人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2010年 08月 19日 ( 1 )

関西でも印象が薄い奈良県。

平城遷都1300年祭で気を吐いているが、さらなる観光客の集客アップに、個人ビザの発給が緩和された中国人観光客にラブコールを送っている。

中国人では最もポピュラーな銀聯カードが使える店舗を増やしたり、中国人スタッフを正規採用したホテルも出てきているが、反応はイマイチのようだ。

ホテルが少ないのが理由の一つとされているが、そんな理由ではない。

中国人は宗教弾圧もあり、社寺仏閣にはあまり興味がない、というのが一番の理由だ。

そもそも仏教はインドを発祥に、中国より伝来したもので、わざわざ日本へ来てまで仏教文化に触れたくもないようだ。従って、京都も中国人にはあまり人気はない、という。

今の中国人観光客が日本に求めるのは、資本主義社会の快楽。後は富士山と温泉。

そのどれもが奈良にはない。

関空到着~大阪観光~富士山観光~秋葉原買い物ツアー~ディズニーランド~成田発というルートが最もポピュラーで奈良はそのルートからも微妙に外れている。

買い物ツアーがひと段落した後、日本の侘び、寂を求める中国人も出てくるかもしれないが、奈良は当分蚊帳の外だろう。

中国人向けに開拓途上の市場がある。

それは日本の風俗産業だ。夜のプライベートタイムの遊びがこれから本格化するはず。それまでは団体旅行に限られていたので、夜は食事した後はホテルへ帰って寝るしかなかったが、これからは個人なので、自由に動ける。

奈良に一大風俗街を作ることができれば、中国人観光客を呼び込むことができるが、そんなことができるはずもない。

そういう意味で、穴場となるのは雄琴だろう。

人気ブログランキング
by tetorayade | 2010-08-19 09:53 | 社会ネタ