日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2018年 01月 21日 ( 1 )

韓国では愛犬が死んでもクローン技術で蘇らせる、というサービスを提供している。

実際にこうした技術が確立していることを応用して、ミニチュアライオンの技術開発の投資話が韓国から日本のホール社長の下へ届いた。

犬でも実際にミニチュアダックスフンド、豆しばなどに人気があるように、ミニチュアにすることはそれなりの需要が見込める。一般家庭では飼うことが困難なライオンのミニチュアができたら、世界中の金持ちが買っていきそうだ。

b0017844_15500453.jpg


このミニチュアライオンの投資話に乗ったホールの社長は4000万円を投資した。

ミニチュアライオンが完成したら、次はミニチュアパンダの話まであった。

ところが、この話は全くの詐欺話だった。

パンダで気づけよ、ということ。

[PR]
by tetorayade | 2018-01-21 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)