日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2018年 07月 29日 ( 1 )

30年近く通い続けた散髪屋が突然の廃業。


b0017844_16470755.jpg


茨木市内で一番流行っていた散髪屋と言っても過言ではない。

平日でもいつも客で満員。町の散髪屋といえば、客待ちが多い中、カトウだけは異色だった。

創業当時からずっと1500円で丁寧な仕事をやってきたからだ。

3ヶ月ほど前に足を悪くして、リハビリを続けていた。

その間は2人の従業員と奥さんで店を回していた。

自分の頭はマスター自らがずっと担当してくれた。他のスタッフには絶対に刈らせることはなかった。

お互いの子供が学年が一緒だったこともあり、子供の話から親しくなった。

行きつけの散髪屋が突然なくなる寂しさ。

ま、すぐに新しい散髪屋は見つけたが、カトウの客は皆、行き場を失っているはずだ。

茨木市内の散髪屋はカトウ閉店で、新規客開拓のチャンスだ。相当数の顧客を抱えていたからな。

自分が新規開拓した散髪屋は、値上げして、1600円になったカトウより100円高いだけ。

シニア価格適応で1700円。


b0017844_16470773.jpg

b0017844_16470702.jpg


自分より、いち早くカトウから流れて来た客もいたようだ。


[PR]
by tetorayade | 2018-07-29 00:01 | 私的ネタ | Comments(0)