日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2018年 08月 04日 ( 1 )

ホールは嫌だけどメーカーならパチンコ業界でもいい。

新卒にはそんな風潮が20年前からあった。

儲かっているメーカーなら高卒の夏のボーナスでも100万円なんてこともあった。

遊技人口が減り、ホールも淘汰され、ホールの購買意欲も薄れる中、メーカーもピンチに立たされている。

上場メーカーの関係者の息子は、父親の仕事に憧れ、高校生の時から進路はパチンコメーカーと決めていた。

早稲田大学の理工学部を卒業して、パチンコメーカーに就職しようとしたが、父親は全力で止めた。

上場メーカーに勤務しながらも、息子をメーカーに入れさせたくない、という人は少なくない。

それほど、先がない業界と言うことだ。

メーカーがそんな弱気では業界は終わる。

せめて、スロットの強いメーカーなら、しかたない的雰囲気は残している。

[PR]
by tetorayade | 2018-08-04 00:01 | 業界ネタ | Comments(0)