人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2010年 09月 14日 ( 2 )

ちょっぴり期待していた大どんでん返しはなかった。

世論調査通りの結果とでもいうか、民主党代表選で、菅首相が小沢氏を大差で退けて、続投が決まった。
b0017844_1554784.jpg

党員サポーター票では、大差をつけられていたが、国会議員では拮抗した。

結果としては全てで菅首相がリードした。

党員サポーターの意識は3カ月で首相を変えるのはよくない、との心理が働いたようだが、この大差こそが民意か。

国民の意識と民主党の代表選結果が一致した、ということでめでたし、めでたしなのだろうが、菅首相の指導力、政策力が問われているわけで、今後の結果が出ないことにはめでたし、めでたしとはならない。

再選を果たした菅首相は「ノーサイド。今後は挙党体制で全議員の協力をお願いしたい」とまとめた。

そんな代表選で、気になったのが羽田孜元首相の姿だ。
b0017844_1664540.jpg

一人で歩くことも覚束ない。脇を支えられて登壇する姿は、介護老人のようでもある。投票用紙に名前を書き込むだけでも随分時間を要した。

追記

菅首相が再選したことでマーケットは逆に振れた。為替は83円20銭と一気に円高へ。

これが意味することは、国民が政権交代を望んで民主党を選んだが、閉塞感は続くばかりで、民意がいかにいい加減なものかが分かったように、菅首相続投は、市場からすればがっかりさせた結果でもある。

民意は国を滅ぼすのか?

人気ブログランキング
by tetorayade | 2010-09-14 16:18 | 社会ネタ
行きの新幹線の中で寒いと感じ、日付が変わりかけたころに帰宅すると夜風が涼しい。やっとクーラーなしで寝られるようになった。

涼しい朝を迎える。気がつけば9月も早や半ば。酷暑だった今夏にやっと終止符が打たれようとしている。

この酷暑でネジが1本飛んでしまったのが安全地帯の玉置浩二だ。

全国ツアー中の福岡公演で前代未聞のトラブルを起こしてしまった。呂律が回らない状態で、途中で寝そべって歌い、客から野次が飛ぶと「7800円ぐらいでごちゃごちゃいうな」と暴言を吐き、呆れたバンドメンバーも途中で引き上げてしまった。
b0017844_9552918.jpg

翌日の熊本公演は無事終了したようだが、玉置浩二がとくダネに電話で生出演して、自ら真相を語った。

52歳の誕生日を迎えたばかり。

第一声は「毎日一生懸命生きている。毎日がトライ」と朝から上機嫌の模様。

小倉が本題に入るとあっさりと非を認めた。

「機械トラブルがあった。いいわけになるが、ごちゃごちゃした。ボクなりに頑張ったが話が下手なのでうまくいかなかった」

小倉が「しゃべらないで、音楽だけやっていればよかったんだよ。ファンとは口論になっちゃいけない。反省しながらライブを続けてください」と諭すと、

「すいません」と素直に謝った。

ツアーに同行して舞台の袖からこの現場を見ていた青田典子も電話口に出てきた。

「正直でまっすぐなので、そこで(機械的)トラブルがあって、うまく行かなかったから違った形の表現となった」と玉置の奇行をフォローした。

青田とけんかしたことが原因ではないか、だから玉置が指輪を外していたのではないか、との質問には「指がむくんでギターが引きにくいので外していた」と青田が否定。

機嫌が良いからテレビの電話取材にも応じたのだろうが、最後は「ちゃんと歌います!」と元気よく電話を切った。

観客は「呂律が回らなかった」、「両脇を支えてもらわないと歩けなかった」と証言しているが、これは体調不良というより、酒を飲んでいたようだが、そのことには触れられなかった。

福岡の前の大阪公演でも、寝そべって歌ったり、体調不良を理由に4曲を残して途中でコンサートを終わっている。

「毎日が魚河岸のようなもの。新鮮な音楽を毎日やりたい。体調はバッチリです」という玉置だが奇行はいつまで続く?

人気ブログランキング
by tetorayade | 2010-09-14 10:16 | 芸能ネタ