人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2011年 03月 03日 ( 1 )

入試問題の投稿事件で、IPアドレスが判明したために犯人の特定は時間の問題と思われていたが、この件で産経新聞の夕刊が大誤報記事を飛ばしてしまった。

夕刊の一面トップで東京の2高校生と大見出しを打ってしまった。他紙の夕刊を見比べていないので、何ともいえないが赤っ恥だ。
入試問題投稿で天下の大誤報をやらかした産経新聞_b0017844_23144690.jpg

それに気づいたのは、9時のNHKニュースを見ているときだった。東京の高校生がいつの間にやら東北に変わっているではないか。報道ステーションも東北だった。
入試問題投稿で天下の大誤報をやらかした産経新聞_b0017844_23212376.jpg

入試問題投稿で天下の大誤報をやらかした産経新聞_b0017844_23225569.jpg

警視庁と京都府警の捜査関係者の情報として、東京の2高校生と断定してしまった産経新聞。この捜査関係者がどのクラスの人物なのかは分からないが、この記事を飛ばしてしまった記者、並びにデスクの処遇はどうなるのか?

地方の支局へ左遷?

東京と東北。確かに東は合っているが、ネットでは東京の高校名も流れていたが、まさかそんな情報に惑わされたわけではないだろうな。

時間が経つにつれて、「東北地方」だった広範囲の地域が、ついにケータイの契約者は山形県の女性で、その子供が受験生であることが突き止められた。

東京の2高校生とも、随分かけ離れている。

この2高校生というのも、外部協力者が前提となっているが、記者が筋書きを書いて功名心から飛ばし記事を書いてしまった?

産経新聞はこの誤報記事の経緯を訂正分という短い文章ではなく、なぜ、こんな誤報を飛ばしてしまったのか、読者に対して説明する義務がある、というものだ。

これを簡単に片付けたら読者離れが進む、というもの。

産経新聞を5年契約しているが、残り3年半。

止めるきっかけが欲しい中、止める理由を提供してくれた。

追記

3日付の朝刊は訂正もなく、あっさりとした書き出しで、軽くごまかしていた。
入試問題投稿で天下の大誤報をやらかした産経新聞_b0017844_9193720.jpg

人気ブログランキング
by tetorayade | 2011-03-03 00:44 | 社会ネタ