人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2011年 09月 16日 ( 1 )

悪貨が良貨を駆逐するのが世の常だ。

ところがブログのコメントの世界はその逆であることを改めて感じる今日この頃である。

もう一つのブログが久しぶりに炎上した。

エントリーをアップした朝から、「これはこのままコメントを承認していたら炎上するよ」と忠告を受けた。

エントリーをアップした以上自己責任である。

コメントを承認しなければ収まる、エントリーを削除すれば収まるなどの選択肢もあるだろう。

そのどれもしないで、批判コメントもひたすら承認した。

管理人の総括、責任を求めるコメントも引きを切らない。管理人として一切コメントを出さないことが火に油を注いだ形となった。

かつてかきなぐりでは大炎上したことが何度かある。

久しぶりに炎上したもう一つのブログも、かきなぐりも、いずれも個人のブログなのだが、もう一つの方は管理人はコメントを一切挟まないことに決めている。

いちいち返すのが面倒くさくなったことも理由の一つだが、問題を提起して皆で語り合った方がより面白い展開になると感じたからだ。

コメント欄が荒れて、それを交通整理するのが管理人の役目という人もいる。

承認制を取っているので、すべてが反映されるわけではないが、管理人に向けられるどんな辛らつな意見でも承認することを信条としている。

そのいい例が大炎上から2日後のエントリーだった。

コメントで「作り話しが下手ですね」といわれてしまった。

こんなコメントを読んで心が平静でいられるほど、人生を達観していない。ムカつくコメントである。承認に値しないコメントである。

でも、これを承認しないとコメントを寄せた奴に対して、考え方が間違っていることを気づかすことができないので、あえて承認した。

その作り話とコメントした人に対して、今度はその考えは逆に間違っていることを諭すコメントの連打である。

間違っているコメントを正しいコメントがどんどん排除していく。

反論しても、それをすぐに論破するコメントが返ってくる。

そうなると荒しも最初の勢いはなくなり、どんどんトーンダウンしてくる。たくさんの正しい情報、考え方がどんどん荒らしの考え方を矯正していくようなイメージだ。

大炎上したエントリーもやがては、鎮火していくのだが、管理人が出てこないことに最後まで粘着するタイプがいるのには困る。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2011-09-16 01:10 | 私的ネタ