人気ブログランキング |

日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

2010年 03月 31日 ( 1 )

なんばオリエンタルホテルは、千日前のど真ん中という立地とコストパフォーマンスから評判の高いホテルのようだ。

シティーホテルながら8000円台からの得割プランのほか、ショートステイプラン(2名1室3時間)7000円~などであらゆるユーザーのニーズに応える。

本来は格式のあるホテルなのだが、テナントはごった煮状態で、しかもかなり厳しい状態に追い込まれている。

先日、千日前を久しぶりに歩いてびっくりした。ホテルの1階にあったミスタードーナッツが閉店しているではないか。
b0017844_22525144.jpg

それだけではない。

隣にあったカフェもとっくの昔に閉店していたようで、1階のテナントスペースが無残な姿になっている。千日前で人通りがあるにも関わらず、1人シャッター通りを展開している。
b0017844_22544154.jpg

1階から3階までは本来飲食店街だったが、テナントの出入りは激しい。いつのまにかドラッグストアーが1階を陣取っている。

1階のテナントが次々と撤退していく中、青息吐息ながらかろうじて営業を続けているのがここ。
b0017844_233589.jpg

1000台オーバーの大型店ながら、客は相変わらずまばら。一度評判を落とすと立ち直れないパターンに陥っている。

かつて、ここはホテルを含め、スーパー大手のダイエーの持ち物だった。

地下で物販をやっても流行らない、ということから子会社がやっていたパチンコ店「パンドラ」をここにオープンさせた。

建物はシティーホテル。なるべく、ホテルのイメージを壊さないように、パチンコ店の入口は裏口的な目立たない場所にあった。

「パンドラ」が撤退後、今のパチンコ店になって、メインの入口を角地に変更した。

導線は明らかによくなったが、この建物自体の風水が悪いのか、営業方法が悪いのか集客が芳しくない。

1店舗の単体店ならとっくの昔に、ミスドの運命を辿っているのだろうが、わたしの仕事館のように、次の買い手もつかず、巨大な廃墟になる可能性もあるが、地下なので廃墟になっても人目につくことはない。

人気ランキング
by tetorayade | 2010-03-31 00:07 | 社会ネタ