人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2019年 01月 30日 ( 1 )

在日ホールオーナーが韓国の親族のもとを訪ねた。韓国民が最近の反日行動をどのように取っているのかを自分の目で確認する意味合いもあった。

韓国国防省は最初は北朝鮮の漁船を捜索するためにレーダーを使った、と最初は認めていたものが、次からは一切照射していない、と言い出した。

韓国メディアも当初はそのように伝えていた。

北朝鮮の船を捜索するためにレーダーを照射した、というのは韓国民も誤魔化せると思ったが、その論理には無理があると思ってすぐに引っ込めた。

日本が次から次へと証拠を出してくるのに、対して論点を哨戒機の威嚇飛行にすり替えて、日本へ謝罪を求めた。

韓国民だってバカじゃないから文政権のやっていることを信用しないものも当然いる。

マスコミもその辺を突っ込んできたために、後に引けなくなっているのが今の韓国政府だ。

韓国マスコミも政府を信用していないが、批判するような報道をできないようにする法律を作ろうとしている。

韓国のマスコミは昔から報道機関としての役目を果たしていない。

韓国内では親北派と親米派のデモが起きているが、それはまったく報道されることもない。

経済を立て直すどころか、韓国経済はスタぼろで文政権に不満を募らせている国民も多い。

「国が3つにも4つにも分かれている。韓国は相手にしないことが一番」というのが在日オーナーの感想だった。

by tetorayade | 2019-01-30 00:01 | 海外ネタ