人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2019年 08月 20日 ( 1 )

30を過ぎた娘を持つ両親の心配の種は、結婚問題だった。

典型的なデブ・ブスで親は「絶対に貰い手はいない」と内心諦めていた。

そんな娘がある日突然男を連れてきて「結婚します」。

青天の霹靂とはまさにこのことだった。

娘の職場は札幌のホールで、そこで知り合った19歳の契約社員が結婚相手だった。

歳の差は10歳。

入社1年足らずで手取り12万円。

経済力はなかった。

しかし、そんな頼りない男でも、親は娘が結婚できるだけで、手放しの喜びようで反対する理由がなかった。

すぐに結婚を快諾した。

親にすれば1回でも娘が結婚できることに大満足だった。

で、結婚の理由はデキ婚だった。

男は東京出身。

両親の承諾は受けているのか、と聞いたところ、勘当されているので承諾なくするという。

男の親は東京で開業医をしている。男は医者になる地頭がないため、高校もバカ学校で、親とけんかして東京を飛び出し、北海道に来たようだ。

実際、話をしてみるとバカは初対面でも分かったが、娘が結婚できる喜びがすべてを帳消しにした。

たとえ、この先離婚しても、1回結婚できたことで満足だった。

しかも孫までできたのだから嬉しさ倍増。

娘の親は自分が勤めている建築会社に入社させることを画策中である。12万円じゃ将来性もない。

by tetorayade | 2019-08-20 00:01 | 社会ネタ