日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2018年 07月 20日 ( 1 )

命にかかわるほど危険な猛暑からの熱中症。


不要な外出はするなというが、そんな気も起らない。買い物へちょっと出るのも億劫だ。室温26度から外気温39度へ放り出されると街そのものがサウナに感じられるほどだ。


エアコンの効いた部屋で仕事する者からすると、外で現場作業している人などには本当に頭が下がる。長袖のジャンパーを着て炎天下で作業している職人。クソ暑いのに何故かと思ったら腰のあたりにファンが付いていた。空調服だった。



b0017844_15192837.jpg




命を守るためには好きなツーリングも控えるが、バイクジャケットにもメッシュではなく空調服を応用した方がいい。


関電は他の電力会社から融通してもらっている。エアコンがあるから生きていられるが、これで電力事情が逼迫して、停電にもなろうものなら、多くの死者が出る。


でんき予報の発令がないことを祈るしかない。


[PR]
by tetorayade | 2018-07-20 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)