開発を依頼するときは、従来は開発費を先投げしていたが、今はそれが止まり、仕切値を上げてもいいからそれでやってくれ、ということのようだ。

では、どれぐらいの仕切値かというと開発費を先投げしていた時が20万円とすれば、今は25万円のようだ。

初年運で若いときに運を使い果たしているため、社長復帰で会社の立て直しを図ろうとしているが、時すでに遅し。

D社がセカンドブランド会社を辞めたがっているのを聞いて、「歯を食いしばって頑張ってくれ」と説得したが、辞めたい理由はお前のところが売らないから。

販売力もなくなった。

by tetorayade | 2018-12-29 00:01 | 業界ネタ
パチンコで負けてサラ金で借金を重ねた結果800万円まで膨れ上がった。

サラ金だけでは返済が賄いきれず、闇金にまで手を出してしまった。

闇金の取り立てが会社まで来るようになり、借金が会社にも発覚してしまった。

会社の業務にも差し支えるので、自己破産の手段を取った。

通常、ギャンブルの自己破産は自己破産の事由にならないが、そこは共産党系の社会派弁護士が他の理由を付けて申請を通してくれた。

ただ、闇金にまで手を出していたので、普通の弁護士なら尻込みするところだが、社会派弁護士は「無効だ! 元本を払いすぎている。手を引け」と闇金業者からも身を守ってくれた。

親の介護にもおカネがかかるようになっていたのは、事実だが、これをきっかけにスパッとパチンコから足を洗った。

のもつかの間。

AKBの新台が出ると無性に打ちたくなってきて「早く1円に来ないかな」という気持ちが芽生えている。

この人、4号機時代にビギナーズラックで7000円の投資で50万円も勝ったことが、パチンコに嵌るようになったきっかけでもあった。

恐らく、また1パチからやりだしそうな予感。

by tetorayade | 2018-12-27 00:01 | 業界ネタ

カジノ用AKB

カジノ用パチンコを目指す京楽は、日本でカジノが開業する頃をメドにAKBをカジノ用にリリースすることを虎視眈々と狙っている、という情報が入ってきた。

これこそが、日本オリジナルのカジノマシンだ。

AKBは海外でも人気なので、外国人観光客も狙えるが、京楽としては射幸性が削がれて集客面でも心配されるパチンコよりも、カジノに軸足を移す?

カジノなのでどれだけ過激な台を出しても問題ない。

風営法の枠のタガが外れて射幸心をそそりまくるゲーミングマシンを開発できるとなれば、技術者も腕を揮うことができる。

日本市場をとっかかりに世界市場へ?





by tetorayade | 2018-12-22 00:01 | 業界ネタ
スロット好きのAさんが仕事で某会長宅を訪れた。

会長宅はまさに宮殿という表現がぴったりだった。

玄関はAさんが住んでいる家よりもはるかに広かった。

応接間にはシャガールを始めとする有名絵画があちこちに飾られている。

あれだけスロットが好きだったAさんは、この暮らしぶりを見て思った。

われわれ底辺の人間がスロットにつぎ込んだおカネがこの宮殿になっている。競走馬を買うおカネになっている。貧富の格差をつける原因になっている、と思ったとたんにスロットを打つことが急にバカバカしくなった。

一気にスロット熱が冷めた。

パチンコ・スロット依存症患者は、この会長宅を見せるショック療法もありや、なしやと。



by tetorayade | 2018-12-15 00:01 | 業界ネタ

読解力不足

「スロプロ歴25年のベテランが引退する理由」は2017年7月エントリーながら、ちょこちょこ読まれている人気の記事だ。

延べで45,035PVは歴代2位の記録だ。

その古い記事が12月10日に狂ったかのようにPV数が跳ね上がった。

原因を調べたらパチンコ系の板に記事が今さらながらのように取り上げられていた。

【悲報】パチスロ歴25年のベテランプロが引退「月収200万が年収150万になった」

タイトルの付け方がうまい。

そのコメントの中にバカがいた。

「月に200抜いて 年間2,400 全盛期が10年として 24,000万
生活費に年間600として 10年で6,000万
ストイックな生活をしていたのなら18,000万は残せている計算。
8,000万しか残っていないなら どこかに矛盾があるだろ?」


「使う暇が無いほど打ち込んで、
月200万稼いでたっつーのに、
25年やって貯金が8000万円?
たしざんからやりなおしたら?」


本当に読解力がない。

毎月200万円稼いだなんて一言も書いていない。

「4号機全盛の時はって書いてるの読めないの?それとも日本語わからないの?
お前はこくごからやり直せよw」


「こいつアスペだろ
4号機の時代って言ってんだろ」


と必ずたしなめる者が出てくる。

by tetorayade | 2018-12-14 00:01 | 業界ネタ
激アツ、テッパンリーチと言われるのがこの図柄らしい。


b0017844_15575648.jpg

これが2回も出ながら、結局ハズレ。

これに激怒した客は店員と喧嘩して「二度と来るか」と啖呵を切って店を出て行ってしまった。

まったく、京楽は罪作りなことをする。

かつて京楽の機械がヒットしたのは「3000円も使えば当たる気がした」と分析していたのは、刺殺された某社の社長の弁である。

今は客を減らすことに貢献してどないすんねん、というところだ。

by tetorayade | 2018-12-13 00:01 | 業界ネタ

目標の1000店舗に黄信号

ダイナムが1000店舗目標を公言しているが、後10年で倍にするのは「無理」という声が内部から漏れてくる。

理由は業界が縮小する中、いい物件がない。

店舗開発部が建物の補修工事の見積もりを弾いたところ、1円主体の収益ではまともなリフォームもできない。耐震工事が必要な物件は手が出せない。

ギャンブル性が削がれ、集客、売り上げも期待できない。かと言って目標を下げるわけにもいかない。

20~50店舗規模のホール企業とのM&Aまたはグループ化、株式交換しないと無理。

その結果、生き残れる店舗数は3500店舗と一番低い予想店舗数も出ている。





by tetorayade | 2018-12-10 00:01 | 業界ネタ
ホールのゴミ箱に家庭ごみが捨てられている。

そうじのおばちゃんが気づいて、分別していると中から金杯が出てきた。最初はレプリカぐらいに思い、家に持ち帰った。

18Kの他にちゃんとした刻印も入っている。

で、金の買取ショップへ持って行ったところ、本物と言うことで60万円で買い取ってくれた、という。

ゴミとバカにしちゃダメっていうことのよう。

うちには壊れたダンヒルの金のライターがある。


b0017844_01042993.jpg


飲み屋の女の子の借金のかたに取った、といういわくつきのリップステックタイプの女性用ライターだ。

さて、なんぼ。


by tetorayade | 2018-12-05 00:01 | 業界ネタ