人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2016年 10月 05日 ( 1 )

さんまが後5年以内にすべての冠番組を降板するらしい。

元々、60歳で引退するのが夢だったように、いつかはその日がやって来る。

ことし9月、さんまのまんまが31年の歴史に幕を閉じたが、これも引退するための一つのステップであった。

同番組は関テレ制作で全国ネットで放送されていた。関西ローカルの放送局は在京キー局に比べ、ギャラが一桁も安いといわれている。この31年間で破格になったさんまのギャラを関テレが支払うのがしんどくなった、とさんまはいっていたが、実はそうではなかった。

まんまちゃんの中の人は、31年間まんまちゃんを続けてきた。さんまの長寿番組が終了すると、それで食べていた制作会社の仕事が一つなくなる。まんまちゃんもそうだが、それで仕事を失う人だって出てくる。

さんまは制作現場の人たちのことを考える男だったのだ。

ただし、一つだけ辞めないのは毎日放送のラジオ番組ヤンタンだ。これは売れない時代から使ってもらった番組があるので、プロデューサに恩義があるため、死ぬまで続けると若い時に約束している。

では、なぜ、引退が長引いてしまったかというと、娘IMARUの芸能界デビューが原因だった。さんまの娘ということで使ってもらっていることもあって、ズルズルと辞め時を逸していたようだ。



by tetorayade | 2016-10-05 00:01