人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2018年 04月 25日 ( 1 )

財務省福田事務次官の「ことば遊び」というセクハラ事件で、梅毒ライターがキャバ嬢に突撃取材した。

福田は女性が接客する店では「オッパイ触っていい?」「抱きしめたい」というようなことはことば遊びとして発していたことを認めている。

「キャバクラは羽目を外しに来る場所」として「私たちはその気にさせて売り上げを上げている」とセクハラとは受け止めていない。

まさに、福田がいうことば遊びだ。

むしろ、キャバ嬢の中にはテレ朝記者が福田をはめているよに写る。

「1年半の間、彼女はため口で接している、と思う。しっかり、記者として対応していたら、あんなことは言われないし、あの程度の言葉はセクハラとは思わない。福田さんもやれると思って呼び出している。私なら絶対一人では行かない。同僚も連れて行く」

在京キー局関係者もセクハラには否定的な見方をする。

「ウチの記者じゃなくて良かった。1年半前から差しで飲んでいるということは色仕掛けで迫っているはず。ひょっとして、福田さんはベッドの中の声を録音しているかも知れませんね」

セクハラと言えばすべてが正義のような風潮は野党の写し鏡である。




by tetorayade | 2018-04-25 00:01 | 社会ネタ