人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2011年 09月 20日 ( 1 )

JCOMの陰謀?

ケーブルテレビのJCOMに加入して4年ほど経つ。1階のリビングはケーブルテレビで、2階の3台はアナログで観ていた。

2階の3台中2台はテレビそのもの寿命で、アナログ放送が中止になる前にお陀仏になっていた。

生きていた1台は娘の部屋にあった。

親に頼ることなく自分の金で32インチの地デジを買った。

アンテナ線をつなげばすぐに写ると思ったようで、通販で買った。通販なので本体を届けるだけ。設置は自分でやらなければならない。

本人が組み立て、アンテナ線をつないで写らないところでSOSが入った。

説明書をよく読んでみると、従来のアンテナ線では写らないことが分かった。娘は翌日近所の家電量販店に行ってデジタル対応の同軸ケーブルを買ってきた。

これで写るかとおもいきや、うんともすんともいわない。

もはや素人のレベルでは手に負えない。

とりあえず、最寄の町の電気屋さんへ相談に行った。調査するだけで3800円ということだが、それで見れるようになればめっけもの。

調べてもらったらアンテナ線からデジタル信号がまったく来ていないことだけは分かった。

これでは写るわけがない。

そもそも信号が来ていない意味が分からない。

ケーブルテレビを観ていることを告げると「JCOMはデジタル信号を遮断しているんだよね」と意味深なことをいう。

外回りを見てアンテナ線がJCOMのボックスの中に入っていることを確認すると暫く思案している。

「インターネットを使っていなかったらいいんだけど、インターネットを使っているしな…」

電気屋が出した答えは新たにベランダにアンテナを立てることだった。分配器は関係なしで1対1。

料金を聞くと3万円ぐらい。

金を出すのは娘だが、出さなければ観れないので了承する。

それで改めてJCOMに電話して状況説明してみた。

「CS、BSは視聴できなくていい。地デジだけが写ればいい。チュナーもいらないし、月額料も払いたくない」と伝えると、その工事もする、という。ブースターをつければ、全部の部屋にデジタル信号が届く、という。料金は工事代とブースターを含めて15000円ほど。

そうなれば、選択肢は電気屋のアンテナ工事をキャンセルして、JCOMに頼むしかない。

ここで疑問に思ったことはJCOMに加入していなければ、こんな工事は不要ではなかったのではないか、ということ。一度JCOMに加入すると、ただでは足抜けできない仕組みにしていたのではないか、という疑念だ。

地デジしか見ないのだが、ネットと電話をセット契約しているため、止めるに止められない。

たまにはCSを観ないともったいないので、この前、チャンネルをザッピングしていて宇多田ヒカルのラストコンサートに出くわした。

2時間あまり堪能した。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2011-09-20 00:01 | 社会ネタ