日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2013年 05月 30日 ( 1 )

サンミュージックの相澤会長のお通夜に桜田淳子が出席した。

92年に統一教会の合同結婚式以来、公の場から姿を消していたが、16年半ぶりにマスコミの前に登場した。
b0017844_9102031.jpg
b0017844_910332.jpg

スター誕生でスカウトされて、秋田から上京。りんごのようにほっぺたが赤かった淳子も55歳になっていた。

芸能界から離れて、顔は二重あご。すっかり、おばさん体型になっていたが、第一線で活躍する51歳の聖子はさすがに現役なのでスターのオーラが違う。

ま、それを比較するのは酷というものだが、1973年デビューはバリバリの昭和。

今のアイドルは小顔が多いが、18歳当時でも顔がパンパン。
b0017844_918039.jpg

相変わらず分け目が変わらない。

で、淳子が一番輝いていたのは34歳の結婚当時。
b0017844_9231925.jpg

これを機に統一教会のイメージから仕事が来なくなった、ともいわれているが、映画のオファーはあったようだ。

高齢から3人出産して子育てに忙しくてそれどころではなかったようだ。

これを機に女優復帰でもしてみたらどうだ。
[PR]
by tetorayade | 2013-05-30 00:01 | 芸能ネタ | Comments(0)